スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

総自: 自然科学概論-E

2013-09-07

驚異の小宇宙 −自然科学概論あれこれ

自然科学概論はテキストでは開講されていないので、スクーリングで受講するしかない科目なのですが、昨夏は日程の関係で受講できず残念に思っていました。そうしたら運良く今年度のEスクに登場!スクで取れなかった科目が、こうして翌年以降にEスクで受講できるのはありがたいですhappy01

講義は「生きているとはどういうことか」という生物の概念から始まり、生命誕生の謎に迫ったのち、近年急速に解明が進んだ遺伝子−DNAをメインテーマとして、細胞、発ガン、免疫、老化の仕組みについて学びました。

太古の昔から脈々と繰り返され、受け継がれている秩序だった生命のしくみは、まさに驚異の小宇宙で、厳粛な気持を抱ずにはいられなかったり、細胞のガン化と細胞の老化の相関関係を学んである程度腹がくくれたり、これから年を重ねてゆく今後の生活において、この知識はきっと力強い支えになると思います。

またこの講義を通して感じた大切なことは、今回学んだことを知識として記憶するだけではいけないということ。ただ新しい知識を一つ増やすことに留まらず、ここまで解き明かされてきた生命の仕組みに対し、自分はどう考え、数ある選択肢の中から何を選ぶのか。この点を考えることこそが重要なんだと思いました。

それは倫理観や人生観ともかかわってくる問題で、決して簡単に選び取れるものではないけれど、そこまで考えることで初めて、今回学んだことが実生活に活かされていると言えるんだと思います。そして、もしその選択を迫られたとき、今回得た知識がきっと大きなバックボーンになるだろうと。そういう意味でもこの講義を受講することができてほんと良かったです。あっ、ただし講義内容を忘れなければ・・・ですがsweat01

2013-09-01

2013Eスク 結果

首を長くして待っていた、Eスクの成績通知が昨日届きました。結果はどちらも合格shineでした。

      自然科学概論13    2単位  A
      西洋史概説13    2単位  A

1発勝負のEスクなだけにドキドキでしたが、どちらも単位を頂けてほっ。しかも専門科目で初めてAを頂けたので、素直に嬉しいですhappy01

4月中旬からスタートしたEスク。両科目合わせて少なくとも25回は講義を聴講しなくてはならず、レポートを3本提出して、最後に7月の科目試験を受けるという、幾つかのハードルを越えなくてはいけなかったEスクですが、終ってみればあっという間でした。

先生がおっしゃったことを聞き逃しても、Eスクだと何度でも聞き直せるので助かりました。ただ、家で100分の講義を聴き続けるのは結構大変で、何回かに分けて聴講したこともしばしばsweat01

cosmos

両科目とも夏スクの収録だったので、2回分が1日の講義に当たり、流れとしては大きく2回で1回になっているため、その辺りを意識して聴講しなきゃいけないんだ!と気づいたのは4回目当たりcoldsweats01 例えば、前日の講義内容の復習は、Eスクでは2回に1回になるので、まとめや課題などは2回聴講するごとにやった方が効率がよかったです。

これで4単位が追加されて、7月の科目試験は合計8単位を修得することが出来ました。Eスクの単位修得も初めてなら、1度に8単位を修得するのも初めてで、これで自力での修得単位合計は28単位、認定単位を合わせると46単位になりましたnotes

再レポも2本提出したので、2013年度の第一四半期は結構忙しかったんだな〜って思ったり。今までが甘かったっていう声も聴こえてきそうですがsweat01 2年生になってようやく 「テキスト&文献通読 → レポート → 試験勉強 → 科目試験、その合間にスクーリングと再レポ」という慶應通信の魔、もとい、学びのサイクルに慣れてきた感じです。

2013-08-01

Eスク「自然科学概論」概評

夏の旅行から戻ってきましたmist 心身ともにリフレッシュしてきましたが、1週間も家を空けると溜った雑事を片付けるのが結構大変で、まずは未読メールのチェックから。 すると Eスク「自然科学概論」の概評が届いていました。先生はレポート課題終了後も、それぞれ概評を送って下さり、メールを拝読して理解が深まるだけでなく、先生とやり取りしながら学んでいるんだ!という実感が得られて、すごく励みになりました。

Granpal Park

概評には科目試験の平均点が持込不可なのに高く、特に「設問1の選択穴埋め問題はかなり良い成績でした」とお褒めのお言葉が。わ〜い!でも、設問2の記述問題の成績はかなり差がみられたとこと。すでにどんな回答をしたか忘れているワタクシですが、「理解が深ければさまざまな方向からの説明が可能と思います」とのコメントが。「そ、そうなんだ・・・。」 そんなことは思いもしなかった・・・と思ふcoldsweats01

pink flower

残念なことにメールの最後が文字化けしていて読めなかったのですが、きっとねぎらいのお言葉で締めくくって下さったのだろうと勝手に想像していますhappy01 このような形で先生とコミュニケーションが取れるとは思っていなかっただけに、やり方を工夫することよって、Eスクはより素晴らしい学習ツールになる可能性を秘めているなぁと改めて感じましたnotes

2013-07-07

2013年度 第II回科目試験終了

第Ⅱ回科目試験が終了しました。連続、真夏日で大学へ行くまでに「ぜいはぁ」という状態でしたが、3科目を無事に受験することができましたpencil

初日はまず2コマ目のE-自然科学概論13。過去問情報もなく、どのような傾向の問題が出るのか全く分からずに臨んだ試験。選択問題20問と記述式問題が1問でした。

炎天下全力疾走した後だっただけに、虫食いの初っ端の答えが、40ある選択肢からなかなか見つけられずかなり焦るcoldsweats01 問題文が意味ある日本語として頭の中に入ってこないsweat01 やはり試験は時間に余裕をもって臨まなくてはいけませんね。10分ほど過ぎると落ち着いてきて、なんとか全問答えることができて、ほっ。しかし、記述式は、免疫作用を施す細胞の名前を全て思い出せず、かなりごまかしての記述となってしまいました。しゅん

続く3コマ目は持込可だけど、私はかなり難しいと感じる社会学。エスニシティや格差社会、医療関係、労働関係、教育関係あたりのキーワードが出たらいいなぁと思っていたのですが、出題されたキーワードは全く関係ないものばかりで、Oh!my God!って感じweep

即座にどのセクションの視座から論ずればいいか検討がつくキーワードがなくて、テキストをブラウジングしなから、回答するキーワードを決めるのに20分もかかり、消去法で選んだのが私が苦手とする政治関係のキーワードcoldsweats01 これだけがセクションを決定できたのでsweat01しかし苦手な分野ゆえ、かなり辛い選択でした。

しかも、読み返すと2段落目と4段落目が同じようなことを言ってるので、3、4段落を入れ替えて、もう少しすっきりさせたかったんだけど、書き出したのが遅かったのでそんな時間もなく、かなりヘンテコな構成の文章で提出する羽目になってしまいました。これまた、しゅん。

そして、本日2コマ目はE-西洋史概説13。ゲルマン諸国とローマ文明、中世西欧社会のキリスト教化から一問選択。私は後者を選択。Eスクの辛いところは、テキストがないので文章での復習ができないこと。だからどうしてもあやふやな記憶になってしまうんですよね。テキストのありがたみを思わぬところで感じました。

でも文章を目で追っただけではスルーしてしまうような事柄が、講義だと印象に残るということもあり、先生が話された琴線に触れた言葉を入れながら、「こういうことなんだろうなー」と自分なりに受け止めた中世の西欧社会におけるキリスト教の浸透の変容をなんとか文章にしました。ちょっとテーマが大きすぎて、自信は全くありませんが。

今回テキストがない科目を学習してみて初めて気づいたのですが、試験前にテキストを再読するのって、記憶の整理だけでなく精神的にもいいってこと。気持がなんとなく落ち着つくんですよね。テキスト読んでるだけで。社会学はすごい頁数の市販テキストなので再読には至らず、というか読んだ端から忘れてく私happy02

ということで、次回は慶応のテキストがある科目を履修予定。本日図書館で参考文献を入手してきましたnotes

2013-06-27

ミトコンドリアの正体

Eスク自然科学概論のまとめが一応終わりました。過去問情報も、研究課題もないので、講義中に出題された問いに対する答えと、あやしい箇所を簡単に整理。この科目は細かいところまでカバーしようとすると、膨大な暗記が必要なのですが、もはやそんな記憶力はないので、ポイントと思われるところをざっくりとおさえた程度です。

今回の講義はもちろん初級編。でも、少し前に国立科学博物館から送られてきた会報を読んでいて、「あっ、なんか分かる。これって生物や細胞について、少しは理解が深まったってことよねnotes」とちょっと嬉しくなりました。

というのも、milsilというこの会報、特集が結構専門的で、読んでも何言ってんだかさっぱりsweat01というものがほとんど。でも今回は「ヒトの細胞 —最先端科学で見る姿と働きー」という特集で、「生物が生きているとはどういうことか?」ということから始まりiPS細胞まで、写真や図も含めて、自然科学概論で学んだことがそのまま記事になっていたのです。

Chinzanso

その記事の中で「ミトコンドリアを『ミドリムシやゾウリムシのなかま』だと思っていた人もいるのではないでしょうか。」という文章を目にし、思わずドキリ!はい、それはワタクシですcoldsweats01 講義の時「えっ?ミトコンドリアって中学生のときに学んだ、プランクトンのことだよね。人体にもいるの?えっ?えっ?えっ?」なんてことが頭の中をかけめぐった次第sweat01

そうしたらなんと、息子がプランクトンのことを習ってきました。教科書を取り上げて、隅から隅まで読んだのは言うまでもありません。中学生じゃなくて、しょ、小学生の知識だったのか・・・orz とガックリ。本当に人間って忘れちゃう生き物なのねー。今こうして学んでいることも、忘れちゃうんだろうか・・・。

でも、慶応通信で学んでいることは、今までのそれとはちょっと違う気がする。暗記することに重きがおかれているのではなく、これまで身につけた知識をもとに、客観的なものの見方や考え方、論拠に基づいた主張のあり方というものを学んでいると感じます。そしてこれは知識というより技に近く、一度身につけたら忘れないんじゃないかな〜shine なんて思ったりhappy01 そうだといいなー

2013-06-11

Eスク「自然科学概論」課題2完成

先週、未受講だった自然科学概論の第10回から12回をなんとか聴講し、課題2に取り組もうとしたら、設問の1つが1ヶ月も前に聴講した講義のもので、すっかり忘却の彼方にcoldsweats01 資料やノートだけでは記憶は全くよみがえらず、昨日と今日の二日間で該当講義を再聴講して、なんとか記憶をよび起こし、完成にこぎつけました。こういう人のためにEスク受講期間を過ぎても、視聴できるようにしてくれているのだと納得です。

しかし、やっぱ理系科目は苦手。理解したと思っていたことも、いざ自分の言葉で説明する段になると、「えっと、何だったっけ?」という感じで、耳慣れない言葉の定義からの復習となりましたsweat01 しかも、500字と300字という短い字数でピンポイントの答えが求められているのですが、言わずもがな、それに四苦八苦のワタクシでした。

けれども、今回の課題の一つは「発ガンとガンの抑制のしくみ」について答えるもので、この年になるとガンも身近なものになってくるのですが、それだけにこのテーマを自分の中で整理することができてよかったと思うと同時に、この知識をうまく実生活に役立てられるといいなぁと思いました。

Tokyo Tower

12回の講義はとても興味深く、印象に残ったことがいくつもあり、質問メールを出すほどのことじゃないけど、直接講義を受けていたらちょこっと先生に伺ってみたいなぁなんてものもありました。

そしてもう一つ印象に残ったのが、何度か流れたNHKのビデオ。調べてみると、1999年に放送された「NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体III 遺伝子・DNA」という番組のようです。10年以上も前の番組なので、所々情報が古いものもあるのですが、CGが見事で人体という広大な小宇宙で繰り広げられている、遺伝子に関する様々なことが手に取るように分かりました。

また、46本の染色体を46冊の本にたとえて番組が進んでいくという趣向も面白く、全てを視聴したいなぁと思ったほど。NHKオンデマンドDVDで入手できるようなので、食指が動きそうsmile

2013-05-10

Eスク「自然科学概論」第9回目まで

ようやく花粉を感じなくなったこの頃、私の一番好きな季節がやっと到来!と思いきや初夏の爽やかな季節を通り越して、いきなり本日は夏日sun あつかった〜。紫外線も相当量降り注いでいるようなので、お出かけの際は日焼け対策は必須ですよ。← 「紫外線は遺伝子の変異を引き起こす」と習ったばかりpencil

さて、Eスク 自然科学概論、9回目まで聴講しました。7〜9回は遺伝子にかかわる病気と免疫についてだったので、重たいテーマで、恒例の質問も正解のない、自身の人生観を問われるようなものが幾つか含まれていて、いろいろ考えることが多かった回でした。

「今の医学では治療することができない病や遺伝病にどう向き合うか」ということを考えた時、原因が科学的に解明されることのなかった時代には、本人はもとよりそのご家族も、相当な差別を受けただろうことは想像に難くありません。例えば、今私が学んでいる中世などでは、どういう対応がなされたのかと想像するだけで暗い気持ちになります。

それに比べると現在は、教育によって病に対する知識も広まり、原因がかなり特定でき、根治ではないけれど対処法があったり、遺伝子解析という方法があったり、いろいろな選択肢が用意されている時代になりました。言いかえれば、正しい知識を自ら得て、その知識をもとに自分の意志で選び取っていかなければならない、そんな時代になったんだなぁと。

そして正しい知識を得ることは、偏見や差別がなくなることと強く結びついていて、こういう知識が一般に広まっていなかった時代と比べると、人類は一歩一歩、進歩していってるんだなぁ。知識と道徳観・倫理観はリンクしていくものなんだなぁ。なんてことをつらつら考えてしまいました。なんか、まとまらないけれどcoldsweats01

2013-05-07

Eスク「自然科学概論」課題1提出

昨日、E-スク自然科学概論の課題1を提出しました。修正も提出期限までは可能みたいだし、受理されたかどうかタイムリーにわかるネット提出はやっぱ便利ですね。自分が何番目の提出なのかと、他の方のタイトルだけが分かるようになってて面白かったし。まぁ、みんな同じようなタイトルなんですけど。ということで昨日、やっと両科目とも6回分全て視聴したぞ!と喜んでいたら、今朝新たに3回分つづがアップされていました。休む間なしですねcoldsweats01

本日はGWからの続きで自然科学概論を聴講。この講義、先生から毎回問いが5〜6問投げかけられます。夏スクでは講義終了後要提出なので、私も同じように問いを書き取り、答えを書くようにしています。この方法、講義のポイントが一目で分かるし、講義終了と同時に今日新しく手にした知識が少なくともこれだけはあると「見える化」されることになって、グッドアイデアだなぁ〜と思います。

聴講前に参考文献の『”生きている”ってどういうこと?』を読んだんですが、文系大学生対象に書かれた初心者向けの本とはいえども理系の本。元素記号や図、耳慣れない用語が沢山出てきて、タンパク質合成の箇所などは想像の範囲を越えている記述が続き、「ひぇ〜 一体どういうこと〜 イメージできましぇ〜んbearing」って感じだったのですが、聴講後に読み返してみるとすんなりイメージできるから不思議。スクーリングの威力を思い知りました。

「論理学や史学概論も講義を受けることが出来たら、レポも違うものになるんだろうな〜、受けてみたいな〜」なんて思ったり。通学生がちょっと羨ましいぞ!でも好きな時間に受講したり、聴講中ポーズしてお茶飲んだり、なんてことは通学生には出来ないもんね。Eスクの特権をフル活用して、続きも楽しみたいと思いますwink

2013-05-05

Eスク「自然科学概論」第4回まで

1日に自然科学概論の第1回課題が出題されていたのですが、なかなか視聴する時間がとれず、少しばかり焦っていたワタクシcoldsweats01 なんとか4回目までの聴講にこぎつけました。課題は二つあり、うち一つは解答できるものだったので、先ほど仕上げちゃいましたpencil なんせ、あぶなげな記憶力なので、覚えてるうちに書いておかないと忘れてしまいそうでcoldsweats01

受講前はレポートを2回も提出するのは大変だろうなと思っていたのですが、講義中に何度も強調されたところからの出題だったのと、1課題300字以内とのことなので、あっという間に仕上がりました。先生、やさしいheart04

その代わり聴講は時間がかかってます。「ポーズしてはノートをとったり、調べたり、お茶飲んだりcafeの繰り返しなので、100分の講義ですが2時間半ほどかけてるかな。それなのにあっという間だったと感じるんですよね。きっと今までどうしてこんなことが起こるんだろう、不思議だなと思ってきたことに対する答えを学んでるからなんだろうな。

自分の体の中で起こっていることなのに、目にすることが出来ないために、長い長い年月の間、何が起こっているのか分からなかった生命のしくみについて、ここにきてこれだけ解明されたのか、という驚きがまずありました。そして、まだまだ謎が残っている生命の誕生や進化、今注目のiPS細胞、DNAやゲノム解読の話はとても興味深かったです。

また、生命のしくみがこんなにも秩序だった世界の中で営まれ、その営みが太古の遥か昔から、脈々と新しい世代へ受け継がれ続けてきたことに思いを馳せると、日頃の悩みなどは本当にちっぽけに感じちゃう。ミクロの世界で繰り広げられていることだけど、スケールはとてつもなく大きい。この秩序の世界に対して敬意を表さずにはいられない、厳粛な気持ちになりましたconfident

次回からは健康に直結する遺伝病や発ガンの仕組みについて。最後の講義は老化がテーマのようなので、かぶりつきで聴講したいと思いますsmile

記事検索

無料ブログはココログ