スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« Deluxeだった科目たち ―学びの軌跡あれこれ | トップページ | アバウトな履修計画 ―学びの軌跡あれこれ »

2016-03-07

たかが群、されど群 ―学びの軌跡あれこれ

今年度の単位修得が思うようにいかなかったのは、プライベートな事情もあることはあるのですが、科目群を考慮した履修計画をきちんと立てていなかったことも一因でした。気がつけば「西洋哲学史II」「近代日本と福澤諭吉」「近代ドイツ小説」がすべてF群sweat01

Eスクの試験ははずせないので、「西洋哲学史II」を7月に再チャレンジすることができず、従って「近代ドイツ小説」もなかなか受験できないという玉突き状態に。10月土曜日の試験は受けられないと分かっていたんだから、8月に仕上げるべきレポはDEF群以外の科目だったと今なら思います。(遅いっ!)

一応、次のような表を使って群の管理はしていたのですが、計画表というより実績表でした。試験が終わった後に「次の3ヶ月は何をしようかな〜notes」と次回受験する科目の群が重なっていないかをチェックしていただだけ。そのとき、そのときの気分で次の科目を選び、長期計画という言葉とは無縁だったワタクシcoldsweats01

learning plan

結果、2013年度はC群集中、2014年度はB群集中、2015年度はD群・F群集中というあり様sweat01 2013年・14年も試験でDeluxeを取っていたら、かなり悲惨なことになっていたと思われます。しかし一方で、その時興味を持った科目、やってみたいと思った科目を学ぶことはとても楽しくて、モチベーションキープにはもってこいだったとも思います。

また、レポのDeluxeも試験のDeluxeも、履修計画がずれ込むという点からすると嫌なものですが、こうして時間がたてばたつほど Deluxeだった科目たちの方が印象に残っていると実感します。多分、何度もテキストや文献に向き合った科目は、1回で合格した科目よりも理解が深まり、心に刻まれるからでしょうconfident

来年度はDeluxeを頂いても、群が重なって計画がずれるということはないと思うので、残っている科目の中で一番興味のある科目を履修する予定です。

« Deluxeだった科目たち ―学びの軌跡あれこれ | トップページ | アバウトな履修計画 ―学びの軌跡あれこれ »

履修計画・実績」カテゴリの記事

コメント

こちらの群の管理をされているエクセルがわかりやすかったので、少し改造して使用させていただければと思います。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Deluxeだった科目たち ―学びの軌跡あれこれ | トップページ | アバウトな履修計画 ―学びの軌跡あれこれ »

記事検索

無料ブログはココログ