スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

3類: ドイツ語学文学SS

2016-02-24

2015 夏スク 結果

「近代ドイツ小説」のレポートに続き、夏スクの結果も9月末に届きました。

      哲学史    2単位  A
      ドイツ語学文学    2単位  A

という結果で、無事4単位修得ですshine

暑かった日吉、そして、幾分涼しくなった三田での、それぞれの6日間が鮮やかに蘇ってきます。よく考えてみると、2014年もこの二科目を受講したのでした。前回の「哲学史」の評価はBだっただけに、今回のAは素直に嬉しいです。

奇しくも「哲学史」でお話頂いた「ユートピアと労働」というテーマは、夜スクに引き継がれる形になり、「夏スクで学んでおいてよかった〜notes」と秋の夜長にしばしば思うことになるのでした。

2015-08-26

2015夏スク ドイツ語学文学

気がつけば処暑も過ぎて厳しい暑さも峠を越し、朝夕は心地いい風が吹きはじめました。この夏は本当に慌ただしくて、朝と夕方の二回お弁当を作って子どもに届ける合間に、大学へ通うという日が幾日かあり、分刻みのスケジュールでした。しかし、これだけ動いたら少しは痩せるはずなのに、太ってしまったのは何故でしょう(涙)

今年の夏スクは猛暑のI期に「ドイツ語学文学」を、そして、幾分涼しくなったIII期に「哲学史」を受講。昨年と全く同じ科目の受講でしたが、内容は全く違っていて、両講義とも新鮮な気持ちで、新しいことを沢山吸収することができた、充実した講義でした。

「ドイツ語学文学」は主に18世紀の作品についての講義でしたが、近代ドイツの歴史と哲学史を紐解きながら、ドイツが置かれていた社会状況を概観することにかなりの時間が費やされました。「西洋史概説II」のときの勉強だけでは知り得なかったことを教えていただき、いろいろ考えさせられるとともに、作品を理解するためには、歴史とその時代の思想を知っていることが前提だということを実感しました。

Hiyoshi campus

ドイツ文学の潮流については、「近代ドイツ演劇」でひと通り勉強していたのと、バウムガルテンや悲劇の構造については、昨年の夜スク「美学」で学んだこととも重なっていたので、先生のお話がすっと頭に入ってきて、深く学ぶことができ、とても楽しかったす。一方、ヴォルフやヴィンケルマンとは新しい出会いだったので、とても新鮮でしたhappy01

とにかく盛りだくさんな内容の講義で、話のスピードにノートが追いつかず、手が腱鞘炎になるかと思ったほど。試験も60分で4問も答えなくてはならず、大忙し。「はい、終了」と同時に書き上がり、見直す時間がゼロだったので誤字脱字が沢山ありそうですが、書きたいことは全て書けたのでよしとします。

心残りだったのは、時間が足りず、ゲーテとシラーが駆け足で、用意されていた内容を全てお話いただくことが叶わなかったこと。先生は「いつかまたの機会に」とおっしゃっていましたが、あと一日あったらなぁと思わずにはいられませんでした。今、パラパラとノートを見返すと、字がかなり乱れていますが、宝物になりそうですshine

2014-10-06

2014夏スク 結果

台風の最中、大学から封書が二通、葉書が一通届きました。 恒例の「白x水色」の封筒は、言わずもがな夏スクの成績です。結果は

      哲学史    2単位  B
      倫理学(専門)    2単位  A
      ドイツ語学文学    2単位  A

6単位ゲットshineです。

「哲学史」は単位を頂けて本当にホッとしました。試験の4問中、初っ端の設問があまりにも想定外で、頭が真っ白になってしまってsweat01 書き出すまでにかなりの時間を費やしちゃって、最後は時間との戦いだったのでcoldsweats01

こうやって成績をいただくと、夏スクのことがいろいろ蘇ってきます。今年受講した講義はどれも中身がギュッと詰まっていて、とても充実していたなぁと。

そして、葉書は10月の科目試験受講票でした。レポを提出した「西洋史特殊I」と「倫理学」ともに許可を頂きましたが、試験申し込み後に子どもの行事が入ってしまい、12:30からの「倫理学」は今回受講できなくなってしまいました(残念)

でもこれまでこういうことがなかった方が不思議で、11:00からの「西洋史特殊I」はなんとかギリギリ受験できるので、ラッキーと思うことにします。しかし、この日はお昼抜きだわweep

2014-09-02

2014夏スク ドイツ語学文学

午後の「ドイツ語学文学」は「ニーチェを読む」。孤高の哲学者ニーチェの生涯をたどりながら、『ツァラトゥストラはこう言った』を中心にいくつかの作品を読んでいきました。同時代の実存主義者キルケゴールやハイデガー、マルスクやサルトルにも触れ、特にキルケゴールについては実際に作品を読んで、ニーチェとの違いなどを検討しました。

『ツァラトゥストラはこう言った』は詩的な文で、難しい言葉で書かれた哲学書のような難解さはないのですが、聖書のモチーフがあちらこちらに隠喩的に使われていることを知り、ここでもまた「聖書を理解していないとニーチェ作品の真髄は分からないのねsweat02」とちょっぴり残念な気持ちになったりもしました。

でも、先生の解説を聞きながらじっくり読んでいくうちに、一人で読んでいるときにはあやふやだった「永劫回帰」というニーチェの思想が、おぼろげながら見えてきて、少しだけニーチェに近づけたような気がしましたconfident

Hiyoshi campus

近代ドイツ文学を学ぶ上で知っておかなくてはならないのがナチズム。ニーチェの妹エリザベートとナチの関係や、ナチズムがドイツのみならずヨーロッパにもたらした影響、はたまた「ユダヤ人とは誰であり、何であるか」という「オリエント考古学」で学んだようなことも含めて、ナチズムについてもかなりの時間がさかれました。

先生はペーター・シュナイダーの『せめて一時間だけでも  ―ホロコーストからの生還』を翻訳されており、ナチズムに対しては確固たる意見を持っておられました。映画も『ハンナ・アーレント』『ヒトラー ―最期の12日間―』を鑑賞。『ハンナ・アーレント』は2回目で、「西洋史概説II」のレポでナチズムに挑んだこともあって、昨年の秋に観た時よりずっと理解できました。『ヒトラー ―最期の12日間―』はドイツ側から観た歴史、という点でとても興味深い作品でした。

講義内容以外で印象に残っているのが、「自筆ノートの大切さ」というお話。ゆえに、テストも「自筆ノートのみ」持ち込み可。電子機器はもちろん、配布された資料も持ち込み不可でした。資料が持ち込めないのはちょっと痛かったけれど、先生のふとしたお話の中に学びの原点に立ち返らせてくれるようなものが多々あり、ニーチェ以外にも沢山のことを教えていただいた、そんな6日間でしたconfident

2014-08-19

2014夏スク II期終了

夏スクII期が終了しました。午前 & 午後受講で超慌ただしい6日間でしたが、無事に完走することができました。受講科目は、「倫理学(専門)」と「ドイツ語学文学」。両講義とも盛りだくさんの内容で、正直、まだ整理ができていない状態です。

Hiyoshi

倫理学は講義されるはずだった先生が急病で、急遽別の先生が代講されることになったのですが、シラバスに準じた講義をなさって下さった上、私が興味のある分野と本年度のレポート課題であるアリストテレスの内容が別途盛り込まれていたので、なんかもう、めちゃくちゃラッキーって感じでしたhappy01

両講義とも、印象に残る映画をいくつか鑑賞し、文献もたくさん紹介頂きました。全編鑑賞できた映画は「ハンナ・アーレント」だけだったので、それ以外の作品のラストが講義中気になって気になって仕方なかったワタクシ。 夏スクが終わったら早速借りてきて、じっくり見ようと思っています。

積ん読リストに加えたい文献もいくつかできました。ドイツ語学文学の先生が「文学は言語芸術で映画は映像芸術だ」とおっしゃっていましたが、アカデミックな観点から優れた芸術作品を紹介頂けるのも夏スクの醍醐味ですね。

Hiyoshi campus

そして今年もたくさんの学友と素敵な一時を過ごすことができました。1年振りの再会や新たな出会いをもたらしてくれるのも夏スクです。このところ学生であることを忘れていた日も多かったのですが、いろんな方々のお話を聞いて、俄然モチベーションアップshine この波に乗って、III期の三田もがんばりますnotes

記事検索

無料ブログはココログ