スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

行事

2014-11-23

初三田祭

友人に誘っていただいて、慶應通信生3年目にして初めて三田祭へ行ってきました。と言っても法学部主催の池上彰氏の講演を聴きに行ったと言ったほうが正しいかもしれません。なぜなら講演会が終わった後、あまりの人の多さと若いエネルギーにクラクラしてしまい、そそくさと退散してしまったのでcoldsweats01

けれど講演会では学生だけでなく中高年世代に向けても暖かいエールを送ってくださり、かなり感激。お話も面白かったし、法学部の方々のオーガナイズもすばらしかったです。

Mita-sai

そうそう、模擬店のフランクフルトとたこ焼きがおいしかったです。このところ中高生の作ったたこ焼きを食べることが多かったのですが、そこはまだ中高生なので、「ちゃんと焼けてないよー」なんてのもあったりするのですが、さすが大学生が焼いたたこ焼きは、外はカリッと中はほどよいとろみ加減で大満足happy01 たこ焼きにはうるさいワタクシでしたsmile

2013-08-06

卒論オリエンテーション

本日開催された「卒業論文に関するオリエンテーション」に参加しました。日吉駅の改札を出ると、信号待ちをしている通信生が青になると一斉にキャンパスへ向かう風景が。昨年の夏スク時と全く同じ光景で、「あぁ、スクーリングが始まるんだ」と実感happy01

オリエンテーションはまず、事務局から諸手続きについての説明。卒業論文指導登録をしてから、最短でも1年8ヶ月かかるとのことで、その間何回か書類を提出しなければいけないのですが、事務局からの働きかけは一切無いので、自分で日程管理を行なって下さいとのこと。うっかり書類を出し忘れると、卒業が半年遅れてしまうので要注意です。

luxuriant foliage

続いて文Iは社会学と哲学がご専門の先生から、それぞれアドバイスがありました。先生が紹介されると、心の中で「なんて、ラッキーnotes」と叫んでいたワタクシ。というのも、社会学と哲学は興味あるトップ2分野なので、ご専門の先生から貴重なお話やヒントを伺えたことは、本当にラッキーでした。

社会学の先生は『卒論指導の現場から』というタイトルで話を進められ、卒論に取りかかる手順や「卒論指導申込」提出時までにやるべきこと、また社会学で重要なデータ収集をいかに行なうか、そのためのお勧め図書館やツールなど、具体的なアドバイスを沢山して下さいました。

哲学の先生からは『実例に学ぶテーマの絞り方』というタイトルから分かるように、良くないテーマ設定の卒論とはどんなものかの具体例から始まって、卒論作成時における教訓の提示があり、最後に卒業論文とは結局何なのか、オリジナリティはどういうところで出てくるのか、という深いお話がありました。

luxuriant foliage

両先生ともゼミ学生の卒論アウトライン before & afterを紹介して下さったのですが、先生の指導によって最初の構想がどのように変化していったかが分かり、とても参考になりました。通学生の貴重な卒論の資料をご紹介頂いて感謝ですshine

お話を伺って感じたことは、データ収集を綿密に行い実証する社会学と、実証がほとんど不可能な、思想的なものを扱う哲学とでは、取り組み方は異なるのですが、基本的なこと —テーマの絞り方や参考文献のリストアップ、先行研究の整理が重要であること—  は共通しているということです。私が卒論に取りかかるのはまだ先ですが、日々の学習の中で少しづつ意識していくことが大切ですね。

明日からいよいよ夏スクがスタート!暑い日が続くようですが、I期受講のみなさん、体調に気をつけて乗り切って下さいね!

2012-08-14

図書館セミナー

写真は日吉キャンパスの隣にある陸上競技場。ここで体育実技スクーリングをやっているそうです。こんな素敵な場所で出来るんだったら、体育実技もやりたいなーと思ってしまいました。でもこの季節一番やりたいのはやっぱりスイミングかなmist

さて、今日もスクーリング終了後、図書館セミナーへ。本日は論文検索編です。日本の論文検索データベース CiNii (サイニィ)を使って特定の論文を検索する方法とテーマから探す方法を教えて頂きました。

論文検索は書籍検索に比べて一手間かかります。まず、論文がどの学術雑誌に掲載されているかをサーチした後、その雑誌の所在地を検索するという手順です。二度検索が必要ですが、校内PCからならCiNiiからKOSMOSは勿論、他大学や国会図書館など蔵書してるサイトへリンクが張られているので、クリック一つで目的地に辿りつけるのです。便利!便利!

Kyoseikan

驚いたのはKOSMOSの「論文検索」は、CiNiiのデータベースを利用しているので、同じ検索結果が得られるということ!私は慶應の図書館が所蔵している論文データベースだと思っていました。リファレンス担当の方は、CiNiiでもKOSMOSでも使い勝手のいい方を使って下さいとおっしゃっていました。

論文検索のポイントは、論文が掲載されている雑誌名が分かったら、その後は雑誌名で検索すること。ここで論文タイトルをインプットしてもヒットしません。雑誌名だけでなく、号数、頁数、出版年月が検索ワードになるので要チェックです!

athletics stadium

ここで私の失敗談を一つ(^^ヾ 西洋史のレポに取り組み中、ある論文が読みたくてCiNiiで雑誌名と発行年月をゲット。そうしたらなんと我が町の図書館にあることが分かり即予約。「近くの図書館には置いてないだろうなぁ」と思っていただけに嬉々として受け取りに行ったのですが、どの頁をみてもその論文が載ってないのです???

「おかしいなぁ」とよ〜く、よ〜くCiNiiのデータベースを再チェックしたら、なんとその論文が掲載されているのは、その年月の増刊号だったことが判明。号数が1違ってました。今日教えて頂いた通り、雑誌検索は発行年月だけじゃなく、通し番号も要チェックなのでしたhappy02 ちなみに増刊号までの予算はわが町の図書館にはないらしく、結局その論文は読めなかったというオマケ付きなのでしたsweat01

 

2012-08-13

スクーリング中間報告

気がついてみるとスクーリング 3日目終了、あっという間に折り返し地点です。なんだかすごく早く感じます。それだけ充実してるってことですねhappy01 「東洋史」はとにかくとても楽しい講義で、教科書学習では絶対に学べないことを教えて頂いてる気がしますshine 「あぁ、そいうことだったのか!もっと早くに知っておきたかった!」って思うことばかり。

Hiyoshi campus mae

「社会科学概論」も初日はとても楽しく受講出来たのですが、2日目の昨日はいきなり難しくなってしまって、「まっ、まずい、ついていけないかも〜sweat01」て感じだったのですが、今日は「昨日よりは分かるかも、ほっcoldsweats01」って感じでした。抽象的概念が入ってくると厳しいワタクシです(^^ヾ でも、ウェーバーだけでなく、いろんな哲学者、思想家が登場するので、今まで自分が考えたこともないような考え方を知るのはとても面白いですnotes

アフタースクーリングは「図書館セミナー」に参加。KOSMOSの検索の仕方、日吉図書館の利用方法、公共図書館の検索方法を、実際にPCを操作しながら教えて頂きました。KOSMOSは我流で使っていたのですが、今回いろんなTipsを教えて頂いたので、検索の効率がアップすること間違いなしです。よく作り込まれた検索システムだなぁと感心!我が町の図書館の検索システムも見習ってほしい〜

Hiyoshi campus

また、公共図書館の蔵書を検索する際のおすすめサイトを2つ紹介して頂きました。一つはすでにちょくちょく使っているカーリルで、もう一つがWebcat Plusというキーワードだけでなく文脈からも検索出来るという面白いサイトです。こちらは知らなかったので、夏スク終了後にじっくり試してみたいと思います。新入生にとってこういう企画はとってもありがたいですconfident

Ⅱ期参加のみなさま、暑い中ですが後半戦もがんばりましょうね!

2012-05-01

入学式と入学オリエンテーション

私たちの門出をお祝いしてくれるかのように、明るい太陽がふり注ぐ爽やかなお天気だった4月29日、入学式とオリエンテーションに出席してきました。

いやもう、年甲斐も無く気分はピカピカshineの一年生だったワタクシ(^^; 西校舎内にあるホールへ入るために学生証を提示して、いざ、粛々とした会場へ。

壇上者紹介から始まり、学事報告、清家塾長の式辞、池田通信教育部長の祝辞と続き、塾歌斉唱で幕下ろした平成24年の入学式。

old wing library

塾長のお話で印象に残ったのは、「学者は社会の奴雁たれ」のくだり。時代に流されず一人少し遠くを眺める姿勢を持ち、すぐには社会に役立たなくとも、将来を見据えた研究を行うのが本物の学者であるという意味らしい。創設者、福沢諭吉先生の言葉で、慶應義塾の教育方針でもあるというお話です。

また、共通オリエンテーションで屋名池教授が、大学で学ぶとはどういうことかについて具体例を上げて説明して下さった後、先の塾長のお話を受けて、「即戦力としての知識、技能も勿論大切だが、即役立つものはすぐ役立たなくなるものが多い。しかし、大学の特に文学部で学ぶこれらのことは、即戦力、即実践ではないかもしれないが、基礎能力としていつかは応用がきくもので、一生の宝となるものである。」と結ばれましたsign05

Mita campus

もう一つ興味を引いたのが、池田通信教育学部長のお話で、「(日本では欧米に比べて)学問が日常に結びついていないことが問題だと常々思っており、それは我が国が議論をすること、すなわち抽象的な物の考え方をすることが根付いていないからではないか。」と西欧の『ドアノブの議論』と対比させながら考察されていました。そして、「しかし、これから学ぶ抽象的概念の学問体系は、元を辿れば単純な日常生活と結びついている。」とおっしゃったことです。

またまたこのお話を受けてかどうか定かではありませんが、屋名池教授が「頭を使うとは、物を疑うこと、問うことであり、普通の暮らしの中でそういうことに出会ったら、それを追求する。つまり、普通の人が疑問に思わないことを、疑問に感じる力を持つことが大切なのだ。」と結ばれましたsign05

east wing

このような深いお話を拝聴出来たこと、実際にキャンパスでアカデミックな空気に直接触れられたことは貴重な体験だったと思います。しばらくモチベーションキープ出来そうな感じ。そして何よりも卒業を目指して共に歩んでいける同期のみなさんと、お知り合いになれたことが一番の収穫でした(^^) 

2012-02-17

入学説明会

ちょうど2ヶ月前の12月17日に三田キャンパスで行われた入学説明会に参加しました。1回目に出席したのですが、ほぼ満席状態。実は一昨年も参加して2011年度版の入学案内を頂いているため、慶應通信の制度はほぼ理解しているのですが、不明な点を個別相談で明らかにしたくて再度足を運びました。

待つこと十数分。担当の方は私の質問に丁寧に答えて下さり、ものの10分もしないうちに終了。最後に「ご入学をお待ちしています。」と声をかけて下さいました。

不明な点というのは、認定単位の考え方と専攻分野の変更は可能かの二点。文学部1類は哲学、社会学、心理学、教育学、人間科学などなど、多様な分野を扱っているため、何を専攻するのか迷うところです。慶應通信は長丁場、哲学をやりたいと思って入学しても、学習を進めるうちに興味が心理学へ移ってしまうなんてことも考えられたので。

答えはYes。同じ類であれば卒論のテーマが自分の専攻となるようです。また、類を跨いでの変更はさすがに出来ないだろうと思っていたのですが、これも手続きを踏めば可能とのこと。稀に学部変更される方もあるそうで、柔軟な制度になっています。

しかし裏をかえせばこの様な質問をするのは、自分が何を学びたいのかまだはっきりしていないということ。卒論のテーマを決めて入学される方もいらっしゃる中、お恥ずかしい限りです。けれども焦らず、じっくり、学びを通して自分の興味が何にあるのかを探っていきたいと思います。

記事検索

無料ブログはココログ