スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014-07-17

「オリエント考古学」レポート返却

ご無沙汰しておりますsweat01 5月末からなんだか慌ただしい毎日が続き、思い通りの慶應通信生活が送れなかったワタクシですが、それでもなんとか期限までにEスク「英語学」のレポを2本提出し、科目試験もどうにか受けるだけは受けてきました。ぜいはぁ。

引き続きバタバタの日々を送っていると、大学から夏スクの受講票が届き、続いて一昨日は、5月末に期限ギリギリで提出した「オリエント考古学」のレポが戻ってきました。私の外では粛々と慶應通信な時が流れていることを実感した次第sweat01 そろそろキャッチアップせねばcoldsweats01

どんなことを書いたのか記憶が定かでなかったレポですが、受付票には達筆な字で、合格shineの文字。コメント欄には短く

構成・内容共に非常によく整っており、課題への優れた解答となっています。

とだけ書かれてあり、急にテンションが上がったゲンキンなワタクシ。でも、とっても嬉しいコメントでしたnotes

早速レポを読み返して、今回は昨年の夏スクで教えて頂いたアカデミックライティングの基本を忠実に守って書いたことを思い出しました。つまり、序論でバシッと結論を述べ、本論でその根拠を提示するというトップ ー ダウン方式で構成したのでした。これまでなかなか序論で結論を言い切ってしまうことができなかったのですが、今回ようやく成功にこぎつけましたhappy01

基本、テキストをベースに取り組める課題だったと思いますが、『聖書時代史 ―旧約篇』はさらに詳しく書かれているので補強になりました。あと、聖書記者が「出エジプト」でどのようなメッセージを伝えようとしたのかを検討する箇所では、「史学概論」を履修していてよかったと思いましたし、『100分 de 名著』の放送&テキストも役に立ちました。

そうそう、今回参考文献の旧約聖書は電子書籍を使用したのですが、電子書籍にはページ数が記されていません。後注を書く段になってどう表記しようか悩んだのですが、聖書には章番号だけでなく、節番号まで振られているので頁数を記すよりも、どこを指しているのか一目瞭然なのです。作者も不明なことから、後注は例えばこんな風に、

1. 旧約聖書 出エジプト 12章37節

としてみたのですが、特に指摘はなかったので、これでOKのようです。

とにかくこの課題は私にとってワクワクするものだったので、古代オリエント博物館に足を運んだりして、楽しみながら取り組んでいるうちに、新たな発見というか、考えを私にもたらしてくれました。リスクを背負って昨年度の課題で取り組んでよかったです。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

記事検索

無料ブログはココログ