スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

2類: 西洋史特殊I

2014-11-22

2014 第III回科目試験結果

第III回科目試験結果 恒例、水色x白の封筒が届きました。すでにkcc-channelに反映されていたようですが、今回は封書で先に確認したという、アナログなワタクシですcoldsweats01 結果は無事合格shine 2単位ゲットです。

      西洋史特殊I    2単位  A

今回は2科目申し込んだにもかかわらず、1科目しか受験できなかったのですが、受験しなかった「倫理学」については、成績通知に何も書かれてませんでした。「D」もしくは、「未受験」とかって形で表示されてるのかなって思ってたのですが、そういうものなんですね。

さてこれで、西洋の歴史に関する科目の履修はおしまいです。慶應通信に入学した目的の一つが西洋史の流れを頭に入れることでした。「歴史(西洋史)」からはじまりこの「西洋史特殊I」まで、当初予定していたテキスト6科目に加え、Eスクの「西洋史概説」も受講することができたので、計7科目14単位の履修になりました。

これで一応古代オリエントから近・現代までの西洋史を概観したことになります。私の場合、今までが知らなさすぎたこともあり、「何を学ぶにしても歴史的背景を知っていることは大きな強みだなぁ」と学べば学ぶほど実感したのでありました。

2014-10-22

2014 第III回科目試験終了

10月の科目試験が終了しました。今回は「西洋史特殊I」の1科目ですが、無事に受験することができました。

残念ながら文献等では全く目を通していない箇所からの出題でしたが、持ち込み可なのでテキストの該当頁をまとめる形で解答pencil

古代オリエント史って高校の教科書では数頁の記述で、これまでじっくり触れたことがない時代でした。なので、前回「オリエント考古学」を今回「西洋史特殊I」を履修して、ヘレニズムに入るまでの南レヴァント地方や、地中海沿岸からメソポタミア圏の歴史の流れをざっくり概観することができて楽しかったです。またこの時代は西洋と東洋が区別されずに、語られているのが面白かったです。

「オリエント考古学」では文字の起源からアルファベットに至るまでの記述があったのですが、これは夏スクの「哲学史」を受講する上で役にたちました。テーマが「言語の哲学史」だったので。いつも思うことですが、こうやって異なる科目が繋がっていくのを体感するのはなんとも言えない高揚感がありますhappy01

2014-10-07

「西洋史特殊I」レポート返却

昨日、大学から届いたもう一つの封書は、「西洋史特殊I」のレポートでした。約2ヶ月間に及ぶエーゲ & 地中海の航海を終えて無事帰港です。

二つ折になっているレポを広げると、採点欄の隅っこに合格shineの文字。ほっと一息しつつも、なぜか真ん中に書かれてあるAの文字が、上からくちゃくちゃっと消されてたりします。

コメント欄には

内容的に課題への適切な解答となっています。又、レポートの構成も非常によく整っており、高く評価することができます。

と嬉しい言葉が書かれていましたhappy01

で・も・・・。評価項目のラスト
「誤字・脱字なく記述されているか?」の欄に、しっかり赤ペンチェックが入っていましたhappy02

「ど、どこだろう〜」とレポートを繰っていくと、「アケメネス朝ペルシア」という文字を二度も間違えて書いていましたsweat01

 1つ目: ケメネス朝ペルシア    → 脱字
 2つ目: アケメネス超ペルシア → 誤字

赤ペンで、1つ目の箇所には「ア」が挿入されていたこと、2つ目の箇所では「超」の下にアンダーラインが引かれていたのは言うまでもありません。これぞまさしく誤字も脱字も揃っている、ある意味見事なレポート(涙)Aがくちゃくちゃっと消されている意味を悟りましたcoldsweats01

「推敲、何度かしたはずなんだけど、近頃、目がショボショボして・・・」なんて言い訳はせずに、次回は誤字・脱字ゼロを目指します。はい。

2014-08-08

「西洋史特殊I」レポート完成

あれよあれよという間に、夏スクI期がスタートしはや3日目。昨年同様、I期には出席しないのですが、夜スクの申込をし、5日の卒論オリエンテーションに参加し、来週から始まる夏スクに向けての体制を整えつつあります。

と言いつつも、本日の夕方から旅行に出かけ、戻ってくるのはII期の前日なので、10月の科目試験の資格を得るべく、レポートを一つ仕上げました。今回取り組んだのは「西洋史特殊I ー古代オリエント史」で、「地中海世界と西アジア世界の交流」が課題だったのですが、まさに夏のこの季節に取り組むのにぴったりのテーマでした。

紹介されていた参考文献『図解 ギリシア エーゲ海文明の歴史を訪ねて』にも紺碧色の美しいエーゲ海の写真が散りばめられていて、その風景をながめているだけで気分はすっかりエーゲ海クルージングmist

遥か5000年前にタイムスリップして、エジプト、ビュブロス、クレタ島の東地中海の文明を満喫した後は、ペロポネソス半島にあるミケーネの地へ。そこから東に足を伸ばしてトロイ、キプロス島へ。東の次は西へ舵をとり、シチリアとイタリアへ。

最後はフェニキア人に案内してもらいながら、テュロスを発って、サルディニア、カルタゴ、スペイン、そしてイオニアの諸都市へと地中海沿岸を一巡り。夏にもってこいの優雅な旅を満喫し終える頃、レポートも無事完成happy01

ということで、ただ今から現実に戻って、ほんまもんの旅へ出発します。豪華なエーゲ&地中海クルーズには遠くおよびませんが、早朝のお弁当作りから解放される至福の時を満喫してきます。

記事検索

無料ブログはココログ