スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 「近代ドイツ演劇」レポート提出 | トップページ | 「近代ドイツ演劇」レポート返却 »

2015-03-03

2014 第IV回科目試験結果

「西洋哲学史II」と「近代ドイツ演劇」のレポートと格闘していた先週は、大学から次々といろんなものが届きました。3年目も終わりになると、クラフト紙はニューズレター、「白 x 黒」は在籍確認シール、「白 x 水色」は科目試験の結果だと封筒のデザインを見ただけで中身が分かるので、レポで忙しいときは放置状態にcoldsweats01  もちろん、「白 x 水色」の封筒だけは即開封しましたけどhairsalon

今年度最後の科目試験結果は

      倫理学    2単位  B
      西洋哲学史I    4単位  A

と、心配していた「倫理学」も無事合格shineしていて、6単位修得することができました。「倫理学」が減点された原因は言わずもがなカント様ですが、あの答えられないと思った問題に無謀にもアタックし、みごと玉砕っといったところですね。 多分あの設問は得点できていないと思われます(涙)でも、他3問がなんとか合格ラインだったようで、ほっとしました。

これで今年度は14科目を履修し、30単位(うちスクーリング6科目12単位)の修得という結果になりました。あくまでも自分比ですが、2014年度はかなりハイペースだったので、来年度はもう少しスローペースで、その分じっくり考える時間を持ちたいなと思ってます。

hakumokuren

これでこれまでの3年間で積み上げた単位は、ジャスト70に。切りもいいし、ラッキーセブンの10倍だし、これに認定単位を足すと88。末広がりのこれまたラッキーナンバーで今年度を締めくくることができましたhappy01

K点の116まであと28単位。卒論を除くと数字的には卒業までの道のりの四分の三まで来たことになります。入学当初のことを振り返ると「ここまできたんだな〜」という気持ちもありますが、「いよいよ卒論に背水の陣で臨まなくてはならない段階に来てしまったhappy02」という気持ちの方が強いです。

テーマはまだはっきりとは決まっていないのですが、ぼんやりとやりたいことは見えてきました。ただ、もう少し的を絞らないといけない(と言われると思う)ので、これからいろんな文献や資料に目を通し、方向づけをしていきたいと考えています。予定通りいくかどうかは神のみぞ知るですが、あまり気負わず、卒論も楽しんで進めていこうと思います。

« 「近代ドイツ演劇」レポート提出 | トップページ | 「近代ドイツ演劇」レポート返却 »

1類: 西洋哲学史I」カテゴリの記事

1類: 倫理学」カテゴリの記事

科目試験2014」カテゴリの記事

履修計画・実績」カテゴリの記事

コメント

Uikaちゃん おはようございますheart04

倫理学、西洋哲学史合格おめでとうございます!
それにしても西洋哲学史ⅠがAとはshine
4月のⅡもAの予感ですshine

先日本が老後の楽しみと言いましたが・・・・テキストもその仲間です♪
やれなかったフランス文学や古文書など出来ればいいな~と楽しみです!
ですが、もっとスクに出て講義を聞きたかったな~
特に哲学、倫理学、論理学・・・そして社会思想史関係の講義を!!
でも何年在籍しようがスクの選択肢は週末スクくらいしかないので残念ですdespair

ひみ子さん

ありがとうございますhappy01 「倫理学」の単位がとれていたことが何より嬉しかったです。「西洋哲学史I」は記事にも書いたように、私にとってはありがたい設問だったので、ラッキー以外の何ものでもありません。他の設問だったらこうはいかなかったと思います。「西洋哲学史II」は「I」よりもさらに概念が複雑なので、そうは問屋が卸さないと覚悟しています。

スクーリングは時間のやりくりで精神的にも、そしてハードな日程で体力的にも大変ですが、刺激的でその後しばらくは、モチベーションが上がりますもんね。お気持ちお察しします。でも、いろいろ制約があるのが通信での学びですから、できるときにできることを精一杯、ベストを尽くして、明るく学んでいきましょう〜notes

来年度の週末スクが哲学や倫理学、社会思想関係だったらいいですね。私は週末スクには出席できないので、どんな講義だったかお話聞かせてくださいねheart01

Uikaさん、こんにちは。

 6単位ゲット、おめでとうございますfuji
卒業要件に向けて、着実に積みあがっていらっしゃいますねdollar

 「卒論」というコトバを、私も最近チラチラと考えるようになりました。もう書き上げて卒業試験も終えられている先輩がたくさんいますし、これから卒論と意気込んでいる人も多いようで、のんびり構えている私でもさすがに、意識せずにはいられません・・・

 うーん、Uikaさんが「背水の陣」で、私はというと・・・
滝に打たれる水行に向かう前のお祈りの段階でしょうかcoldsweats01
もう少し真面目に取り組まないと、気が付けば周囲の方はみんな卒業してしまって、自分ひとり、という状況になりかねません。
あははcoldsweats01

cimicoさん

ありがとうございます。cimicoさんも「論理学(L)」A合格おめでとうございますshine

多分夏頃には単位が100位になると思うので、さすがにそろそろ指導申し込みをしないとまずいかな〜って感じでcoldsweats01 ただ来年度は自身の学業よりもプライオリティの高いことが待ち構えているので、安全策をとって来年の2月に申請して、指導は5月からにした方がいいのかなとも思ったり。卒業は急いではないので来年の2月でも全然構わないのですが、予備指導になる可能性もあることを考えると、悩ましいですhappy02

cimicoさんの場合もそうだと思いますが、慶應通信での学びは就職やキャリアアップというような目的のための手段ではなく、学ぶこと自体が目的だと思うので、(これはカント様の道徳的善の考え方ですが、お借りしました)、先を急ぐことに意味なんて全くないと思うんです。

なので、ひみ子さんのコメントにも書きましたが、できるときにできることを、楽しみながら学んでいくことが大切かな〜と。実はこれ、前半は子どもの小学校のPTAのキャッチフレーズなのです。「できるときにできることを only for kids!」というのですが、私たちの場合はさしずめ「できるときにできることを only for a spirit of academic inquiry!」といったところでしょうかhappy01

Uikaさん、こんにちは。
「できるときにできることを only for a spirit of academic inquiry!」
良いですね!

私も気づけば86単位。卒論、も考えないわけではありませんが、この先数年で引越しをする可能性も出てきてしまい、いつから卒論を始めるか、悩ましい状況になってしまいました。
でも、引越し前に急いで卒業してしまう、という選択肢は選ばないことにしたので、状況を見つつ、ゆっくり学んでいくこととします。

大人になってからの学びは、自分の都合だけではない、たくさんの要素が生活の中に入ってきて、見通しも立てにくいものですね(^-^;
勉強に専念する、というのは、本当に若者の特権なんだなあ、と改めて感じます。
紆余曲折の大人の学びは、紆余曲折があるからこその深みが出る…のかもしれませんが、ただとっちらかって終わりそうな気もして怖いです(笑)

いずれにしても、合言葉は「できるときにできることを only for a spirit of academic inquiry!」で頑張ります~note

coraraさん

ほんと卒論のタイミングは難しいですよね。卒論に全力投球できる時期に設定しないと、心ここにあらずでは指導して下さる先生にも失礼ですし、卒論をスタートしたら、間をあけず指導していただきたいですし。ただ、自分以外の要素がどうなるかが未知数なだけに、予定が立てにくいですよね。

本当に勉強に専念できるのは若者の特権だと、その特権がなくなった今、ひしひしと感じます。そして、若いころどうしてそのことに気づかなかったんだろうともbearing

でも慶應通信で学ぶことによって、それに気づくことができただけでも、よかったのかもしれません。とにかく、自分の自由になる時間を最大限活かして、「できるときにできることを only for a spirit of academic inquiry!」ですねwink

この記事へのコメントは終了しました。

« 「近代ドイツ演劇」レポート提出 | トップページ | 「近代ドイツ演劇」レポート返却 »

記事検索

無料ブログはココログ