スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

科目試験2013

2014-03-02

2013年度 第IV回科目試験結果

今週一週間、出席停止だった息子の熱がようやく下がったものの、咳がひどいので土曜の朝一番で病院へ。待合室は超満員で、インフルエンザはまだ収束していないことを実感。今年のインフルエンザは発熱の症状がない方もいるそうなので、要注意とのこと。「なんかヘンだな、だるいなと思ったら即、受診!」とお医者さまから言われました。

さて病院から戻るといつもの「白 x 水色」の封筒が届いていました。でも、今回はkcc-channelですでに確認していたので、いつものようにドキドキすることもなく(ちょっと寂しい)開封すると、成績欄に記されていたとおりの文字が。何はともあれ、今年度最後の科目試験を合格shineで締めくくることができてよかったです。

      社会学史II    2単位  A
      科学哲学    4単位  B

ただ、まったく勉強しなかった分野から出題された「社会学史II」がAで、レポート課題と同じ分野、つまり少しは勉強した分野から出題された「科学哲学」がBってどうなのよって感じsweat01 「普通逆だろっ!」と突っ込むところですが、予想と違うのもこれまた慶應通信の醍醐味ですね。それにしても「社会学史II」はびっくりですが、「科学哲学」は何か大切なポイントを書き落としてるわけで、何を書かなきゃいけなかったんだろ〜、知りたいよ〜。

などと思うところは色々ありますが、6単位ゲットshineとなり、これで修得単位は58になりました。巷でK点と言われる116単位のちょうど半分、ようやく折り返し地点です。今年度を振り返ると、11科目26単位(うちスクーリング 5科目8単位)の修得という結果に。

初年度が7科目14単位(うちスク―リング 2科目4単位)だったので、数字だけを比べると今年度は結構頑張ったように見えますが、初年度は制度上、科目試験が3回しか受けられず、かつ、Eスクも受講できないので、それらを勘案すると、まぁ同じようなペースだったのかな。今年度は夜スクも受講できたしねhappy01 だた、二年連続、レポが年度内に合格せず、持ち越しとなっている科目が1科目あって、ともに歴史関係なのが必然と言えば必然なのかしらcoldsweats01

四半期毎にテキスト科目とスクーリング科目、合わせて3科目の学習というのが今年度のパターンでしたが、このくらいの分量が私にはちょうどいいようです。ただ、来年度はこのペースを守ることよりも、もう少し深い勉強をすることに重点を置きたいな、置かなきゃな、と思っている今日このごろです。

2014-01-27

2013年度 第IV回科目試験終了

2013年度第IV回科目試験が終了しました。2科目とも持ち込み可で、暗記の必要が無いにもかかわらず、「かろうじて理解しているところが出題されますように!」と、今回も神頼みで臨んだ試験となってしまいましたsweat01 反省。

特に「科学哲学」は量化理論、確率あたりが出題されたら手も足もでなかったと思うのですが、ラッキーなことに進化からの出題だったので、回答することが出来ましたnotes

テキストも参考にしましたが、自分が作成したレポートとアウトラインが一番役に立ちました。レポートが試験前までに返却されたことに感謝です。こういうラッキーなケースもあるので、持ち込み可の場合これらを持ち込むことをおススメします。

Mita campus

「社会学II」は「科学哲学」と比べるとまだテキストが理解できたので、「科学哲学」よりは安心して臨んだのですが、持ち込んだレポートも参考文献も電子辞書も役に立ちませんでしたbearing というのも全く予期していなかった、音楽を切り口にした出題だったから。

テキストで簡単に触れられてはいたものの、じっくり考えることのなかった箇所でした。音楽が趣味な私にとっては興味深い内容ではあったのですが、そんな私でも「そういえば、私、この平均律で苦労したのよね〜。ピタゴラスの音階で弾きなさいって言われ続けて。ウェーバーは音楽も研究してたのか。いつか文献を読んでみたいな〜」と思っただけでスルーしてしまいましたcoldsweats01

Mita campus

テキストの該当箇所を穴があくほど読み返しましたが(と言っても2頁ちょっとなのですぐに読めちゃう)、間接的な答えは書かれてあるものの、因果関係を記した記述が見当たらないsweat02 ウェーバーの『音楽社会学』に目を通していれば答えられるんでしょうが、読んでないのでお手上げです。

仕方がないので間接的な答えに辿り着くよう、私が持っている音楽の知識から想像して、いえいえ、論理的な推論をして(ホンマか?) 答えをどうにか書いてみましたが、全くもって自信なしです。

いやー、まさかこんな問題が出るなんて・・・って感じで終わった、2013年度最後の科目試験でありましたcoldsweats01

2013-11-28

2013年度 第III回科目試験結果

10月に受験した第III回科目試験の結果が、いつものように「白x水色」の封筒で届きました。今回はいつにもまして超ドキドキheart02 というか、「西洋史概説II」はD覚悟で封を切ったところ

      論理学(L)    2単位  A
      西洋史概説II    2単位  C

ギリギリC抜け合格でほっとしたような、再挑戦したかったような複雑な気持ち。多分精一杯やってCという結果だったら、こんな気持にはならなかったと思う。二問中一問選択方式だからと言って、学生時代に散々やってきた、ヤマを張るという手抜きをしてしまったがゆえ。慶應通信に入学しようと決めたとき、自分のための学びなんだから、時間は気にせず丁寧にこなそうと決めていたはずなのにhappy02

D評価でも文句は言えないヘロヘロな解答だったので、採点して下さった先生の温情に報いるためにも、再レポは納得のいくものを仕上げて提出しようとココロに誓ったワタクシです。

そんなわけで、「西洋史概説II」はレポが合格していないので、今回は「論理学(L)」の2単位のみゲット。これで修得単位総合計が切りのいい、50単位shineとなりました。「めでたい!」ということにしておきますbleah

2013-10-21

2013年度 第III回科目試験終了

両日とも生憎の雨でしたが、今年度3回目の試験も無事受験することができました。

1日目は「西洋史概説II」。この科目は覚えることが満載でとても覚えきれず、仕方なく試験直前はフランス革命前までに焦点をあてて読み込みをしたワタクシ。というのもこの科目は2問中1問選択方式なので、フランス革命前から1問、革命以降から1問出題されるだろうと予想したのです。しかし、こういう姑息なことをしてはいけませんね。出題されたのは「ウィーン体制」と「第一次世界大戦」で、どちらもフランス革命後でした(涙)

ペン書きのプレッシャーと予想がはずれたことに動揺しつつも前者を選択。「確か理念はヨーロッパの勢力均衡保持となんとか主義だったよなー、何主義だったっけ?そんなに難しい言葉じゃなかったけど、あれぇ〜 思い出せない、なんだったっけーsweat01」ってな感じで、キーワードがいつまでたっても出てこず、そこで頭が真っ白にcoldsweats01 内部崩壊の理由も正確に思い出せずに、結局用紙の半分くらいしか書けませんでした(涙)

テキストを見直すと、間違ったことは書いてなかったけど、書かなきゃいけないことの半分しか書けてなかったので、Dの可能性大sweat02 結局最後まで思い出せなかった「正統主義」というキーワードを目にしたら、内部崩壊の理由も思い出せたのですが、今さらジローですsad

この科目はレポも不合格を頂いたことだし、引き続き1月まで腰をすえてじっくりお勉強しますです。はい。もっと記憶の定着のトコロに工夫をこらして、そこに時間をかけないといけないということが身にしみました。

一方、2日目の「論理学(L)」は真理関数からの出題だったので超ラッキー問題でしたhappy01  懸念していた自然数がどうとか、有理数がどうとかいう数学的な問題じゃなかったので、ほっ。「論理学(A)」のときと同じく、真理表を作成すればあっという間に解けちゃう問題で、20分後教室を後にしました。この日は寒くて、お手洗いに行きたくなっちゃってcoldsweats01

こんな感じの出来でしたが、今は終った開放感に浸りつつ、どのテキストから手をつけようかなぁ〜と次の履修計画を考えている至福のときnotes  あっ、その前に、夜クス「哲学」の宿題が出てたんだ。明日までにやんなきゃpencil

2013-10-05

メルアド登録@メディアセンター

先日の夜スクの講義前にメディアセンターへ立ち寄り、学友に教えてもらった、新しく導入されたバーコード方式の入館ゲートを試してみました。学生証の方向を確認しなくていいので、こっちの方がラクhappy01 でも残念ながらワタクシの時も "フラワーロック"は出てきてくれませんでした(残念)。思うに、入館100万番目様とかじゃないと、登場して頂けないのでしょうcute

さて、入手したかった参考文献は貸出し中で、返却日がかなり先だったこともあり、予約手続きを済ませたところ、「メール登録もされますか?」という申し出を頂いたので、もちろんその場でメルアド登録の手続きも済ませてきました。

区立図書館では予約した本が指定図書館に準備され次第、メール連絡が入るサービスがあるのでとても便利なのですが、慶應では卒論登録が済んでいないとメール通知サービスも受けられないと思っていただけに、とてもありがたいですhappy01

係の方から「アドレスはこれで間違いないですか?」と確認を促されたので、PC画面を覗き込むと、そこにはkcc-channelに表示される学籍情報が映し出されていました。メディアセンターで私の学籍番号が入力されると、こういうものが出てくるというのは、考えれば当たり前のことなんだけど、なぜか新鮮な衝撃で「あぁ、私はここの学生なんだな〜」と思った一瞬でありました。

「2013.10 科目試験受験受付票」も届き、kcc-channelから申し込んだ 2科目がちゃんと許可されていたので、なんとかこの「学生な気分」を試験日まで持続させたいものです。

      10月19日(土)   E群   西洋史概説II
      10月20日(日)   C群   論理学(L)

これを見て「そういえばレポートがまだ戻ってきてないけど、そろそろ論理学(L)のお勉強にも着手しないと・・・。」と思ったのは言うまでもありませんsweat01

2013-09-04

2013年度 第III回科目試験申込 by kcc-channel

kcc-channelでの受付開始初日の昨日、10月の科目試験の申し込みを済ませました。アクセスしてからものの1分もたたないうちに完了です!今まで郵便局へ足を運んで、240円の切手を購入していたことを思うと、あまりの早さに感無量!これぞ文明の利器ですねshine

今回申し込んだのは、以下の2科目。

      10月19日(土)   E群   西洋史概説II
      10月20日(日)   C群   論理学(L)

今回は「西洋史概説II」に苦戦しそうです。というのも「歴史(西洋史)」で中世まではわりと丁寧に勉強することができたのですが、それ以降の「西洋史概説II」が扱う近・現代は時間切れでさっと目を通した程度。なのでほとんど頭に入っていないという悲しい現実があり、史実のおさらいだけでもかなりの時間が必要な予感sweat02

それでなくても、近・現代はあっちでも、こっちでも、色々な出来事が繰り広げられるので、どこまで時代背景を理解することができるか不安満載ですsweat01  が、とにかくまずは、テキストをじっくり読み進めることから始めたいと思います。

2013-08-29

2013年度 第II回科目試験結果

夏スクの終わりとともにやって来る、「白 x 水色」の封筒が我が家にも届きましたmail いつものようにドキドキしながら開封すると、「あれ? 今回は久々に頑張って3科目受験したのに、1科目しか表示されてないよーsweat01」と一瞬焦ったワタクシ。 どうやらEスク科目は後日通知されるようです。結果は合格shine

      社会学    4単位  A

実は受験した中で一番自信がなかったのが社会学だったので、A評価にはびっくり。書き直す時間がなくて、かなりヘンテコな構成のまま提出したことを覚えてます。夏スクで「reader-friendlyな文章は斯くあるべし」と教わった今、あの解答の構成を振り返ると、かなり甘めの採点です。

ただ一番心配していた主張自体は、そこそこ的を得ていたのかな?ほとんど知識のない政治分野のキーワードを選択せざるを得なかったので、定義すら怪しかったのですが、テキストのどこを探してもそのキーワードと全く同じ言葉が見当たらず、定義の擦り合わせすら出来なくてかなり焦りましたsweat01

しかし途方に暮れている時間はなく、焦りながらもとにかく該当セクションを読み込み、「多分こういうことなんだろうな〜」と半分勘を働かせて、どうにかこうにか書いた記憶がcoldsweats01

ただ前々回の試験のときもそうだったのですが、今回も以前読んだ参考文献が助けてくれました。「歴史(西洋史)」のレポに取り組んでいるときに読んだ参考文献の中で、英国の議会制度について触れられていたものがあって、その記憶がうっすら残っていたことが幸いしました。「多分こういうこと」と思えたのは、その文献のおかげですhappy01

ということで7月に受験した3科目のうち、 まずはテキスト科目の4単位をゲットnotes  Eスクの結果もそろそろ届くのかなhappy02

2013-07-07

2013年度 第II回科目試験終了

第Ⅱ回科目試験が終了しました。連続、真夏日で大学へ行くまでに「ぜいはぁ」という状態でしたが、3科目を無事に受験することができましたpencil

初日はまず2コマ目のE-自然科学概論13。過去問情報もなく、どのような傾向の問題が出るのか全く分からずに臨んだ試験。選択問題20問と記述式問題が1問でした。

炎天下全力疾走した後だっただけに、虫食いの初っ端の答えが、40ある選択肢からなかなか見つけられずかなり焦るcoldsweats01 問題文が意味ある日本語として頭の中に入ってこないsweat01 やはり試験は時間に余裕をもって臨まなくてはいけませんね。10分ほど過ぎると落ち着いてきて、なんとか全問答えることができて、ほっ。しかし、記述式は、免疫作用を施す細胞の名前を全て思い出せず、かなりごまかしての記述となってしまいました。しゅん

続く3コマ目は持込可だけど、私はかなり難しいと感じる社会学。エスニシティや格差社会、医療関係、労働関係、教育関係あたりのキーワードが出たらいいなぁと思っていたのですが、出題されたキーワードは全く関係ないものばかりで、Oh!my God!って感じweep

即座にどのセクションの視座から論ずればいいか検討がつくキーワードがなくて、テキストをブラウジングしなから、回答するキーワードを決めるのに20分もかかり、消去法で選んだのが私が苦手とする政治関係のキーワードcoldsweats01 これだけがセクションを決定できたのでsweat01しかし苦手な分野ゆえ、かなり辛い選択でした。

しかも、読み返すと2段落目と4段落目が同じようなことを言ってるので、3、4段落を入れ替えて、もう少しすっきりさせたかったんだけど、書き出したのが遅かったのでそんな時間もなく、かなりヘンテコな構成の文章で提出する羽目になってしまいました。これまた、しゅん。

そして、本日2コマ目はE-西洋史概説13。ゲルマン諸国とローマ文明、中世西欧社会のキリスト教化から一問選択。私は後者を選択。Eスクの辛いところは、テキストがないので文章での復習ができないこと。だからどうしてもあやふやな記憶になってしまうんですよね。テキストのありがたみを思わぬところで感じました。

でも文章を目で追っただけではスルーしてしまうような事柄が、講義だと印象に残るということもあり、先生が話された琴線に触れた言葉を入れながら、「こういうことなんだろうなー」と自分なりに受け止めた中世の西欧社会におけるキリスト教の浸透の変容をなんとか文章にしました。ちょっとテーマが大きすぎて、自信は全くありませんが。

今回テキストがない科目を学習してみて初めて気づいたのですが、試験前にテキストを再読するのって、記憶の整理だけでなく精神的にもいいってこと。気持がなんとなく落ち着つくんですよね。テキスト読んでるだけで。社会学はすごい頁数の市販テキストなので再読には至らず、というか読んだ端から忘れてく私happy02

ということで、次回は慶応のテキストがある科目を履修予定。本日図書館で参考文献を入手してきましたnotes

2013-06-22

2013.7 科目試験受験受付票 到着

7月の科目試験の受験表が届きました。1年振りの3科目受験です。

  7/6(土) E-自然科学概論13 持込不可
    社会学 持込可
  7/7(日) E-西洋史概説13 持込不可

しかも、チャンスは一度きりのEスク科目が2つもあるので、かなり焦り気味のワタクシ。

Eスクって講義を聴いているぶんには、なんだか分かったような気になって面白いのですが、いざ問いに答えようとすると、頭の中に入っていないのが分かるというかなんというかsweat01

レジュメの再読だけでは詳細は思い出せず、記憶を想起させるべくテキストと参考文献を読み返してまとめはじめていますが、記憶の定着が思いの外悪くてがっくり。

Chinzanso

でも実は一番苦労しているのは、持ち込み可の社会学だったりします。提示されたキーワードについて答えるもののようなのですが、テキストと関連づけて論じないといけないのが曲者。

最適なセクションをすばやく見極めることがポイントだと思うのですが、2段組み950頁もあるテキスは読んでも、読んでも、未読部分が減らないbearing それにこのテキスト、大きな声では言えないけれど、ぐいぐい引き込まれるような面白さを見出せず、正直読むのが辛いcoldsweats01  修行です〜。

2013-05-31

第II回科目試験申込

kcc-channelでの申し込みがまだできないようなので、郵便局で手続きを済ませてきました。3科目受験は1年振り。前回、前々回と1科目オンリーの受験が続いたので、一年前、3科目をどうやって回していたんだろう・・・と思ってしまうワタクシ。

しかもまだ、Eスクのレポート作成のための文献通読に追われていて、試験勉強に一切手がつけられておらず、焦り気味。そろそろ平行して勉強もやらないと、間に合わないかも〜sweat01 6科目受験をなさる方をほんと尊敬します。

より以前の記事一覧

記事検索

無料ブログはココログ