スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

2類: 西洋史概説Ⅱ

2014-05-17

「西洋史概説II」再レポート返却

約2ヶ月間の長旅を終えて、「西洋史概説II」の再レポが帰ってきました。文献が難しく、あやふやな理解のまま仕上げたレポートでしたが、合格shineでした。うれしーいhappy01  評価項目も初回は2,3,4にチェックが入っていたのですが、今回はノーマークで評価はB。

内容は格段に向上し、学習の跡が認められます。ナチズムの「特質」をヴァイマル期において歴史的に説明し、設問の要求に応えています。

というコメントを頂き、今回はなんとか大学の史学のレポートの水準に届いていたようで、ほっと胸をなでおろしました。けれど、設問の要求に応えることができたのは、先生が文献を紹介して下さったからにほかなりません。正直テキスト履修要綱に紹介されていた文献からは、設問の意図を読み取ることはできませんでしたhappy02

yukiyanagi

減点の理由は、長期的な視点でのナチズムの特質の所在が論じられていないこと。その具体例をいくつか挙げて下さっており、「なるほどなぁ」と思いました。こんな風に不足している点を明確に指摘して下さると、自分では気づくことがなかったフォーカスすべきポイントを把握することができて、とても勉強になります。

最後に、先生から紹介頂いた文献の他に役に立ったのが、「政治学」のテキストです。文献を読み進めていくうちに、これは政治の知識も必要だと気づき、ふと目に入った「政治学」のテキストを手に取ってみたのですが、これがビンゴ!このテキストを先に読んでいれば、あんなトンチンカンなレポは出さずにすんだかも、と思ったほどです。

ということで、2単位ゲット。「西洋史概説II」単位修得ですnotes

2014-03-11

「西洋史概説II」再レポート提出

再提出期限が明日に迫った「西洋史概説II」の再レポート、『全体主義の起原3』から引用した箇所があったので、頁数など間違いがないかを確認して郵便局へpostoffice この文献がなかなか借りられなくてチェックできなかったのよーweep

再レポは『ファシズム』と『全体主義の起原』をベースに構成しましたが、政治の知識が無いので、どの文献も難しかったbearing とくに『全体主義の起原3』の最終章 ――重要な結論部のためか、独日と英日の両翻訳が掲載されていたにもかかわらず―― が難解で四苦八苦sweat01

ハイデガーの愛弟子&恋人だった方が書かれたものだから、私のような凡人にはそうそう理解できないとは思うものの、何度読んでもアーレントが言わんとしていることが見えなくて途方に暮れました(涙)

ume

他の章もアーレントの概念が綴られている抽象的な部分、いわゆるトピックセンテンスが難解で、それを具体的にサポートしてくれている文章から、どうにかこうにか彼女の言わんとしていることを読み取った感じ。前提となる知識をもっともっとつけてから、もう一度読みたい文献です。

それでも彼女ならではの視点で、全体主義の支配体制が、これまでの王政や専制・君主政治の支配と、根源的に異なる部分が何なのかを指摘していた箇所はとても興味深かったです。

と、こんな感じで2013年度のしめくくりも、またまた滑り込みセーフでの投函となりましたが、無事提出することができてほっと一息。これで2013年度の積み残しがなくなり、やっと科目試験の勉強に取りかかれます。いよいよ2014年度がやってきますhappy01

2014-03-07

「西洋史概説II」再レポート完成

提出期限が5日後に迫った、「西洋史概説II」の再レポをなんとか仕上げました。そう、前回散々な評価を頂いた、あのレポートですsweat02 今回は全く違う切り口で、ほぼ全面書き直しました。今日また『全体主義の起原3』を借りることができたので、週末にざっと目を通してから提出します。

『ファシズム』『全体主義の起原1〜3』、計4冊の文献に目を通すようアドバイスを頂いたのですが、うち2冊が在住している区の図書館にはなく、港区で借りたり、近隣区から回してもらったりして読み進めたのですが、近隣区から配送してもらう本はネット予約や延長ができないので、図書館に足を運んで手続きをしなくてはならず、これが結構大変でしたhappy02

その上、『全体主義の起原』は常に何名かの予約が入っていて、返却時に予約を入れても、次に借りられるのは1〜2ヶ月先という状態weep 在住区の方が優先だから仕方がないのですが、一気に取り組めなくて、ほんと困りました。映画「ハンナ・アーレント」効果?

vernal flowers

私は論証に利用できそうな箇所や、思いついたことをメモしながら文献を読んでいくので、読了するまでに結構時間がかかるのですが、この文献はサラサラ読める内容のものではないだけに、2週間で読み切ることができず、返却してはまた借りること数回。いいかげん買っちゃおうかとも思いましたが、一冊5000円ほどするのでcoldsweats01

でもなんとか提出期限までに読み切ることができてほっ。そして、これらの文献を読んで分かったことは、前回のレポが課題に対して、かすりもしていない内容だったということsweat01「西洋史概説II」のレポですが、これは「西洋史」ではなく「政治学・政治思想」のお勉強で、「皮相的な政策や政治事件の羅列」はほとんど必要なかったのでした。テヘヘ。

少しはマシになったと思うけど、この文献たちが難しくてcoldsweats01 自分が理解できた内容だけでレポを構成したので、また駄目出しされそうな気もするけど、もう悩んでる時間はないので週明けに送り出しますpostoffice

2013-11-28

2013年度 第III回科目試験結果

10月に受験した第III回科目試験の結果が、いつものように「白x水色」の封筒で届きました。今回はいつにもまして超ドキドキheart02 というか、「西洋史概説II」はD覚悟で封を切ったところ

      論理学(L)    2単位  A
      西洋史概説II    2単位  C

ギリギリC抜け合格でほっとしたような、再挑戦したかったような複雑な気持ち。多分精一杯やってCという結果だったら、こんな気持にはならなかったと思う。二問中一問選択方式だからと言って、学生時代に散々やってきた、ヤマを張るという手抜きをしてしまったがゆえ。慶應通信に入学しようと決めたとき、自分のための学びなんだから、時間は気にせず丁寧にこなそうと決めていたはずなのにhappy02

D評価でも文句は言えないヘロヘロな解答だったので、採点して下さった先生の温情に報いるためにも、再レポは納得のいくものを仕上げて提出しようとココロに誓ったワタクシです。

そんなわけで、「西洋史概説II」はレポが合格していないので、今回は「論理学(L)」の2単位のみゲット。これで修得単位総合計が切りのいい、50単位shineとなりました。「めでたい!」ということにしておきますbleah

2013-11-07

ハンナ・アーレント

映画『ハンナ・アーレント』を見に行ってきました。
「西洋史概説II」のレポで、ハンナ・アーレントの著作を読むように言われたので、何か参考になるかな〜と思ってのことですが、む、難しかったcoldsweats01

HannahArendt

けれど最後の講義のシーンが圧巻で、ここでバルバラ・スコヴァ演じるアーレントがすっごく大事なことを言ったのですが、その言葉の意味を吟味しようと思っても、すでにその言葉自体が忘却の彼方sweat01 本と違って映像は過ぎ去っていっていまうのが辛いトコロですね。

2013-10-21

2013年度 第III回科目試験終了

両日とも生憎の雨でしたが、今年度3回目の試験も無事受験することができました。

1日目は「西洋史概説II」。この科目は覚えることが満載でとても覚えきれず、仕方なく試験直前はフランス革命前までに焦点をあてて読み込みをしたワタクシ。というのもこの科目は2問中1問選択方式なので、フランス革命前から1問、革命以降から1問出題されるだろうと予想したのです。しかし、こういう姑息なことをしてはいけませんね。出題されたのは「ウィーン体制」と「第一次世界大戦」で、どちらもフランス革命後でした(涙)

ペン書きのプレッシャーと予想がはずれたことに動揺しつつも前者を選択。「確か理念はヨーロッパの勢力均衡保持となんとか主義だったよなー、何主義だったっけ?そんなに難しい言葉じゃなかったけど、あれぇ〜 思い出せない、なんだったっけーsweat01」ってな感じで、キーワードがいつまでたっても出てこず、そこで頭が真っ白にcoldsweats01 内部崩壊の理由も正確に思い出せずに、結局用紙の半分くらいしか書けませんでした(涙)

テキストを見直すと、間違ったことは書いてなかったけど、書かなきゃいけないことの半分しか書けてなかったので、Dの可能性大sweat02 結局最後まで思い出せなかった「正統主義」というキーワードを目にしたら、内部崩壊の理由も思い出せたのですが、今さらジローですsad

この科目はレポも不合格を頂いたことだし、引き続き1月まで腰をすえてじっくりお勉強しますです。はい。もっと記憶の定着のトコロに工夫をこらして、そこに時間をかけないといけないということが身にしみました。

一方、2日目の「論理学(L)」は真理関数からの出題だったので超ラッキー問題でしたhappy01  懸念していた自然数がどうとか、有理数がどうとかいう数学的な問題じゃなかったので、ほっ。「論理学(A)」のときと同じく、真理表を作成すればあっという間に解けちゃう問題で、20分後教室を後にしました。この日は寒くて、お手洗いに行きたくなっちゃってcoldsweats01

こんな感じの出来でしたが、今は終った開放感に浸りつつ、どのテキストから手をつけようかなぁ〜と次の履修計画を考えている至福のときnotes  あっ、その前に、夜クス「哲学」の宿題が出てたんだ。明日までにやんなきゃpencil

2013-09-30

「西洋史概説II」現代編のご褒美

「西洋史概説II」第三編の現代に突入した途端、「あれれ・・・?今さっき同じような文章読んだんだけど・・・」と思って、著者を確認すると、「西洋史概説II」と「歴史(西洋史)」の現代編は同じ先生が執筆されていました。これはラッキー!

電子辞書や用語集で分からない用語を確認しつつ、「詳説 世界史B」→「歴史(西洋史)」→「西洋史概説II」の順で読み、それでもよく分からないときは、『西洋の歴史 –近現代編』に目を通してから、まとめているのですが、中二つがほぼ同じ内容だと、まとめるスピードが断然アップ!あと1、2日でトピックスのまとめは終りそうhappy01

それに時代も下ってくると日本もちょこっと登場するからなのか、年の功も手伝ってかは分かんないけど、このあたりの史実は馴染みがあって、登場人物の名前も知ってる人がほとんどだし、版図もほぼ今と同じなので、かな〜りラクですnotes

orange cosmos

中世・近代などは、「一体どこの国の人?」「誰と血縁関係あるの?」ってことがしばしばで、その度に用語集を確認しなきゃいけなくて大変でしたsweat01 しかも同じ名前を子孫につけるものだから、ややこしいったらありゃしない!「同じ名前を何度もつけるのはやめてくれ〜」って何度叫びそうになったことかhappy02

これが終ればあとは記憶の定着に勤しむだけですが、まとめた箇所ってもちろん全てを網羅してないし、私が勝手に大切だと思ったところであって、とどのつまり学生時代にお世話になったヤマカケと同じ。それに合格点に達しているのかどうかも分からないあやしい代物sweat01 なので、今までも自分のまとめたものを暗記することには注力してこなかったワタクシです。

まとめはそれを暗記するためというより、自分の頭の中を整理するためであり、時間内&字数内に書き上げる練習という位置づけの方が強いかな。私の場合。もちろん何回かは目を通すだろうけど、私がまとめたヘナチョコな文章をせっせと暗記するより、テキストを読んだ方が百倍いいと思うので、まとめが終ったら頭からテキストの通読を再開予定ですbook

2013-09-29

「西洋史概説II」 ようやく近代まで

のろのろと進めている「西洋史概説II」の試験勉強。ようやくテキスト第二編までのまとめが終わりました。やり方は「歴史(西洋史)」の時と同じで、過去問や研究課題を参考にテキストからトピックスを独断で取り上げ、整理していくというベダな方法でやってます。

今年1月に受験した「西洋史概説I」の時はこの時間がほとんど取れず、全く頭に入らなかったので、ベタな方法でもこれが私には合ってるのかなぁと。ただ「西洋史」の時はノートに手書きpencilでしたが、今回はwordpcに変更しました。やはりこちらの方が断然早いので。

ただwordにしたからなのか、「西洋史」の時と比べてトピックスの数が増えてしまいましたsweat02 「西洋史」は24のトピックスで収まったのですが、今回は現段階ですでに35トピックスになっており、第三編の現代を入れると40半ばになりそう。これすなわち、覚えられないということですbearing

autumnal sky

とにかくこの時代至る所で戦争や革命が起こって、その度に講和条約が結ばれるもんだから、その年号と名前を覚えるだけでも一苦労なのに、各国の力関係や社会思想の変化まで頭に入んないわ〜って感じsweat01 記憶の時間がたっぷり必要なのでまとめを早く終らせたいんですけど、これがなかなか時間がかかるんですよね。なんせ用語や史実の確認からの人なのでcoldsweats01

ところで、KOSMOSでも貸出し中で、港区の図書館にしか所蔵されていなかった、ハンナ・アーレントの『全体主義の起源』をようやく手にすることができたので、試験勉強で気分が乗らない時などに少しずつ読み始めようかなと思ってます。

ただこの本、予想通り字がちっちゃくて、難しい雰囲気が漂っているので、読了するまでに時間がかかりそうsweat01 時代背景をざっくり掴むためにも、早く現代のトピックスをまとめなきゃいけませんです。

2013-09-21

「西洋史概説II」レポート返却

中秋の名月も過ぎ、「まだ先だな〜」と思っていた夜スクが、もう来週からスタートです。朝夕はすっかり秋の気配が感じられるようになった頃、「西洋史概説II」のレポートが返却されました。結果は、不合格sweat02 その横にはD丸マークまで添えられておりましたsweat01

講評項目も上から2, 3, 4番目にチェクが入り、しかも、「参考文献を十分に利用しているか?」には、チェックマークだけでなく、学習不足という言葉が丁寧に添えられておりましたcoldsweats01 テキスト履修要綱にあがっていた3冊だけではダ〜メダメよngで、他の文献を選び出す技量も評価の対象ということですね。

コメント欄も非常に厳しいもので、初っ端

大学の史学のリポートの水準に届いていません。

とあり、「ひぇ〜、大変失礼致しました!」と思わず頭を下げてしまいそうになりました。でも諸先輩方のブログで予習しているワタクシなので、これは想定内の評価。心折れたり、ガックリくることもなく、逆に評価して頂きたかった先生のサインを目にして、嬉しいやら悲しいやら。

簡単に言うと「ナチズム支配の本質が考察されていない」という指摘で、ありがたいことに続いて先生が問いを立てて下さっています。なので再レポ作成に当たり、方向性で迷うことはありません。本来ならこの問いこそ自分で立てないといけないんでしょうけれど、私には無理だと判断されての、出血大サービスだと思いますsmile

でもこの問い、どちらかというと哲学的・思想的視座で答えなくてはいけないもので、今の私には簡単に答えられないものsweat01 多分先生はそれもお見通しで、2つ参考文献を上げて下さり、

これらをきちんと精読し、改めて 芝『ホロコースト』を読むこと。(精読という文字が、丸で囲まれてましたsweat02)

というアドバイスを下さいました。多分これらの文献を読めば手がかりが掴めるのでしょう。しかし、そのうちの一つは3巻ものですsweat01

慶應通信に入学するまで、学術書なるものを手に取ったことがなかったので、学者と言われる方々の名前をほとんど知らないのですが、紹介頂いた『全体主義の起源』(全3巻)の著書である、ハンナ・アーレント氏は、なぜかざっくり知っていて、いつか読みたい本のリストの中に彼女の著書が何冊か入っています。

ということで、新たな文献4冊と『ホロコースト』を精読した上で、一から書き直しです。読むのも遅いし、大学の史学のリポートの水準に達するまでには、かなりの時間を要すると思われるので、先生との長い文通を前提に、じっくり腰を据えて取り組みます。考えようによっては、読みたかった研究者の本が、読書にふさわしいこの季節に読める運びになったのでラッキーと無理矢理思うことに致しますbook

2013-09-15

ゆるゆると「西洋史概説II」

三連休の中日、台風接近中だったのでガラガラだろうと予想し、いそいそと足を運んだ国立科学博物館の特別展 「深海」。しかし、同じことを考える人は他にも沢山いたようで、なんと40分待ちを告げられwobbly 見終わった頃にはさらに長蛇の列ができておりました。

NHKであれだけ放映してたから仕方ないと言えば仕方ないけど、どんな天候であろうとも三連休に行ってはいけないと学習したワタクシ。当初いつも以上の人出にどうなることかと思ったけど、なんとかダイオウイカをこの目でみることができたので、結果オーライです。

Ueno Park

息子はダイオウイカより、いつもの恐竜の方がいいみたいで、ティラノやトリケラさんたちにも挨拶し、その後、またまたスカイツリーまで足を伸ばすことに。この間はライトアップを見られなかったのですが、今回はバッチリ点灯の瞬間に居合わすことが出来ましたflair

点灯される色は日によって異なるらしく、何色か楽しみにしていたのですが、ご覧の通り今夜はシャンパンゴールド。紺碧の空にふんわり輝いて浮かび上がるスカイツリーは、昼間のそれとは違って幻想的な雰囲気が漂っていました。

Tokyo sky-tree

そして今回はもちろんムーミンハウスカフェもしっかりチェック!ここ鬼門ですhappy02 カフェだけでなくショップも併設されていて、オフィシャルショップだから当たり前な んだけど、マグカップもちゃんとARABIA社製のものが置いてあるし、ニョロニョロドーナツやムーミンパスタがめちゃくちゃかわいい!何を買ったかは聞かないで〜(笑)

そんなこんなで、リトルミーのキャンディを舐めながら、『西洋史概説II』第一編をようやく読了し、トピックスのまとめをどうにか完了。三連休遊んじゃったぶん、平日巻き返さないとsweat01 しかも今週末はまたまた三連休なんですよねcoldsweats01

記事検索

無料ブログはココログ