スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

放送英語2013

2014-02-20

在籍確認シール & 放送英語テキスト到着

在籍確認シ―ルが届きました。ご覧のとおり卒論指導という赤い文字が、右端に刻まれております。実はこの四文字が記されるのを首を長くして待っていたワタクシ。というのもこの文字を見せないと、毎年春に発行される『文学部専任教員一覧』という冊子が購入できないんです。私の場合、この冊子の購入権獲得のために、卒論登録を急いだといってもいいくらいbleah

これは文学部の先生方の研究内容が一目で分かる冊子で、卒論のテーマを選定する際に必要な情報。もちろんWebで閲覧することもできますが、紙媒体の方が一覧性があって便利なので、手元に欲しかったんですよね。来年度の冊子が発行されたら早速入手して、どの先生がどんな研究をなさっているのか、まずはそこから研究していきたいと思います。

20140221_1523

在籍確認シールと時を同じくして、来年度の「放送英語W」の指定テキストも届きました。英語Wはすでに単位修得済なので、正規聴講生としての登録はしなかったのですが、6日間の夏スクではアカデミック・ライティングなるものが、こういうもんだとどうにか分かった程度で終わってしい、もっと、もっと演習をやりたかったというのが正直なところでした。

そしたら来年度の放送英語Wは、昨年お世話になった夏スクの先生がご担当なさるということで、これはもう実践編のもってこいのチャンス!今年度に引き続き、またまたこっそり放送英語を受講しようと決意。1年間かかさず聴講して、アカデミック・ライティングの基礎を身につけたら、日本語のレポートも少しはアカデミックな香りが漂うようになるはず。いや、たぶん、なるんじゃないかなと期待してsmile

2013-07-23

放送英語 第16回

放送英語R & Wともに16回目を聴講しました。ライティングはUnit4に入ったので、1Unit を5回で仕上げてる計算。Unitごとに学習する文法が明示されている親切なテキストなので、英作の際はまずその文法事項に留意すればいいのですが、やっぱり語彙力がないと英語らしい英文は書けないなーとヒシヒシと感じていますhappy02

でも五郎先生が寄り道を沢山して下さるので、この講義終了後には、かなりの単語&イデオムがゲットできているはず。もちろん覚えたら、という条件つきですがsweat01 でも、語彙ってこんな風にして増やしていくのねflair という方法も学べて、勉強になっています。今まであまり使わなかった英英辞典も、この夏は活用してみようかなーなんて思ったり。

リーディングはとうとうSaroyanのお話が終ってしまいました。 淡々としたストーリーなのですが、作者がいろいろな仕掛けや伏線を敷いていて、そこが理解できると、とても緻密に作られた奥深い話だということが分かります。でも、千晶先生の説明なしには到底分からなかったcoldsweats01

ただ物語の根底に流れているのはエスニシティだろうなぁ、ということだけは感じていて、今回この辺りの解説もして下さったので、聞き入ってしましました。特にユダヤ民族という出自が判別できるように、決められたミドルネームを持つことを義務づけられていた時代があったというお話には、今通読している参考文献とも重なって、何とも言えない気持になりました。

でも物語のエンディングは主人公の環境が少しずつではあるけれど、いい方向へ変化していってほんのり明るい兆しを感じさせるものだったので、読後感は爽やかでした。 ところで、赤、青、黄をまぜるとグレーになるんですね。それを聞いてびっくり!そこまで計算して物語を作ってるなんて、すごいなーpen

2013-07-19

放送英語ライティング

夏期スクーリングの受講票が英語リーディング&ライティングともに許可で届きました。受講まで1ヶ月を切っていることに驚きつつ、放送英語のライティング15回目までを聴講。やっとこさ放送に追いつきました。45kmの15kmなので、今ちょうど三分の一の道のりだそう。

ライティングはリーディングに比べて、せっせと手を動かす時間が多く、自分の英文と先生の英文との差に毎回ガックリsweat02 ディクテーションでは綴りが分からない単語のオンパレードなのに、スペルアウトして下さる単語は限られていて、語彙力のなさを毎回痛感するというハードルが高い授業で、受講後はどっと疲れがcoldsweats01

目視での正誤チェックができないことがこんなに辛いとは。すべてが聴き取りで、テキストにはない即興のディクテーションも多く、正確な綴りをチェックするのに時間がかかっているワタクシです。が、 そんな中でびっくりしたのが、wordの機能。

タイプする方が速いので、ノートではなくwordで書き取っているのですが、スペルを間違っても、wordが勝手に訂正してくれる・・・。一瞬にして間違った綴りが消え、正しいスペルが登場するのですが、この機能を使い続けていると正しいスペルは絶対に覚えられないだろうなー

何はともあれ、ようやく放送英語R&Wとも放送に追いついたので、今日からやっと夏スクのテキストの予習に力を注げます。五郎先生のアドバイス通り、寄り道を楽しむことを心がけながら、進めたいと思いますclover

2013-07-10

英語リーディング再開

試験前は英語を放置していたのですが、夏スク対策のため再開しました。まずは放送英語R、月曜日放送の14回目までをどうにかキャッチアップ。次回でSaroyanのお話は最終回かしら?だとしたら、ちょと名残り惜しい。

ところで、私が現役学生のころはリーディングなんてしゃれた言い方ではなく、英文講読と言っておりましたがcoldsweats01 記憶に残っているのは、ただただテキストを訳していくだけの退屈な授業で、面白かったという印象がないんですけど、それとはうってかわって放送英語はすごく楽しいですnotes

文法の説明はもとより、一人で読んでいたのではとうてい理解し得なかった、筆者の思いがこういう表現になっている、なんてことをきちんと解説して下さるので、まさに目から鱗。また、文学っていうのはこうやって読むものなんだなぁと、文学が苦手な私はすごく勉強になっています。

英語の勘が少しずつ戻ってきたところで、夏スク本番で使用するテキストのLesson1を訳してみました。物語ではないので行間を読む必要はなく、文も短めなのですが、先生のようにさっと美しい日本語にはなかなか訳せないのが悲しいトコロweep

全英文を行間をあけてタイプし、文法事項などをチェックしつつ、隣のページに訳という作業をしていることもあり、結構時間がかかりますsweat01 結局Exercisesの途中で力つき、ディクテーション、文法、英作文の問題2頁が残ってしまい、Lesson1を終了することは出来ませんでした(涙)

ディクテーションの予習はできないのでいいとして、文法の設問1が 「下記の例文の意味の違いを説明せよ」とあり、設問が英語で書かれてあるので、当然答えも英語じゃなきゃいけないんだろうなーcoldsweats02  こんな調子だと1 Lessonの予習をするのに3〜4時間はかかる見込みで、夏スク期間中、毎日この時間を捻出するのが難しい私は、事前予習は必須だと分かりました。

しかし、リーティングはいいとして、ライティングが問題。 予習に同じくらいの時間がかかるんだろうなぁと思うと一抹の不安sweat01 今年は朝早く起きてお弁当を作らなきゃいけないので、III期はまさしく体力勝負になりそうsweat02 夏スクの間だけでいいので若さを取り戻したい(笑) まずは放送英語Rのキャッチアップをするべく、溜った回を聴かなくては。何kmからだったっけcoldsweats01

2013-06-13

2013夏スク 申し込み

昨日論理学のレポートとは別に、厚みのある封筒がもう一つ届きました。夏スクの英語Rで使用するテキストです。先週、英語R・英語Wともに許可の通知が届いたので、Webから申し込んでいたもの。

100頁ちょっとの中身をパラパラ見ると、リーディングのテキストなので当たり前ですが、英語だらけsweat01 各章の終わりにExercisesがあるので、これ全部訳して、問題解いていくんだろうな。

でも英語Rはこうして事前にテキストが入手できるクラスに当たったのでラッキーnotes 夏スクまでに一通り予習ができるから。一方、英語Wは残念なことに、私がアサインされたクラスではテキストは用いないようなので、夏スク期間中に予習、復習が必要で、出来なかった場合はぶっつけ本番で勝負ってことになっちゃうのよねhappy02

ajisai

今年の夏スクは英語がどちらも午後クラスに当たってしまい、II期の午前中に、今受講すべき科目が見当たらず、英語Wはかなりの予習が必要と思われるので、英語R & Wの二科目のみで先ほど申し込みをしました。まさしく英語漬けの夏になりそうですhappy02 当初、III期の午後は出席が危ぶまれていたのですが、あっさり解決。出席できる運びとなったので、夏スクで英語を完了するべく頑張ります!

英語からしばらく遠ざかっていたので、夏スクまでに英語の感覚を取り戻そうと、本年度の放送英語のテキスト『BITTER & SWEET LOVE STORIES』『Writing Updates』を購入し、時間のある時に聴いています。放送英語は受講者でなくても聴けるのがありがたいですね!予習もせず、お気楽に聴いてるだけじゃあ、本当はダメなんだろうけど、独学で英語の勉強をすることを思うと、ずっと楽しく学べて、力もつくんじゃないかな。希望的観測sign02

記事検索

無料ブログはココログ