スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014-03-31

「ロシア文学」レポート返却

「ロシア文学」のレポートが返却されました。またまたサインがフルネームで記されていて、評価欄に丁寧な字で合格shineと書かれてありましたnotes 評価項目欄はノーマークで、

論の展開方法は悪くなく、自分なりの論旨が展開できています。また、Uikaさんは外套に対するアカーキイの心理の変化など、細かい点にも注意を向けており、『外套』という作品をきちんと読んでいることが分かります。

というコメントを頂き、かなり悩んだレポートだっただけに、論の展開もあんな感じで大丈夫だったと分かってほっ。そして今回「Uikaさんは」と、コメント欄に自分の名前が書かれてあることがとても新鮮でした。こんな風に自分の名前が書かれたのは初めてで、まるで先生から名前を呼ばれているような、先生と会話をしているような感じがしてconfident

Hakumokuren

ただコメントの最後に、アカーキイが心の奥底に宿していたであろうある感情を、○○という言葉で表現したのですが、その言葉が適切ではないというコメントを頂きましたsweat01

言葉の使い方も悪くありませんが、レポート2ページ目と5ページ目、そして6ページ目に「○○」という言葉が使われているのが気になります。前後の文章から判断して、「○○」ではなく、「☆☆」とか「△△」といった言葉を使うのが良いでしょう。

「○○」は虐げられているペテルブルグの市井の人々をイメージしていたら浮かんできた言葉で、☆☆や△△では綺麗すぎるなぁと思って、あえて意図的に使った言葉だったのですが、行き過ぎだったようですcoldsweats01 用いる言葉に対しての指摘は文学の先生だからこそかもしれませんが、こんな細かいところまできっちりアドバイスを下さると、試験がんばらなきゃ!と思います。

が、本来なら「受験受付票」も届いてスパートをかける時期なのに、明日から5日間ほど、子どもと帰省&旅行をするワタクシ。この間全く勉強はできないので、戻ってきてからの1週間で、ロシア文学史を全て覚えなきゃいけないんだけど、ロシアのやたら長い人の名前と作品名がなかなか覚えられず、新しいものを覚えたと思ったら前のを忘れるという、かなり厳しい状況ですhappy02

2014-03-12

棚から牡丹餅な出来事

昨日レポを出しに郵便局へ行ったとき、書き損じ & 未使用の年賀状を持っていったのですが、思わぬラッキーな出来事に遭遇したのでご報告happy01 1枚につき5円の手数料を払えば、郵便はがきに交換してくれることは知っていたのですが、なんと切手にも交換可能だったのです!知らなかった・・・。

実は今まで「5円払ってほとんど使わないはがきに交換するのは、もったいないな〜」と思っていて(せこっ)、イベントの申し込みや懸賞なんかに使えばいいやと、ずっと年賀状のままで置いてあったのです。しか〜し、マメじゃない私が懸賞なぞに応募するはずもなく、たまりにたまって気がつくと60枚ほどが手元に・・・coldsweats01

郵便局で交換してもらうとき、「はがきってあんまり使わないんですよね〜」とふと漏らしたら、レポートの処理をして下さった局員の方が、「切手にも交換できますよ」と一言。まさに神の声を聞いたかと思いましたlovely もちろん「すべて切手に交換お願いします」と答えたのは言うまでもありません。

momo no hana

手数料見合いの5円を差し引いて、一枚あたり45円 x 持ち込んだ枚数の金額が切手に交換されるという仕組みです。消費税が上がっても通信教育の郵便代と特定記録代は据え置だと教えて頂いたので、80円、15円、1円の三種類の切手に交換してもらいました。

端数が出た場合、追加代金を払えば希望の切手を購入できるとのことでしたが、今回は4月以降、封書82円、葉書52円になるので、端数分は1円切手に充てました。

思いもかけず、来年度のレポ用の切手が調達できた運びとなって、「こいつは春から縁起がいいワン」と足取りも軽く(レポも提出したしnotes)家路についたワタクシなのでしたhappy01 もし、書き損じや未使用の年賀はがきがお家で眠っていたら、郵便局へGO!通信生ははがきではなく、切手に交換ですよん。

2014-03-11

「西洋史概説II」再レポート提出

再提出期限が明日に迫った「西洋史概説II」の再レポート、『全体主義の起原3』から引用した箇所があったので、頁数など間違いがないかを確認して郵便局へpostoffice この文献がなかなか借りられなくてチェックできなかったのよーweep

再レポは『ファシズム』と『全体主義の起原』をベースに構成しましたが、政治の知識が無いので、どの文献も難しかったbearing とくに『全体主義の起原3』の最終章 ――重要な結論部のためか、独日と英日の両翻訳が掲載されていたにもかかわらず―― が難解で四苦八苦sweat01

ハイデガーの愛弟子&恋人だった方が書かれたものだから、私のような凡人にはそうそう理解できないとは思うものの、何度読んでもアーレントが言わんとしていることが見えなくて途方に暮れました(涙)

ume

他の章もアーレントの概念が綴られている抽象的な部分、いわゆるトピックセンテンスが難解で、それを具体的にサポートしてくれている文章から、どうにかこうにか彼女の言わんとしていることを読み取った感じ。前提となる知識をもっともっとつけてから、もう一度読みたい文献です。

それでも彼女ならではの視点で、全体主義の支配体制が、これまでの王政や専制・君主政治の支配と、根源的に異なる部分が何なのかを指摘していた箇所はとても興味深かったです。

と、こんな感じで2013年度のしめくくりも、またまた滑り込みセーフでの投函となりましたが、無事提出することができてほっと一息。これで2013年度の積み残しがなくなり、やっと科目試験の勉強に取りかかれます。いよいよ2014年度がやってきますhappy01

2014-03-08

「社会学史I」レポート返却

「社会学史I」のレポートが返ってきました。は、はやい!2月17日受付・3月6日返送のスタンプなので、2週間ちょとしか経っていません。このくらいで戻ってくると、自分が何を書いたのか覚えているので効率がいいですね。それに持ち込み可の科目なので、試験前に返却されるのはとってもありがたいです。

結果は、合格shine
「社会学史II」と同じ先生のサインで、コメント欄に

現代社会について権力の内在化という視点からていねいに考察がなされています。

と書かれてありました。

vernal flowers

「社会学史II」も同じようなコメントを頂いてほっとしたのですが、欲を言えば、「こういうところが足りないよ」とか「こんな視点もあるよ」というような、次につながるコメントを頂けるともっといいなconfident

あとは試験ですが、まだちょっと時間があるので『クロニクル社会学』で紹介されている文献の中で、気になったものを読んでみようと思います。

2014-03-07

「西洋史概説II」再レポート完成

提出期限が5日後に迫った、「西洋史概説II」の再レポをなんとか仕上げました。そう、前回散々な評価を頂いた、あのレポートですsweat02 今回は全く違う切り口で、ほぼ全面書き直しました。今日また『全体主義の起原3』を借りることができたので、週末にざっと目を通してから提出します。

『ファシズム』『全体主義の起原1〜3』、計4冊の文献に目を通すようアドバイスを頂いたのですが、うち2冊が在住している区の図書館にはなく、港区で借りたり、近隣区から回してもらったりして読み進めたのですが、近隣区から配送してもらう本はネット予約や延長ができないので、図書館に足を運んで手続きをしなくてはならず、これが結構大変でしたhappy02

その上、『全体主義の起原』は常に何名かの予約が入っていて、返却時に予約を入れても、次に借りられるのは1〜2ヶ月先という状態weep 在住区の方が優先だから仕方がないのですが、一気に取り組めなくて、ほんと困りました。映画「ハンナ・アーレント」効果?

vernal flowers

私は論証に利用できそうな箇所や、思いついたことをメモしながら文献を読んでいくので、読了するまでに結構時間がかかるのですが、この文献はサラサラ読める内容のものではないだけに、2週間で読み切ることができず、返却してはまた借りること数回。いいかげん買っちゃおうかとも思いましたが、一冊5000円ほどするのでcoldsweats01

でもなんとか提出期限までに読み切ることができてほっ。そして、これらの文献を読んで分かったことは、前回のレポが課題に対して、かすりもしていない内容だったということsweat01「西洋史概説II」のレポですが、これは「西洋史」ではなく「政治学・政治思想」のお勉強で、「皮相的な政策や政治事件の羅列」はほとんど必要なかったのでした。テヘヘ。

少しはマシになったと思うけど、この文献たちが難しくてcoldsweats01 自分が理解できた内容だけでレポを構成したので、また駄目出しされそうな気もするけど、もう悩んでる時間はないので週明けに送り出しますpostoffice

2014-03-02

2013年度 第IV回科目試験結果

今週一週間、出席停止だった息子の熱がようやく下がったものの、咳がひどいので土曜の朝一番で病院へ。待合室は超満員で、インフルエンザはまだ収束していないことを実感。今年のインフルエンザは発熱の症状がない方もいるそうなので、要注意とのこと。「なんかヘンだな、だるいなと思ったら即、受診!」とお医者さまから言われました。

さて病院から戻るといつもの「白 x 水色」の封筒が届いていました。でも、今回はkcc-channelですでに確認していたので、いつものようにドキドキすることもなく(ちょっと寂しい)開封すると、成績欄に記されていたとおりの文字が。何はともあれ、今年度最後の科目試験を合格shineで締めくくることができてよかったです。

      社会学史II    2単位  A
      科学哲学    4単位  B

ただ、まったく勉強しなかった分野から出題された「社会学史II」がAで、レポート課題と同じ分野、つまり少しは勉強した分野から出題された「科学哲学」がBってどうなのよって感じsweat01 「普通逆だろっ!」と突っ込むところですが、予想と違うのもこれまた慶應通信の醍醐味ですね。それにしても「社会学史II」はびっくりですが、「科学哲学」は何か大切なポイントを書き落としてるわけで、何を書かなきゃいけなかったんだろ〜、知りたいよ〜。

などと思うところは色々ありますが、6単位ゲットshineとなり、これで修得単位は58になりました。巷でK点と言われる116単位のちょうど半分、ようやく折り返し地点です。今年度を振り返ると、11科目26単位(うちスクーリング 5科目8単位)の修得という結果に。

初年度が7科目14単位(うちスク―リング 2科目4単位)だったので、数字だけを比べると今年度は結構頑張ったように見えますが、初年度は制度上、科目試験が3回しか受けられず、かつ、Eスクも受講できないので、それらを勘案すると、まぁ同じようなペースだったのかな。今年度は夜スクも受講できたしねhappy01 だた、二年連続、レポが年度内に合格せず、持ち越しとなっている科目が1科目あって、ともに歴史関係なのが必然と言えば必然なのかしらcoldsweats01

四半期毎にテキスト科目とスクーリング科目、合わせて3科目の学習というのが今年度のパターンでしたが、このくらいの分量が私にはちょうどいいようです。ただ、来年度はこのペースを守ることよりも、もう少し深い勉強をすることに重点を置きたいな、置かなきゃな、と思っている今日このごろです。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

記事検索

無料ブログはココログ