スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015-03-30

「近代ドイツ演劇」レポート返却

春爛漫。更紗木蓮のピンクが晴天の青空に映え、自然のみごとなコントラストに思わず目を奪われます。今週は桜が満開になるようで、引き続き自然を満喫できそうです。

さて、ぽかぽか陽気になる少し前に「近代ドイツ演劇」のレポートが戻ってきました。苦手な3類科目なのでいつも以上にドキドキしながら開封すると、合格shineの文字。ほっと胸をなでおろしつつ、どんなコメントが書かれているかとワクワクしながら講評欄を見ると、真っ白・・・weep

Dをもらった時みたいながっかり感が押し寄せてきましたcoldsweats01 3類のレポートはとにかく手探り状態で仕上げているので、何か一言でもコメントを頂きたかったな〜

sarasa-mokuren

通信教育はスクーリングもありますが、テキスト科目の学びが基本であり、それはレポートを仕上げ、評価を頂き、その指導をもとに今後さらに論理的な主張ができるようにつなげていくことだと思うのですが、この指導がないと生徒は大切な基本の学びを行うすべがありません。さらに先生とのコミュニケーションがなく終わってしまう科目は印象にも残らないので、残念感が漂ってしまいますbearing

と、愚痴ってしまいましたがこの科目は覚えることはいっぱいですが、テキストの内容がとても面白いので、気を撮り直して試験に向けてあれこれイメージをふくらませながら、作家・作品とともにその背景にあるものをインプットしていきたいと思います。

2015-03-03

2014 第IV回科目試験結果

「西洋哲学史II」と「近代ドイツ演劇」のレポートと格闘していた先週は、大学から次々といろんなものが届きました。3年目も終わりになると、クラフト紙はニューズレター、「白 x 黒」は在籍確認シール、「白 x 水色」は科目試験の結果だと封筒のデザインを見ただけで中身が分かるので、レポで忙しいときは放置状態にcoldsweats01  もちろん、「白 x 水色」の封筒だけは即開封しましたけどhairsalon

今年度最後の科目試験結果は

      倫理学    2単位  B
      西洋哲学史I    4単位  A

と、心配していた「倫理学」も無事合格shineしていて、6単位修得することができました。「倫理学」が減点された原因は言わずもがなカント様ですが、あの答えられないと思った問題に無謀にもアタックし、みごと玉砕っといったところですね。 多分あの設問は得点できていないと思われます(涙)でも、他3問がなんとか合格ラインだったようで、ほっとしました。

これで今年度は14科目を履修し、30単位(うちスクーリング6科目12単位)の修得という結果になりました。あくまでも自分比ですが、2014年度はかなりハイペースだったので、来年度はもう少しスローペースで、その分じっくり考える時間を持ちたいなと思ってます。

hakumokuren

これでこれまでの3年間で積み上げた単位は、ジャスト70に。切りもいいし、ラッキーセブンの10倍だし、これに認定単位を足すと88。末広がりのこれまたラッキーナンバーで今年度を締めくくることができましたhappy01

K点の116まであと28単位。卒論を除くと数字的には卒業までの道のりの四分の三まで来たことになります。入学当初のことを振り返ると「ここまできたんだな〜」という気持ちもありますが、「いよいよ卒論に背水の陣で臨まなくてはならない段階に来てしまったhappy02」という気持ちの方が強いです。

テーマはまだはっきりとは決まっていないのですが、ぼんやりとやりたいことは見えてきました。ただ、もう少し的を絞らないといけない(と言われると思う)ので、これからいろんな文献や資料に目を通し、方向づけをしていきたいと考えています。予定通りいくかどうかは神のみぞ知るですが、あまり気負わず、卒論も楽しんで進めていこうと思います。

2015-03-02

「近代ドイツ演劇」レポート提出

26日午前中に「西洋哲学史II」を完成させた後、レポート提出期限まであと5日しかないにもかかわらず、めずらしく「もう1本書こうかな〜」と思ったワタクシ。その日の夜からテキストを読み始め、今日の夕方なんとか郵便局へ駆け込み、できたてほやほやのレポを提出してきました。

本当は昨日までに序論と1章位までは書き進めたかったのですが、結局アウトラインで力尽きて寝てしまい、今朝9:30に真っ白なレポート用紙ならぬWordの画面に向かって、「子どもが帰ってくるまでに仕上げなくては!」ということだけを念頭に置いて執筆をスタート!なんとか15:30過ぎに印刷までこぎつけ目標達成。

ランチ&ティータイム含め6時間でレポを書き上げるという、ワタクシにしてはまさに神業的な偉業を成し遂げたわけですが(笑)、ほんと時間との戦いで、これは精神的にも肉体的にもよくないので、もう二度とやりたくありません。次回からはせめて、締め日の午前中には投函できるように準備をしようと固く決意しました。・・・っておんなじことを確か以前も言った気がするcoldsweats01

「近代ドイツ演劇」をやりたいな〜と思ったのは、夜スク「美学」の講義で演劇についてもお話があり、「そもそも "悲劇" と "喜劇" という概念にこういうものが含まれてたのか!」という驚きがあって、もう少し学んでみたくなったから。それに何より、古代から近現代までの演劇史がわかると、今巷で流行っているドラマなんかも、「あぁ、◯◯の焼き直しだな」なんてことがすぐに分かって数倍楽しめそうnotes

レポートの課題は、「オーストリアとスイスの演劇の特徴について述べよ」というもの。これらの知識は皆無でしたが、「西洋史概説II」を履修したおかげで、18世紀後半から20世紀にかけてのヨーロッパの社会状況の変遷がまがりなりにも頭に入っていたので、時代背景との関連や両国の演劇とドイツ演劇を対照的に捉えて、テキストをベースにどうにか仕上げることができました。でも、3類のレポはどのようにアプローチすればいいのか、未だに要領を得ていないというのが正直なところsweat01

ただ今までよく分からなかった、「デカダンス」とか「メランコリイ」とかいう西洋独特の言葉が持つ意味をかなり理解できた気がします。何よりこのテキストを読んで実際に鑑賞してみたい作品がいくつかあったことが大きな収穫で、老後の楽しみがまた一つ増えましたhappy01 ところで、ドイツ演劇って一体どこで上演されているのかしらん。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

記事検索

無料ブログはココログ