スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 卒業論文指導申し込みと成績証明書発行依頼 | トップページ | 成績証明書到着 »

2016-03-01

2015 第IV回科目試験結果

1月の科目試験は「西洋哲学史II」を申し込んでいましたが、受けられない可能性が大でした。しかし、幸運にもこの土日だけスケジュールがぽっかり空いて、本来ならハイな気分になってもおかしくないのに、実はギリギリまで受けるかどうか迷っていたワタクシcoldsweats01 

受験できないと思っていたので試験勉強をほとんどしていないし、他にもいろいろあって、試験に対する気力がゼロでしたbearing けれど、受けられるときに受けておかないと後で後悔するような気もして、なんだかぼ〜とした感覚のまま臨んだ試験でした。

前回の失敗を繰り返さないように、20行以上書くことだけは心に留めて鉛筆を走らせましたが、持ち込んだ文献をチェックしつつ、一時間以内に20行以上の解答を二つもすることは私には無理sweat01 前回同様、2問目は書きたいことを全て書けずに終了となってしまいましたweep 持ち込み可だと、ついあれもこれも入れたくなってしまって。

自分としては尻切れトンボ状態の解答だったので、今回もダメだろうと思っていたのですが、予想に反して

      西洋哲学史II    3単位  A

という結果でしたshine これにはほんとびっくりeye

試験が終わった日にすぐやったことは、昔のように過去問や自分で立てたトピックスに対する解答作成です。入学して2年ほどはこのやり方で試験勉強をしていたのですが、その後やめてしまいました。というのも合格レベルにあるかどうか分からない解答を時間をかけて作って覚えるよりも、合格レベルにある(笑)テキストや参考文献の読み込みに時間を費やした方が合理的だと思ったから。

試験のときはキーワードを落とさないように、その場で文章にしていく必要がありますが、この方法でこれまで上手くいってたんですね。しかし、「西洋哲学史II」は参考文献をパラパラめくりつつ、その場で構成を考えながら書いていたのでは間に合わないsweat01 事前に解答を作っておかなきゃ無理だと思い直して、4月の科目試験に向けて少しずつ作成していた矢先に届いた試験結果でした。

自分の感触とは異なる結果だったというのはままあることかもしれませんが、狐につままれたような感じでの単位修得となりました。試験はやりきった感なく終わってしまいましたが、1年近く学んだ「西洋哲学史II」の3単位にはいろんな思いが詰まっていて、「現代倫理学の諸問題」とともに忘れられない科目。まだまだじっくり学びだい分野です。

« 卒業論文指導申し込みと成績証明書発行依頼 | トップページ | 成績証明書到着 »

1類: 西洋哲学史II」カテゴリの記事

コメント

Uikaさん、こんにちは。
西洋哲学史Ⅱという横綱科目での、堂々のA合格、さすがです。おめでとうございます。

私もいつかは西洋哲学史Ⅱを…と思いつつ、いつかは、なんて言ってられない在籍年数になってきました。そろそろ重い腰をあげなきゃなあとは思っていますが、なんだか難しそうで、ハードルが高いです。興味はあるのですが!!

試験を申し込んでも受けられるのか分からず、気力がわかない、というの、すごく分かります!私も今回、英語音声学を申し込んではいたものの、その日は家族がいないため、試験に行ける可能性はなく、テキストも半分までしか読んでいませんでした。が、3日前くらいになって、行けることになり、でも、こんな少ない日数で準備なんて出来ない…と後ろ向きな気持ちもありましたが、でも受験できる時にしないと後悔するかも、とUikaさんと同じことを思い、3日間勉強しまくって、なんとか受験してきました。

通信を続けるにあたって、試験を受け続ける、というのがこんなにも難しいことだと改めて実感しているところです。

coraraさん

coraraさんこそ「英語音声学」 たった3日間の集中勉強で A合格なんて、
すごいですshine 私は1年がかりですからcoldsweats01 

1年かけて学んでも、まだほんの入り口をウロウロしている感じですが、
文献も目移りするくらい沢山あるので、飽きないです。
coraraさんが「西洋哲学史II」の扉を開けられるのを楽しみにしています。

ところで、受けられるかどうか分からない試験のときに、
モチベーションが下がるの、私だけじゃないってわかって安心しましたhappy01

日程だけは自分の裁量でコントロールできないんだから仕方がないと
分かっていても、やっぱりテンション下がってしまいますよねcoldsweats01
でも、今回のようなこともあるので、たとえ気持ちが乗らなくても、
受けられるときには受けておいた方がいいですねwink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 卒業論文指導申し込みと成績証明書発行依頼 | トップページ | 成績証明書到着 »

記事検索

無料ブログはココログ