スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

科目試験2014

2015-03-03

2014 第IV回科目試験結果

「西洋哲学史II」と「近代ドイツ演劇」のレポートと格闘していた先週は、大学から次々といろんなものが届きました。3年目も終わりになると、クラフト紙はニューズレター、「白 x 黒」は在籍確認シール、「白 x 水色」は科目試験の結果だと封筒のデザインを見ただけで中身が分かるので、レポで忙しいときは放置状態にcoldsweats01  もちろん、「白 x 水色」の封筒だけは即開封しましたけどhairsalon

今年度最後の科目試験結果は

      倫理学    2単位  B
      西洋哲学史I    4単位  A

と、心配していた「倫理学」も無事合格shineしていて、6単位修得することができました。「倫理学」が減点された原因は言わずもがなカント様ですが、あの答えられないと思った問題に無謀にもアタックし、みごと玉砕っといったところですね。 多分あの設問は得点できていないと思われます(涙)でも、他3問がなんとか合格ラインだったようで、ほっとしました。

これで今年度は14科目を履修し、30単位(うちスクーリング6科目12単位)の修得という結果になりました。あくまでも自分比ですが、2014年度はかなりハイペースだったので、来年度はもう少しスローペースで、その分じっくり考える時間を持ちたいなと思ってます。

hakumokuren

これでこれまでの3年間で積み上げた単位は、ジャスト70に。切りもいいし、ラッキーセブンの10倍だし、これに認定単位を足すと88。末広がりのこれまたラッキーナンバーで今年度を締めくくることができましたhappy01

K点の116まであと28単位。卒論を除くと数字的には卒業までの道のりの四分の三まで来たことになります。入学当初のことを振り返ると「ここまできたんだな〜」という気持ちもありますが、「いよいよ卒論に背水の陣で臨まなくてはならない段階に来てしまったhappy02」という気持ちの方が強いです。

テーマはまだはっきりとは決まっていないのですが、ぼんやりとやりたいことは見えてきました。ただ、もう少し的を絞らないといけない(と言われると思う)ので、これからいろんな文献や資料に目を通し、方向づけをしていきたいと考えています。予定通りいくかどうかは神のみぞ知るですが、あまり気負わず、卒論も楽しんで進めていこうと思います。

2015-01-27

2014 第IV回科目試験終了

今年度最後の科目試験が終わりました。毎回年始めの試験は準備不足の感が拭えないまま当日を迎えるというパターンなのですが、今回もご多分に漏れず、かなりあやふやな理解のまま「西洋哲学史I」と「倫理学」を受けることになってしまいました。

しかし幸運なことに、「西洋哲学史I」はこれまでと違って「以下の3つの中から一つ選んで説明しなさい」という温情溢れる形式で、しかも「イデア論」が含まれていたので迷わず選択。

イデア論については一昨年の夜スク「哲学」、そして、昨年の夏スク「哲学史」と夜スクの「美学」でも取り上げられ、それぞれの先生から説明を受けたのでラッキー問題ですshine 悩むことなく、概念の内容と背景、プラトンの考えた現実界とイデア界との関係、それに対する批判やイデア論におけるプラトン哲学の遺産などを書いてきました。

Mita campus

一方、「倫理学」は出てほしくない問題が6問中3つも出てしまいましたweep この科目はテキスト巻末にある研究課題から出題されるのである意味楽なはずなのですが、それぞれの概念が難しくて理解できないものが多々あり、しかも、どう答えていいか分からない設問も含まれていて困りもの。「霊魂の不死と神の現存在の要請の意義」なんて、私にはお手上げの一生答えられない問題ですsweat01

4問も答えなくてはいけないので、両面使って結構書きましたが、どうしても1問はお手上げ問題に答えなくてはならず惨敗sweat02 残りも詰めが甘く説明不足だった箇所があり、テキスト2回の通読では記憶に留めることはできないということが分かりました。

「倫理学」はもともと10月に受験予定だった科目なので、テキストを読んだ時期が1回目と2回目とでかなり間があいてしまったため、2回目なのにほぼ内容を忘れていて、記憶の定着どころか一からやり直し状態でしたcoldsweats01

「それだけ時間があったんだったら、4回でも5回でも読めたはず!」という声がどこからともなく聞こえてきそうですが、返す言葉がありません。間をあけて読むのはとても効率が悪いということを痛感したので、「次回は続けて読むぞー」と心に誓ったワタクシでした。

2014-11-22

2014 第III回科目試験結果

第III回科目試験結果 恒例、水色x白の封筒が届きました。すでにkcc-channelに反映されていたようですが、今回は封書で先に確認したという、アナログなワタクシですcoldsweats01 結果は無事合格shine 2単位ゲットです。

      西洋史特殊I    2単位  A

今回は2科目申し込んだにもかかわらず、1科目しか受験できなかったのですが、受験しなかった「倫理学」については、成績通知に何も書かれてませんでした。「D」もしくは、「未受験」とかって形で表示されてるのかなって思ってたのですが、そういうものなんですね。

さてこれで、西洋の歴史に関する科目の履修はおしまいです。慶應通信に入学した目的の一つが西洋史の流れを頭に入れることでした。「歴史(西洋史)」からはじまりこの「西洋史特殊I」まで、当初予定していたテキスト6科目に加え、Eスクの「西洋史概説」も受講することができたので、計7科目14単位の履修になりました。

これで一応古代オリエントから近・現代までの西洋史を概観したことになります。私の場合、今までが知らなさすぎたこともあり、「何を学ぶにしても歴史的背景を知っていることは大きな強みだなぁ」と学べば学ぶほど実感したのでありました。

2014-10-22

2014 第III回科目試験終了

10月の科目試験が終了しました。今回は「西洋史特殊I」の1科目ですが、無事に受験することができました。

残念ながら文献等では全く目を通していない箇所からの出題でしたが、持ち込み可なのでテキストの該当頁をまとめる形で解答pencil

古代オリエント史って高校の教科書では数頁の記述で、これまでじっくり触れたことがない時代でした。なので、前回「オリエント考古学」を今回「西洋史特殊I」を履修して、ヘレニズムに入るまでの南レヴァント地方や、地中海沿岸からメソポタミア圏の歴史の流れをざっくり概観することができて楽しかったです。またこの時代は西洋と東洋が区別されずに、語られているのが面白かったです。

「オリエント考古学」では文字の起源からアルファベットに至るまでの記述があったのですが、これは夏スクの「哲学史」を受講する上で役にたちました。テーマが「言語の哲学史」だったので。いつも思うことですが、こうやって異なる科目が繋がっていくのを体感するのはなんとも言えない高揚感がありますhappy01

2014-08-29

2014 第II回科目試験&Eスク結果

7月に受けた科目試験の結果とEスクの成績がkcc-channelに反映されていました。類別にソートされていないこともあって、単位が増えてくると該当科目を探すのが結構大変です。

受験したのはテキスト2科目とEスク1科目の計3科目でしたが、予想外のできで合格shineしていましたhappy01

      都市社会学(L)    2単位  A
      オリエント考古学    2単位  A
      英語学-E    2単位  A

実は「都市社会学(L)」と「オリエント考古学」は家に帰ってから、「しまった!を書き忘れちゃったhappy02」というものがあり、Aは無いだろうと予想していただけに、びっくり!

「これで夏休み最後の週末を気分よくゆったり過ごせますnotes 」と言いたいところですが、まだレポが仕上がっていないので、そういう訳にはいかないのが悲しいトコロsweat01 でもあと2日、気分よくレポに集中できそうです。

2014-05-21

2014 第I回科目試験結果

大雨の中、恒例の「白 x 水色」の封筒が届きました。今回はkcc-channelで確認する前に封筒を手にしたので、ドキドキしながら開封すると、(←この緊張感はやっぱり捨てがたい)

      社会学史I    2単位  A
      ロシア文学    2単位  A

という結果。久しぶりに、オールAでの(と言っても、2科目だけど)合格shineで、4単位ゲットです。kcc-channelにもちゃんと反映されていました。

mori-no-ie

「社会学史I」は想定外の設問だったものの、テキストを読めば問われていることは分かる問題でした。持ち込み可なので、該当箇所を要約すればOKだったので納得ですが、「ロシア文学」は温情ある採点ですnotes

なんせ、カラムジーンをカラムージン、プーシキンをプーキシンと書いちゃったワタクシsweat02試験終了まで間違った名前で覚えていましたcoldsweats01 ロシアの偉大な作家の名前は間違っちゃったけど、他はそれほど的はずれなことは書かなかった、ということにしておきます。

yamatsutsuji

「ロシア文学」は初めて挑戦した文学系の科目でしたが、試験勉強では読んだことがない作品のタイトルとあらすじ、登場人物の名前を覚えるのに一苦労sweat01 しかも間違って覚えちゃうし(涙) でもなんとか記憶に残っている範囲のものが出題されてラッキーでした。

試験勉強で役に立った文献は、『ロシア文学史』です。いくつか解説書を読みましたが、これが一番丁寧で、分かりやすく、ロシア文学の潮流を掴みやすかったです。

2014-04-13

2014 第I回科目試験終了

今年度初の科目試験が終了しました。昨日が「社会学史I」で、本日が「ロシア文学」でした。残念ながら両科目ともさらっと目を通した箇所からの出題でしたhappy02

「社会学史I」は「自分の好きな学者でありますように!」と祈りつつ問題用紙に目を通すと、人物らしき名前はどこにも見当たらず、 「対応理論と同一理論の違いを述べよ」という問題。一瞬、「そんな用語テキストに載ってたっけ?」と思ってしまったワタクシcoldsweats01 幸いなことに持ち込み可の科目なので、テキストの該当頁を開くと同一理論の所にアンダーラインが引いてありました(苦笑)

しかし、この言葉、持ち込んだ『社会学小辞典』でも、『社会学』でも、電子辞書のブリタニカでもヒットせず、テキストだけを頼りに回答するしかない状態に陥り、しばしプチパニックにsweat01 かなりの時間をロスしてしまったのですが、気持ちを切り替えてテキストをじっくり読むと、パーソンズの理論とシュッツの理論を対比させればいいのだと分かり、どうにかこうにか、時間ギリギリで書き上げました。

white flower

「ロシア文学」も「19世紀の作家か作品が主題されますように!」と神頼みして臨んだのですが、これまた残念なことに18世紀からの出題でした。ただ誰の作品を論じてもOK、一つの作品を詳しく論じてもいいし、多数の作品を文学史の流れとともに論じてもOKという形式だったのはありがたかったですnotes

私の場合、複数の作品を論じると登場人物の名前をテレコにしちゃったり、収まりきらない可能性が大なので、一番印象に残っているカラムジーンに絞って、彼の代表作『哀れなリーザ』と彼がロシア文学史に及ぼした功績について、さらっと解答しました。(さらっとしか解答できなかったsweat01)個人的にはプーシキン、レールモントフ、ドストエフスキー、トルストイあたりにチャレンジしたかったんですけど(笑)

Mita campus

チャレンジしたかった社会学者やロシア文豪に挑むことができなくて、ちょっと残念ではあったのですが、試験終了後に学友と遭遇し、そんな気分もどこかへ吹っ飛びました。

先輩の皆さまは、5月の卒論指導に向け今まさにスパート時期で大変なご様子。卒論執筆の奮闘秘話を伺っていると、お気楽にお茶を飲んでいるのは私一人という感じでしたcoldsweats01  でも、他愛もない話も含め、いろんなお話を伺っているうちに、卒論執筆のイメージがなんとな〜く湧いてきて、卒論がちょっとだけ身近な存在に感じられた、貴重で楽しい時間でありましたhappy01

記事検索

無料ブログはココログ