スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

総人: 歴史(東洋史)SS

2012-10-16

慶應塾生新聞の記事

三田キャンパスで頂いてきた『慶應塾生新聞 第480号』を本日じっくり読んでいたら、なんと「教授に訊きたい」というコーナーに夏スク、「歴史(東洋史)」でお世話になった先生のインタビュー記事が掲載されていました。記者が聞きたい内容は、言わずもがな「尖閣諸島をめぐる中国との領土問題について、どのように受け止めるべきか、解決のかぎはあるのか?」というもので、決して楽しい内容ではありませんでしたが、思わず記事に釘付けになりました。

というのも、スクーリング後どんどん加熱する反日のニュースに接していると、「報道はこんな風に言ってるけど、先生だったらどうおっしゃるかお伺いしたいなぁ」なんて、実現するはずのないことをふと思ったりしていたので、先生のお考えをこんな形で知ることが出来てとても嬉しいです。

中国という国について、「影射」という伝統的な手法を例にあげて詳しく説明されている箇所などは、夏スクを受講したおかげで記事の内容がとてもよく分り、行間が読めるってこういうことなのかも〜と思わず笑みがhappy01

領土問題の先生のご意見については、「そうか、そういう解決方法もあるのか。でもそれって可能なんだろうか?」と、ちょっと私などには考えの及ばないものだったのですが、古代からついこの間まで脈々と行われてきた武力によって地図を塗り替えるという方法は、21世紀の今日においてはNGなわけですから、領土問題の新たな解決方法が必要であり、先生がおっしゃられているのはまさにその新たな方法の一つなんだなぁと思いました。

今年の夏スクを今更ながら振り返ると、両講義から共通して「情報を受け取る際に心得ておくこと」も学んでいました。東洋史では報道を含め私たちが手にする情報は、全てある一面に過ぎないということを、社会科学概論では世の中には「ノイジー・マイノリティ」と「サイレント・マジョリティ」という現象があり、目先の現象にとらわれず、どれだけの人が支持している事象なのかを把握しておく必要があると教えて頂きました。

これらの点を含め、現在の諸問題について情報に惑わされない的確な判断をするには、過去の歴史や先人から学び取った知識をもとに培った、トインビーのような鋭い洞察力を備えていてこそ可能なんですよねcoldsweats01  慶應通信での学びで少しはそういった力がつくといいなnotes なんてことを思った秋の夜長の一時でありました。

2012-10-11

2012夏スク 結果

噂どおり試験直前の本日、夏スクの結果が届きました。どうやら成績通知書は涼やかな白地に水色字の封筒に入って送られてくるみたいですね。いつものように、ドキドキしながら開封するとhairsalon

      歴史(東洋史) 2単位  A
      社会科学概論 2単位  A

2科目とも無事合格shineでした。わ〜いhappy01  猛暑の中、日吉まで通ったかいがあったというものです。

でもどう贔屓目にみても、東洋史はかなり甘めの採点です。講義はとても興味深かったので真剣に聞いていたはずなのですが、残念ながら試験は納得いくものが書けなくて、実は終了後「しょぼ〜んweep」って感じだったワタクシ。もし私が先生だったら、あのつまらない解答にAはつけないなぁとcoldsweats01  先生優しすぎですheart04

container gardening

一方、社会科学概論のAはとても嬉しいです。講義内容が高度で青息吐息でついていった感が拭えなかった科目でしたが、試験問題が予め開示されたため、試験前日 — 夜中に夫にたたき起こしてもらいcoldsweats01 — 自分なりに精一杯の準備をして試験に臨みました。それがこのように評価されたのは嬉しい限りです。

不案内な科目だったけれどなんとか論ずることができたのは、史学概論を平行して勉強していたことが大きかったと思います。共通する概念が多く、両科目から横断的に学べたことはラッキーでしたhappy01

ということで、4単位ゲットです。これで自力での取得は10単位となり、 認定単位と合わせると総合教育科目は半分ちょっと取得できたことになります。難関と言われる科目が後に控えているので、これからはそう簡単にいかないと思いますが今日明日の2日間、軽やな気分で試験勉強に取り組めそうですnotes

2012-08-18

2012夏スク 歴史(東洋史)

初めての夏スク、午前中の講義は「歴史(東洋史)」でした。受講者は150人前後いたと思います。この教室は寒くて辛かったのですが、先生のお人柄が暖かくなんとかバランスを保っていました(笑)

初日に配布されたプリントはA3サイズ24枚。文章は新聞の文字よりも小さくてちょっぴり辛いものがありましたが、地図あり、写真あり、絵あり、史料ありと、どの頁も先生が私たちに伝えたいと思っておられるエッセンスでびっしりmemo

中国の大きさという基礎的な、しかし実は奥が深いお話から始まり、中華意識や皇帝、儒教、毛沢東、文革というお決まりのものだけでなく、中国人にとって農民反乱とは、面子とは、関係(=コネクション)とは、漢字の世界、当為・ヤラセ・影射の世界なんていう面白いテーマもあってバラエティにとんだ内容でした。

dai-3 kosha

「またこんな話をすると時間がなくなるのですが・・・」とおっしゃりつつも、プリントを離れてお話して下さる先生が実際に体験なさったエピソードなどが胸を打ち、涙がこみあげそうになったことも。そして、一つ一つの史実が一体どういう意味をもっていたのか、一般的見解だけでなく先生の歴史観も伺う事ができ、あぁ、これが大学の歴史の授業なんだと心が揺さ振られる感じでした。

日中戦争時の毛沢東の「持久戦論」がテーマの時にお話頂いたエピソードは、感慨深いものがありました。パールハーバーが中国にとってどんな意味を持っていたか、ということを私は初めて知りました。これまでアメリカ人の立場にたってパールハーバーを考えたことはあるけれど、中国の方にとってなんてことに思いを馳せたことはなかったワタクシ。歴史的な事件というものは当事者間だけでなく、多くの人にとってそれぞれに意味があるものだということを学びました。

最後に現在の日中関係のお話から、「書かれてあるものやマスコミの情報だけを信じるのではなく、やはり自分の目で見て、聴いて、肌で感じて自分自身で判断することが大切であること、文化の違いによって偏見と誤解が生まれることは多々あることは心にとめておいてほしい。」と締めくくられ、教室のどこからともなく拍手が沸きおこって講義は終了しました。

dai-4 kosha J11

テストは問いに答える問題が数問、そして論述式の問題が一問でした。「講義を聴いていれば解ける問題なので、準備はいりません。」とおっしゃっていたのですが、結構難しかったですsweat01

論述は自分が一番心に残った講義内容について論じるものだったのですが、なんだか胸がいっぱいで、あれもこれも取り上げたくて、なかなかテーマが決まらず結局時間がなくなり、大慌てて仕上げることになってしまいました。この感動を全く伝えられないつまらない文章になってしまって、実はとても悔いが残っていますbearing でも、この講義を受けることができて本当によかったです。先生の著書である『中国の歴史』をもう一度読み直そうと思っています。

2012-08-13

スクーリング中間報告

気がついてみるとスクーリング 3日目終了、あっという間に折り返し地点です。なんだかすごく早く感じます。それだけ充実してるってことですねhappy01 「東洋史」はとにかくとても楽しい講義で、教科書学習では絶対に学べないことを教えて頂いてる気がしますshine 「あぁ、そいうことだったのか!もっと早くに知っておきたかった!」って思うことばかり。

Hiyoshi campus mae

「社会科学概論」も初日はとても楽しく受講出来たのですが、2日目の昨日はいきなり難しくなってしまって、「まっ、まずい、ついていけないかも〜sweat01」て感じだったのですが、今日は「昨日よりは分かるかも、ほっcoldsweats01」って感じでした。抽象的概念が入ってくると厳しいワタクシです(^^ヾ でも、ウェーバーだけでなく、いろんな哲学者、思想家が登場するので、今まで自分が考えたこともないような考え方を知るのはとても面白いですnotes

アフタースクーリングは「図書館セミナー」に参加。KOSMOSの検索の仕方、日吉図書館の利用方法、公共図書館の検索方法を、実際にPCを操作しながら教えて頂きました。KOSMOSは我流で使っていたのですが、今回いろんなTipsを教えて頂いたので、検索の効率がアップすること間違いなしです。よく作り込まれた検索システムだなぁと感心!我が町の図書館の検索システムも見習ってほしい〜

Hiyoshi campus

また、公共図書館の蔵書を検索する際のおすすめサイトを2つ紹介して頂きました。一つはすでにちょくちょく使っているカーリルで、もう一つがWebcat Plusというキーワードだけでなく文脈からも検索出来るという面白いサイトです。こちらは知らなかったので、夏スク終了後にじっくり試してみたいと思います。新入生にとってこういう企画はとってもありがたいですconfident

Ⅱ期参加のみなさま、暑い中ですが後半戦もがんばりましょうね!

記事検索

無料ブログはココログ