スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016-03-10

追加配本申し込み♪

大学から「選択配本制度の廃止にともなう追加配本申込書」が届きました。2016年度から実施される制度変更の一つに選択配本制度の廃止があり、選択しなかった配本を希望する学生には送付して頂けるとのことで、希望の旨を連絡していました。

思い起こせば2年前、20単位を超えてしまって泣く泣く諦めたテキストが数冊あり、うち1冊はすでに購入したのですが、他にも欲しいテキストが出てきて、4月になったら分室へ赴いて購入しようと思っていた矢先のことだったので、すごく嬉しい!

申込書を見ると追加履修申告書も兼ねているとのこと。しかもIV年次配本のテキストだけかと思いきや「化学」と「生物学」もリストに挙がっていて、総合教育科目も対象です。履修はしないけど「生物学」も欲しかったのでラッキー!頂けるものは頂いておこうと思うので、早速明日投函してきます。

Jasminum mesnyi

実はここのところニューズレターをちゃんと読んでいなくて、"配本希望科目の届出廃止" という見出しはちらっと見た記憶があるのですが、すでに配本を受けた学生に対してこのような措置があるというところまで読んでいなかったので、事務局へ連絡をしそこねるところでしたsweat01

幸運にも拝読しているブログの記事でこのことを知り、慌てて手続きをしたのが2月27日。その日は土曜日だったので、集荷があるポストかどうか確認してから投函した次第。2月末日が締切でしたが、普通に配達されれば29日月曜日に大学に着くはずなので、ギリギリセーフ。今年が閏年で良かった。何よりも、記事を書いて下さった方に感謝、感謝です。

来年度からいくつか制限がなくなって、今より履修がしやすくなるみたいですね。学生がより学びやすい環境となる制度変更は大歓迎!追加配本のテキストが届くのが楽しみですnotes

2016-03-09

アバウトな履修計画 ―学びの軌跡あれこれ

履修を進めるにあたって、ついぞきちんとした長期計画を立てずにここまできてしまいましたが、一応、なんとなくアバウトな、ゆる〜い履修計画は持っていました。それは、

英語 → 西洋史 → 論理学 →  社会学・哲学・倫理学・美学

の順で履修すること。もちろん実際は平行して履修していたり、前後していたりしますが、ベースにあったのはこの順序です。

もともと「西洋思想を学びたいな〜」と思って慶應通信に入学したので、哲学・社会学系の先人の思想を学ぶことが目的でした。

しかし、私の場合、その前に「何はともあれ、歴史から!」だったのです。なぜなら、世界史が全く頭に入っていなかったからsweat01

pansies

ある時代の思想を理解するためには、その時代とそれまでの歴史的背景を把握しておく必要があると思ったので、まずは西洋史関係の科目と必修外国語である「英語」の履修からスタートすることに。続いて、哲学を学ぶための前提知識である「論理学」をクリアすることを目標にしました。

その後ようやく、西洋思想の扉を叩いて、社会学系からはじめて・哲学・倫理学・美学系へと広げていきました。西洋思想のお勉強でちょっと煮詰まったり、重ための科目が続いたときには、選択科目の履修を入れるようにして、気分転換を図ったり。

結果、先日の「西洋哲学史II」の合格をもって、履修したいと思っていた科目の単位は全て修得することができ、私のアバウトな履修計画は4年がかりで達成しました。一歩、頂上に近づいた気がしますnotes

けれど、まだあと9単位残っています。科目は自由に選べますが、テキスト科目が1単位足りないので、テキスト科目を一つ、残りはEスクと夏スクで履修予定です。手元には来年度の在籍シールが届いていて、気分はもう2016年度ですhappy01

2016-03-07

たかが群、されど群 ―学びの軌跡あれこれ

今年度の単位修得が思うようにいかなかったのは、プライベートな事情もあることはあるのですが、科目群を考慮した履修計画をきちんと立てていなかったことも一因でした。気がつけば「西洋哲学史II」「近代日本と福澤諭吉」「近代ドイツ小説」がすべてF群sweat01

Eスクの試験ははずせないので、「西洋哲学史II」を7月に再チャレンジすることができず、従って「近代ドイツ小説」もなかなか受験できないという玉突き状態に。10月土曜日の試験は受けられないと分かっていたんだから、8月に仕上げるべきレポはDEF群以外の科目だったと今なら思います。(遅いっ!)

一応、次のような表を使って群の管理はしていたのですが、計画表というより実績表でした。試験が終わった後に「次の3ヶ月は何をしようかな〜notes」と次回受験する科目の群が重なっていないかをチェックしていただだけ。そのとき、そのときの気分で次の科目を選び、長期計画という言葉とは無縁だったワタクシcoldsweats01

learning plan

結果、2013年度はC群集中、2014年度はB群集中、2015年度はD群・F群集中というあり様sweat01 2013年・14年も試験でDeluxeを取っていたら、かなり悲惨なことになっていたと思われます。しかし一方で、その時興味を持った科目、やってみたいと思った科目を学ぶことはとても楽しくて、モチベーションキープにはもってこいだったとも思います。

また、レポのDeluxeも試験のDeluxeも、履修計画がずれ込むという点からすると嫌なものですが、こうして時間がたてばたつほど Deluxeだった科目たちの方が印象に残っていると実感します。多分、何度もテキストや文献に向き合った科目は、1回で合格した科目よりも理解が深まり、心に刻まれるからでしょうconfident

来年度はDeluxeを頂いても、群が重なって計画がずれるということはないと思うので、残っている科目の中で一番興味のある科目を履修する予定です。

2016-03-05

Deluxeだった科目たち ―学びの軌跡あれこれ

卒論以外の単位があと9単位になり、科目履修が終盤にさしかかってきたところで、入学してからこれまでの軌跡をざっとふり返ってみたいと思います。まずは履修実績から。慶應通信公式HPの履修モデルケースに倣ってみました。


授業形態科目名修得月単位数
認定単位18
2012年度
テキスト 英語I 7月 2
英語II 7月 2
歴史(西洋史) 7月 2
英語VII 10月 2
西洋史概説I 1月 2
スクーリング 歴史(東洋史) 夏期 2
社会科学概論 夏期 2
1年目合計 7科目14
2013年度
テキスト 論理学(A) 6月 4
社会学 7月 4
史学概論 8月 2
論理学(L) 10月 2
社会学史II 1月 2
科学哲学 1月 4
スクーリング 自然科学概論 Eスク 2
西洋史概説 Eスク 2
英語(リーディング) 夏期 1
英語(ライティング) 夏期 1
哲学 夜間 2
2年目合計 11科目26
2014年度
テキスト 社会学史I 4月 2
ロシア文学 4月 2
西洋史概説II 5月 2
都市社会学(L) 7月 2
オリエント考古学 7月 2
西洋史特殊I 10月 2
倫理学 1月 2
西洋哲学史I 1月 4
スクーリング 英語学 Eスク 2
倫理学(専門) 夏期 2
ドイツ語学文学 夏期 2
哲学史 夏期 2
美学 夜間 2
総合講座(文学部) 夜間 2
3年目合計 14科目30
2015年度
テキスト 近代ドイツ演劇 4月 2
現代倫理学の諸問題 7月 4
西洋哲学史II 1月 3
スクーリング 近代日本と福澤諭吉 Eスク 2
ドイツ語学文学 夏期 2
哲学史 夏期 2
自然科学特論A 夜間 2
近代思想史 夜間 2
4年目合計 8科目19
総合計 40科目107

「論理学(A)」「史学概論」「西洋史概説II」の取得月が科目試験の月と異なっているのは、もちろんレポートがDeluxeのDだったからsweat01

不合格で戻ってきたレポートは4科目。「史学概論」が再々レポ、「論理学(A)」と「西洋史概説II」が再レポです。「近代ドイツ小説」は本来ならば再レポ執筆中のはずなのですが、思うところがあって履修計画から外しました。

「史学概論」は2012年10月、「西洋史概説II」は2013年10月の試験で合格していましたが、レポ合格までに前者は10ヶ月、後者は7ヶ月もかかってしまいました。2年連続で10月に受験した科目の履修が翌年度にずれ込んだので、第III回科目試験のレポは不合格というジンクスがついてまわっているかと思ったほどhappy02

一方、「論理学(A)」は2013年4月に試験を受けたのですが、すぐに再レポを提出したことが幸いして、6月には単位が確定しました。初回レポ完成までは長い時間を要したものの、先の二科目と違って再レポが長引くことがなかったので、案外ストレスはなかったです。「再レポを早めに提出すべし!」という声が聞こえそうですが、迷宮に入り込んでしまったらなかなかねcoldsweats01

試験が不合格だった科目は「西洋哲学史II」。2015年4月に初めて黒星がつきました。試験がDeluxeだと履修計画が狂ってしまうことは頭では分かっていたのですが、今年度はそのことをまざまざと実感させられましたbearing

長くなってしまったので、この先は別記事で。 続きます…sign05

2016-03-04

卒業論文題名と学位名称

今日は朝から出かけていたのですが、嬉しいことに外は春のぽかぽか陽気sun 「桃が似合う季節になったな〜」なんて思いつつ歩いていたら、ほころびかけた薄桜色の花が目に飛び込んできました。一瞬桜と間違えそうになりましたが、さすがに桜の開花には早いので桃の花かと。うちの近くではまだこんなに咲いていないので、目の保養、心の保養になりました。

しかし、ぽかぽか陽気は目と心の保養だけでなく花粉も大量に運んできているようで、かなり悲惨な状態で家に戻ってきたワタクシ。今だに目も鼻も辛くて、今夜は眠れないかも〜weep

さて、先輩のみなさまが記されているとおり、卒論指導を申し込んだ2、3日後には、私が調査票に記した卒論のタイトルがkcc channelの卒業論文題名の欄に反映されていました。

peach_tree

そして本日、久しぶりにkcc channelを覗いて見ると、学位の欄に学位名称が追記されていました。いつ記載されたのかは定かではありませんが、とりあえずこのテーマで受理されたと理解していいんですよ・・・ね・・・?

学位欄のすぐ下、卒業論文指導登録の欄には「済(2014年2月4日)」と記されています。(遠い目・・・(゚ー゚) 登録してから初回の指導申し込みをするまで丸2年かかっている人なんて、きっと私くらいだわ〜sweat01 

卒業予定申告の欄には、「未」という一文字が。ここにも2年後の年月日が表示された、なんてことにはならないように一気に書き進められるといいなconfident な〜んて、今はまだ文献や論文を読んでいるだけのインプットの時期なので、こんなお気楽なことを言ってられるのよね。けれど、すぐに産みの苦しみがやって来るわけだから、せめてしばらくの間は楽しい思いに浸らせておいて下さいませconfident

2016-03-03

成績証明書到着

気がつけばすでに3月。子どもが通う小学校では「卒業を祝う会」が催され、まだ卒業式前なのにはやくも巣立ちの季節であることを実感しています。生徒たちが織りなす心に残る出来事のショートドラマやスライドショ―を見ているうちに胸が熱くなり、クラス合唱の歌声や感謝の言葉を聴くころには、もう涙腺が・・・weep

感極まったまま帰宅すると、先日お願いしていた成績証明書が大学から届いていました。中身を確認するとペンマークの透かしが入った淡萌黄色の紙に、各科目の詳細、そして、総合教育科目合計 48単位、専門教育科目合計 59単位、修得単位総合計107単位という数字が記されていました。

さらに、事務局で確認して下さった分野 & 授業形態ごとに集計された単位表(こちらは普通の白い紙)も入っていて、集計表の下には、総合教育科目とスクーリング所要単位は充足していること、専門教育科目はテキスト科目1単位以上を含む9単位を修得すれば、卒業論文以外の卒業所要単位を充足する旨が書かれていました。私の計算どおりだったので一安心ですconfident

seiseki-shoumeisho

ただ、類の集計が私の計算と合っていなかったsweat02 犯人は「総合講座」の4単位と判明。2014年の夜スク「総合講座」と2015年のEスク「近代日本と福澤諭吉」の計4単位を私は選択科目で集計していたのですが、成績証明書は必修科目(私の場合は一類)で集計されています。

総合講座の単位の取り扱いについて、塾生ガイドや2016年度のEスク案内で確認しようと試みたのですが、該当頁が探せず断念sweat01 けれど大学が発行した公式書類がそうなっているんだから、「総合講座」は必修科目で計算されるということですね。もうすぐ5年目になろうとしているのに、まだ知らないことがあるなんてhappy02  ということで、左サイドバーの単位表も修正しました。

2015年度は8科目19単位(うちスクーリング4科目、8単位)を修得。試験を3回しか受けていないこともあって、初年度と同じくらいのペースに落ち着きました。来年度は残りの単位を修得しつつ卒論に向かうことになります。ただ、二つのことを平行して行うのは苦手なので、早めに9単位を修得したいな〜と思っています!

しかしこうやって成績証明書を眺めてみると、苦手な二類で成績が芳しくないのは致し方ないとしても、一類の、しかも専攻分野である哲学・倫理学の成績が思わしくないのが、ちょっと気になる。卒論大丈夫かしらcoldsweats01

2016-03-01

2015 第IV回科目試験結果

1月の科目試験は「西洋哲学史II」を申し込んでいましたが、受けられない可能性が大でした。しかし、幸運にもこの土日だけスケジュールがぽっかり空いて、本来ならハイな気分になってもおかしくないのに、実はギリギリまで受けるかどうか迷っていたワタクシcoldsweats01 

受験できないと思っていたので試験勉強をほとんどしていないし、他にもいろいろあって、試験に対する気力がゼロでしたbearing けれど、受けられるときに受けておかないと後で後悔するような気もして、なんだかぼ〜とした感覚のまま臨んだ試験でした。

前回の失敗を繰り返さないように、20行以上書くことだけは心に留めて鉛筆を走らせましたが、持ち込んだ文献をチェックしつつ、一時間以内に20行以上の解答を二つもすることは私には無理sweat01 前回同様、2問目は書きたいことを全て書けずに終了となってしまいましたweep 持ち込み可だと、ついあれもこれも入れたくなってしまって。

自分としては尻切れトンボ状態の解答だったので、今回もダメだろうと思っていたのですが、予想に反して

      西洋哲学史II    3単位  A

という結果でしたshine これにはほんとびっくりeye

試験が終わった日にすぐやったことは、昔のように過去問や自分で立てたトピックスに対する解答作成です。入学して2年ほどはこのやり方で試験勉強をしていたのですが、その後やめてしまいました。というのも合格レベルにあるかどうか分からない解答を時間をかけて作って覚えるよりも、合格レベルにある(笑)テキストや参考文献の読み込みに時間を費やした方が合理的だと思ったから。

試験のときはキーワードを落とさないように、その場で文章にしていく必要がありますが、この方法でこれまで上手くいってたんですね。しかし、「西洋哲学史II」は参考文献をパラパラめくりつつ、その場で構成を考えながら書いていたのでは間に合わないsweat01 事前に解答を作っておかなきゃ無理だと思い直して、4月の科目試験に向けて少しずつ作成していた矢先に届いた試験結果でした。

自分の感触とは異なる結果だったというのはままあることかもしれませんが、狐につままれたような感じでの単位修得となりました。試験はやりきった感なく終わってしまいましたが、1年近く学んだ「西洋哲学史II」の3単位にはいろんな思いが詰まっていて、「現代倫理学の諸問題」とともに忘れられない科目。まだまだじっくり学びだい分野です。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

記事検索

無料ブログはココログ