スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014-08-31

「倫理学」レポート完成

「倫理学」のレポートがどうにか完成しました。只今、安堵のひとときですcafe  夏スク終了後すぐに手をつけられず、木曜日からアウトラインに着手して、実質、土曜・日曜の2日間で完成させたので、突貫工事もいいところですsweat01

課題は「アリストテレスの倫理思想」だったので、夏スク前から『ニコマコス倫理学』や参考文献に少しづつ目を通していました。幸いなことに岩波文庫のワイド版が借りられたので、書体的には読みやすかったのですが、アリストテレスが言わんとしていることを掴むのには一苦労sweat01 多分、アリステレスが難しいことを言っているからではなく、翻訳がもたらす不明瞭さが、この本を難解にしているんだと思ふ。

Hiyoshi campus

例えば『ニコマコス倫理学』で重要な位置を占める対概念、ギリシア語でいうところのdianoetike arête と eitike arêteなるものがあるのですが、岩波の『ニコマコス倫理学』と参考文献、参考論文、夏スクで頂いたハンドアウト、それにテキストでことごとく異なる日本語が採用されているのですwobbly

とくにテキストは他の訳とかなり違った日本語になっていて、この概念を指していることにしばらく気づかなかったほど。こういう重要なキーワードの訳が異なると、この訳とあの訳が同じ概念を指しているんだと把握するのに一苦労で、読んでいくうちに頭がこんがらがってきますsweat01 

夏スクで頂いたハンドアウトの訳が一番分かりやすかったのですが、どなたの訳なのかな?脚注が(1094a12)という原書への参照方法でしか記されていなかったので、質問すればよかったな。

そう言えば夏スクの「哲学史」の先生が、今年出版された「全20巻+別巻」の『アリストテレス全集』を一押しされていました。これがどんな訳になっているのが興味津々なのですが、さすがにまだ図書館には並んでいなくて(涙)  高価ですが、我が区の図書館はリクエストしたら購入してくれるかしら?

ということで、頭がこんがらがりながらもどうにか仕上げたレポ、明日郵便局へ出しに行きますpostoffice

2014-08-29

2014 第II回科目試験&Eスク結果

7月に受けた科目試験の結果とEスクの成績がkcc-channelに反映されていました。類別にソートされていないこともあって、単位が増えてくると該当科目を探すのが結構大変です。

受験したのはテキスト2科目とEスク1科目の計3科目でしたが、予想外のできで合格shineしていましたhappy01

      都市社会学(L)    2単位  A
      オリエント考古学    2単位  A
      英語学-E    2単位  A

実は「都市社会学(L)」と「オリエント考古学」は家に帰ってから、「しまった!を書き忘れちゃったhappy02」というものがあり、Aは無いだろうと予想していただけに、びっくり!

「これで夏休み最後の週末を気分よくゆったり過ごせますnotes 」と言いたいところですが、まだレポが仕上がっていないので、そういう訳にはいかないのが悲しいトコロsweat01 でもあと2日、気分よくレポに集中できそうです。

2014-08-26

2014夏スク 終了

夏スクIII期も無事終了しました。昨年同様II期、III期の参戦でしたが、どの講義も得るものが多く、とても充実した12日間でした。しかし、今年はとうとう眼鏡を二つ持参しなくてはならず、スクリーンを見るときとノートをとるときで、いちいち取り替えなくてはいけないのがほんと面倒でしたbearing 寄る年波には勝てません。

Mita campus

III期の受講科目は「哲学史」。この講義は毎年テーマが変わるようで、今年は「言語の哲学史」がテーマでした。古代の言語哲学といわゆる言語論的転回以降の20世紀の言語論的哲学について、2人の先生がそれぞれ分担して講義するというスタイルでした。

興味のある分野なのでとても楽しみではあったのですが、予想どおり毎日毎日とても難解な授業が繰り広げられましたhappy02 ハンドアウトはざっと80枚ほど。そのほとんどがびっしりの文字で埋め尽くされ、いやもうほんと毎日お腹いっぱいという感じ。

でも、質問シートを提出すると翌日には補足プリントが配られ、じっくりと解説の時間を設けて下さったので、そこで理解が少しは深まったかなとその一瞬は思うのですが、「ん〜、やっぱりよく分かんない、難しかったーsweat01」というのが率直な感想です。あと、ギリシア語ができないと古代の言語について探求するのは難しいということが分かりました(苦笑)

Mita campus

けれどこうして、人を人たらしめる言語についてじっくり考える時間がもてたのは貴重な体験でした。また、Eスクの「英語学」で学んだ語用論が最後の方でちょこっと登場し、「こうやって言語の探求も古代から連綿と続いて今に至るんだなぁ」なんてことをつらつら思いながら、今年の夏スクは幕を閉じました。

III期も沢山の出会いと再会がありました。みなさんからパワーを頂き感謝です。どうもありがとうございました!このパワーのあるうちに次のレポートと格闘しなきゃpencil

2014-08-19

2014夏スク II期終了

夏スクII期が終了しました。午前 & 午後受講で超慌ただしい6日間でしたが、無事に完走することができました。受講科目は、「倫理学(専門)」と「ドイツ語学文学」。両講義とも盛りだくさんの内容で、正直、まだ整理ができていない状態です。

Hiyoshi

倫理学は講義されるはずだった先生が急病で、急遽別の先生が代講されることになったのですが、シラバスに準じた講義をなさって下さった上、私が興味のある分野と本年度のレポート課題であるアリストテレスの内容が別途盛り込まれていたので、なんかもう、めちゃくちゃラッキーって感じでしたhappy01

両講義とも、印象に残る映画をいくつか鑑賞し、文献もたくさん紹介頂きました。全編鑑賞できた映画は「ハンナ・アーレント」だけだったので、それ以外の作品のラストが講義中気になって気になって仕方なかったワタクシ。 夏スクが終わったら早速借りてきて、じっくり見ようと思っています。

積ん読リストに加えたい文献もいくつかできました。ドイツ語学文学の先生が「文学は言語芸術で映画は映像芸術だ」とおっしゃっていましたが、アカデミックな観点から優れた芸術作品を紹介頂けるのも夏スクの醍醐味ですね。

Hiyoshi campus

そして今年もたくさんの学友と素敵な一時を過ごすことができました。1年振りの再会や新たな出会いをもたらしてくれるのも夏スクです。このところ学生であることを忘れていた日も多かったのですが、いろんな方々のお話を聞いて、俄然モチベーションアップshine この波に乗って、III期の三田もがんばりますnotes

2014-08-08

「西洋史特殊I」レポート完成

あれよあれよという間に、夏スクI期がスタートしはや3日目。昨年同様、I期には出席しないのですが、夜スクの申込をし、5日の卒論オリエンテーションに参加し、来週から始まる夏スクに向けての体制を整えつつあります。

と言いつつも、本日の夕方から旅行に出かけ、戻ってくるのはII期の前日なので、10月の科目試験の資格を得るべく、レポートを一つ仕上げました。今回取り組んだのは「西洋史特殊I ー古代オリエント史」で、「地中海世界と西アジア世界の交流」が課題だったのですが、まさに夏のこの季節に取り組むのにぴったりのテーマでした。

紹介されていた参考文献『図解 ギリシア エーゲ海文明の歴史を訪ねて』にも紺碧色の美しいエーゲ海の写真が散りばめられていて、その風景をながめているだけで気分はすっかりエーゲ海クルージングmist

遥か5000年前にタイムスリップして、エジプト、ビュブロス、クレタ島の東地中海の文明を満喫した後は、ペロポネソス半島にあるミケーネの地へ。そこから東に足を伸ばしてトロイ、キプロス島へ。東の次は西へ舵をとり、シチリアとイタリアへ。

最後はフェニキア人に案内してもらいながら、テュロスを発って、サルディニア、カルタゴ、スペイン、そしてイオニアの諸都市へと地中海沿岸を一巡り。夏にもってこいの優雅な旅を満喫し終える頃、レポートも無事完成happy01

ということで、ただ今から現実に戻って、ほんまもんの旅へ出発します。豪華なエーゲ&地中海クルーズには遠くおよびませんが、早朝のお弁当作りから解放される至福の時を満喫してきます。

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

記事検索

無料ブログはココログ