スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

3類: 近代ドイツ演劇

2015-05-23

2015 第I回科目試験結果

夕方、外出先から戻るとポストに恒例の「白 x 水色」の封筒が届いていました。結果はご覧のとおり一勝一敗で、2単位のみの習得することができました。

      近代ドイツ演劇    2単位  A
      西洋哲学史II    3単位  D

「西洋哲学史II」は解答条件を満たしていないので、Dは納得です。私の思い違いをさりげなくコメントで教えてくださった方がいて(ありがとうございますnotes)、20行以上という条件を20行程度と読み誤っていたことに気づいたその時から、いや〜な予感はしていましたsweat02

1問目の解答を19行しか書かなかったワタクシ。でも多分そんな瑣末なことではなく、中身もNGなのでしょう。特に2問目の解答は、論理的という言葉にはほど遠い、支離滅裂な文章だったのでcoldsweats01

次回リベンジと言いたいところですが、残念ながらEスクの「近代日本と福澤諭吉」が同じF群で、受験叶わず。さらに10月は「近代ドイツ小説」を受験する予定にしていたのですが、なんと、これもF群。

shinryoku

ここにきてF群集中豪雨に立ち往生するはめになってしまいました。昨年はB群集中豪雨に見舞われながらも、なんとか凌いできたので、群のことをあまり考えていなかったワタクシcoldsweats01 「もうちょっと群を考慮して、履修計画を立てるべきだったわ〜」と嘆いてもあとの祭りです。

でも考えようによっては、「西洋哲学史II」は卒論に関係する科目なので、じっくり学べることはありがたいことと言えるかも。今年度いっぱいかけて学ぶつもりで、じっくり取り組みたいと思います。

2015-04-13

2015 第I回科目試験終了

今年度最初の試験は、山の手線が動いていないというハプニングからスタートbearing いつやって来るか分からない電車を待っている余裕のない私は、仕方なくタクシーを飛ばして、なんとか1限目が始まる10分前に教室に入ることができました。

ギリギリ間に合いほっとしたものの、このドタバタで昨夜必死でおさらいした「近代ドイツ演劇」の作家や作品名がどこかへ吹っ飛んでいってしまったと感じたほど、試験を受ける前から疲れました〜sad

実際ふっとんでしまった作家も数名いましたがcoldsweats01  幸いなことに2問とも頭の片隅に記憶を留めている設問だったので、なんとか解答を書くことができました。奮発してタクシーを使った甲斐があったと思うことにします。

「西洋哲学史II」は3問中2問を答える問題。4つほどの指定語を必ず使用して説明せよという設問があり、「嫌いなパターンだわ〜」と思いながら渋々取りかかると、わりと上手く全ての言葉が収まり、しかも条件の20行ほどで書き終えることができた1問目でした。が・・・

「順調な滑り出しnotes」と思ったのも束の間、次の設問を書き始めるととても20行では収まらず、かなりオーバーした上、読み返してみると何が言いたいのか、自分でも分かったような、分からないような、簡潔というには程遠い解答になってしまいましたsweat01 もちろん書き直す時間は全くなく、「せめてあと10分あったらな〜」と思いながら泣く泣く提出するはめに。

実は何を隠そうこれも、カント様の問題。う〜、くやしいなぁ。カントに嫌われてる私?でも、気を取り直して次に進むことにしますhappy01


Onpub

追記 

どうやら、ワタクシ問題の条件を読み間違っていたようです(涙) 「20行程度」ではなく、「20行以上」記入というのが条件だったようで、20行をオーバーするのは全く問題ないようです。ということは、1問目もまずいかも〜 ひぇ〜sweat01

2015-03-30

「近代ドイツ演劇」レポート返却

春爛漫。更紗木蓮のピンクが晴天の青空に映え、自然のみごとなコントラストに思わず目を奪われます。今週は桜が満開になるようで、引き続き自然を満喫できそうです。

さて、ぽかぽか陽気になる少し前に「近代ドイツ演劇」のレポートが戻ってきました。苦手な3類科目なのでいつも以上にドキドキしながら開封すると、合格shineの文字。ほっと胸をなでおろしつつ、どんなコメントが書かれているかとワクワクしながら講評欄を見ると、真っ白・・・weep

Dをもらった時みたいながっかり感が押し寄せてきましたcoldsweats01 3類のレポートはとにかく手探り状態で仕上げているので、何か一言でもコメントを頂きたかったな〜

sarasa-mokuren

通信教育はスクーリングもありますが、テキスト科目の学びが基本であり、それはレポートを仕上げ、評価を頂き、その指導をもとに今後さらに論理的な主張ができるようにつなげていくことだと思うのですが、この指導がないと生徒は大切な基本の学びを行うすべがありません。さらに先生とのコミュニケーションがなく終わってしまう科目は印象にも残らないので、残念感が漂ってしまいますbearing

と、愚痴ってしまいましたがこの科目は覚えることはいっぱいですが、テキストの内容がとても面白いので、気を撮り直して試験に向けてあれこれイメージをふくらませながら、作家・作品とともにその背景にあるものをインプットしていきたいと思います。

2015-03-02

「近代ドイツ演劇」レポート提出

26日午前中に「西洋哲学史II」を完成させた後、レポート提出期限まであと5日しかないにもかかわらず、めずらしく「もう1本書こうかな〜」と思ったワタクシ。その日の夜からテキストを読み始め、今日の夕方なんとか郵便局へ駆け込み、できたてほやほやのレポを提出してきました。

本当は昨日までに序論と1章位までは書き進めたかったのですが、結局アウトラインで力尽きて寝てしまい、今朝9:30に真っ白なレポート用紙ならぬWordの画面に向かって、「子どもが帰ってくるまでに仕上げなくては!」ということだけを念頭に置いて執筆をスタート!なんとか15:30過ぎに印刷までこぎつけ目標達成。

ランチ&ティータイム含め6時間でレポを書き上げるという、ワタクシにしてはまさに神業的な偉業を成し遂げたわけですが(笑)、ほんと時間との戦いで、これは精神的にも肉体的にもよくないので、もう二度とやりたくありません。次回からはせめて、締め日の午前中には投函できるように準備をしようと固く決意しました。・・・っておんなじことを確か以前も言った気がするcoldsweats01

「近代ドイツ演劇」をやりたいな〜と思ったのは、夜スク「美学」の講義で演劇についてもお話があり、「そもそも "悲劇" と "喜劇" という概念にこういうものが含まれてたのか!」という驚きがあって、もう少し学んでみたくなったから。それに何より、古代から近現代までの演劇史がわかると、今巷で流行っているドラマなんかも、「あぁ、◯◯の焼き直しだな」なんてことがすぐに分かって数倍楽しめそうnotes

レポートの課題は、「オーストリアとスイスの演劇の特徴について述べよ」というもの。これらの知識は皆無でしたが、「西洋史概説II」を履修したおかげで、18世紀後半から20世紀にかけてのヨーロッパの社会状況の変遷がまがりなりにも頭に入っていたので、時代背景との関連や両国の演劇とドイツ演劇を対照的に捉えて、テキストをベースにどうにか仕上げることができました。でも、3類のレポはどのようにアプローチすればいいのか、未だに要領を得ていないというのが正直なところsweat01

ただ今までよく分からなかった、「デカダンス」とか「メランコリイ」とかいう西洋独特の言葉が持つ意味をかなり理解できた気がします。何よりこのテキストを読んで実際に鑑賞してみたい作品がいくつかあったことが大きな収穫で、老後の楽しみがまた一つ増えましたhappy01 ところで、ドイツ演劇って一体どこで上演されているのかしらん。

記事検索

無料ブログはココログ