スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

夜スク2015

2016-02-28

2015 夜スク 近代思想史

水曜日の夜スクは「近代思想史」。「労働」と「ユートピア」を切り口に近代の特性を考察する講義でした。夏スクの「哲学史」と限りなく近いテーマでしたが、夏スクは「ユートピア」に、夜スクは「労働」に重きが置かれていた感じです。

近代思想史ですが近代を知るには古代を知らねばということで、お約束のプラトン、アリストテレスを学んでから、ウェ―バー、ロック、スミス、ルソー、ヒューム、ヘーゲル、モア、フーリエ、アーレント、フーコー、ドゥルーズ、ガタリと近代を代表するそうそうたる思想家の考えを学びました。

この講義は入学以来夜スクのみで行われていて、実はずっ〜と履修したいと思っていました。しかし、数年前の講義要項には読んでおくべき古典として、先の方々の著書がずらりと列記してあったので、まずはこれらを読んでからじゃないと入学した年に受講した「社会科学概論」の二の舞いになると思い、2013年は見送りました。2014年は日程が合わず泣く泣くまたもや見送り。2015年に両条件がクリアでき、ようやく受講にこぎつけました。

2年待った講義ということで思い入れもひとしおでしたが、近代という時代がこれまでとどのように違っているのか、近代とは一体どういう時代だったのかを考えるヒントを沢山頂いた講義でした。今まで学んできたことがいろいろと繋がって楽しいものでしたが、一方で、短期間にこれだけの思想家の考えを学ぶので、前提知識がないと厳しい講義だったとも思います。

総合科目なので入学後まもない方も結構いらっしゃったようで、現にコメントペーパーで「難しい」といった意見があリました。その気持ちよ〜く、よ〜く分かります。3年前の「社会科学概論」を受講した時の私そのものなのでcoldsweats01 でも先にも述べた通りそのうち繋がっていくんですよね。それを実感することが学ぶことの醍醐味なのかもしれませんconfident

夜スクは今年度で最後となります。子どもの送り迎えの関係で、悲しいかな毎回授業開始直前に入室し、終了した途端、真っ先に教室を出るというバタバタ生徒だったワタクシsweat01 講義終了後に質問に行く時間を持つというのは叶わぬ夢でしたが、夜スクが受講できる最後の年に「近代思想史」を履修することができて本当に良かったです。

2016-02-27

2015 夜スク 自然科学特論A

火曜日の夜スクは「自然科学特論A」。気質と性格の実証データから個性を研究するというパーソナリティに特化した心理学の講義でした。スクーリング開始すぐに先生が、「学生時代にみなさん習ったと思いますが、連立方程式を解く問題を必ず試験に出しますので、復習しておいて下さい」とおっしゃったのです。「あ〜、この講義履修したの、まずかったかも〜bearing」と思ってしまった若干ブルーな出会いでした。

しかし、今はこの講義を受講して本当によかったと思っています。心理学の講義や講演は、学生時代や社会人になってからも聴講する機会があったのですが、今回のような内容のお話を聴くのは初めてで、すごく為になりました。講義は個性の研究、精神疾患、犯罪、行動遺伝学など多岐に渡りましたが、特にクロニンジャ―理論を学べたのは大きな収穫でした。

試験は穴埋め問題と予告通り連立方程式を使う計算問題が数問。記述式の試験に慣れてしまうと、穴埋め問題の方が慌ててしまいますsweat01 膨大な講義内容であればあるほど、頭の中から適語を抽出するのが大変なわけで、初っ端の問題の解答がすぐに思い浮かばず、一瞬焦ってしまいました。そういえば、「自然科学概論」のときも同じような感じだった記憶がcoldsweats01

連立方程式は行動遺伝学の分野で登場するファルコナーの公式で使用するのですが、この公式を使うと遺伝と環境(家庭環境・家庭外の環境)が個人の特性にそれぞれどれくらいの割合で影響を及ぼすのかが分かるのです。この公式からはじき出された数値は、今まで自分が信じていたことと全く異なるものだったので、ショックに近い驚きといったらちょっと大げさですが、でも講義を受けた、特に子どもを持つ方々は同じような感想を抱いたのではないかと思います。

とにかく興味深い研究で、親が子どもにしてあげられることは何か、ということを学べた講義でもありました。クロニンジャ―理論は今後も研究が進んでいくので、書籍などをウォッチしておこうと思います。

2016-02-26

2015 夜スク 結果

昨年度に引き続き、2015年度の夜スクもタイトなスケジュールになるのを覚悟で、「現代思想史」と「自然科学特論A」の二科目を受講しました。

夜、週二回通学するのは体力的にも、スケジュール的にもキツかったのですが、一回お休みをしただけで、あとは全て受講することができました。

それぞれの講義についてはまた追って記事にするとして、まずは2月初旬に届いた結果から。

      近代思想史    2単位  A
      自然科学特論A    2単位  A

という嬉しい評価で 4単位修得することができましたshine この4単位をもって総合教育科目の卒業所要単位である48単位に到達!しかも信じられないことに、三分野科目はオールAで終わることができました。自分で自分に「よく頑張った!」って言いたいと思いますhappy01

しかし、4年目にしてまだ総合科目の単位を充足していなかったワタクシsweat01 これで来年度からは専門科目と卒論に集中できます。

記事検索

無料ブログはココログ