スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

2類: 西洋史概説-E

2013-09-10

受け継がれゆく遺産 −西洋史概説あれこれ

専門教育科目で最初にクリアした科目が「西洋史概説I」でしたが、単位は頂けたものの、レポ課題のフランク王国時代以外はほとんど何も学べていなかったので、あれこれシリーズも書くことができなかったワタクシsweat01 そこで再度Eスクの「西洋史概説」を履修したのですが、思い切って追加申し込みをして大正解でした。

西欧の古代から中世をざくっと概観したくて申し込んだのですが、講義は中世ヨーロッパ社会にキリスト教が如何に浸透し、それによって社会がどのように変容していったかを捉えることに重きが置かれていて、史実は当然頭に入っているという前提で進められましたcoldsweats01

しかし史実が頭に入っていないワタクシは、「歴史(西洋史)」・「西洋史概説I」のテキストや『西洋の歴史(古代・中世編)』などで確認しながらの聴講だったので、やたら時間がかかる、かかるsweat01 けれど、史実はこうしてテキストなどを読めばなんとか理解できるけど、今回のような講義内容 –中世初期に西欧社会が持っていた色合いがどのようなもので、それがどんな風に変わっていったか− を一人テキストで理解するのは難しいことなので、貴重な講義を受講したのだと思いましたconfident

そして曲がりなりにも、中世西欧社会が古代からどのような遺産を受け継ぎ、それをどのように変容させて、次の時代へ受け渡したのかがイメージできるようになったので、当初の目的以上のものが達成できて嬉しい限り。これはEスクだから叶ったことで、独学では無理だったと思います。

さらにキリスト教から離れて、「中世の技術革新が西欧社会に果たした役割」というレポート課題に取り組めたことも、私にとって貴重な体験でした。「中世 = キリスト教」だけではないということを学び、中世という時代が持っていたであろうと思う色が一つ増えたことによって、それらを混ぜて出来上がる色が以前より数段多くなった感じart

さらに先生からは「歴史とは・・・」という「史学概論」に通じるような内容のお話も伺え、歴史の本質を考える上でのヒントを沢山頂けて、史学概論の再々レポを抱えていた私にとっては、とてもありがたい講義だったのでした。

2013-09-01

2013Eスク 結果

首を長くして待っていた、Eスクの成績通知が昨日届きました。結果はどちらも合格shineでした。

      自然科学概論13    2単位  A
      西洋史概説13    2単位  A

1発勝負のEスクなだけにドキドキでしたが、どちらも単位を頂けてほっ。しかも専門科目で初めてAを頂けたので、素直に嬉しいですhappy01

4月中旬からスタートしたEスク。両科目合わせて少なくとも25回は講義を聴講しなくてはならず、レポートを3本提出して、最後に7月の科目試験を受けるという、幾つかのハードルを越えなくてはいけなかったEスクですが、終ってみればあっという間でした。

先生がおっしゃったことを聞き逃しても、Eスクだと何度でも聞き直せるので助かりました。ただ、家で100分の講義を聴き続けるのは結構大変で、何回かに分けて聴講したこともしばしばsweat01

cosmos

両科目とも夏スクの収録だったので、2回分が1日の講義に当たり、流れとしては大きく2回で1回になっているため、その辺りを意識して聴講しなきゃいけないんだ!と気づいたのは4回目当たりcoldsweats01 例えば、前日の講義内容の復習は、Eスクでは2回に1回になるので、まとめや課題などは2回聴講するごとにやった方が効率がよかったです。

これで4単位が追加されて、7月の科目試験は合計8単位を修得することが出来ました。Eスクの単位修得も初めてなら、1度に8単位を修得するのも初めてで、これで自力での修得単位合計は28単位、認定単位を合わせると46単位になりましたnotes

再レポも2本提出したので、2013年度の第一四半期は結構忙しかったんだな〜って思ったり。今までが甘かったっていう声も聴こえてきそうですがsweat01 2年生になってようやく 「テキスト&文献通読 → レポート → 試験勉強 → 科目試験、その合間にスクーリングと再レポ」という慶應通信の魔、もとい、学びのサイクルに慣れてきた感じです。

2013-07-07

2013年度 第II回科目試験終了

第Ⅱ回科目試験が終了しました。連続、真夏日で大学へ行くまでに「ぜいはぁ」という状態でしたが、3科目を無事に受験することができましたpencil

初日はまず2コマ目のE-自然科学概論13。過去問情報もなく、どのような傾向の問題が出るのか全く分からずに臨んだ試験。選択問題20問と記述式問題が1問でした。

炎天下全力疾走した後だっただけに、虫食いの初っ端の答えが、40ある選択肢からなかなか見つけられずかなり焦るcoldsweats01 問題文が意味ある日本語として頭の中に入ってこないsweat01 やはり試験は時間に余裕をもって臨まなくてはいけませんね。10分ほど過ぎると落ち着いてきて、なんとか全問答えることができて、ほっ。しかし、記述式は、免疫作用を施す細胞の名前を全て思い出せず、かなりごまかしての記述となってしまいました。しゅん

続く3コマ目は持込可だけど、私はかなり難しいと感じる社会学。エスニシティや格差社会、医療関係、労働関係、教育関係あたりのキーワードが出たらいいなぁと思っていたのですが、出題されたキーワードは全く関係ないものばかりで、Oh!my God!って感じweep

即座にどのセクションの視座から論ずればいいか検討がつくキーワードがなくて、テキストをブラウジングしなから、回答するキーワードを決めるのに20分もかかり、消去法で選んだのが私が苦手とする政治関係のキーワードcoldsweats01 これだけがセクションを決定できたのでsweat01しかし苦手な分野ゆえ、かなり辛い選択でした。

しかも、読み返すと2段落目と4段落目が同じようなことを言ってるので、3、4段落を入れ替えて、もう少しすっきりさせたかったんだけど、書き出したのが遅かったのでそんな時間もなく、かなりヘンテコな構成の文章で提出する羽目になってしまいました。これまた、しゅん。

そして、本日2コマ目はE-西洋史概説13。ゲルマン諸国とローマ文明、中世西欧社会のキリスト教化から一問選択。私は後者を選択。Eスクの辛いところは、テキストがないので文章での復習ができないこと。だからどうしてもあやふやな記憶になってしまうんですよね。テキストのありがたみを思わぬところで感じました。

でも文章を目で追っただけではスルーしてしまうような事柄が、講義だと印象に残るということもあり、先生が話された琴線に触れた言葉を入れながら、「こういうことなんだろうなー」と自分なりに受け止めた中世の西欧社会におけるキリスト教の浸透の変容をなんとか文章にしました。ちょっとテーマが大きすぎて、自信は全くありませんが。

今回テキストがない科目を学習してみて初めて気づいたのですが、試験前にテキストを再読するのって、記憶の整理だけでなく精神的にもいいってこと。気持がなんとなく落ち着つくんですよね。テキスト読んでるだけで。社会学はすごい頁数の市販テキストなので再読には至らず、というか読んだ端から忘れてく私happy02

ということで、次回は慶応のテキストがある科目を履修予定。本日図書館で参考文献を入手してきましたnotes

2013-06-08

Eスク「西洋史概説」課題1提出

今回は締め切りまでに少し余裕があったので、推敲をじっくり行なった後に課題を提出することができましたnotes いつも駆け込み投函なのでcoldsweats01「私にしては余裕の提出♩」と思いつつアップロードしてみたら、中にはとっても早い時期のタイムスタンプがあり、すごいなぁと思ってしまいました。

ところで、今回アップロードの方法が自然科学概論の時と勝手が違っていて、ちょっとばかり手間取ってしまいましたsweat01 というのも、自然科学概論はwordで作成したファイルをそのままアップロードすればよかったのですが、西洋史概説は「テキスト入力による提出」というものだったので。

画面上にwordで作成した内容をコピー&ペーストして提出するのですが、「内容は文字のみとなります。」という注意書きがsweat02 つまり、コピーされるのはテキスト情報のみで、バイナリ情報はオミットされちゃうってこと。図形や表などはもちろん、文末脚注番号もコピーされないのですbearing

そこで画面に向かって、消えてしまった番号を振り直すという作業をしなくてはならず、ちょっと、いや、かなり面倒でした。でも後になってPDF形式で保存してから、コピペすればラクだったかも・・・と気づいたので、これら提出される方はご注意を!

そんなこんなでちょっと手間取りましたが、無事レポートを送り出すことができて一安心confident でもEスクのレポは返却されないんですよね。我が子同然のレポートが戻ってこないのはちょっと寂しいな。

2013-06-06

Eスク「西洋史概説」課題1完成

締切りまであと4日に迫った、Eスク西洋史概説のレポートがなんとか完成しました。今月に入って新たに『中世の産業革命』『中世の技術と社会変動』を読み始めたというノロノロぶりだったので、「間に合わなかったらどうしよ〜sweat01」という思いがいつも心の片隅にあった一週間でした。

Eスクはレポも試験もチャンスは一度きりなので、ほんと心臓に悪いhappy02 字数も3900字ちょいといい感じに収まったので、このまま提出してもいいんだけど、クリック一つで提出できるEスクだから少し寝かせて、明日か明後日、提出しようと思います。

ところで、今回読んだ3冊の参考文献ですが、基本的に同じようなことが書かれてあったのですが、視点が三者三様で論文やレポートの書き方のお勉強にもなった気がします。

そして今回この課題に取り組むことによって、今まで全く知らなかった中世世界の新たな一面を知ることができてちょっと嬉しい。当初予想と違った課題に戸惑い気味だったのですが、文献を読み終えてみて中世を愛してやまない先生が、この課題を選んだ理由がなんとなくわかった気がしましたconfident

ということで、ほっと安堵のため息がつけたと思ったら、時を同じくして、Eスク自然科学概論の課題2が発表されていました。次から次へとまさに自転車操業のワタクシbicycle 締切りはまだまだ先ですが、早めに終わらせて一日でも早く試験勉強に取りかかれるようにしないと。記憶力が急激に衰えている昨今なのに、3科目もあるのに未だ手つかずなんて、ほんとかなりまずいです・・・。

2013-05-30

『ものと技術の弁証法』読了

Eスク西洋史概説で紹介されていた参考文献のうち、『ヨーロッパの中世5  ものと技術の弁証法』を読了しました。当初は「技術革新かぁsweat02」とそんなに興味がある内容ではなかったので、しぶしぶ読み始めたのですが、これがなんとすっごく面白かったのです。

というのもこの文献、衣食住に焦点をあてて中世の技術革新や発展が語られており、それらがどのような社会構造の変化をもたらしたかの考察がなされているのですが、ミクロに視点を合わせて様々なことが詳しく紹介されているのが面白くて、面白くて。しかも支配層の生活だけでなく、一般市民の生活も描かれているところが、なんとも興味深いのです。

それぞれの階級の人びとが、どんな家に住み、どんな食材を食べ、どんな服を着ていたのか。そしてそれらが技術革新とともにどのように変容し、彼らの生活も変わっていったのか、というようなことが、写真とともに丁寧に紹介されています。中世の人びとの暮らしぶりがイメージできる楽しい文献でした。オススメですnotes

2013-05-26

「社会学」レポート完成

社会学のレポートが完成したので、土曜日についでがあり大学まで足を運んだのですが、なんと事務局が休みで提出叶わずweep 土曜日はやっているものだとばかり思っていたのですが、科目試験の時だけなんですね。175円の節約叶わず、しょぼ〜ん。

新たな文献を読んで、ちょこっと修正や加筆はしたものの、ほぼ第一稿の路線で完成させました。社会学的に論じられているかと問われると自信は全くないのですが、自分が常々不思議に思っていたことをテーマとしたので、文献を読んでいる時はとてもワクワクしました。

特に最後に手にした文献は、カトリック神父からみたプロテスタンティズムが論じられており、資本主義という社会構造が生まれた背景について、ウェーバーとは異なる見解が示されていて興味深かったです。ただ、こちらの方に興味がいきすぎてしまって、レポート課題で問われている点がきちんと論じられたか一抹の不安coldsweats01

ベーシックなテーマを選んだので、逆に難しかったような気もしますが、いろんなことに気づかせてくれた、楽しい課題でした。

しかし、いつもならばここで科目試験の勉強に突入できるのですが、今期はもうあと二本レポが残ってるsweat01 Eスク受講者の辛いトコロ。特に西洋史概説のレポはテキスト科目と同じく4000字程度と指示があり、しかも出された課題が「えっ?そこですか?先生sweat02」という意外なもの。講義を聴いているだけでは書けない課題なので、紹介して下さった文献を読まなければ。3冊もあるので、読むのが遅いワタクシにはこれまた辛いトコロですhappy02

2013-05-12

Eスク「西洋史概説」第9回まで

Eスク 西洋史概説 9回目まで聴講。神聖ローマ帝国誕生あたりから、有名なカノッサの屈辱を経て、十字軍が登場したあたりまで。高校の教科書では十数頁で語られているところを、こうやってじっくり学ぶわけですから、自分がイメージしていた歴史像と異なることがしばしばです。

例えば、今の今まで本当だと信じていた、ハインリヒ4世がグレゴリウス7世の許しを請うために、雪の中に3日間立ち尽くしたという説は、歴史学的に考えるとあり得ないそうwobbly そう教わったと記憶しているのは私だけ?

また、この時代はどうしても、皇帝 vs 教皇という対立のイメージがあったのですが、二人三脚で行なっている事柄もあり一概に語れないなど、今までの歴史観が少しばかり塗り替えられましたart

20130512_1801

歴史というものは一夜城のように、ある日突然新しい体制が現れるなんてことはなくて、以前の遺産を受け継ぎながら、少しずつ変化していくもの。けれども、求めるものが変わってきたからこそ、今までと異なった概念が出現するわけで、それが時代の移り変わりなんでしょうね。

正直この講義、私にはかなり高尚coldsweats01 史実の確認に重きが置かれているものではなく、この時代が持っていた色はこういうもので、それがだんだんこういう色に変わっていったよ。そこを掴んでね」という、ちょっと哲学的な講義だと感じています。

先生が時々ふと、遠くを見つめて思いにふけられる瞬間があるのですが、まるで千数百年の時を越えて中世にタイムスリップされているかのよう。先生がイメージされている色の変化を全て捉えることは無理ですが、どこまで捉えられるか、十字軍以降も楽しみたいと思いますhappy01

2013-04-24

Eスク「西洋史概説」第5回まで

Eスク 西洋史概説、5回目まで聴講しました。1週間に1講義づつだと思っていたら、3回分の講義が一度にアップされるんですね。滞ると結構プレッシャーですが、時間のある時にまとめて視聴できるように配慮されてるんでしょうね。

第2回の講義では先生がスライドを指された時には、カメラが引かれて、先生とスライドの両方が写っている箇所もあって、まるでこの前のワタクシのボヤキを関係者が聴いておられたかのようbleah これ以降改善かなと思いきや、先生の顔だけが写っている場合もまだまだあって、「この辺りって、どの辺りやの?」と突っ込んでしまいました(笑)

Higashi-kan

講義は興味深く、特に4回、5回目は私のレポートのテーマであったフランク王国時代だったので、先生のお話がよ〜く理解できましたhappy01 しかも、「こういう視点での捉え方があるんだ! 」と気づかされることもあり、そういうことをレポートに盛り込めばよかったんだろうな〜なんて思ったり。

とにかくテキスト科目での「西洋史概説Ⅰ」のお勉強が、単位は頂いたものの、かな〜り中途半端に終っていたので、この講義で西洋中世史を概観して背景を掴みたいなと思っています。スクーリングによっては、同じ西洋史概説でも、特定の国やテーマに特化した講義もあるようなので、今回の講義内容は、私が学びたいこととドンピシャでだったのでラッキーでしたhappy01

toshokan-kyukan

けれども、再レポを 2つ抱えつつcoldsweats012科目のEスクをこなしていくのは結構ハードsweat01 その上、新たなレポに取り組むとなると、やりくりがかなり大変になりそう。GWは勉強の時間がほとんどとれなくなるので、今週ピッチをあげなくては!と再レポに取りかかったのですが、なかなか捗りませんbearing

「史学概論」は先生が指摘されているE.H.カーの箇所がどこなのか、ピンとこなくて悩み中。どこもかしこもそう思えるし、どこもかしこも違う気がする。迷える子羊ちゃん状態だし、「論理学」は一応完成したものの、シャレにならないほどの字数オーバーなので、さすがに削らなくては。トホホsweat01 シェイプアップめざして、がんばります〜

2013-04-16

Eスク「西洋史概説」第1回講義

待ちに待ったEスクshine問題なく繋がるかどうかドキドキしながらアクセスすると、なんと簡単な自己紹介と写真をアップロードするよう促す画面が。写真は結構撮る方ですが、撮ってもらうことは少なく、また撮ってもらっても家族や友人と一緒に写ってることが多いので、適当なポートレート風の写真が見つからないsweat01 仕方ないので自分の顔だけ切り取ってアップしましたが、昨夏のものなので、1才ほど若いワタクシです。 なははsmile

Heiwa Kitaru

講義のビデオが始まると「あぁ、夏スクの風景だなぁ」となんだか懐かしい気持でいっぱいになりました。Webを介しての講義ってどんな感じなのかなと思っていたのですが、100分があっという間で、やはりテキスト勉強とは異なる高揚感があります。生の講義ではないのでその場での双方向性はありませんが、先生の話を聞き漏らしたり、ノートが間に合わない場合、少し戻してもう一度しっかり聞けるのが思った以上に便利でしたhappy01

それに考えてみると、テキストのポイントが一目で分かる講義資料が提供されるのってありがたいことです。テキスト勉強だと、これを自分で作らなきゃいけないわけですから、宝物ですねcrown しかも、これに書き込みながら視聴できるので、ほんと至れり尽くせりです。

tulip

ただ1つ残念だったのは、先生が講義資料のスライドを指して説明しておられる場面でも、カメラワークが変わらず、先生しか映っていないことが多々あったこと。特に本日のレジュメは地中海沿岸部の地図が年代ごとにズラリと並んでいたため、どのスライドのどの部分を先生が指されているのかが、視聴者には全く分かりませんでした。勿論、スライドをアップで撮影してほしいところ。今後改善されることを期待したいと思います。

講義はとても面白くて、今回また新しいことを沢山学ぶことができました。キリストの誕生日の諸説の話から、史学概論に通じる「歴史とはどういうものか」というような、歴史哲学的なお話も伺うことができて、続きがとっても楽しみですnotes

記事検索

無料ブログはココログ