スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

総社: 社会科学概論SS

2012-10-16

慶應塾生新聞の記事

三田キャンパスで頂いてきた『慶應塾生新聞 第480号』を本日じっくり読んでいたら、なんと「教授に訊きたい」というコーナーに夏スク、「歴史(東洋史)」でお世話になった先生のインタビュー記事が掲載されていました。記者が聞きたい内容は、言わずもがな「尖閣諸島をめぐる中国との領土問題について、どのように受け止めるべきか、解決のかぎはあるのか?」というもので、決して楽しい内容ではありませんでしたが、思わず記事に釘付けになりました。

というのも、スクーリング後どんどん加熱する反日のニュースに接していると、「報道はこんな風に言ってるけど、先生だったらどうおっしゃるかお伺いしたいなぁ」なんて、実現するはずのないことをふと思ったりしていたので、先生のお考えをこんな形で知ることが出来てとても嬉しいです。

中国という国について、「影射」という伝統的な手法を例にあげて詳しく説明されている箇所などは、夏スクを受講したおかげで記事の内容がとてもよく分り、行間が読めるってこういうことなのかも〜と思わず笑みがhappy01

領土問題の先生のご意見については、「そうか、そういう解決方法もあるのか。でもそれって可能なんだろうか?」と、ちょっと私などには考えの及ばないものだったのですが、古代からついこの間まで脈々と行われてきた武力によって地図を塗り替えるという方法は、21世紀の今日においてはNGなわけですから、領土問題の新たな解決方法が必要であり、先生がおっしゃられているのはまさにその新たな方法の一つなんだなぁと思いました。

今年の夏スクを今更ながら振り返ると、両講義から共通して「情報を受け取る際に心得ておくこと」も学んでいました。東洋史では報道を含め私たちが手にする情報は、全てある一面に過ぎないということを、社会科学概論では世の中には「ノイジー・マイノリティ」と「サイレント・マジョリティ」という現象があり、目先の現象にとらわれず、どれだけの人が支持している事象なのかを把握しておく必要があると教えて頂きました。

これらの点を含め、現在の諸問題について情報に惑わされない的確な判断をするには、過去の歴史や先人から学び取った知識をもとに培った、トインビーのような鋭い洞察力を備えていてこそ可能なんですよねcoldsweats01  慶應通信での学びで少しはそういった力がつくといいなnotes なんてことを思った秋の夜長の一時でありました。

2012-10-11

2012夏スク 結果

噂どおり試験直前の本日、夏スクの結果が届きました。どうやら成績通知書は涼やかな白地に水色字の封筒に入って送られてくるみたいですね。いつものように、ドキドキしながら開封するとhairsalon

      歴史(東洋史) 2単位  A
      社会科学概論 2単位  A

2科目とも無事合格shineでした。わ〜いhappy01  猛暑の中、日吉まで通ったかいがあったというものです。

でもどう贔屓目にみても、東洋史はかなり甘めの採点です。講義はとても興味深かったので真剣に聞いていたはずなのですが、残念ながら試験は納得いくものが書けなくて、実は終了後「しょぼ〜んweep」って感じだったワタクシ。もし私が先生だったら、あのつまらない解答にAはつけないなぁとcoldsweats01  先生優しすぎですheart04

container gardening

一方、社会科学概論のAはとても嬉しいです。講義内容が高度で青息吐息でついていった感が拭えなかった科目でしたが、試験問題が予め開示されたため、試験前日 — 夜中に夫にたたき起こしてもらいcoldsweats01 — 自分なりに精一杯の準備をして試験に臨みました。それがこのように評価されたのは嬉しい限りです。

不案内な科目だったけれどなんとか論ずることができたのは、史学概論を平行して勉強していたことが大きかったと思います。共通する概念が多く、両科目から横断的に学べたことはラッキーでしたhappy01

ということで、4単位ゲットです。これで自力での取得は10単位となり、 認定単位と合わせると総合教育科目は半分ちょっと取得できたことになります。難関と言われる科目が後に控えているので、これからはそう簡単にいかないと思いますが今日明日の2日間、軽やな気分で試験勉強に取り組めそうですnotes

2012-08-20

2012夏スク 社会科学概論

午後の講義は「社会科学概論」。こちらも受講者は150人前後いたと思います。この教室は暑かったcoldsweats01 設定温度を変更するのですが適温なのは下げた直後だけ。またすぐに暑くなるという教室で、とにかく午前と午後の温度差がありすぎて体調がおかしくなりそうでした(@ @;

講義は毎日A4で15~16頁ある丁寧なプリントが配布され、それをもとにリズミカルに進められました。内容はウェーバー、プラトン、デリダ、ローティ、デカルト、フロイト、カント、ポパー、デュルケーム、ギデンズ、ルーマン、ロールズ、ノージック、セン、サンデル、多彩な論者の考え方を理解しながら、「客観性」「行為の理論」「功利主義」を考察。それぞれについて「誰々の何々論」というものが次々に紹介されていくので、ついていくのが必死でした。

5日目は野心的なテーマということで、「時間から空間へ、モバイラビリティ」という、空間軸で社会を考えるという新しい概念についての講義が用意されており、様々なデータを読み取りながら空間を切り口にするとはどういうことかを理解していきました。またデータの中には先生が実際に調査されたものも含まれており、社会学における分析手法の一つを学ぶことができてためになりました。

Hiyoshi campus

毎回講義終了後に質問や感想を記入したコメントペーパーを提出し、翌日かなりの時間を割いて質問に対する回答を行って下さるので、そこでも理解が深まるのですが、こういう分野が初めての私にとって講義内容はかなり難解でした。先生自身も初日に「この講義は社会科学における基礎、共通了解事項を学ぶものです。しかし大学の授業ですから、基礎=易しいということではありません。大変だと思いますが頑張って通って下さい。」とおっしゃっていて、2日目にその言葉が身にしみました(苦笑)

質問内容でその人のセンスや理解度が分かるというのは世の常ですが、私は何を質問してよいやら書く事が全く思いつかず、毎回的はずれな感想文めいたことを書いてごまかしていましたsweat01 他の方の質問を伺うと「レベル高っshine」って感じで。すでに講義で紹介されている多彩な論者の本を読破されている方が沢山いらっしゃるわけで、そういう方々と肩を並べて受講しなきゃいけないのが通信制の大学なんですよね。辛いわーsweat01

でもそういう注目された論者の考えを何一つ知らないから学びたいと思って慶應通信に入学したわけなんだから、今の自分の精一杯の理解が出来ればいいやと開き直って講義を聴いていました(^^ヾ

dai-3 kosha

しかしその注目された理論ですが、原語ではなく勿論日本語で紹介されているにもかかわらず、「一体この方は何をおっしゃっているのかしらん?」というものがほとんどsweat01 訳が悪いのかとも思いましたが、やはり易しい言葉は進入禁止という世界なんでしょうね。前途多難だわsign04 それらを先生が普通の日本語に翻訳して下さるのでなんとか理解出来ました。自分一人で読むと到底理解出来ないものばかりだったので、テキストで哲学や社会学を学習する前にこの講義で、各々の論者のエッセンスを掴むことが出来てよかったです。

同じように思った方がいらっしゃったようで、「どうしたらこれらの本を読めるようになるか? 読み方のコツがあるか?」という質問がありました。先生からは「自分自身も学生の頃苦労して読んだ。1冊に半年もかけて読んだものもある。ただ効率を考えると、まず解説本的なものから入って概要を掴んでから原本に戻るという手順もありなのではないか。」と。

「ただし、原本に戻った時は先に読んだ解説本を批判しながら読むという姿勢が大切。解説本の考え方に染まったまま読んでは意味が無い。解説本の間違い探しをするつもりで読んで下さい。」という意味のアドバイスがありました。心に留めておこうと思います。

Hiyoshi Media Center

先生の分析対象は社会保障の問題が中心。参考文献である先生の著書『再帰性と社会福祉・社会保障 ―「生」と福祉国家の空白化』はギデンズの再帰性理論の考察を通して、現代日本の社会福祉、社会保障制度の問題を論理的に解明しようとするもの。再帰性という概念も初めてで、本当に知らないことだらけのワタクシですcoldsweats01

テストは「客観性」と「人間行為者の自由」からの二者択一。私は前者を選びました。共感する論者、違和感を抱く論者などをあげつつ、今日現在自分が理解し得たことをベースに社会科学における客観性について、背のびをしないで自分の言葉で綴りました。

B4表裏がどのくらいの字数がさっぱり検討がつかなかったのですが、A4用紙2枚  約2000字で作成していったら、あと1行多かったら以下余白部分に突入という、本当にぴったり最後の行で収まりました。出席点をかなり頂けることもあり、テストの採点は辛めとおっしゃっていました。レポートではないので先生からコメントが頂けないのが残念です。

2012-08-13

スクーリング中間報告

気がついてみるとスクーリング 3日目終了、あっという間に折り返し地点です。なんだかすごく早く感じます。それだけ充実してるってことですねhappy01 「東洋史」はとにかくとても楽しい講義で、教科書学習では絶対に学べないことを教えて頂いてる気がしますshine 「あぁ、そいうことだったのか!もっと早くに知っておきたかった!」って思うことばかり。

Hiyoshi campus mae

「社会科学概論」も初日はとても楽しく受講出来たのですが、2日目の昨日はいきなり難しくなってしまって、「まっ、まずい、ついていけないかも〜sweat01」て感じだったのですが、今日は「昨日よりは分かるかも、ほっcoldsweats01」って感じでした。抽象的概念が入ってくると厳しいワタクシです(^^ヾ でも、ウェーバーだけでなく、いろんな哲学者、思想家が登場するので、今まで自分が考えたこともないような考え方を知るのはとても面白いですnotes

アフタースクーリングは「図書館セミナー」に参加。KOSMOSの検索の仕方、日吉図書館の利用方法、公共図書館の検索方法を、実際にPCを操作しながら教えて頂きました。KOSMOSは我流で使っていたのですが、今回いろんなTipsを教えて頂いたので、検索の効率がアップすること間違いなしです。よく作り込まれた検索システムだなぁと感心!我が町の図書館の検索システムも見習ってほしい〜

Hiyoshi campus

また、公共図書館の蔵書を検索する際のおすすめサイトを2つ紹介して頂きました。一つはすでにちょくちょく使っているカーリルで、もう一つがWebcat Plusというキーワードだけでなく文脈からも検索出来るという面白いサイトです。こちらは知らなかったので、夏スク終了後にじっくり試してみたいと思います。新入生にとってこういう企画はとってもありがたいですconfident

Ⅱ期参加のみなさま、暑い中ですが後半戦もがんばりましょうね!

記事検索

無料ブログはココログ