スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

科目試験2015

2015-08-28

2015 第II回科目試験&Eスク結果

7月の科目試験の結果とEスクの成績通知が届きました。夏スクが終わりほっとしているひとときにやってくる、恒例の白地に水色の封筒をそれぞれ開封すると、

      現代倫理学の諸問題    4単位  A
      近代日本と福澤諭吉15    2単位  A

という予想に反して、2科目合格shineという結果でした。

まずはチャンスがたった一度きりの「近代日本と福澤諭吉」が合格だったのを確認して、ほっと胸をなでおろし、次に絶対に不合格だと思っていた 「現代倫理学の諸問題」にAという文字が刻まれていたので、今度は思わず自分の目を疑ってしまいましたeye

もうすでにどんな解答を書いたのか自分でも思い出せないのですが、テキストの内容が思い出せず、仕方なく自分の考えを書いてその場を凌いだ記憶がsweat01 自分では意識していなくても、テキストの内容に沿ったことがちゃんと記憶されていて、それを無意識に引き出せた、ということなのかしら?

狐につままれた感は拭えませんが、6単位ゲットですnotes しかも、この「現代倫理学の諸問題」の4単位修得で、文学部の卒業要件である専攻の類で28単位という条件もクリアと相成りました。わ〜いhappy01 ここは素直に喜んで、次の科目へ向かいます!と言いたいところですが、その前に、「西洋哲学史II」にも向かわなきゃいけないワタクシなのでしたcoldsweats01

2015-07-06

2015 第II回科目試験終了

小雨がぱらつく日曜日、7月度の科目試験を受けてきました。今回はEスク「近代日本と福澤諭吉」と「現代倫理学の諸問題」の二科目でしたが、思うように時間が取れず、「試験勉強しました!」と言えるのは、1度しかチャンスのないEスクのみcoldsweats01「現代倫理学の諸問題」はレポに取り組んでいる頃にテキストを一巡しただけで、あとは前日の夜にパラパラ見た程度。とても一夜漬けで理解できる内容と量ではなく、受験をやめようかと思ったほどです。

しかし、時間がとれないなんて言いながら、試験勉強そっちのけで、前日の4日は慶應 文学部125年記念事業の公開講座にちゃっかり行ったりして、自業自得ですね(笑)でも、試験は再びチャンスはありますが、講演は一度きりなのでnotesと言い訳をしてみたり。

さて試験ですが、Eスク「近代日本と福澤諭吉」は講義に沿ったテキストが用意されていることもあり、これまで受講したEスクの中で一番試験勉強がしやすかったです。また、試験も5問中2問を答える形式なので、自分の好きな分野を選べることもあり、時間いっぱい使って、それぞれの解答用紙の表いっぱいに書いてきました。

「現代倫理学の諸問題」も2問答えるのですが、1問目は「あぁ、これテキストに書いてあったな〜」とは思ったものの、その核心部分はついに思い出せず(涙)、2問目は「え〜と、こんなこと書いてあったっけな〜」というありさまsweat01

仕方がないので、自分の考えを書いてきましたhappy02 秋に再チャレンジと言いたいところですが、群の関係で冬になってしまいます。しかし、1月の試験は受験できない可能性が大なので、春になってしまうかな〜。でもそれだけ時間があったらテキスト2、3回は読めそうなので、気持ち新たに再チャレンジします!

2015-05-23

2015 第I回科目試験結果

夕方、外出先から戻るとポストに恒例の「白 x 水色」の封筒が届いていました。結果はご覧のとおり一勝一敗で、2単位のみの習得することができました。

      近代ドイツ演劇    2単位  A
      西洋哲学史II    3単位  D

「西洋哲学史II」は解答条件を満たしていないので、Dは納得です。私の思い違いをさりげなくコメントで教えてくださった方がいて(ありがとうございますnotes)、20行以上という条件を20行程度と読み誤っていたことに気づいたその時から、いや〜な予感はしていましたsweat02

1問目の解答を19行しか書かなかったワタクシ。でも多分そんな瑣末なことではなく、中身もNGなのでしょう。特に2問目の解答は、論理的という言葉にはほど遠い、支離滅裂な文章だったのでcoldsweats01

次回リベンジと言いたいところですが、残念ながらEスクの「近代日本と福澤諭吉」が同じF群で、受験叶わず。さらに10月は「近代ドイツ小説」を受験する予定にしていたのですが、なんと、これもF群。

shinryoku

ここにきてF群集中豪雨に立ち往生するはめになってしまいました。昨年はB群集中豪雨に見舞われながらも、なんとか凌いできたので、群のことをあまり考えていなかったワタクシcoldsweats01 「もうちょっと群を考慮して、履修計画を立てるべきだったわ〜」と嘆いてもあとの祭りです。

でも考えようによっては、「西洋哲学史II」は卒論に関係する科目なので、じっくり学べることはありがたいことと言えるかも。今年度いっぱいかけて学ぶつもりで、じっくり取り組みたいと思います。

2015-04-13

2015 第I回科目試験終了

今年度最初の試験は、山の手線が動いていないというハプニングからスタートbearing いつやって来るか分からない電車を待っている余裕のない私は、仕方なくタクシーを飛ばして、なんとか1限目が始まる10分前に教室に入ることができました。

ギリギリ間に合いほっとしたものの、このドタバタで昨夜必死でおさらいした「近代ドイツ演劇」の作家や作品名がどこかへ吹っ飛んでいってしまったと感じたほど、試験を受ける前から疲れました〜sad

実際ふっとんでしまった作家も数名いましたがcoldsweats01  幸いなことに2問とも頭の片隅に記憶を留めている設問だったので、なんとか解答を書くことができました。奮発してタクシーを使った甲斐があったと思うことにします。

「西洋哲学史II」は3問中2問を答える問題。4つほどの指定語を必ず使用して説明せよという設問があり、「嫌いなパターンだわ〜」と思いながら渋々取りかかると、わりと上手く全ての言葉が収まり、しかも条件の20行ほどで書き終えることができた1問目でした。が・・・

「順調な滑り出しnotes」と思ったのも束の間、次の設問を書き始めるととても20行では収まらず、かなりオーバーした上、読み返してみると何が言いたいのか、自分でも分かったような、分からないような、簡潔というには程遠い解答になってしまいましたsweat01 もちろん書き直す時間は全くなく、「せめてあと10分あったらな〜」と思いながら泣く泣く提出するはめに。

実は何を隠そうこれも、カント様の問題。う〜、くやしいなぁ。カントに嫌われてる私?でも、気を取り直して次に進むことにしますhappy01


Onpub

追記 

どうやら、ワタクシ問題の条件を読み間違っていたようです(涙) 「20行程度」ではなく、「20行以上」記入というのが条件だったようで、20行をオーバーするのは全く問題ないようです。ということは、1問目もまずいかも〜 ひぇ〜sweat01

記事検索

無料ブログはココログ