スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

総社: 社会学

2013-09-12

リベンジ社会学 −社会学あれこれ

「社会学」は総合科目ですが、実は今回学んだ科目の中で一番難しいと感じた科目でした。テキストが分厚すぎるということもあるのですが、とにかく射程範囲が広すぎて、全てを理解するのはとても無理sweat01

当初は格差社会をテーマにレポートに取り組んでいたのですが、「いや、まてよ。まずは基本を抑えるべきでは?」と思い直して、社会学を学ぶ上で必要な概念である一番ベーシクなテーマに変更し、昨年の夏スクで履修した「社会科学概論」のレジュメやノートなども参考にしつつ、なんとか取り組みました。

しかし試験対策は正直お手上げ状態だったワタクシ。出題されるキーワードは無限であり、それを予測して予め答えを準備することは不可能。その場でテキストのどの章と関連づけるべきかを判断し、社会学的視座で論じなくてはなりませんsweat02

つまり日頃から社会学的とまではいかないまでも、様々なことに対してある程度自分の考えを持っていないと、即座に答えられない問題です。逆に常日頃からいろいろ考えておられる方は、おいしい科目なんじゃないのかな〜と。できることなら「デジタル書籍」に挑戦したかった。私の選んだ「二院制」よりは、面白いものが書けるキーワードだと思うので。まだまだ修行が足りませんなhappy02

でも今回「社会学」を履修して、嬉しかったことがあります!それは通学生時代より成績が上がったということscissors 昨年2月、願書を送付する際、先方にどういった成績がいくのか把握しておきたくて、成績証明書を2通取り寄せたワタクシ。

そこで一般教育科目の中に「社会学 4単位」なる文字を発見!それまで履修していたことすら忘れていたのですから、何を学んだのかなんてホントに全くと言っていいほど覚えていません。なので成績もそこそこでした(笑)で、今回めでたく四半世紀以上前に頂いた成績をリベンジしたと言うわけですnotes

もう一つ心に残ってる社会学にまつわるお話。それは昨年の夏スクで、「大学生ならこれらの本は読んでいて当然」ということをおっしゃっていた方がいました。言わずもがな著名な社会学者たちの有名な文献です。

もちろん私はどれ一つ読んだことがなかったので、「この方には社会学の単位を持っていることは決して言うまい!」と心に誓ったのでありました(苦笑) 「社会学」の道のりは遠く、険しいけれど、今後邁進致します。

2013-08-29

2013年度 第II回科目試験結果

夏スクの終わりとともにやって来る、「白 x 水色」の封筒が我が家にも届きましたmail いつものようにドキドキしながら開封すると、「あれ? 今回は久々に頑張って3科目受験したのに、1科目しか表示されてないよーsweat01」と一瞬焦ったワタクシ。 どうやらEスク科目は後日通知されるようです。結果は合格shine

      社会学    4単位  A

実は受験した中で一番自信がなかったのが社会学だったので、A評価にはびっくり。書き直す時間がなくて、かなりヘンテコな構成のまま提出したことを覚えてます。夏スクで「reader-friendlyな文章は斯くあるべし」と教わった今、あの解答の構成を振り返ると、かなり甘めの採点です。

ただ一番心配していた主張自体は、そこそこ的を得ていたのかな?ほとんど知識のない政治分野のキーワードを選択せざるを得なかったので、定義すら怪しかったのですが、テキストのどこを探してもそのキーワードと全く同じ言葉が見当たらず、定義の擦り合わせすら出来なくてかなり焦りましたsweat01

しかし途方に暮れている時間はなく、焦りながらもとにかく該当セクションを読み込み、「多分こういうことなんだろうな〜」と半分勘を働かせて、どうにかこうにか書いた記憶がcoldsweats01

ただ前々回の試験のときもそうだったのですが、今回も以前読んだ参考文献が助けてくれました。「歴史(西洋史)」のレポに取り組んでいるときに読んだ参考文献の中で、英国の議会制度について触れられていたものがあって、その記憶がうっすら残っていたことが幸いしました。「多分こういうこと」と思えたのは、その文献のおかげですhappy01

ということで7月に受験した3科目のうち、 まずはテキスト科目の4単位をゲットnotes  Eスクの結果もそろそろ届くのかなhappy02

2013-07-07

2013年度 第II回科目試験終了

第Ⅱ回科目試験が終了しました。連続、真夏日で大学へ行くまでに「ぜいはぁ」という状態でしたが、3科目を無事に受験することができましたpencil

初日はまず2コマ目のE-自然科学概論13。過去問情報もなく、どのような傾向の問題が出るのか全く分からずに臨んだ試験。選択問題20問と記述式問題が1問でした。

炎天下全力疾走した後だっただけに、虫食いの初っ端の答えが、40ある選択肢からなかなか見つけられずかなり焦るcoldsweats01 問題文が意味ある日本語として頭の中に入ってこないsweat01 やはり試験は時間に余裕をもって臨まなくてはいけませんね。10分ほど過ぎると落ち着いてきて、なんとか全問答えることができて、ほっ。しかし、記述式は、免疫作用を施す細胞の名前を全て思い出せず、かなりごまかしての記述となってしまいました。しゅん

続く3コマ目は持込可だけど、私はかなり難しいと感じる社会学。エスニシティや格差社会、医療関係、労働関係、教育関係あたりのキーワードが出たらいいなぁと思っていたのですが、出題されたキーワードは全く関係ないものばかりで、Oh!my God!って感じweep

即座にどのセクションの視座から論ずればいいか検討がつくキーワードがなくて、テキストをブラウジングしなから、回答するキーワードを決めるのに20分もかかり、消去法で選んだのが私が苦手とする政治関係のキーワードcoldsweats01 これだけがセクションを決定できたのでsweat01しかし苦手な分野ゆえ、かなり辛い選択でした。

しかも、読み返すと2段落目と4段落目が同じようなことを言ってるので、3、4段落を入れ替えて、もう少しすっきりさせたかったんだけど、書き出したのが遅かったのでそんな時間もなく、かなりヘンテコな構成の文章で提出する羽目になってしまいました。これまた、しゅん。

そして、本日2コマ目はE-西洋史概説13。ゲルマン諸国とローマ文明、中世西欧社会のキリスト教化から一問選択。私は後者を選択。Eスクの辛いところは、テキストがないので文章での復習ができないこと。だからどうしてもあやふやな記憶になってしまうんですよね。テキストのありがたみを思わぬところで感じました。

でも文章を目で追っただけではスルーしてしまうような事柄が、講義だと印象に残るということもあり、先生が話された琴線に触れた言葉を入れながら、「こういうことなんだろうなー」と自分なりに受け止めた中世の西欧社会におけるキリスト教の浸透の変容をなんとか文章にしました。ちょっとテーマが大きすぎて、自信は全くありませんが。

今回テキストがない科目を学習してみて初めて気づいたのですが、試験前にテキストを再読するのって、記憶の整理だけでなく精神的にもいいってこと。気持がなんとなく落ち着つくんですよね。テキスト読んでるだけで。社会学はすごい頁数の市販テキストなので再読には至らず、というか読んだ端から忘れてく私happy02

ということで、次回は慶応のテキストがある科目を履修予定。本日図書館で参考文献を入手してきましたnotes

2013-06-14

「社会学」レポート返却

社会学のレポートが戻ってきました。は、はやい!提出してから2週間ちょっとで返却されたのは初めて。最短記録です。

社会学のレポは注文の多い料理店だっただけに、緊張しながら二つ折りになっているレポートを広げると、おととい目にしたものと同じ合格shineのスタンプが、やはり採点欄からはみ出して押されていて、

レポートとして十二分の出来です。今後も、この調子でがんばって下さい。

という励ましのコメントが書かれていましたhappy01『プロ倫』で臨んだレポートでしたが、作成に当たって 「社会学的に論ぜよ。他の学問分野の観点からの回答は無効」という指示があり、この点がかなり不安だったのですが、なんとかクリアしていたようで、ほっ。

Kanda-gawa zoi

文献や資料は最低5本必要という注文もあり、結構大変だったのですが、同じ文献があの科目でも、その科目でも、この科目でも参考になる場合があるわけで、勉強を重ねていくと、この点は少しづつ楽になっていくんだなぁというのを実感しました。

と言うのも、今回一年程前に読んだ 『マルクス・コレクション』を参考文献に入れたのですが、一度読んでいるものなので素早く読めるのは勿論のこと、昨年より内容が分かるようになっている自分に驚いたりも。

まぁ、昨年読んだ時は、社会学を一切学んでいなかったので、ほとんど理解していなかったとも言えるんですけどsweat01 でもこうやって少しづつ理解が深まったり、蓄積された知識が縦横斜めに繋がってゆくのって、なんか嬉しいconfident

2013-05-26

「社会学」レポート完成

社会学のレポートが完成したので、土曜日についでがあり大学まで足を運んだのですが、なんと事務局が休みで提出叶わずweep 土曜日はやっているものだとばかり思っていたのですが、科目試験の時だけなんですね。175円の節約叶わず、しょぼ〜ん。

新たな文献を読んで、ちょこっと修正や加筆はしたものの、ほぼ第一稿の路線で完成させました。社会学的に論じられているかと問われると自信は全くないのですが、自分が常々不思議に思っていたことをテーマとしたので、文献を読んでいる時はとてもワクワクしました。

特に最後に手にした文献は、カトリック神父からみたプロテスタンティズムが論じられており、資本主義という社会構造が生まれた背景について、ウェーバーとは異なる見解が示されていて興味深かったです。ただ、こちらの方に興味がいきすぎてしまって、レポート課題で問われている点がきちんと論じられたか一抹の不安coldsweats01

ベーシックなテーマを選んだので、逆に難しかったような気もしますが、いろんなことに気づかせてくれた、楽しい課題でした。

しかし、いつもならばここで科目試験の勉強に突入できるのですが、今期はもうあと二本レポが残ってるsweat01 Eスク受講者の辛いトコロ。特に西洋史概説のレポはテキスト科目と同じく4000字程度と指示があり、しかも出された課題が「えっ?そこですか?先生sweat02」という意外なもの。講義を聴いているだけでは書けない課題なので、紹介して下さった文献を読まなければ。3冊もあるので、読むのが遅いワタクシにはこれまた辛いトコロですhappy02

2013-05-21

「社会学」レポート第一稿完成

社会学のレポート、第一稿が完成しました。気になる現在の字数は、4028字。おぉ!私にしては素晴らしい出来shineこれなら4000字以内にするのは楽勝ですが、果たして社会学的に論じられているのかどうか、かな〜りあやしいcoldsweats01

今ひとつ社会学的に論じるとは、どういうことなのかピンときていないし、社会学って射程範囲があまりにも広いので豊富な知識が必要で、ある意味難しい科目だなぁと。

先日、Eスクの西洋史概説もレポート課題が発表され、参考文献が3冊ほど紹介されていたので、午前中図書館へ行ったついでに社会学のための文献も入手してきたので、それに目を通してから、どうするか考えます。

西洋史概説の文献も平行して目を通しつつ、まずは、最後の講義を視聴しなければ。なんだか慌ただしいこの頃ですdash



2013-05-19

「社会学」アウトライン完成

レポート提出締切まであと1週間。ようやく社会学のレポ、アウトラインが完成しました。またもや、ギリギリ路線の予感coldsweats01 社会学のレポは950頁もあるテキストのセクション末尾に用意されている、「考察を深めるための問い」からテーマが自由に選べます。各セクション5〜6題ずつ問いがたてられているので、自分の好きなテーマに取り組めるという反面、どれにしようか悩ましいという悩みがhappy02

当初、書いてみたいテーマが2つほどあり、文献を読みくらべて書きやすそうな方のテーマで取りかかったのですが、「う〜ん、まだ時期尚早かなー。それより今は、基本をおさえるべきなんじゃないかな〜」なんていう考えが頭の片隅をよぎり、夏スクで社会科学概論を受講した時から読んでみたかった、そちらの文献も読んだりしているうちに、ますますその思いが強くなってきて、急遽テーマ変更。プロ倫でいくことに。慌ててそれにまつわる文献数冊に目を通しましたbook

社会学のレポは結構細かい指示があり、「社会学的」に論ずること。他の学問分野の観点からの回答は無効とか、文献は最低5冊必要とか、字数も3500〜4000字、図表は50字換算とわざわざ書かれてあったり、どれかひとつでも満たしていなければ不合格とのこと。た、たいへんそうsweat01

参考文献を新たに5冊読むのも大変でしたが、とにかく私にとって最も大変なのは、言わずもがな、字数内に収めること。しかし、今回ばかりは3500字以上4000字以下に収めなければいけませんですねcoldsweats01 が、がんばりますぅ

記事検索

無料ブログはココログ