スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014-04-28

Eスク「英語学」第6回まで

昨日はアウトドアファミリーに誘われて、1567mの丹沢山に登ってきました。鎖伝いに崖を登る難所もあり、高所恐怖症の私は生きた心地がしませんでしたが、登り切った場所から見下ろしたパノラマ風景は地球を感じるくらい雄大で、とてもファインダーには収めきれませんでした。

そして今日、あちこち痛みが走る身体をいたわりつつ、Eスクにアクセスすると、「英語学」のレポート課題が発表されていました。「複数の国で報じられている英語のニュースを比べよ」というお題。1500字程度でOKとのことなので、ちょっぴりほっ。でもまだ講義は第1章が終わったばかりなので、もう少し視聴してから取り掛かろうと思います。

Tanzawa-san

今回は「言語は生得的か、それとも社会的か」という言語学の潮流の話が興味深かったです。夜スクの哲学でも「因果は生得的である」とするカントの主張に???だったワタクシは、「言語の修得は生得的である」とするチョムスキーの主張も???だったのですが、言葉の起源という観点から見ると、その考え方は現在トーンダウンしてきているという説明を伺って、至極納得できたのでした。

もう一つ面白かったのが、「会話の含意」の箇所。直接的でない言葉を投げかけられたとしても、相手の言いたいことを汲み取ることは大人には簡単にできるけど、子どもはなかなかできない。なぜならそこには推論が働いているから、というお話は実体験があるので、なるほどな〜と思いました。間接言語行為をきっちり理解できるようになるのは、何歳位なのかなぁ?

Tanzawa-san

そして、同じ推論を働かせるには同じ慣習がなければならないということも、考えてみれば当たり前なんですけど、実際、外国の方々とやりとりしていると、「あぁ、それでmisunderstandingがあったのねー」なんてことはままあるものなんですよねcoldsweats01

言語学って自分の体験に当てはめて考えられるのが面白いのですが、決して簡単というわけではなく、理解できない箇所もいくつかsweat01 特に言語行為論のときは、頭の上に?が5つくらい浮かんだのですが、先生が「とっても理解されていないという雰囲気を今感じ初めていますが・・・」とおっしゃったので、「あぁ、私だけじゃなかったのねー」とちょっと胸をなでおろしたりして。限られた時間の中での講義なので、駆け足になってしまう箇所があるのは仕方がないのですが、もう少しじっくり聞きたかったところだったので、ちょっと残念bearing

2014-04-21

2014夏スク 案内到着

週末に今年度の夏季スクーリングの案内が届きました。昨年は英語のみで、その他の科目を受講することができなかったため、ワクワク感も倍増ですnotes まずは日程表に目を通して、受講したい科目をチェックしていくと、なんと12科目も印がついてしまいました。本年度は受講したい科目が目白押しですhappy01

けれど、3期続けてフル受講というわけにはいかないので、これから講義要綱をじっくり読んで、どれにするか決めなくてはいけません。ただ、肝心な子どものスケジュールがまだはっきりせず、これが手に入らないことには決めようがないので、3パターンくらい候補を作っておいて、子どものスケジュールが出次第申し込むことになります。

shidarezakura

専業主婦なので、仕事をもちながら通信生活をされている方々に比べると、かなり恵まれた環境にいるのですが、夏スクの間だけはキリキリ舞になるワタクシweep 一年目はちょうど夏スク期間中に子どもが親戚と一緒に旅行するという、素敵な偶然が舞い降り、勉強時間もそこそこ確保することができたのでした。

しかし、昨年は午前と午後の講義を受講していたら、勉強時間が確保できないどころか、家事が回らないということがはっきり分かったので、今年も昨年同様、午前か午後のどちらか一つだけを受講する予定です。

shidarezakura

ベストは子どもと一緒に家を出て午前の講義を受け、私が一足先に家に戻って、子どもが帰ってくるまで復習するというパターンかなと思うのですが、お弁当を作ってから最低限の家事を済ませた上で、8:30に教室に入るには、一体何時に起きなきゃいけないんだろうと思うと、午後の講義に惹かれてしまいますcoldsweats01 でもそうすると、復習の時間がほとんど取れないんですよねhappy02

毎年、夏スクに突入すると、ホテル暮らしの方々が羨ましくて、羨ましくてlovely 一度でいいので、大学近くのホテルから通学をしてみたいと、密かに願っているワタクシなのでした。

2014-04-17

Eスク「英語学」第3回まで

1年振りのEスク。今年は「英語学」です。昨年同様、自己紹介と写真をアップロードして、一昨日と昨日、今日の3日間で第3回まで聴講しました。3回分が夏スク一日分です。

英語Wでお世話になった先生のお顔や教室がPCの画面に現れると、昨年の夏スクの出来事が走馬灯のように浮かんでは消え、日吉の夏にタイムスリップしたみたいでしたconfident

Todaiji

一口に英語学と言ってもいろいろな研究分野があるのですが、この講義では語用論(社会言語学)について学びます。昔々使われていた英語ではく、現在使われている生きた英語が研究の対象で、どうやら我々が無意識に使っている言葉に関して、使い方に何か普遍性や規則性はあるのか ―つまり我々はどのように言葉を使っているのか― というような点について考えていくようです。

「社会学史I」で学んだ学者も登場するなど、社会学とも密接に関係しており、「社会学史I」を履修しておいて良かったかも。しかも、本日の講義はエスノメソドロジー!なんと、先週末の「社会学史I」の科目試験で出題された章のタイトルです。こうやって先生の講義を聴くと、表面的にしか理解できなかったエスノメソドロジーという概念が、すっと入ってくるから不思議。この講義、あと一週間早く聞きたかったなーhappy02

Todaiji

興味深かったのは、どんな人間も根本的な二つの行動原理を有しており、それを色々な言葉使いの説明原理にしたという点。二つの行動原理とはpositive face(連帯)とnegative face(独立)のことで、(この和訳スバラシイ!) 人間はみな、人と仲良く・人とかかわり・人に褒められたい・人と繋がっていたい(=連帯)と願っている反面、一人でいたい・邪魔されたくない・自由でいたい・自分で決めたい(=独立)とも願っているということ。

相手と自分の関係をどう調整するか ―どれだけ踏み込むか、どれだけ距離をおくか― ということが言葉に反映されているというお話が印象に残りました。これまでの社会学者やエスノメソドロジストが行ったフィールドワークの研究紹介もとてもユニークで面白く、次回の講義が今から楽しみですnotes

2014-04-15

次のレポート

楽しみにしていた新年度のテキストは、タイミング良く旅行から戻ってきた次の日に到着しました。昨年はとんだハプニングに見舞われたのですが、今年は春うららかな、穏やかな日に配達されてきましたcherryblossom 早いものでこれが最後の配本となります。

テキストがずらりと並んだ本棚を眺めていると、すっごく勉強したような雰囲気ですが、履修していないテキストの方が圧倒的に多いという事実coldsweats01 でもテキストが全て揃ったところで、ざっと目を通し、ざっくりと卒業までに履修したいテキスト科目を決めてみました。履修順序はレポート課題を考慮しながら、気分次第でnotes

Araike & Gojunoto

ただ、2014年度のレポート課題をチェックすると、2013年度の課題で書きたい科目が二つ三つあったので、2014年度のレポートは、まずその科目たち ―「都市社会学」と「オリエント考古学」から手をつけることにします。

この二科目にEスクの「英語学」が加わり、レポートも2回あるようなので、4月〜7月はかなり忙しくなりそうですdash 本日からスタートしたEスク、第3回までがアップされていたので、さっそく第1回を聴講しました。Eスクについては、また別の記事でpencil

Someiyoshino

そうそう、土曜日に無事、念願だった『文学部専任教員一覧』を購入することができました。お茶の時間に学友に見せると、「表紙の色が違う!」とのご指摘が。どうやら補助教材の色と合わせてあるようで、今年はクールなでした。

先生方がどんな研究をなさっているのか、こちらもざっと目を通してみました。気になった文献が幾つかあったので、平行して読んでいきたいと思います。

2014-04-13

2014 第I回科目試験終了

今年度初の科目試験が終了しました。昨日が「社会学史I」で、本日が「ロシア文学」でした。残念ながら両科目ともさらっと目を通した箇所からの出題でしたhappy02

「社会学史I」は「自分の好きな学者でありますように!」と祈りつつ問題用紙に目を通すと、人物らしき名前はどこにも見当たらず、 「対応理論と同一理論の違いを述べよ」という問題。一瞬、「そんな用語テキストに載ってたっけ?」と思ってしまったワタクシcoldsweats01 幸いなことに持ち込み可の科目なので、テキストの該当頁を開くと同一理論の所にアンダーラインが引いてありました(苦笑)

しかし、この言葉、持ち込んだ『社会学小辞典』でも、『社会学』でも、電子辞書のブリタニカでもヒットせず、テキストだけを頼りに回答するしかない状態に陥り、しばしプチパニックにsweat01 かなりの時間をロスしてしまったのですが、気持ちを切り替えてテキストをじっくり読むと、パーソンズの理論とシュッツの理論を対比させればいいのだと分かり、どうにかこうにか、時間ギリギリで書き上げました。

white flower

「ロシア文学」も「19世紀の作家か作品が主題されますように!」と神頼みして臨んだのですが、これまた残念なことに18世紀からの出題でした。ただ誰の作品を論じてもOK、一つの作品を詳しく論じてもいいし、多数の作品を文学史の流れとともに論じてもOKという形式だったのはありがたかったですnotes

私の場合、複数の作品を論じると登場人物の名前をテレコにしちゃったり、収まりきらない可能性が大なので、一番印象に残っているカラムジーンに絞って、彼の代表作『哀れなリーザ』と彼がロシア文学史に及ぼした功績について、さらっと解答しました。(さらっとしか解答できなかったsweat01)個人的にはプーシキン、レールモントフ、ドストエフスキー、トルストイあたりにチャレンジしたかったんですけど(笑)

Mita campus

チャレンジしたかった社会学者やロシア文豪に挑むことができなくて、ちょっと残念ではあったのですが、試験終了後に学友と遭遇し、そんな気分もどこかへ吹っ飛びました。

先輩の皆さまは、5月の卒論指導に向け今まさにスパート時期で大変なご様子。卒論執筆の奮闘秘話を伺っていると、お気楽にお茶を飲んでいるのは私一人という感じでしたcoldsweats01  でも、他愛もない話も含め、いろんなお話を伺っているうちに、卒論執筆のイメージがなんとな〜く湧いてきて、卒論がちょっとだけ身近な存在に感じられた、貴重で楽しい時間でありましたhappy01

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

記事検索

無料ブログはココログ