スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015-02-26

「西洋哲学史II」 レポート完成

かなり時間がかかってしまいましたが、「西洋哲学史II」のレポートが完成しました。課題は西洋哲学史上の7つの古典的著作の中から一つ選び、自らテーマを設定して論じるというもの。さらにそのテーマを現代の問題と結び付けて論じよというおまけつきsweat01

著作もデカルト、カント、ルソー、ミル、ハイデガーなど、そうそうたる方々の作品が指定されており、どれにしようか結構悩みました。気になる作品にざっと目を通した結果、デカルトとカントで迷いに迷って、おまけが書きやすそうだったカントの『道徳形而上学原論』で仕上げました。

それにカントは夏スクでも、夜スクでも取り上げられたにのに、「美学ES」「倫理学」両試験ともに、思うように論述できなかった哲学者でした。なのでリベンジの意味もこめて(笑)

スクーリングで教えて頂いたからかもしれませんが、『道徳形而上学原論』は指定された著作の中では、わかりやすい方じゃないかな〜って思います。ただ、主に夏スクでは『実践理性批判』についての、夜スクでは『判断力批判』についての講義だったので、直球ど真ん中ストライクではないのですが、カントが言わんとしたかったことは、わりとすんなり入ってきましたhappy01

これら3つの著作の中で『道徳形而上学原論』は一番最初に書かれたものなので、後に書かれた作品よりも基本的な概念が綴られているからかもしれません。それに、「霊魂の不死」や「神の現存在」の要請というような事柄は『道徳形而上学原論』には出てこないので、途方に暮れることもなく読み進められたのが◯でした。

何よりこの作品は読み終わった後、心が洗われるようなさわやかさと謙虚な気持ちを運んできてくれたので、すっかり忘れていたこんな気持ちを思い起こさせてくれてありがとうございますheart04という気分になりましたconfident

カントの墓碑には『実践理性批判』の結びにも使われている、次の言葉が刻まれているそうです。

 我が上なる星空と、我が内なる道徳法則、
      我はこの二つに畏敬の念を抱いてやまない

全宇宙を秩序づける自然法則と人間の理性の中にある良心という道徳法則に対し、感嘆と崇敬の念をもったカントの高まりゆく気持ちは、素直に理解できました。

未だに純粋実践理性の要請を行ったカントの気持ちは理解できないけれど。まだまだ要修行ですbleah

2015-02-15

プチ記念日 3周年

2月15日、このブログを開設して丸3年になりました。思えば 3年前の今日、慶應通信の入学願書を投函したのでした。あの日からあれよあれよという間に3年が過ぎ、来年度は通学生ならば卒業の年ですが、もうしばらく在籍予定のワタクシですsmile

時間は瞬く間に過ぎていくのですが、3年前には全く知らなかったことを少しは知っている自分がいて、これまで全く考えもしなかったことを、あれこれ考えている自分がいたりします。

crocus

そう考えると、「ただただ時間ばかりが流れていただけの3年間ではなかったんだなぁ」、なんて思えますconfident

4年目も一步一步、自分のペースで、楽しみながら学んでいきたいと思っています。これまで同様、気が向いたときだけののんびり更新ブログですがが、これからもどうぞよろしくお願い致します。

2015-02-04

2014夜スク 結果

一昨日、 夜スクの成績通知が入った「白 x 水色」の封筒が我が家にも届きました。結果は

      夜間 美学    2単位  B
      総合 総合講座    2単位  A

無事、4単位ゲットですshine

「美学」は先生の発する言葉が処理しきれず、溢れてしまうほどスピーディで、かつ、高度な内容でした。多分、先生が言わんとするところの半分も理解できなかったと思いますsweat01 なのでBを頂いていいのかしらんというのが率直な感想。

けれども先生の話は大変興味深く、通学生のようにこの講義を1年間受けられたらなぁと思ったほど。そうすれば、もう少し理解が深まるかも・・・なんてbleah

そうそう、それにチャイコフスキーのピアノコンチェルトの話になったとき、「この曲は『のだめカンタービレ』で思いっきり流れたので有名に・・・」とぽろっとおっしゃって、思わず「こんな難しいお話をなさる先生でも、『のだめ』を見るんだな〜notes」と親近感が思いっきり湧きました(笑)

tokyokann kyuukan

一方、「総合講座」は哲学、考古学、西洋史学、人間科学、心理学、教育学、英文学、独文学、社会学、仏文学、美学美術史学の先生から講義を受け、文学部の射程範囲の広さを再認識。どの先生の講義も1時間45分では物足りなくて、もっと深く、続きを聴きたかったです。

話を聴く中で、これまであまり馴染みのなかった分野で興味のあるものを発見したり、「文学部とは何か」なんてことをつらつら考えたりもした楽しい時間でしたhappy01

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

記事検索

無料ブログはココログ