スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

総人: 哲学ES

2014-02-01

2013夜スク 結果

恒例の「白x水色」の封筒が届きました。秋から冬にかけて、3ヶ月間通った夜スクの成績通知です。結果は、

      夜間 哲学    2単位  A

出席はとらず、レポート提出もなし。最終日の試験だけで成績を決定するという、一発勝負の潔い講義だったので、内心ドキドキだったのですが、無事合格shineをいただけて嬉しい限り。

試験問題はY先生から5問、I先生から3問出題され、それぞれ一問ずつ選択して答えるというものでした。 (正確な問題は失念sweat01

Y先生

  1. 論理は経験的かという問について
  2. 仮説演繹法について
  3. 存在論と認識論について
  4. 電子が存在するというときの存在の意味について
  5. 時間に関する問題や謎について

I先生

  1. 科学理論におけるギャリー、フラーセン、カートライトの考え方について
  2. 科学実在論争について
  3. 科学とはどのような営みかについて

tokei

問題は事前に教えていただけたのですが、Y先生の4番、5番はチャレンジ問題ということで、当日発表の上、講義でもあまり触れられていないものでした。「これをきちんと論じたらA間違いなし」っておっしゃっていたのですが、この問題に果敢にアタックされた方はいらっしゃるのかな?

ちなみに私はどちらも1番を選択。「論理は経験的か」を選択した理由は、この問に対する自分の理解がちゃんと合っているかどうかを確かめたかったから。論じたことが的外れではなかったと判明して嬉しいですhappy01

また、「科学理論」を選択した理由は、I先生の講義もどれも興味深かったのですが、特にナンシー・カートライトの考え方を学べたことが有意義だったから。これらのことは『科学哲学の冒険』にも書かれてあったのですが、やはり講義を受けると理解が断然深まりますconfident

ということで、2単位ゲット!総合科目は残すところあと4単位となりました。スク―リングで「近代思想史」と「心理学」か「統計学」を履修して充足したいのですが、スケジュールが合うかどうか。こればかりは神のみぞ知るですね。

2013-11-26

実在主義 vs 反実在主義

三田祭で一週あいたため、2週間ぶりの夜スク第9夜は前回の補足からスタート。LeslieとKeebleの実験結果からなぜそう結論づけられるのかとか、ダーウィンの進化論から「人間は因果という先天的なカテゴリーを持つ」などと言い切れるのか、というあたりがよく分からなかったのですが、同じような方がたくさんいらっしゃったようで、再度丁寧な説明がありました。しかしそれでもまだ、カントの主張の論拠が何なのか、よく分からないワタクシなのでした sweat01

本日のテーマは「科学理論とは何か」。実在主義と反実在主義、両者の考え方の違いをざっくりと学びました。私は前者派。肉眼では見えないものたちの真の構造をとらえられる唯一の手段が科学であり、学問だと思うんだけどな。

Media Center

I先生の講義でも、論理学で学んだことが役に立っています。構文論的捉え方というところで、「公理から演繹的に導出された定理からなるものが理論文である」というこの概念は、論理学を学んでいなかったらイメージできなかったと思います。そして観察語からなる文が観察文。(まんま、やんか!) 両者の違いや、理論文を観察文で基礎づける手法があることなど。「でも実際問題、観察文だけ論じることなんて出来るん?」という素朴な疑問を持ったところで、本日のスクーリングは終了です。

そしてついに試験の予告が!100点満点中50点は3題のうち1問選択の論述式。お題もだいたいこの辺りからというのを教えて頂いたので、今取り組んでいるレポが終ったら、早速こちらにとりかかれるように、先生がこれまでに推薦してくださった参考文献の中で、読もうと思っていたものをネットで手配しました!

2013-11-13

知識と思考

先週の夜スクは第2夜で学んだ存在論、認識論、言語行為について、もう一方踏み込んだ説明で、目新しい内容はありませんでしたが、M教授がちらっとおっしゃった言葉が、「哲学とは何か」をとてもよく言い表していると思ったので、ご紹介します!

1. 哲学は知識を整理する学問ではない
2. 構造的に思考するための訓練
3. 歴代の哲学者の思想は構造的な思考をするための参考

そう、哲学の講義を受けていて、なんかスッキリしないと思ってしまうのは、知識を提供してくれる学問ではないからだと気づきました。この知識提供が当たり前だと思ってしまっているので、なんとなく違和感があるんだろうな。

構造的・論理的に考えるためにはどういう手法があるかという知識は学べますが、それ以降は自分で考えなきゃいけない学問なんですね。

Tokyo Tower

そして今週から女性のI先生の講義がスタートです。今夜のテーマは「因果とは何か」

存在論的考え方、認識論的考え方、そして、ダーウィンの進化論なんかも登場して、すんなり理解するのは難しいカテゴリーですsweat01 ただ、この因果については「史学概論」でも触れられていたなぁ〜なんて思いつつ、拝聴していたのですが、途中でタイムアップ。次回この続きを拝聴したら理解できる・・・かな?

2013-11-04

論理は経験的か

なんだかバタバタしているうちに11月に突入し、明日はもう夜スク第7講ではないか!ということで、今更ですが先週の夜スクのお話sweat01

今回はY先生の最終講義。時間の足らなさ120%という感じで「アリストテレスの三段論法」や「仮説演繹法」の説明を駆け足でなされた後、先生の講義のテーマであった 「論理は経験的か」という哲学におけるひとつの根源的な問いに対する答えを出して講義は終了しました。

アリストテレスの三段論法は『論理学』で、仮説演繹法は『科学哲学の冒険』でも触れられていたので、なんとか理解できた感じですcoldsweats01  この仮説演繹法という手段を使っているからこそ、現在の科学は宗教や占い、生活の知恵と言われているようなものと一線を画すのであり、科学は神の言葉のように100%真理を保証するものではなく、反証される可能性を否定できないものであるが、この常に経験の側に扉が開かれているからこそ、健全さを保持しているというお話でした。

siki-no-mori koen

私は昔から理数系はと〜っても弱いのですが、それなのに100%科学の人なので、この講義はとてもしっくりきましたし、科学とそれ以外のものたちとの違いが、どこにあるのかを学べたことは大きな収穫でしたapple

そして論理学でよく例に出される 「非ユークリッド幾何学」なるものがどういう概念であり、なぜ論理学でたびたび例として出てくるのか、この講義を受けてようやく理解することができたことが第二の収穫cherry ここ論理学の本を読んでるだけでは全く理解できず、「非ユークリッド幾何学? 何ソレ?」という感じだったのでsweat01

「三角形の内角の和は2直角である」という命題は、フラットな場所に描かれた三角形においては真であるが、例えば球体のようなところに描かれた三角形においては偽である」という説明を伺って目から鱗eye ユークリッド幾何学から非ユークリッド幾何学が、古典論理から量子論理がブレイクスルーされたわけですが、この点を考えていけば必然的に、「論理は経験的か」の答えが導き出されるという帰結です。

susuki

そしてY先生に親近感を覚えたできごとが。哲学用語の定義を述べる宿題が出たときに、「中学3年生位の生徒に分かるように説明して下さい。難しい言葉を並べて誤摩化してはいけない。本当に理解していたら簡単な言葉で説明できる」とおしゃったこと。これ実は私がいつも心がけていることだったので。(「難しい言葉を知らないからやろ!」という突っ込みは却下punch

もちろん先生ご自身、有言実行。例えば、哲学で使われる「概念」という言葉は、一般で使われるよりも狭い意味で使われるが、端的に言うと「普通名詞で表わされる言葉」であり、「必然性と蓋然性は、英語で言うと necessityとprobability」であるというような説明をして下さいます。なんと分かり易い!難しい言葉をこうやって既知の言葉に置き換えていければ、哲学用語も怖くないと教えてもらった気がします。

 「哲学とは何か」
 「真理とは何か」
 「推論とは何か」
 「科学とは何か」
 「論理は経験的か」

駆け足でしたが、今まで考えたこともないことを考えることができた、貴重な時間でありましたhappy01

2013-10-23

神と人と物の論理

夜スクも今回で5講目。Y先生の講義は残りあと1回ということもあり、佳境に入ってきた感じです。受講前は哲学の講義って偉大な哲学者の思想を学ぶものだと思っていたのですが、全く違っていました。

Y先生の講義は哲学的に思考するとはどういうことか、ということに焦点があてられていて、「哲学的思考=理性的・論理的推論=演繹的推論」ですから、もうこれは論理学の講義と言ってもいいくらいです。論理記号こそ使いませんが、論理学の各理論はそれぞれ持ち場があり、どの場面でどの理論を用いて推論するべきかという、論理学の実践編のような内容です。

そして論理学(A)と(L)で学んだ神の論理と言われる古典論理(真理関数理論と量化理論)は、哲学で扱う論理のうちのほんの一部で、その他に人の論理と言われる「直観主義的論理」、物の論理である「量子論理」、そして慶應の『論理学』のテキストの執筆者でもある大出晁先生が研究された「基礎論理」の4論理があることを学びました。

Minami-kosha

排中律を認めていることが前提で、P∧(R∨S)≡(P∧R)∨(P∧S)というような分配法則が成立するのが古典論理。排中律を認めないのが直観主義論理、そして、奇妙な振る舞いをする輩がいて、分配法則が成立しないのが量子論理、最後に排中律と分配法則の両方を排したものが基礎論理であるということだけは理解できましたcoldsweats01

そういえば、『論理学をつくる』の著者である戸田山氏が、論理学は古典論理以降が面白いんだっておっしゃっていましたっけ。でも排中律を認めないとなると、それだけ選択肢が増えるわけだから、計算の手間が増えすぎてお手上げって感じだし、量子論理に至ってはMIT白熱教室のルーウィン教授の講義「神はサイコロを振らないのか? ~量子力学と不確定性原理」を見たけれど、とても理解できるもシロモノではなかったですsweat01

人間の世界で成り立つ分配法則がミクロの世界ではなぜ成立しないのか。この点だけでもいつか理解できたらいいな〜と思った夜スク第5夜でありましたconfident しかるにこの講義、論理学を全くやっていないと、排中律の概念を理解するだけでも大変なので、かなりしんどいと思ふ。だから『テキスト履修要綱』の哲学専攻の頁で、論理学の履修順序について、一言記載があるんですね。哲学の前に論理学、これ鉄則かもsign05

2013-10-15

No Man's Landな学問

台風26号接近typhoonで、明日区内の小中学校は一斉休校という緊急連絡メールを受け取ったので、夜スクも休校だろうと思っていたら、なんのその、通常通り実施されるとのことで、大雨の中キャンパスへ向かいましたrain

前回の講義から若い男の先生が担当されているのですが、哲学でよく使われる「概念」「命題」「前提」などの言葉の定義や、ボタンの掛け違いがあってはならない哲学における基本的事項について、再度丁寧に説明がありました。ここでお互いの解釈が違っていたら永遠に平行線なので、この最初の部分をきちんとおさえておきたいとおっしゃっていました。哲学の初学者にとってはとてもありがたいですconfident

その中で「哲学とは何か」という基本中の基本である問いに対して、イギリスの哲学者・論理学者・数学者であるバートランド・ラッセル氏が、『西洋哲学史』の中で述べている答えが紹介されました。興味深かったのでここでも紹介します。

哲学は科学と神学の中間である "無人地帯 = No Man’s Land" に位置する学問である。なぜなら、明確な答えが出せない問いに答えようとする営みは神学と類似しており、一方、伝統的な権威や啓示によらず、理性的な思弁によってのみ答えを出そうとする営みは科学と類似しているからである。

ちなみに「理性的な思弁」をズバリ一言で表わすと「演繹的推論」だそうで、これ論理学(A) & (L)でたっくさ〜んやりましたpencil 実は論理学を学んでいるとき、どうしてこの学問が哲学と密接な関係あるのか不思議に思っていたのですが、だんだん繋がってきた感じhappy01

休憩後は紀元前から脈々と問い続けられている哲学の問題について。代表的な問いを30題ほど挙げて下さったのですが、その中に「真理とは何か」「正しい推論とは何か」という問いがあり、後者はまんま本年度の論理学(L)のレポート課題。「過去の代表的な哲学の問題に取り組んでいるなんて、もしかしてスゴイことしてる?私たちshine」と思った一瞬でした(笑)

しかしその他の問いは、例えば「運動とは何か」とか「生命はいかにして誕生したか」とか「時間や空間とは何か」などで、とどのつまり、宇宙・生命・意識・心・身体・運動・時間・空間・無限などの概念に集約され、「どう考えても数学や物理、生物の知識がいるよね〜」という感じがありありcoldsweats01 ゼノンのパラドックスもちょこっとだけ出てきましたが、これからついていけるのかちょっと心配なワタクシなのでしたsweat01

2013-10-09

理性と直感が教えてくれるもの

夜スク「哲学」第3回目の講義は、存在論・認識論・価値論について。これらは突き詰めるとすべて問いなのですが、「哲学とはそれらの問いに対して、概念による論理的推論という手法で答えようとする営みである」というのが本日のポイントだったのですが、事前に「論理学(L)」を履修しておいてよかったconfident と思った瞬間が何度もありました。

目から鱗だったのは、「事実と価値の二分法」という概念で、「当為や意見など価値判断が含まれる命題には、正解はない」という説明があったとき。例えば、「成功率20%の脳腫瘍の手術を受けるべきか、受けざるべきか」という問題と、「この目玉焼きに醤油をかけて食べるべきか、ソースをかけて食べるべきか」という問題は、哲学的次元でいえば同じレベルで、どちらも決して正解の得られない命題だということに、ちょっと衝撃を受けました。

つまり、どんなに崇高な価値判断も絶対に正しいと言うことはできず、論理学でいうところの、真(true) or 偽(false) を導き出すことは不可能だという絶対的事実があり、そして、それが可能なのは「事実」を述べている命題のみということになります。

Tokyo Tower at night

でもよく考えると、それは当たり前のことかもしれないなぁと。価値判断はいつの時代も相対的なもの。だからこそ我々は選択という手段を持っているわけで、自分の意志で何も選択できな人生なんて、もはや自分の人生ではないはず。

少し前にNHKのコロンビア白熱教室で、アイエンガー教授の「人生における正しい選択とは」という講義が放映されていたのですが、教授の数々の研究データから分かったことは、客観的な数字やデータを優先して将来の選択をした人たちよりも、直感やフィーリングを大切にして人生の選択を行なった人たちの方が、幸福感を得ているということでした。

しかしながら、今回の講義では「哲学は瞑想や直感、感覚などによって答えを出すのではなく、概念による論理的な推論という理性的な手法によって、Yes or Noを導き出す営みである」と教えて頂いたわけで、これって真っ向から対立、ガチンコしてるannoy

哲学的な問いに答える場合と、人生の選択に対する問いに答える場合とでは、相反する手法でもって答えることがベストなんだとすれば、これってちょっと面白いなと思った哲学講義第三夜なのでしたnight

2013-10-02

『パンセ』に心が震えた夜

夜スク「哲学」第2回はM教授の講義でした。今回も「105分ってこんなに短かかったっけ?」という感じで、あっというまに終了。終了後も相次ぐ質問に 「あともう1時間講義しますか?」なんておっしゃりながら丁寧に答えて下さり、ふと気がつくと8時半過ぎ。残念ながら私はここで退出。

「ボクが話すことは試験には出ないので、気持を楽にして聴いて下さい。試験のために今日の内容を復習するのは時間の無駄ですから。でも長い目でみれば、何かいいことがあるかもしれません」というような、なんともユニークな言葉から始まった講義。

まず「存在論的秩序」という概念の説明から。プラトンのイデア論・想起説とアリストテレスの形相と質量論、両論の考え方の違いに触れながら、ギリシア哲学から中世哲学までの根底にあるものをざっくりと概観。ここで日本も影響を受けた朱子学も、この「存在の秩序」を肯定しているのだと −「士農工商」という身分制度を例に− 教えて頂き目から鱗。この今ひとつピンとこなかった「存在論的秩序」というもののピントが少し合ってきた感じです。

そしてカントが自らの哲学を「コペルニクス的転回」と評した通り、哲学史上画期的であった「主観主義的認識論」について、デカルト、カント、パスカルを材料に説明があり、カントの言う「アプリオリ」やデカルトの「我思う 故に 我有り」という言葉の意味が、ようやく理解できた感じ。そして彼の「神の証明」たるものが、どういうものであるかを教えて頂きました。

この「神の証明」。何人かの偉人がやってのけたことは知っていたのですが、正直「一体どうやって、証明すんの?」と、常々思っていたので、「なるほど、こうやるのね」というのが分かって単純に嬉しかったデス。けれど、続いて先生が「屁理屈だと思った人?まぁ、哲学は屁理屈ですからね」と笑って言われたので、ドキッとしたワタクシsmile

最後にパスカルの『パンセ』の有名な一節の紹介がありました。PCに保存していたものが見当たらないというハプニングがあり、「フランス語でなら完璧に覚えてるんだけど、日本語は大丈夫かなぁ」とおっしゃりながら

「人間は自然のうちでもっとも弱い一本の葦にすぎない
しかしそれは考える葦である」

から

「だから我々はよく考えることに努めよう
ここに道徳の原理がある」

までををそらで朗読されたのですが、聴いていて思わず心が震えてしまいました。

哲学も歴史的文脈と無関係ではなく、この1年半で古代から現代までの歴史を一通り学び、社会のあり方の変遷が頭の中に入ったことで、なぜこのような思想が生まれてきたのかが理解できるようになったことと、日常語である「考える」という言葉が持つ本来の意味や、それがいかに大切であるかということが、慶応通信生活を通じてちょこっと分かりかけてきたからなのかもしれません。慶應通信に入学せず、一人『パンセ』を手に取っていたならば、この感動はなかったと思いますconfident

2013-09-25

夜スク初日のキャンパス風景

通学生と反対方向に進んで到着した夜スク初日のキャンパス風景は、夏スクの明るさとは対照的に紺碧の空に包まれていて、あっという間に夜のとばりが降り、メディアセンターの灯りが輝きだしました。

教室に着くと通学生の授業は残念ながら行なわれておらず、すぐに入室できましたが、これまた残念なことに期待していた東京タワーを眺められる教室ではありませんでしたweep わりと小さめの教室なのに二人机を一人で使える状態で、夏スクと違い夜スクに通える人が限られていることを改めて実感しました。

Mita Media Center

「哲学」初回の講義は3人の先生がフル登場で、それぞれの先生からコースアウトラインの説明や参考文献の紹介、評価方法の説明などがあり、最後に教授から一般的な哲学の背景について、ちょこっと講義があったのですが、もっともっと聞いていたかったほど、話に引き込まれました。

出席はとらず、小テストやレポなどもなく、最終日の試験のみで評価するという、大人なヨーロッパ方式を採用。私は何度も努力が必要なアメリカ方式より、ヨーロッパ方式の方が好きsmile 試験は60分で問題はまだ決めていないけど、記述式になるだろうとのことでした。そして続く先生の言葉にちょっと衝撃を受けたワタクシ。

「60分の間に考えをまとめ、構成を練って解答するわけですから、そんなすごいものは書けないですね。まぁ、作文と思って下さい。ちなみにフランスの大学に入学する資格を得るためのバカロレアの哲学の試験などは、4時間ですからね。日本で言うと高校3年生の子たちが、4時間かけて記述するんです」とeye。日本の大学入試も記述式が増えたと言われていますが、根源的な質の違いを感じた一瞬でした。

Tokyo Tower from Mita Campas

もちろん、作文でよかったと思ったのは言うまでもありませんcoldsweats01 さらに、紹介頂いた参考文献は必読ではなく、読まなくても理解できる講義をして下さるそうです。ただ分からないことがあったらすぐに質問して下さいということは、どの先生もおっしゃっていました。

「日常使用している言葉でも哲学では定義が異なることが多々あるので、分からないまま聞いてると置いてけぼりになって辛くなるだけ。すぐに質問できることがスクーリングのいいところですから」と、どの先生も質問welcome!問答で講義を進めたいという思いさえ感じました。哲学だから当然かなsmile

2013-09-23

夜間スクーリングのまえのよる

今月2度目の三連休は久しぶりにお台場へ。お天気にも恵まれレインボーブリッジからの風景はとても奇麗でした。

今回のお目当ては日本科学未来館で開催されているサンダーバード博。この連休でおしまいということもあって、またまた、すんごい人でしたhappy02

Nihon Kagaku Mirai-kan

面白かったのが、子どもたちより何倍も興奮して歓声をあげ、シャッターを切っているお父さんの姿があちこちで見られたことhappy01  もちろん我が家も該当組。サンダーバードはもうすぐ50周念を迎えるそうなので、そりゃまぁ、そうなるのも当然ですね。

そんな様子にお母さん方はあきれ顔でしたが、女性の目から見ても昨年、黒柳徹子さんが47年ぶりにアフレコを担当して話題になった、レディ・ペネロープとFAB-1のピンクコンビは輝いてましたshine

Thunderbird 2

そして三連休明けの明日から、いよいよ夜間スクーリングがスタートです!夏スクと違い12月末までの長丁場ですが、1コマだけだからなんとか集中力を保って聴講したいものです。

それに次回の講義までに1週間の猶予があるので、じっくり考えたり、調べたりきるかなぁなんて甘い期待を抱いていますが、どうなることやら。

Geo-Cosmos

講義はテキストではなくプリント配布。夏スクで事前にwebからダウンロードする必要があった講義も見かけたので、念のためにチェックしてみましたが、どうやらそんな案内は出ていないようです。

2冊ほど哲学の入門書的な本にざっと目を通してみたのですが、正直よく分かんなくて、丸腰で臨むようなものsweat01 それだけに講義が楽しみ。今夜は睡眠をたっぷりとって明日に備えます。

より以前の記事一覧

記事検索

無料ブログはココログ