スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014-05-24

「オリエント考古学」レポート完成

「オリエント考古学」は文献が面白くてあれこれ読んでしまい、旧約聖書にも目を通したりしていたので、なかなかレポートに着手できずにいたのですが、一昨日からようやく書き始め、先ほど完成しました。

この科目はテキスト履修要綱にアウトラインと言えるものが記されているので書きやすいのですが、結構いろんなことを要求してくれちゃっています。それらを全て網羅しつつ、文献を何冊も読むとあの論点もこの論点も入れたくなるのが人情というもの。どんどん書いていったら初稿は軽く5,000字をオーバーしてしまいましたsweat01

kumashide

ついさっきまで削るべき箇所を目を皿のようにして探しつつ、推敲に推敲を重ねたのですが、「もうこれ以上省けるものはないわ〜」という状態。それぞれの説の根拠や妥当性を議論するだけでも結構な文字数になってしまうし、序論でたてた問に答える部分は省けないしで、今回は久しぶりにかなりの字数オーバーのままで提出することになってしまいました。

古代オリエントに魅せられ、それだけ筆が進んだ興味深い課題だったということで、あとは粛々と評価を待つことにします。そして明日からは溜まりに溜まったEスクの視聴を再開しなくては。この時期はやっぱり忙しーいhappy02

2014-05-21

2014 第I回科目試験結果

大雨の中、恒例の「白 x 水色」の封筒が届きました。今回はkcc-channelで確認する前に封筒を手にしたので、ドキドキしながら開封すると、(←この緊張感はやっぱり捨てがたい)

      社会学史I    2単位  A
      ロシア文学    2単位  A

という結果。久しぶりに、オールAでの(と言っても、2科目だけど)合格shineで、4単位ゲットです。kcc-channelにもちゃんと反映されていました。

mori-no-ie

「社会学史I」は想定外の設問だったものの、テキストを読めば問われていることは分かる問題でした。持ち込み可なので、該当箇所を要約すればOKだったので納得ですが、「ロシア文学」は温情ある採点ですnotes

なんせ、カラムジーンをカラムージン、プーシキンをプーキシンと書いちゃったワタクシsweat02試験終了まで間違った名前で覚えていましたcoldsweats01 ロシアの偉大な作家の名前は間違っちゃったけど、他はそれほど的はずれなことは書かなかった、ということにしておきます。

yamatsutsuji

「ロシア文学」は初めて挑戦した文学系の科目でしたが、試験勉強では読んだことがない作品のタイトルとあらすじ、登場人物の名前を覚えるのに一苦労sweat01 しかも間違って覚えちゃうし(涙) でもなんとか記憶に残っている範囲のものが出題されてラッキーでした。

試験勉強で役に立った文献は、『ロシア文学史』です。いくつか解説書を読みましたが、これが一番丁寧で、分かりやすく、ロシア文学の潮流を掴みやすかったです。

2014-05-17

「西洋史概説II」再レポート返却

約2ヶ月間の長旅を終えて、「西洋史概説II」の再レポが帰ってきました。文献が難しく、あやふやな理解のまま仕上げたレポートでしたが、合格shineでした。うれしーいhappy01  評価項目も初回は2,3,4にチェックが入っていたのですが、今回はノーマークで評価はB。

内容は格段に向上し、学習の跡が認められます。ナチズムの「特質」をヴァイマル期において歴史的に説明し、設問の要求に応えています。

というコメントを頂き、今回はなんとか大学の史学のレポートの水準に届いていたようで、ほっと胸をなでおろしました。けれど、設問の要求に応えることができたのは、先生が文献を紹介して下さったからにほかなりません。正直テキスト履修要綱に紹介されていた文献からは、設問の意図を読み取ることはできませんでしたhappy02

yukiyanagi

減点の理由は、長期的な視点でのナチズムの特質の所在が論じられていないこと。その具体例をいくつか挙げて下さっており、「なるほどなぁ」と思いました。こんな風に不足している点を明確に指摘して下さると、自分では気づくことがなかったフォーカスすべきポイントを把握することができて、とても勉強になります。

最後に、先生から紹介頂いた文献の他に役に立ったのが、「政治学」のテキストです。文献を読み進めていくうちに、これは政治の知識も必要だと気づき、ふと目に入った「政治学」のテキストを手に取ってみたのですが、これがビンゴ!このテキストを先に読んでいれば、あんなトンチンカンなレポは出さずにすんだかも、と思ったほどです。

ということで、2単位ゲット。「西洋史概説II」単位修得ですnotes

2014-05-15

「100分 de 名著」でお勉強

「都市社会学」のレポに続いて、「オリエント考古学」のレポも2013年度の課題で臨むワタクシ。この課題はとにもかくにも旧約聖書が語っている歴史を把握しておく必要があるのですが、タイムリーなことに今、NHKの「100分 de 名著」が取り上げているのが、『旧約聖書』なのです。

千葉大学の先生の解説付きで、旧約聖書を視覚的に学べるのはすごく嬉しいnotes 残念ながら最終回の放送だけはレポ提出後になってしまうけど、昨日までの放送で課題に必要な「出エジプト記」から「申命記」まではカバーされていましたhappy01

poppy

改めて「アダムとエヴァ」や「カインとアベル」「ノアの箱舟」「バベルの塔」「十戒」などなど、信者じゃないのに知っている物語がたくさんあることにびっくり。さすが、世界屈指のベストセラー。けれどそれぞれが断片的で、きちんと系統だって学んだことはなかったので、これを逃すともう旧約聖書を学ぶ機会なんて訪れないと思い、2013年度の課題にしてみました。

テキスト履修要綱でとりあえず漫画ででも、旧約聖書の概要を掴むことをオススメしていたので、学友が推薦していた『手塚治虫の旧約聖書物語 全3巻』を中古で購入!オールカラーだし、各章の最後に壁画の解説もあってお得感満載。概要を楽しく掴むにはもってこいですheart01

komorebi-no-ike

そして聖書自体も一応目を通したいなと思い、1500頁ほどもある旧約聖書はKindle版にしました。いろいろある中で 『口語訳 聖書』を購入。新約聖書も入っているのですが、口語訳なので、私が持っている新約聖書よりもずっと読みやすいです。

電子書籍のいいところはなんと言ってもフォントを大きくできること、ジャンプ機能で読みたい章へすぐ移動できること。旧約聖書ほどの分量になるとこの移動機能は超便利です。あとは外出するとき軽くて、老眼鏡を持ち歩かなくていいのが、ありがたいのconfident

ということで、必要な箇所の聖書の内容も一応頭に入ったことだし、これから参考文献の内容をこぴっと整理して、アウトラインの作成に入りたいと思いますpencil

2014-05-11

「都市社会学」レポート完成

予定より2日遅れて、「都市社会学」のレポートを完成させました。昨日の段階で、4,000字を若干オーバー。1割以内だったので普通ならこれで提出なのですが、社会学系は4,000字以内というお達しがあるので、ちょこちょこ削って、3,929字で完成です。ギリギリセーフsweat01 毎度毎度、4,000字以内に収めるのに一苦労です。

課題は藤田先生の「『都市の論理』を読んで、都市社会と権力の関係について論じよ」という2013年度のもので臨みました。有効期限のことを考えると今年度の課題の方がリスクは低いのですが、「社会学史I」でフーコーの権力論について学んだので、今度は我が国の研究者の権力論を学びたいなと思ってconfident

suiden

『都市の論理』『都市と権力』を一般向けにしたものだけに読みやすく、「都市と農村のパラドックス」というテーマを読んだときは、都市にしか住んだことがない私は、なんもと複雑な気持ちになったりもしましたが、都市がどのように形成されていくのかということや権力の本質についてを知ることができ、得るものが多い文献でした。

何よりの収穫は、都市を否定したポル・ポト政権の支配が暴力という手段でしか帰結しえなかった理由が論理的に説明されていて、目から鱗というか、「あぁ、そういうことなのか」と、とても勉強になりました。

2014-05-07

「都市社会学」レポート着手

ゴールデンウィークは大阪の友人が遊びに来てくれて旧交を温めたり、家族であちこち出かけたりと、目一杯遊んであっという間に終わってしまいました。従いまして、お勉強はほとんど手付かず。「オリエント考古学」の参考文献をちょこっと読み進めることができた程度ですsweat01 連休中はEスクの配信がなかったので助かりましたが、連休明けの本日はしっかり7〜9回目がアップされており、まるで通教生活再開の合図のようでしたcoldsweats01

mugi-batake

しかし今日は、Eスクはお休み。「都市社会学」のレポートに着手し、序論と1章、2章を書き上げました。連休前にテキストと参考文献を読み終え、アウトラインをほぼ完成させていたので、あまり間をあけると忘れてしまいそうでsweat01 今のところ2000字ちょっとなので、字数的にはいい感じです。金曜日までに3章と結論を書き上げ、序論を修正して完成にこぎつけたいと企んでいますが、木曜・金曜ともに予定が入っているので、仕上がるかどうか微妙coldsweats01

komorebi-no-sato

何故か5月は平日も週末もいろいろ予定が入ってしまい、Eスクを溜めずに聴講しつつ、「オリエント考古学」のレポにさっさと取りかからないと、間に合わない能性が大sweat01 昨年もそうでしたが、テキスト科目にEスクが入ると一気に慌ただしくなってしまいます。少なくともレポ締め日の26日までは、自転車操業が続きそう。けれど「英語学」も「オリエント考古学」も面白いと思える科目なので、焦りながらも楽しめそうですnotes

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

記事検索

無料ブログはココログ