スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

3類: ロシア文学

2014-05-21

2014 第I回科目試験結果

大雨の中、恒例の「白 x 水色」の封筒が届きました。今回はkcc-channelで確認する前に封筒を手にしたので、ドキドキしながら開封すると、(←この緊張感はやっぱり捨てがたい)

      社会学史I    2単位  A
      ロシア文学    2単位  A

という結果。久しぶりに、オールAでの(と言っても、2科目だけど)合格shineで、4単位ゲットです。kcc-channelにもちゃんと反映されていました。

mori-no-ie

「社会学史I」は想定外の設問だったものの、テキストを読めば問われていることは分かる問題でした。持ち込み可なので、該当箇所を要約すればOKだったので納得ですが、「ロシア文学」は温情ある採点ですnotes

なんせ、カラムジーンをカラムージン、プーシキンをプーキシンと書いちゃったワタクシsweat02試験終了まで間違った名前で覚えていましたcoldsweats01 ロシアの偉大な作家の名前は間違っちゃったけど、他はそれほど的はずれなことは書かなかった、ということにしておきます。

yamatsutsuji

「ロシア文学」は初めて挑戦した文学系の科目でしたが、試験勉強では読んだことがない作品のタイトルとあらすじ、登場人物の名前を覚えるのに一苦労sweat01 しかも間違って覚えちゃうし(涙) でもなんとか記憶に残っている範囲のものが出題されてラッキーでした。

試験勉強で役に立った文献は、『ロシア文学史』です。いくつか解説書を読みましたが、これが一番丁寧で、分かりやすく、ロシア文学の潮流を掴みやすかったです。

2014-04-13

2014 第I回科目試験終了

今年度初の科目試験が終了しました。昨日が「社会学史I」で、本日が「ロシア文学」でした。残念ながら両科目ともさらっと目を通した箇所からの出題でしたhappy02

「社会学史I」は「自分の好きな学者でありますように!」と祈りつつ問題用紙に目を通すと、人物らしき名前はどこにも見当たらず、 「対応理論と同一理論の違いを述べよ」という問題。一瞬、「そんな用語テキストに載ってたっけ?」と思ってしまったワタクシcoldsweats01 幸いなことに持ち込み可の科目なので、テキストの該当頁を開くと同一理論の所にアンダーラインが引いてありました(苦笑)

しかし、この言葉、持ち込んだ『社会学小辞典』でも、『社会学』でも、電子辞書のブリタニカでもヒットせず、テキストだけを頼りに回答するしかない状態に陥り、しばしプチパニックにsweat01 かなりの時間をロスしてしまったのですが、気持ちを切り替えてテキストをじっくり読むと、パーソンズの理論とシュッツの理論を対比させればいいのだと分かり、どうにかこうにか、時間ギリギリで書き上げました。

white flower

「ロシア文学」も「19世紀の作家か作品が主題されますように!」と神頼みして臨んだのですが、これまた残念なことに18世紀からの出題でした。ただ誰の作品を論じてもOK、一つの作品を詳しく論じてもいいし、多数の作品を文学史の流れとともに論じてもOKという形式だったのはありがたかったですnotes

私の場合、複数の作品を論じると登場人物の名前をテレコにしちゃったり、収まりきらない可能性が大なので、一番印象に残っているカラムジーンに絞って、彼の代表作『哀れなリーザ』と彼がロシア文学史に及ぼした功績について、さらっと解答しました。(さらっとしか解答できなかったsweat01)個人的にはプーシキン、レールモントフ、ドストエフスキー、トルストイあたりにチャレンジしたかったんですけど(笑)

Mita campus

チャレンジしたかった社会学者やロシア文豪に挑むことができなくて、ちょっと残念ではあったのですが、試験終了後に学友と遭遇し、そんな気分もどこかへ吹っ飛びました。

先輩の皆さまは、5月の卒論指導に向け今まさにスパート時期で大変なご様子。卒論執筆の奮闘秘話を伺っていると、お気楽にお茶を飲んでいるのは私一人という感じでしたcoldsweats01  でも、他愛もない話も含め、いろんなお話を伺っているうちに、卒論執筆のイメージがなんとな〜く湧いてきて、卒論がちょっとだけ身近な存在に感じられた、貴重で楽しい時間でありましたhappy01

2014-03-31

「ロシア文学」レポート返却

「ロシア文学」のレポートが返却されました。またまたサインがフルネームで記されていて、評価欄に丁寧な字で合格shineと書かれてありましたnotes 評価項目欄はノーマークで、

論の展開方法は悪くなく、自分なりの論旨が展開できています。また、Uikaさんは外套に対するアカーキイの心理の変化など、細かい点にも注意を向けており、『外套』という作品をきちんと読んでいることが分かります。

というコメントを頂き、かなり悩んだレポートだっただけに、論の展開もあんな感じで大丈夫だったと分かってほっ。そして今回「Uikaさんは」と、コメント欄に自分の名前が書かれてあることがとても新鮮でした。こんな風に自分の名前が書かれたのは初めてで、まるで先生から名前を呼ばれているような、先生と会話をしているような感じがしてconfident

Hakumokuren

ただコメントの最後に、アカーキイが心の奥底に宿していたであろうある感情を、○○という言葉で表現したのですが、その言葉が適切ではないというコメントを頂きましたsweat01

言葉の使い方も悪くありませんが、レポート2ページ目と5ページ目、そして6ページ目に「○○」という言葉が使われているのが気になります。前後の文章から判断して、「○○」ではなく、「☆☆」とか「△△」といった言葉を使うのが良いでしょう。

「○○」は虐げられているペテルブルグの市井の人々をイメージしていたら浮かんできた言葉で、☆☆や△△では綺麗すぎるなぁと思って、あえて意図的に使った言葉だったのですが、行き過ぎだったようですcoldsweats01 用いる言葉に対しての指摘は文学の先生だからこそかもしれませんが、こんな細かいところまできっちりアドバイスを下さると、試験がんばらなきゃ!と思います。

が、本来なら「受験受付票」も届いてスパートをかける時期なのに、明日から5日間ほど、子どもと帰省&旅行をするワタクシ。この間全く勉強はできないので、戻ってきてからの1週間で、ロシア文学史を全て覚えなきゃいけないんだけど、ロシアのやたら長い人の名前と作品名がなかなか覚えられず、新しいものを覚えたと思ったら前のを忘れるという、かなり厳しい状況ですhappy02

2014-02-25

「ロシア文学」レポート完成

「ロシア文学」のレポートを仕上げました。あちこちに生えていた埋草をちょこちょこ刈り取り、かれこれ1年半のお付き合いになるKyokoさんに音読してもらって、気がついた不自然な「てにをは」や、くどい言い回しなどを修正して、3978文字までシェイプアップしましたhappy01

今回のレポは、

  序論  ― 本論1  ―  本論2  ―  本論3  ― 結論

という構成になったのですが、いつもはすんなりと決まる本論のタイトルがなかなか閃かず、とても苦労してつけたのですが、結局最後の最後で本論2のタイトルを変えてしまいました。こんなことはほとんど無いので、やっぱり文学のレポートは今までの科目と勝手が違うな〜という感じですsweat01

正直今でも「こんなんでいいんやろか・・・」という感が拭えないのですが、これ以上考えても素晴らしいアイデアが浮かぶわけでもないので、このまま提出して、先生から沢山アドバイスを頂こうと思います。

2014-02-24

2014Eスク 抽選結果

インフルエンザの収束に安堵していたら、子どもがここにきて発熱bearing  私もなんとな〜く身体がだるい気がするのですが、ここは気力で持ち越したいトコロ。さて、本日はEスクの抽選結果発表日。ご覧のように、

      英語学    許可
      近代日本と福沢諭吉    登録不可【定員超過】

という、一勝一敗の結果に相成りました。「近代日本と福沢諭吉」は希望者殺到の超人気講義なので、想定内の結果。でも、せっかく慶應通信に入学したので、卒業するまでに受講できるといいなぁ。

一方、「英語学」も相当な倍率じゃないかと予想していたので、当選して超ウレシイhappy01 講義が今からとっても楽しみです。そういうわけで、私の新年度はEスクの英語学と放送英語のAcademic Writing、つまり、メディア受業で英語三昧というスタートになる模様。テキスト科目は何を履修しようかなぁlovely

な〜んて、新しい科目に目移りする前にまずは「ロシア文学」のレポだろ!というわけで、なんとか第一稿を完成させました。4400字也。誤差1割なので普段ならこれで投函しちゃうんだけど、なんとレポート課題集に「3200字以上4000字以内で論じなさい」と書かれてある(涙) もうちょいスリムにする必要ありhappy02 引用が多すぎる感もあるし、埋め草もあちこちに生えてる気がするので、きれいに刈り取って、明日には完成させたいと思います。

2014-02-21

「ロシア文学」テキスト&文献読了

「社会学史I」の次は文学にしようということだけは決めていたのですが、どの国の文学にしようか、あれこれ作品を斜め読みしては悩むこと数日。というのもこれまで文学のレポにとりかかっては挫折を繰り返しており、左サイドバーを見て頂いても分かる通り、3類の科目の単位はまだ一つも修得できていませんbearing

しかし3類を全く履修しないわけにもいかず、「今度こそ文学のレポを仕上げるぞ!」と一念発起。歴史はこれまで西洋史を中心に学んできたので、その知識を活かせるフランスかドイツかイギリスのどれかにするのが常套手段。フーコーつながりでフランスかなと思っていたのですが、ソチオリンピックを見ていたら、「今やるのは、ロシア文学でしょ!」という声がどこからともなく聴こえてきたので、仰せのとおりにすることにhappy01

まずは文学史のお勉強から。今でもウクライナとかベラルーシとか、今ひとつよく分かっていないワタクシなのですが、ロシアの歴史って啓蒙君主時代あたりからしかイメージがなく、古代や中世のロシアについては全くの謎でしたsweat01  でも『新版 ロシア文学案内』を読んで、ロシア文学の成り立ちという視点から、ロシアの歩んできた道をざっくり概観することができました。

レポート課題は5人の作家の作品から一つ選んで、それぞれの課題について論じよというもの。作品を読んだことのある作家にしようと思ったのですが、ドストエフスキーやチェーホフだと人物像、トルストイに至っては夫婦間の憎悪について論じよというお題sweat02

このトルストイの『クロイツェル・ソナタ』はベートーヴェンの『ヴァイオリン・ソナタ 第9番 「クロイツェル」』に触発されて執筆された作品。たまたまCDがあったので『クロイツェル』を聴きながら『クロイツェル・ソナタ』を読めば、何か思い浮かぶかもと思い読んでみましたが、全く何も浮かんでこないhappy02

一体全体何をどう論じればいいのか皆目見当がつかず、このお題で4000字はとてもじゃないけど書けそうにないわ〜って感じcoldsweats01 それよりなにより、この曲からこんな作品が生まれたことの方に驚いたワタクシなのでした。

そのような苦しい選択肢の中から選んだ作品が、「われわれは皆、ゴーゴリの『外套』から出発した」と言わしめる、ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリの『外套』。これだと現代の日本社会にどのような問題提起をしているかを論ずればいいので、なんとか書けそうかなとcoldsweats01 この週末で構成を練ってアウトラインを完成させ、来週早々に仕上げたいと思っています。

記事検索

無料ブログはココログ