スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015-04-22

Eスク & 放送授業やっとスタート

先週から始まっているEスクと放送授業ですが、今週に入ってようやく一部を受講することができました。試験前にスケジュールを組む時、きるだけ試験後の日程へと調整するのでどうしても試験が終わった週は外出の予定が続いてしまって・・・と言いわけsweat01 

今年度のEスクは「近代日本と福澤諭吉」です。ようやく先週の3回分を視聴したと思いきや、今朝また4〜6回目が配信されていましたhappy02 分かってはいたのですが、Eスクと放送授業2科目の受講は結構忙しいです。

「放送英語W」は先週と今週の2回分を聞き終えましたが、これまでのところ一昨年の夏スクで伺ったお話が主で、あの暑い夏のことを懐かしく思い出したりしました。これから夏スクでは教えて頂けなかった事柄を学べると思うとワクワクしますnotes それに今回はテキストがあるのでありがたいです。

一方、「放送ドイツ語」はまだ手つかず状態ですが、4月からNHKの「まいにちドイツ語」を聴いています。ラジオでオンタイムで聴くのは難しいので、ラジオ講座は無理だと思っていたのですが、いい時代になリましたhappy01 

NHKのマイ語学に登録すると1週間遅れではありますが、ストリーミングで聴ける環境をNHKが用意してくれているので、大いに助かっています。しかも、この講座、講師3人のうち、お二人が慶應の先生なのです。

ということで、「放送ドイツ語」の視聴にそろそろ取りかからなくては!途中で息切れしないように、マイペースで続けていこうと思います。

2015-04-21

「西洋哲学史II」レポート返却

数日前に「西洋哲学史II」のレポートが戻ってきました。この科目は自分の専攻分野だということもあり、結構時間をかけていくつかの文献に目を通し、自分なりにあれこれ悩んで作成したレポートだっただけに、どんな講評が書かれてあるのか期待を込めて封を切ったのですが、前回のレポ同様、合格shineという文字だけで、講評欄には全く何も書かれていませんでしたweep

ノーコメントということは特に指摘することもない、可もなく不可もないレポートということなのかもしれませんが、でも、でも〜、「西洋哲学史II」はコメントが欲しかったです〜。「先生が思っている以上に生徒はコメントを楽しみにしているんですよ〜」とこんな所で声を大にして叫んでも仕方ないのですがcoldsweats01

しかし、嘆いてばかりいても仕方ないので、先日追加購入した「新・西洋史概説I」のテキストを読んでガックシ感を払拭することに。まず手にしてびっくりなのは、そのページ数!旧テキストが145頁なのに対して、新テキストは448頁と4倍近く!

text

フォントが大きくなっているのでそのまま比例して倍数ではないにしても、「これで2単位とは・・・」と感じさせる分厚さです。フォントが読みやすくなっただけでなく、写真や地図が散りばめられていて分かりやすいですし、索引もついているので使いやすさは格段にアップup

また中世の衣食住のことなどにも触れられていて、本当に面白い!「新・西洋史概説Iを履修したかったな〜」と思わず思ってしまうテキストでしたnotes

2015-04-13

2015 第I回科目試験終了

今年度最初の試験は、山の手線が動いていないというハプニングからスタートbearing いつやって来るか分からない電車を待っている余裕のない私は、仕方なくタクシーを飛ばして、なんとか1限目が始まる10分前に教室に入ることができました。

ギリギリ間に合いほっとしたものの、このドタバタで昨夜必死でおさらいした「近代ドイツ演劇」の作家や作品名がどこかへ吹っ飛んでいってしまったと感じたほど、試験を受ける前から疲れました〜sad

実際ふっとんでしまった作家も数名いましたがcoldsweats01  幸いなことに2問とも頭の片隅に記憶を留めている設問だったので、なんとか解答を書くことができました。奮発してタクシーを使った甲斐があったと思うことにします。

「西洋哲学史II」は3問中2問を答える問題。4つほどの指定語を必ず使用して説明せよという設問があり、「嫌いなパターンだわ〜」と思いながら渋々取りかかると、わりと上手く全ての言葉が収まり、しかも条件の20行ほどで書き終えることができた1問目でした。が・・・

「順調な滑り出しnotes」と思ったのも束の間、次の設問を書き始めるととても20行では収まらず、かなりオーバーした上、読み返してみると何が言いたいのか、自分でも分かったような、分からないような、簡潔というには程遠い解答になってしまいましたsweat01 もちろん書き直す時間は全くなく、「せめてあと10分あったらな〜」と思いながら泣く泣く提出するはめに。

実は何を隠そうこれも、カント様の問題。う〜、くやしいなぁ。カントに嫌われてる私?でも、気を取り直して次に進むことにしますhappy01


Onpub

追記 

どうやら、ワタクシ問題の条件を読み間違っていたようです(涙) 「20行程度」ではなく、「20行以上」記入というのが条件だったようで、20行をオーバーするのは全く問題ないようです。ということは、1問目もまずいかも〜 ひぇ〜sweat01

2015-04-02

2015年度 補助教材到着

新年度が始まりました。 毎年桜が美しいこの時期は、大学から新しいテキストが送られてくるのを今か今かと楽しみにしているのですが、本日大学から届いた小包の中身は補助教材のみ。

昨年度で配本が完了したため、真新しいテキストを手にして履修しようかしまいか、あれこれ考える楽しいひとときが持てなくて、さみしいような、でも、ここまで続けてきたんだなぁと思えるような、ちょっぴり複雑な心境ですconfident

それでも、履修予定のレポート課題とテキスト履修要綱をチェックしたり(3色ある補助教材のテーマカラーが一巡し、今年度は再び入学年と同じ赤です)、 同時に届いた放送授業とEスクのテキストに目を通したりして、この時期に誰もが感じる新しいことを始めるときのワクワク感を満喫しましたnotes

someiyoshino

放送授業は「英語W」と「ドイツ語初級」に挑戦です。「英語W」はすでに単位を修得しているので卒業要件には含まれませんが、一昨年の夏スクでざっと学んだアカデミックライティングをじっくり学びたくて。そして、「ドイツ語」は全く自信はないけれど、ヨーロッパのかほりを楽しみたいと思います。

さらに全面書き換えされた「新・西洋史概説I」と「新・英語学概論」のテキストを申し込みました。テキスト科目の「西洋史概説I」は履修済みなので、「新・西洋史概説I」を履修することは叶わないのですが、どちらもスクーリングで教えて頂いた先生が執筆されたテキストなので、思わず購入。新しく生まれ変わったテキスト、届くのが楽しみですhappy01

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

記事検索

無料ブログはココログ