スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014-09-03

CiNiiサイトライセンス個人ID取得

そろそろCiNiiのサイトライセンス個人IDが欲しいなぁと思い、夏スク期間中に日吉ITCで申請をしました。CiNiiのサイトライセンスIDは個人IDと違ってなんと無料shine 但し、取得するためには慶應のネットワークから申請しなくてはならず、そのためにはITCアカウントの取得が必要です。ITCアカウント費用、半期で2,500円也dollar

Fujiyama Memorial Hall

今のところ学内からインターネットにアクセスする必要性を全く感じていないので、ITCアカウント自体はいらないんですよね〜。なので、CiNiiのために2,500円を支払うのなら、2,160円で個人IDを取得した方がいいのですが、夏スク中に申請をすれば500円で夏スク期間限定のITCアカウントが取れるので、これを使わない手はありません。

つまり、500円でCiNiiのサイトライセンス個人IDを取得できるのです。CiNii申請のためだけにITCアカウントが必要だという方は、夏スク、もしくは、夜スク(夜スクの場合は1,000円)で、ITCアカウントを申請されることをお勧めします。但し、スクーリング受講者しか申請できないとのことです。

学友に日吉ITCの場所を教えてもらって(藤山記念館の隣、第7校舎の地下にありました)、無事ITCアカウントとCiNiiのサイトライセンス個人IDを取得することができましたhappy01 ITCアカウント申請からCiNiiのID取得確認まで、所用時間は30分ほど。

Hiyoshi ITC

クレジットカードの番号を入力する必要があるので準備しておくことと、Webメールが使えるメルアドを持っていると、学内のPCから全ての手続きができるので楽ちんです。携帯からでももちろんできますが、ちょっぴり根性がいるかもsweat01

これから3月まで、今までダンロードできなかった論文を読みまくりたいと思います。

2014-09-02

2014夏スク ドイツ語学文学

午後の「ドイツ語学文学」は「ニーチェを読む」。孤高の哲学者ニーチェの生涯をたどりながら、『ツァラトゥストラはこう言った』を中心にいくつかの作品を読んでいきました。同時代の実存主義者キルケゴールやハイデガー、マルスクやサルトルにも触れ、特にキルケゴールについては実際に作品を読んで、ニーチェとの違いなどを検討しました。

『ツァラトゥストラはこう言った』は詩的な文で、難しい言葉で書かれた哲学書のような難解さはないのですが、聖書のモチーフがあちらこちらに隠喩的に使われていることを知り、ここでもまた「聖書を理解していないとニーチェ作品の真髄は分からないのねsweat02」とちょっぴり残念な気持ちになったりもしました。

でも、先生の解説を聞きながらじっくり読んでいくうちに、一人で読んでいるときにはあやふやだった「永劫回帰」というニーチェの思想が、おぼろげながら見えてきて、少しだけニーチェに近づけたような気がしましたconfident

Hiyoshi campus

近代ドイツ文学を学ぶ上で知っておかなくてはならないのがナチズム。ニーチェの妹エリザベートとナチの関係や、ナチズムがドイツのみならずヨーロッパにもたらした影響、はたまた「ユダヤ人とは誰であり、何であるか」という「オリエント考古学」で学んだようなことも含めて、ナチズムについてもかなりの時間がさかれました。

先生はペーター・シュナイダーの『せめて一時間だけでも  ―ホロコーストからの生還』を翻訳されており、ナチズムに対しては確固たる意見を持っておられました。映画も『ハンナ・アーレント』『ヒトラー ―最期の12日間―』を鑑賞。『ハンナ・アーレント』は2回目で、「西洋史概説II」のレポでナチズムに挑んだこともあって、昨年の秋に観た時よりずっと理解できました。『ヒトラー ―最期の12日間―』はドイツ側から観た歴史、という点でとても興味深い作品でした。

講義内容以外で印象に残っているのが、「自筆ノートの大切さ」というお話。ゆえに、テストも「自筆ノートのみ」持ち込み可。電子機器はもちろん、配布された資料も持ち込み不可でした。資料が持ち込めないのはちょっと痛かったけれど、先生のふとしたお話の中に学びの原点に立ち返らせてくれるようなものが多々あり、ニーチェ以外にも沢山のことを教えていただいた、そんな6日間でしたconfident

2014-09-01

2014夏スク 倫理学(専門)

ようやく一息つける運びになったので、夏スクII期の講義をもう少し振り返っておきます。

午前の「倫理学(専門)」は、近現代の代表的な理論 —義務論、功利主義、ニーチェの系譜学、徳倫理学、正義論— がどのような価値観に依拠しているのか、それらが各時代時代でどのように受容され、批判されてきたかを学ぶ講義でした。

現代の課題については、生命倫理の問題に焦点があてられ、毎回ただ受動的に学ぶのではなく、このようなケースに立たされた時に自分ならどうするか、どの選択をすることが倫理的に正しいかを考えていく講義でした。

Hiyoshi campus

考える題材は有名な「Trolley Problem」や、代理母問題の「ベビーM事件」、救世主兄弟問題の「アニッサ事件」、尊厳死問題の「カレン・クィンラン事件」などなど他にも多数。

また、これらの問題を考えるにあたって、ジョディ・ピコーの小説を映画化した『私の中のあなた』や、カズオ・イシグロの小説を映画化した『わたしを離さないで』などの映画を鑑賞したのですが、この2作品はどちらも正解のない問題についてじっくり考えさせられる印象的な内容でした。

第一回目の講義の初端に先生が、「倫理学は知識を得る学問ではなく、知識をもとにしていかに問題を解決するか。自分で考えて答えを出すのが倫理学です」とおっしゃったのですが、6日間の講義を通して、この言葉の意味を身をもって実感することができました。

そして、正解のない問題を考える上で、先人の理論を知っていることがいかに心の拠り所になることか。最終日はそんなことを思いながら、解答用紙にせっせと鉛筆を走らせていたワタクシです。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

記事検索

無料ブログはココログ