スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 「社会学史I」レポート & 配本申込書提出 | トップページ | 「ロシア文学」テキスト&文献読了 »

2014-02-20

在籍確認シール & 放送英語テキスト到着

在籍確認シ―ルが届きました。ご覧のとおり卒論指導という赤い文字が、右端に刻まれております。実はこの四文字が記されるのを首を長くして待っていたワタクシ。というのもこの文字を見せないと、毎年春に発行される『文学部専任教員一覧』という冊子が購入できないんです。私の場合、この冊子の購入権獲得のために、卒論登録を急いだといってもいいくらいbleah

これは文学部の先生方の研究内容が一目で分かる冊子で、卒論のテーマを選定する際に必要な情報。もちろんWebで閲覧することもできますが、紙媒体の方が一覧性があって便利なので、手元に欲しかったんですよね。来年度の冊子が発行されたら早速入手して、どの先生がどんな研究をなさっているのか、まずはそこから研究していきたいと思います。

20140221_1523

在籍確認シールと時を同じくして、来年度の「放送英語W」の指定テキストも届きました。英語Wはすでに単位修得済なので、正規聴講生としての登録はしなかったのですが、6日間の夏スクではアカデミック・ライティングなるものが、こういうもんだとどうにか分かった程度で終わってしい、もっと、もっと演習をやりたかったというのが正直なところでした。

そしたら来年度の放送英語Wは、昨年お世話になった夏スクの先生がご担当なさるということで、これはもう実践編のもってこいのチャンス!今年度に引き続き、またまたこっそり放送英語を受講しようと決意。1年間かかさず聴講して、アカデミック・ライティングの基礎を身につけたら、日本語のレポートも少しはアカデミックな香りが漂うようになるはず。いや、たぶん、なるんじゃないかなと期待してsmile

« 「社会学史I」レポート & 配本申込書提出 | トップページ | 「ロシア文学」テキスト&文献読了 »

卒業論文」カテゴリの記事

放送英語2013」カテゴリの記事

事務手続」カテゴリの記事

コメント

卒論指導の文字が光りますね!

来年の放送英語のアカデミックライティング、
すごく受講したいのですが!!
鈴木ゴロー先生のある意味大学らしい異次元の授業も
面白かったのですが、
アカデミックライティングの放送英語授業にも
すごく興味があります。
受講したいな~!

ぎりぎりセーフで頂いた四文字なので、指導登録に入るまでの道のりが長いことは覚悟しています(笑)

私もゴロー先生の英語Wも味があってすごく好きでした。ただちょっとディクテーションが大変ではありましたが(^^; でも寄り道の大切さを教えて頂きました。ゴロー先生はKappaさんと時を同じくして、慶応をご卒業されるとのことなので、もうあの独特の口調を拝聴できないのかと思うと、ちょっぴり残念です。

> 受講したいな〜!

ひかり号のような速さで卒業なさるからですよ(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 「社会学史I」レポート & 配本申込書提出 | トップページ | 「ロシア文学」テキスト&文献読了 »

記事検索

無料ブログはココログ