スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

事務手続

2016-04-01

2016年度 補助教材到着

新新年度スタートとともに補助教材が到着しました。まずはレポート課題集をチェック!これが最後のテキスト科目になると思うと、感慨深いものがあります。

ところで新年度よりレポート提出票がリニュアルされたようで、一冊同封されていました。今までよりも長さが倍ほどになっていて、事務処理欄というものが追加されています。

yamazakura

レポートの受領確認がkcc-channelでできるようになるのかな?なんて勝手に想像していますが、そうなるといいな〜。

昨年に引き続き今年度も全面書き換えされたテキストを2冊ほど申し込む予定。配本がないので、新しく生まれ変わったテキストが届くのが楽しみですhappy01

2016-03-10

追加配本申し込み♪

大学から「選択配本制度の廃止にともなう追加配本申込書」が届きました。2016年度から実施される制度変更の一つに選択配本制度の廃止があり、選択しなかった配本を希望する学生には送付して頂けるとのことで、希望の旨を連絡していました。

思い起こせば2年前、20単位を超えてしまって泣く泣く諦めたテキストが数冊あり、うち1冊はすでに購入したのですが、他にも欲しいテキストが出てきて、4月になったら分室へ赴いて購入しようと思っていた矢先のことだったので、すごく嬉しい!

申込書を見ると追加履修申告書も兼ねているとのこと。しかもIV年次配本のテキストだけかと思いきや「化学」と「生物学」もリストに挙がっていて、総合教育科目も対象です。履修はしないけど「生物学」も欲しかったのでラッキー!頂けるものは頂いておこうと思うので、早速明日投函してきます。

Jasminum mesnyi

実はここのところニューズレターをちゃんと読んでいなくて、"配本希望科目の届出廃止" という見出しはちらっと見た記憶があるのですが、すでに配本を受けた学生に対してこのような措置があるというところまで読んでいなかったので、事務局へ連絡をしそこねるところでしたsweat01

幸運にも拝読しているブログの記事でこのことを知り、慌てて手続きをしたのが2月27日。その日は土曜日だったので、集荷があるポストかどうか確認してから投函した次第。2月末日が締切でしたが、普通に配達されれば29日月曜日に大学に着くはずなので、ギリギリセーフ。今年が閏年で良かった。何よりも、記事を書いて下さった方に感謝、感謝です。

来年度からいくつか制限がなくなって、今より履修がしやすくなるみたいですね。学生がより学びやすい環境となる制度変更は大歓迎!追加配本のテキストが届くのが楽しみですnotes

2016-02-29

卒業論文指導申し込みと成績証明書発行依頼

青空が広がった2月吉日、春期卒業論文指導調査票と論文構想を提出しに三田キャンパスへ。初回の卒業論文指導申し込みを行ってきました。

ありがたいことに事務局の方は書類を受け取ると、調査票と3枚になってしまった論文構想にざっと目を通し、記入漏れがないかどうか一つ一つチェックして下さいました。事務手続きでは何度か失敗しているワタクシなので、ドキドキしながら待っていましたが、どうやら今回は不備は無かったようで、

「提出しておきますね」

と受け取って頂けました。ほっhappy01

ついでに成績証明書の発行もお願いすると、申込用紙をチェックして、またまたご親切に

「このままだとkcc channelと同じ内容のものが紙で発行されるだけになります。事務局の方で卒業所要単位にどの分野があと何単位足りないかチェックすることができるのですが、希望されますか?」

と確認してくれたのです。

あー、そうだった!備考欄に『事務局による卒業所要単位の確認をお願いします。』と記入すれば、事務局で対応してくれると先輩から伺っていたのに、すっかり忘れていましたcoldsweats01

「はい、ぜひ、お願いします♪」

と答えると、赤ペンでその旨記入して下さり、続いて

「1月の科目試験を受けられましたか?」

と質問されたので、

「はい、受けました。」

と答えると、カレンダーを指さして

「2月のこのあたりには結果が出ますので少し到着が遅れますが、お急ぎでなければ1月の試験結果を反映させたものを発行しましょうか?」

という提案を受けました。

もう、至れり尽くせりの対応で感謝、感激ですheart04 全然急いでいないので反映させて頂く形でお願いして、初めての成績証明書発行依頼も無事に(いや、事務局の配慮のおかげで)済ますことができました。本当にありがとうございました。

実は今回の卒論指導登録も既のことで見送るところだったのですが、こうしてどうにか卒論に向けて一歩踏み出すことができました。
いろんな偶然に感謝ですconfident

2015-04-02

2015年度 補助教材到着

新年度が始まりました。 毎年桜が美しいこの時期は、大学から新しいテキストが送られてくるのを今か今かと楽しみにしているのですが、本日大学から届いた小包の中身は補助教材のみ。

昨年度で配本が完了したため、真新しいテキストを手にして履修しようかしまいか、あれこれ考える楽しいひとときが持てなくて、さみしいような、でも、ここまで続けてきたんだなぁと思えるような、ちょっぴり複雑な心境ですconfident

それでも、履修予定のレポート課題とテキスト履修要綱をチェックしたり(3色ある補助教材のテーマカラーが一巡し、今年度は再び入学年と同じ赤です)、 同時に届いた放送授業とEスクのテキストに目を通したりして、この時期に誰もが感じる新しいことを始めるときのワクワク感を満喫しましたnotes

someiyoshino

放送授業は「英語W」と「ドイツ語初級」に挑戦です。「英語W」はすでに単位を修得しているので卒業要件には含まれませんが、一昨年の夏スクでざっと学んだアカデミックライティングをじっくり学びたくて。そして、「ドイツ語」は全く自信はないけれど、ヨーロッパのかほりを楽しみたいと思います。

さらに全面書き換えされた「新・西洋史概説I」と「新・英語学概論」のテキストを申し込みました。テキスト科目の「西洋史概説I」は履修済みなので、「新・西洋史概説I」を履修することは叶わないのですが、どちらもスクーリングで教えて頂いた先生が執筆されたテキストなので、思わず購入。新しく生まれ変わったテキスト、届くのが楽しみですhappy01

2014-09-03

CiNiiサイトライセンス個人ID取得

そろそろCiNiiのサイトライセンス個人IDが欲しいなぁと思い、夏スク期間中に日吉ITCで申請をしました。CiNiiのサイトライセンスIDは個人IDと違ってなんと無料shine 但し、取得するためには慶應のネットワークから申請しなくてはならず、そのためにはITCアカウントの取得が必要です。ITCアカウント費用、半期で2,500円也dollar

Fujiyama Memorial Hall

今のところ学内からインターネットにアクセスする必要性を全く感じていないので、ITCアカウント自体はいらないんですよね〜。なので、CiNiiのために2,500円を支払うのなら、2,160円で個人IDを取得した方がいいのですが、夏スク中に申請をすれば500円で夏スク期間限定のITCアカウントが取れるので、これを使わない手はありません。

つまり、500円でCiNiiのサイトライセンス個人IDを取得できるのです。CiNii申請のためだけにITCアカウントが必要だという方は、夏スク、もしくは、夜スク(夜スクの場合は1,000円)で、ITCアカウントを申請されることをお勧めします。但し、スクーリング受講者しか申請できないとのことです。

学友に日吉ITCの場所を教えてもらって(藤山記念館の隣、第7校舎の地下にありました)、無事ITCアカウントとCiNiiのサイトライセンス個人IDを取得することができましたhappy01 ITCアカウント申請からCiNiiのID取得確認まで、所用時間は30分ほど。

Hiyoshi ITC

クレジットカードの番号を入力する必要があるので準備しておくことと、Webメールが使えるメルアドを持っていると、学内のPCから全ての手続きができるので楽ちんです。携帯からでももちろんできますが、ちょっぴり根性がいるかもsweat01

これから3月まで、今までダンロードできなかった論文を読みまくりたいと思います。

2014-02-20

在籍確認シール & 放送英語テキスト到着

在籍確認シ―ルが届きました。ご覧のとおり卒論指導という赤い文字が、右端に刻まれております。実はこの四文字が記されるのを首を長くして待っていたワタクシ。というのもこの文字を見せないと、毎年春に発行される『文学部専任教員一覧』という冊子が購入できないんです。私の場合、この冊子の購入権獲得のために、卒論登録を急いだといってもいいくらいbleah

これは文学部の先生方の研究内容が一目で分かる冊子で、卒論のテーマを選定する際に必要な情報。もちろんWebで閲覧することもできますが、紙媒体の方が一覧性があって便利なので、手元に欲しかったんですよね。来年度の冊子が発行されたら早速入手して、どの先生がどんな研究をなさっているのか、まずはそこから研究していきたいと思います。

20140221_1523

在籍確認シールと時を同じくして、来年度の「放送英語W」の指定テキストも届きました。英語Wはすでに単位修得済なので、正規聴講生としての登録はしなかったのですが、6日間の夏スクではアカデミック・ライティングなるものが、こういうもんだとどうにか分かった程度で終わってしい、もっと、もっと演習をやりたかったというのが正直なところでした。

そしたら来年度の放送英語Wは、昨年お世話になった夏スクの先生がご担当なさるということで、これはもう実践編のもってこいのチャンス!今年度に引き続き、またまたこっそり放送英語を受講しようと決意。1年間かかさず聴講して、アカデミック・ライティングの基礎を身につけたら、日本語のレポートも少しはアカデミックな香りが漂うようになるはず。いや、たぶん、なるんじゃないかなと期待してsmile

2014-02-17

「社会学史I」レポート & 配本申込書提出

三田図書館へ参考文献を返却しに行ったついでに、できたてほやほやの「社会学史I」のレポートと配本申込書を事務局へ提出するため、大学まで足を伸ばしました。普段どおり正門から三田キャンパスに足を踏み入れると、なんだかいつもとは違う空気がキャンパスを包んでいる・・・気がする。

奥へ進むにつれ、赤い腕章をつけたスーツ姿の人たちがあちらにも、こちらにも・・・。「な、なんだろう?」と思いつつ事務局へ向かって行くと、「試験会場案内」とか「受験生出入り禁止」という張り紙が・・・。なんと本日は慶応の一般入試の日だったのです!今まさに、本番真っ只中!そりゃ、張りつめた空気が流れてますよね。それにしても、思いっきり場違いなワタクシcoldsweats01

the Mita campus in February

「今日は事務局がお休みでも仕方がないなぁ」と思いながらも北館へ。けれどそんな心配は杞憂に終わりました。こんな大変な日でも事務局はちゃんと開いていて、受領スタンプをポンポンと押して下さり、両方とも無事提出することができました。ついでにPC用のレポート用紙を購入。

本当はその後、図書館を散策しようと思っていたのですが、さすがに今日は校舎に入ることはもちろん、メディアセンターも利用できない雰囲気だったので、おとなしく帰ることにしました。

the Mita campus in February

正門へ戻る途中、南校舎の1階のガラス窓に貼ってある「同伴者控室」という文字が目に飛び込んできて、保護者と思われる方々の姿がガラス越しに見えました。こんな日にうろうろしてても怪しまれなかったのは、保護者だと思われてたからなのねhappy02

「今ここにいらっしゃる方々は、万感の思いで、お子さんの健闘を祈っておられるんだろうなぁ」と思いつつ、 「今、問題と格闘しているすべての受験生が、最大限の力を出し切れますようにshine」とお祈りして、三田キャンパスを後にしました。

2014-02-10

2014年度学費納入

土曜日の雪がまだあちこちに積もっていて、子どもは大はしゃぎで学校へ行きましたが、大人は雪かきでヘトヘトですwobbly

ヘトヘトついでに本日は郵便局まで足を運んで、来年度の学費を納めてきました。10人の諭吉先生が私の手元から飛び立っていかれましたが、これで4月からも引き続き、女子大生なワタクシでありますhappy01

lower blooms in snow

ところで今年は、学費の支払いの封筒が届いてから2、3日後に、またまた同じ「白x黒」の封筒が大学から届いたので、「何かな〜」と思って開けてみると、「文学部第IV年度後半配本申込書」でした。44単位の中から履修したい20単位分を選択して、3月10日までに申し込まないといけないとのこと。

これ、結構悩みますねー。20単位厳守となっているので、21単位とかはダメなんだろうな。でも、ささっと◯つけていったら、この21単位になってしまったのだ。う〜ん、困ったsweat01

flower blooms in snow

追加履修という形で、選択しなかったテキストも後から入手できるようなので、「あまり深く考えずインスピレーションで決めてしまおう!」と思いつつ、本日は投函しなかったワタクシ。締め切りまでにまだ時間があるので、もうちょっと考えますsmile

でもこうやって、選択するテキストに◯をつけてくと、自分の興味ある分野がくっきり浮き彫りになって、面白かったりします。新しいテキストが届くのが今から楽しみですが、今回が最後の配本です。時の経つのは早いな〜

2014-02-05

卒業論文指導登録完了

「審査の結果、卒業論文指導登録を許可しました」という案内とともに、卒論の手続きに必要な書類一式が送られてきました。3日に特定記録で申請書類を送って、2日後にはもう手元に届いているという対応の素晴らしさです。この間、事務局に迷惑をかけたばかりのワタクシとしては、単位計算が間違ってなかったようでホッとしましたconfident

文学部だけに配布される「文学部の卒業論文指導申込に際しての諸注意」という冊子は、webにもあがっているので目を通したことはあるのですが、こうやって書面でいただくとじっくり読めるので、頭の中に入ってきます。

しかし、登録条件、専門科目7単位以上に対して、8単位の修得で申し込む人もいないと思いますが、私の場合は強制的に能動的なアクションをおこさないと、ダラダラと何も考えずに過ごしてしまうので、この一年、卒論のことを常に頭の片隅において、テーマを決定するためにも登録を済ませました。

sotsuron-kits

そうそう、今まで閲覧できなかったkcc-channelの卒業論文のコーナーにも入れるようになっていて、卒業論文題名と学位の欄がまだ空白ですが、はてさて、ここにどういう文字が表示されるのか。結局卒論のテーマ探しって自分の関心・興味がどこにあるのかを自覚することで、究極自分探しって感じですね。そういう意味でも、ここにどんな言葉が居座るのか自分でも楽しみですhappy01

もう一つの懸案事項はメディアセンターの登録をいつするかということ。半年ごとの申請で最大2年という制約があるので、これが結構悩ましい。このルールがあることを昨年の夏スクで先輩方に教えていただいて、ちょっと残念に思ったワタクシ。もちろん、文献読み込みの時期に合わせて行えばいいんでしょうけど、卒論のテーマを決定するために文献を読みあさりたい人もいますよね〜。(←私)

卒論指導登録要件をもう少し厳しくしてもらってもいいので、登録者は在籍期間中いつでも使用可にルールを変更してほしいな〜と思ったりするのですが、「メディアセンターの登録をしたら2年で卒論仕上げなさい」ということなのでしょう・・・ねcoldsweats01 ということで、今から書類にじっくり目を通します。

2013-10-05

メルアド登録@メディアセンター

先日の夜スクの講義前にメディアセンターへ立ち寄り、学友に教えてもらった、新しく導入されたバーコード方式の入館ゲートを試してみました。学生証の方向を確認しなくていいので、こっちの方がラクhappy01 でも残念ながらワタクシの時も "フラワーロック"は出てきてくれませんでした(残念)。思うに、入館100万番目様とかじゃないと、登場して頂けないのでしょうcute

さて、入手したかった参考文献は貸出し中で、返却日がかなり先だったこともあり、予約手続きを済ませたところ、「メール登録もされますか?」という申し出を頂いたので、もちろんその場でメルアド登録の手続きも済ませてきました。

区立図書館では予約した本が指定図書館に準備され次第、メール連絡が入るサービスがあるのでとても便利なのですが、慶應では卒論登録が済んでいないとメール通知サービスも受けられないと思っていただけに、とてもありがたいですhappy01

係の方から「アドレスはこれで間違いないですか?」と確認を促されたので、PC画面を覗き込むと、そこにはkcc-channelに表示される学籍情報が映し出されていました。メディアセンターで私の学籍番号が入力されると、こういうものが出てくるというのは、考えれば当たり前のことなんだけど、なぜか新鮮な衝撃で「あぁ、私はここの学生なんだな〜」と思った一瞬でありました。

「2013.10 科目試験受験受付票」も届き、kcc-channelから申し込んだ 2科目がちゃんと許可されていたので、なんとかこの「学生な気分」を試験日まで持続させたいものです。

      10月19日(土)   E群   西洋史概説II
      10月20日(日)   C群   論理学(L)

これを見て「そういえばレポートがまだ戻ってきてないけど、そろそろ論理学(L)のお勉強にも着手しないと・・・。」と思ったのは言うまでもありませんsweat01

記事検索

無料ブログはココログ