スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015-08-31

「現代倫理学の諸問題」レポート返却

すっかり記事にするのを忘れていて、今さらではありますが、7月中頃に戻ってきていた「現代倫理学の諸問題」のレポートについて振り返っておきます。 課題はテキストの一節を要約した上で、その内容について批判的に吟味するか、テキストが主張する内容を踏まえた上で、関心を持っている今日的な問題について論じるかのどちらかを選択するというもの。私は後者を選択。

選択したテーマは卒論にも絡みそうだったため、参考文献にも丁寧に目を通し、テキストのまとめも、今日的問題の考察についてもしっかり取り組んだつもりでした。(他の科目に比べて。当社比smile) だから、コメント欄を見るのが怖い反面、楽しみでもありました。

どんなコメントかワクワクしながら封を開けて講評欄を見ると、久方ぶりにコメント欄から溢れてアドバイスがぎっしり書かれてあり、合格shineの喜びも2倍でテンションアップup しかしながら、書かれてあった内容は論理展開の矛盾をズバリ指摘したものでしたhappy02

簡単に言うと、私が出した「従って、Aという事象はBであるすべてのCがDである。」という結論に対して、「BはAがDになることの必要条件でしかないので、『従って』の前後がつながらない。」という鋭いご指摘でした。よく考えてみればおっしゃる通りで、反例が出ることは明らか。どうして、気づかなかったのかcoldsweats01  「十分条件 →(ならば) 必要条件」はトートロジーであるけれど、その逆は必ずしもトートロジーにはならないということを、「論理学」を履修して学んでいたはずだったのにsweat01

その昔、矢野茂樹さんの『論理トレーニング101題』で、それらしく書かれている文章が論理的かどうかを見極める頭の体操をしていた時に、悪い例文を沢山読んだのですが、私の文章もまさに一見筋が通っているように見えて、実は矛盾を含んでいる悪い例の格好の材料という感じです(涙)

さらに別の箇所で論証不足が指摘されており、どのような方法で根拠を示すべきかのアドバイスを頂き、大変ありがたいです。やはり哲学系の先生は、理に適った論理的な文章であるかどうかをしっかりチェックなさっているんだなぁ〜と改めて思いました。レポート生活も終盤に入ってきたころに頂いたこの貴重なアドバイス、卒論に活かしたいと思います!・・・なんて言いながら、まだ卒論には入れないのですがcoldsweats01

2015-08-28

2015 第II回科目試験&Eスク結果

7月の科目試験の結果とEスクの成績通知が届きました。夏スクが終わりほっとしているひとときにやってくる、恒例の白地に水色の封筒をそれぞれ開封すると、

      現代倫理学の諸問題    4単位  A
      近代日本と福澤諭吉15    2単位  A

という予想に反して、2科目合格shineという結果でした。

まずはチャンスがたった一度きりの「近代日本と福澤諭吉」が合格だったのを確認して、ほっと胸をなでおろし、次に絶対に不合格だと思っていた 「現代倫理学の諸問題」にAという文字が刻まれていたので、今度は思わず自分の目を疑ってしまいましたeye

もうすでにどんな解答を書いたのか自分でも思い出せないのですが、テキストの内容が思い出せず、仕方なく自分の考えを書いてその場を凌いだ記憶がsweat01 自分では意識していなくても、テキストの内容に沿ったことがちゃんと記憶されていて、それを無意識に引き出せた、ということなのかしら?

狐につままれた感は拭えませんが、6単位ゲットですnotes しかも、この「現代倫理学の諸問題」の4単位修得で、文学部の卒業要件である専攻の類で28単位という条件もクリアと相成りました。わ〜いhappy01 ここは素直に喜んで、次の科目へ向かいます!と言いたいところですが、その前に、「西洋哲学史II」にも向かわなきゃいけないワタクシなのでしたcoldsweats01

2015-08-27

2015夏スク 哲学史

今年の「哲学史」のテーマは「ユートピア!」 ユートピアの語源はラテン語で、「無い場所」と「良い場所」という両方の意味を持つ言葉からきており、そこから、「どこにもない、理想の場所」「Any where out of the world」という意味を含んでいる言葉です。また不思議なことにユートピアを突き詰めていくと、デストピアになってしまうという、パラドクスが含まれています。

プラトンのユートピア思想から始まり、ユートピアという語の生みの親であるトマス・モアを経て、イタリア、フランス、ドイツ、アイルランドの思想家たちが思い描いたユートピアに思いを巡らせる、そんな講義でした。歴代の哲学者・思想家が理想とする社会は、私たちが持っている価値観とは全く異なるもので、驚きと同時に、けれどもよくよく考えてみると、うなずけるものも少なくなく、とても興味深かったですhappy01

一方、理想ではなく実際に実現したユートピアとして、「ソヴェト連邦」や「第三帝国」、「大東亜共栄圏」についての話があり、特に、健康なアーリア人にとってのユートピア、日本人にとってのユートピアを目指した時代の話はいろいろと考えさせられました。そして、それらと対置するように、リチャード・ローティの描いた「世界連邦的なグローバルなユートピア共和国構想」についての話で幕を閉じた夏スクでありました。

Mita campus

試験はユートピア作品の中から一つ選んで、あるテーマについて「論証しなさい」というもの。事前にテーマが開示され、先生から論証とは自分の主張を理路整然と筋道を立てて記すこと、きっちりと理由・論拠を示すこと、というアドバイスがあったので、その点を踏まえて前日に準備をして臨むことができたので、助かりました。

そして今、講義で取り上げられ、とても気になっていたウィリアム・モリスの『ユートピアだより』を読んでいます。ユートピア作品の共通点として、労働のあり方に着目するという特徴があるのですが、読みすすめれば読みすすめるほど、初期の社会主義者たちが描いていた理想の社会は、労働が自分の能力を生かせる創造的で楽しいもの、そして、労働がなによりも尊敬される社会であったのではないか、と思わずにいられません。

去りゆく夏、モリスの思想にどっぷり浸りますconfident

 

2015-08-26

2015夏スク ドイツ語学文学

気がつけば処暑も過ぎて厳しい暑さも峠を越し、朝夕は心地いい風が吹きはじめました。この夏は本当に慌ただしくて、朝と夕方の二回お弁当を作って子どもに届ける合間に、大学へ通うという日が幾日かあり、分刻みのスケジュールでした。しかし、これだけ動いたら少しは痩せるはずなのに、太ってしまったのは何故でしょう(涙)

今年の夏スクは猛暑のI期に「ドイツ語学文学」を、そして、幾分涼しくなったIII期に「哲学史」を受講。昨年と全く同じ科目の受講でしたが、内容は全く違っていて、両講義とも新鮮な気持ちで、新しいことを沢山吸収することができた、充実した講義でした。

「ドイツ語学文学」は主に18世紀の作品についての講義でしたが、近代ドイツの歴史と哲学史を紐解きながら、ドイツが置かれていた社会状況を概観することにかなりの時間が費やされました。「西洋史概説II」のときの勉強だけでは知り得なかったことを教えていただき、いろいろ考えさせられるとともに、作品を理解するためには、歴史とその時代の思想を知っていることが前提だということを実感しました。

Hiyoshi campus

ドイツ文学の潮流については、「近代ドイツ演劇」でひと通り勉強していたのと、バウムガルテンや悲劇の構造については、昨年の夜スク「美学」で学んだこととも重なっていたので、先生のお話がすっと頭に入ってきて、深く学ぶことができ、とても楽しかったす。一方、ヴォルフやヴィンケルマンとは新しい出会いだったので、とても新鮮でしたhappy01

とにかく盛りだくさんな内容の講義で、話のスピードにノートが追いつかず、手が腱鞘炎になるかと思ったほど。試験も60分で4問も答えなくてはならず、大忙し。「はい、終了」と同時に書き上がり、見直す時間がゼロだったので誤字脱字が沢山ありそうですが、書きたいことは全て書けたのでよしとします。

心残りだったのは、時間が足りず、ゲーテとシラーが駆け足で、用意されていた内容を全てお話いただくことが叶わなかったこと。先生は「いつかまたの機会に」とおっしゃっていましたが、あと一日あったらなぁと思わずにはいられませんでした。今、パラパラとノートを見返すと、字がかなり乱れていますが、宝物になりそうですshine

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

記事検索

無料ブログはココログ