スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

夏スク2015

2016-02-24

2015 夏スク 結果

「近代ドイツ小説」のレポートに続き、夏スクの結果も9月末に届きました。

      哲学史    2単位  A
      ドイツ語学文学    2単位  A

という結果で、無事4単位修得ですshine

暑かった日吉、そして、幾分涼しくなった三田での、それぞれの6日間が鮮やかに蘇ってきます。よく考えてみると、2014年もこの二科目を受講したのでした。前回の「哲学史」の評価はBだっただけに、今回のAは素直に嬉しいです。

奇しくも「哲学史」でお話頂いた「ユートピアと労働」というテーマは、夜スクに引き継がれる形になり、「夏スクで学んでおいてよかった〜notes」と秋の夜長にしばしば思うことになるのでした。

2015-08-27

2015夏スク 哲学史

今年の「哲学史」のテーマは「ユートピア!」 ユートピアの語源はラテン語で、「無い場所」と「良い場所」という両方の意味を持つ言葉からきており、そこから、「どこにもない、理想の場所」「Any where out of the world」という意味を含んでいる言葉です。また不思議なことにユートピアを突き詰めていくと、デストピアになってしまうという、パラドクスが含まれています。

プラトンのユートピア思想から始まり、ユートピアという語の生みの親であるトマス・モアを経て、イタリア、フランス、ドイツ、アイルランドの思想家たちが思い描いたユートピアに思いを巡らせる、そんな講義でした。歴代の哲学者・思想家が理想とする社会は、私たちが持っている価値観とは全く異なるもので、驚きと同時に、けれどもよくよく考えてみると、うなずけるものも少なくなく、とても興味深かったですhappy01

一方、理想ではなく実際に実現したユートピアとして、「ソヴェト連邦」や「第三帝国」、「大東亜共栄圏」についての話があり、特に、健康なアーリア人にとってのユートピア、日本人にとってのユートピアを目指した時代の話はいろいろと考えさせられました。そして、それらと対置するように、リチャード・ローティの描いた「世界連邦的なグローバルなユートピア共和国構想」についての話で幕を閉じた夏スクでありました。

Mita campus

試験はユートピア作品の中から一つ選んで、あるテーマについて「論証しなさい」というもの。事前にテーマが開示され、先生から論証とは自分の主張を理路整然と筋道を立てて記すこと、きっちりと理由・論拠を示すこと、というアドバイスがあったので、その点を踏まえて前日に準備をして臨むことができたので、助かりました。

そして今、講義で取り上げられ、とても気になっていたウィリアム・モリスの『ユートピアだより』を読んでいます。ユートピア作品の共通点として、労働のあり方に着目するという特徴があるのですが、読みすすめれば読みすすめるほど、初期の社会主義者たちが描いていた理想の社会は、労働が自分の能力を生かせる創造的で楽しいもの、そして、労働がなによりも尊敬される社会であったのではないか、と思わずにいられません。

去りゆく夏、モリスの思想にどっぷり浸りますconfident

 

2015-08-26

2015夏スク ドイツ語学文学

気がつけば処暑も過ぎて厳しい暑さも峠を越し、朝夕は心地いい風が吹きはじめました。この夏は本当に慌ただしくて、朝と夕方の二回お弁当を作って子どもに届ける合間に、大学へ通うという日が幾日かあり、分刻みのスケジュールでした。しかし、これだけ動いたら少しは痩せるはずなのに、太ってしまったのは何故でしょう(涙)

今年の夏スクは猛暑のI期に「ドイツ語学文学」を、そして、幾分涼しくなったIII期に「哲学史」を受講。昨年と全く同じ科目の受講でしたが、内容は全く違っていて、両講義とも新鮮な気持ちで、新しいことを沢山吸収することができた、充実した講義でした。

「ドイツ語学文学」は主に18世紀の作品についての講義でしたが、近代ドイツの歴史と哲学史を紐解きながら、ドイツが置かれていた社会状況を概観することにかなりの時間が費やされました。「西洋史概説II」のときの勉強だけでは知り得なかったことを教えていただき、いろいろ考えさせられるとともに、作品を理解するためには、歴史とその時代の思想を知っていることが前提だということを実感しました。

Hiyoshi campus

ドイツ文学の潮流については、「近代ドイツ演劇」でひと通り勉強していたのと、バウムガルテンや悲劇の構造については、昨年の夜スク「美学」で学んだこととも重なっていたので、先生のお話がすっと頭に入ってきて、深く学ぶことができ、とても楽しかったす。一方、ヴォルフやヴィンケルマンとは新しい出会いだったので、とても新鮮でしたhappy01

とにかく盛りだくさんな内容の講義で、話のスピードにノートが追いつかず、手が腱鞘炎になるかと思ったほど。試験も60分で4問も答えなくてはならず、大忙し。「はい、終了」と同時に書き上がり、見直す時間がゼロだったので誤字脱字が沢山ありそうですが、書きたいことは全て書けたのでよしとします。

心残りだったのは、時間が足りず、ゲーテとシラーが駆け足で、用意されていた内容を全てお話いただくことが叶わなかったこと。先生は「いつかまたの機会に」とおっしゃっていましたが、あと一日あったらなぁと思わずにはいられませんでした。今、パラパラとノートを見返すと、字がかなり乱れていますが、宝物になりそうですshine

記事検索

無料ブログはココログ