スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014-06-06

「都市社会学」レポート返却

「都市社会学」のレポートが帰ってきました。これまでに社会学系のレポートは4本提出しましたが、どれも2週間ちょっとでの返却でありがたかったのですが、今回は昨年度の課題で臨んだのでなおさらです。

結果は無事合格shineで、まずはほっと一安心。評価項目はチェックなし。

形式・内容ともしっかりとしたものとなっています。

というコメントを頂きました。優しい先生なんだと思いますが、「少しづつ、レポートの形式が身についてきたのかな」な〜んて思ってしまう嬉しいコメントでしたhappy01 ただ、

もう少し論を展開できれば、より良くなると思います。

というアドバイスも頂きました。

確かに課題図書の要約に字数が割かれていて、それを踏まえての論が最後にちょこっと述べるにとどまってしまい、自分でも中途半端だなぁと感じていました。でもこれ以上、論を展開すると4000字を思いっきりオーバーしちゃうので・・・と言い訳してみたり(^^;

『レポートの組み立て方』で木下先生がおっしゃっている、「必要ギリギリの要素は何々かを洗いだし、それだけを、切り詰めた表現で書く、一語一語が欠くべからざる役割を負っていて、一語を削れば必要な情報がそれだけ不足になる」 そんな理想のレポートが書けるようになるには、まだまだ修行が必要です。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

記事検索

無料ブログはココログ