スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013-11-29

両レポート投函

「科学哲学」と「社会学史II」のレポートを、いつものように特定記録で送りました。一緒に送ったので、切手代175円の節約也notes

「科学哲学」の課題であった進化は、例えば量子力学のように馴染みの無い言葉でもないし、なんとなく知ってるよ〜って感じだったのですが、こんなにも数学的手法を駆使して、理論化される分野だったことに驚きました。また、集団遺伝学のことを学んでいくうちに、もう一つの課題であった、確率のこともやっぱり学びたいな〜と思いました。

そして、進化という分野の特徴は進化そのものが起こっている瞬間を、この目で確かめられないこと。現象が観察できないという点が、同じ科学という分野でも物理学や天文学と大きく異なるところで、過去の出来事を観察することができない歴史と同じ立場だという点が興味深かったです。

「社会学史II」はあれから、ちょこちょこ変更を加え、結論部を修正して完成させました。課題は、選択したウェーバーの文献の要約と、その書物の観点から現代社会について論じるという2点ですが、後半部はのびのび自由に論じることができて楽しかったですnotes 多分、いままでの中で一番自分の言葉で述べることができた、レポートなんじゃないかな。

こんなことができたのも、前から書きたいと思っていたことがあったからですが、ぼんやりしていたものに、はっきりとした輪郭を与えてくれたのが、先日観に行った「ハンナ・アーレント」の根底に流れているテーマでした。「西洋史概説II」のレポの参考のために見に行ったのに、思いもかけず「社会学史II」でも役立ってラッキーhappy01

ただ、好き勝手に論じすぎて、無理やり書物の観点に結びつけてる感もなきにしもあらずなのですがcoldsweats01 結論部を変更したのは、「散々好き勝手言うだけで、あなたが提示した問題についてどうすべきがが述べられていない」と言われそうだったので、解決の糸口になるんじゃないかなと思うものを提示して、結論としました。どんなコメントが帰ってくるか楽しみです。

2013-11-28

2013年度 第III回科目試験結果

10月に受験した第III回科目試験の結果が、いつものように「白x水色」の封筒で届きました。今回はいつにもまして超ドキドキheart02 というか、「西洋史概説II」はD覚悟で封を切ったところ

      論理学(L)    2単位  A
      西洋史概説II    2単位  C

ギリギリC抜け合格でほっとしたような、再挑戦したかったような複雑な気持ち。多分精一杯やってCという結果だったら、こんな気持にはならなかったと思う。二問中一問選択方式だからと言って、学生時代に散々やってきた、ヤマを張るという手抜きをしてしまったがゆえ。慶應通信に入学しようと決めたとき、自分のための学びなんだから、時間は気にせず丁寧にこなそうと決めていたはずなのにhappy02

D評価でも文句は言えないヘロヘロな解答だったので、採点して下さった先生の温情に報いるためにも、再レポは納得のいくものを仕上げて提出しようとココロに誓ったワタクシです。

そんなわけで、「西洋史概説II」はレポが合格していないので、今回は「論理学(L)」の2単位のみゲット。これで修得単位総合計が切りのいい、50単位shineとなりました。「めでたい!」ということにしておきますbleah

2013-11-27

「科学哲学」レポート完成

「科学哲学」のレポート課題は、「進化」または「確率」から一問選択というもの。「確率の概念が分かったら面白いだろうな〜」とちらっと思ったものの、自分の数学的センスを冷静に判断して進化の方にしました。それに今年度のEスク「自然科学概論」で遺伝や遺伝子についてしっかり学んだので、進化がテーマだとこの知識をガッツリ活かせるしhappy01

ということでまずはテキストに目を通してみることに。西脇先生のテキストなので数式やBoxが出てくるのは覚悟していたのですが、「む、むずかしいやんか!レポート書けないかもsweat01」と焦ったワタクシ。

でもテキスト巻頭に「学部3、4年生、そして大学院の修士課程の学生を主な対象としている」とあるし、「テキストは読者に考えながら読み進めてもらいたいために、言葉を尽くして丁寧に叙述するのではなく、疑問や推測を呼び起こすようにあえて省いて書かれている」とあるので、すんなり理解できるテキストではないのだと、気を取り直し自分を励ましつつ読んでいきました。

いくつか参考文献も読んでいたのですが、「やっぱり、これじゃあ、レポ書けないわ〜」と思い、夜スクのY先生に文献の紹介をお願いしたところ、「そのテーマなら、スバリこれでしょう!」と教えて頂いたのが、エリオット・ソーバーの『進化論の射程』。何がすごいかって、この文献、西脇先生のテキストとみごとにリンクしているのです! Y先生は西脇先生に師事されていたので、このあたりは「あ・うん」の呼吸なのでしょうけれど。ちなみにソーバー氏もBox使いでありました(笑)

考えてみると『科学哲学』は500頁ほどあるテキストですが、科学哲学で扱うカテゴリーをほぼ詰め込んでいるので、例えば進化に関しての記述は、第一部、第二部合わせても70頁ほどしかないわけで、詳しい説明は割愛されています。

見方を変えると、エッセンスだけが書かれてあるテキストの内容に注意して、テキストとリンクしている詳しい文献を読めばとっても理解しやすいわけで。進化でレポを書かれる方は、必読ですよんnotes

この文献に出会ったことで筆が進み「社会学史II」よりも早く仕上がっちゃいました。「社会学史II」は結論を少し変更する予定です。

2013-11-26

実在主義 vs 反実在主義

三田祭で一週あいたため、2週間ぶりの夜スク第9夜は前回の補足からスタート。LeslieとKeebleの実験結果からなぜそう結論づけられるのかとか、ダーウィンの進化論から「人間は因果という先天的なカテゴリーを持つ」などと言い切れるのか、というあたりがよく分からなかったのですが、同じような方がたくさんいらっしゃったようで、再度丁寧な説明がありました。しかしそれでもまだ、カントの主張の論拠が何なのか、よく分からないワタクシなのでした sweat01

本日のテーマは「科学理論とは何か」。実在主義と反実在主義、両者の考え方の違いをざっくりと学びました。私は前者派。肉眼では見えないものたちの真の構造をとらえられる唯一の手段が科学であり、学問だと思うんだけどな。

Media Center

I先生の講義でも、論理学で学んだことが役に立っています。構文論的捉え方というところで、「公理から演繹的に導出された定理からなるものが理論文である」というこの概念は、論理学を学んでいなかったらイメージできなかったと思います。そして観察語からなる文が観察文。(まんま、やんか!) 両者の違いや、理論文を観察文で基礎づける手法があることなど。「でも実際問題、観察文だけ論じることなんて出来るん?」という素朴な疑問を持ったところで、本日のスクーリングは終了です。

そしてついに試験の予告が!100点満点中50点は3題のうち1問選択の論述式。お題もだいたいこの辺りからというのを教えて頂いたので、今取り組んでいるレポが終ったら、早速こちらにとりかかれるように、先生がこれまでに推薦してくださった参考文献の中で、読もうと思っていたものをネットで手配しました!

2013-11-18

「社会学史II」 レポート第一稿完成

予定よりかな〜り遅れていますが、「社会学史II」のレポート、第一稿を先ほど完成させました。課題はウェーバーの主要著作を一冊選んで要約し、その書物の視点から現代社会について論じよというものです。

順序としては「社会学史I」から取り掛かるのが普通なんでしょうが、「社会学」のレポートに取り組んでいる半年ほど前に、マックス・ウェーバーについてはちょこっと調べたという経緯もあって、「社会学II」の方から先に手をつけることに。

しかし思わぬ苦難が・・・。市販テキストである『人間ウェーバー』が思いの外難しく、挫けそうになりましたsweat01  昨年の夏スクの「社会学概論」の講義も難しかったし、「社会学」の市販テキストもあまり面白くなかったし、「社会学という科目が私とは合わないのだろうか・・・。」と思ったほどcoldsweats01 ただすごく難しく感じたのは最初の方だけで、後半になるにつれてだんだん理解できるようになり、どうにか最後まで読み終えることが出来ました。

wildflower

数あるウェーバの著作の中で選んだ作品は『職業としての学問』。テキストが読みにくかっただけに、こちらはとても読みやすく感じて、要約もスムーズに書き進めることが出来ました。

また学問と現代社会については、前々から書いてみたいことがあったので、いつもは筆が進まない論じる箇所もめずらしくスラスラと筆が進み、アウトラインに2日かかったものの、レポ第一稿は4時間足らずで書き終えましたnotes

一気に仕上げたためかなり荒削りな仕上りになってしまっているのは否めず、もう少し丁寧な考察を行うべく、数日寝かせてから、新たな視点などがないかなどもチェックしつつ仕上げる予定です。ということで「社会学史II」はしばらくお休み。明日からは、「科学哲学」のレポにとりかかります!

2013-11-13

知識と思考

先週の夜スクは第2夜で学んだ存在論、認識論、言語行為について、もう一方踏み込んだ説明で、目新しい内容はありませんでしたが、M教授がちらっとおっしゃった言葉が、「哲学とは何か」をとてもよく言い表していると思ったので、ご紹介します!

1. 哲学は知識を整理する学問ではない
2. 構造的に思考するための訓練
3. 歴代の哲学者の思想は構造的な思考をするための参考

そう、哲学の講義を受けていて、なんかスッキリしないと思ってしまうのは、知識を提供してくれる学問ではないからだと気づきました。この知識提供が当たり前だと思ってしまっているので、なんとなく違和感があるんだろうな。

構造的・論理的に考えるためにはどういう手法があるかという知識は学べますが、それ以降は自分で考えなきゃいけない学問なんですね。

Tokyo Tower

そして今週から女性のI先生の講義がスタートです。今夜のテーマは「因果とは何か」

存在論的考え方、認識論的考え方、そして、ダーウィンの進化論なんかも登場して、すんなり理解するのは難しいカテゴリーですsweat01 ただ、この因果については「史学概論」でも触れられていたなぁ〜なんて思いつつ、拝聴していたのですが、途中でタイムアップ。次回この続きを拝聴したら理解できる・・・かな?

2013-11-07

ハンナ・アーレント

映画『ハンナ・アーレント』を見に行ってきました。
「西洋史概説II」のレポで、ハンナ・アーレントの著作を読むように言われたので、何か参考になるかな〜と思ってのことですが、む、難しかったcoldsweats01

HannahArendt

けれど最後の講義のシーンが圧巻で、ここでバルバラ・スコヴァ演じるアーレントがすっごく大事なことを言ったのですが、その言葉の意味を吟味しようと思っても、すでにその言葉自体が忘却の彼方sweat01 本と違って映像は過ぎ去っていっていまうのが辛いトコロですね。

2013-11-04

論理は経験的か

なんだかバタバタしているうちに11月に突入し、明日はもう夜スク第7講ではないか!ということで、今更ですが先週の夜スクのお話sweat01

今回はY先生の最終講義。時間の足らなさ120%という感じで「アリストテレスの三段論法」や「仮説演繹法」の説明を駆け足でなされた後、先生の講義のテーマであった 「論理は経験的か」という哲学におけるひとつの根源的な問いに対する答えを出して講義は終了しました。

アリストテレスの三段論法は『論理学』で、仮説演繹法は『科学哲学の冒険』でも触れられていたので、なんとか理解できた感じですcoldsweats01  この仮説演繹法という手段を使っているからこそ、現在の科学は宗教や占い、生活の知恵と言われているようなものと一線を画すのであり、科学は神の言葉のように100%真理を保証するものではなく、反証される可能性を否定できないものであるが、この常に経験の側に扉が開かれているからこそ、健全さを保持しているというお話でした。

siki-no-mori koen

私は昔から理数系はと〜っても弱いのですが、それなのに100%科学の人なので、この講義はとてもしっくりきましたし、科学とそれ以外のものたちとの違いが、どこにあるのかを学べたことは大きな収穫でしたapple

そして論理学でよく例に出される 「非ユークリッド幾何学」なるものがどういう概念であり、なぜ論理学でたびたび例として出てくるのか、この講義を受けてようやく理解することができたことが第二の収穫cherry ここ論理学の本を読んでるだけでは全く理解できず、「非ユークリッド幾何学? 何ソレ?」という感じだったのでsweat01

「三角形の内角の和は2直角である」という命題は、フラットな場所に描かれた三角形においては真であるが、例えば球体のようなところに描かれた三角形においては偽である」という説明を伺って目から鱗eye ユークリッド幾何学から非ユークリッド幾何学が、古典論理から量子論理がブレイクスルーされたわけですが、この点を考えていけば必然的に、「論理は経験的か」の答えが導き出されるという帰結です。

susuki

そしてY先生に親近感を覚えたできごとが。哲学用語の定義を述べる宿題が出たときに、「中学3年生位の生徒に分かるように説明して下さい。難しい言葉を並べて誤摩化してはいけない。本当に理解していたら簡単な言葉で説明できる」とおしゃったこと。これ実は私がいつも心がけていることだったので。(「難しい言葉を知らないからやろ!」という突っ込みは却下punch

もちろん先生ご自身、有言実行。例えば、哲学で使われる「概念」という言葉は、一般で使われるよりも狭い意味で使われるが、端的に言うと「普通名詞で表わされる言葉」であり、「必然性と蓋然性は、英語で言うと necessityとprobability」であるというような説明をして下さいます。なんと分かり易い!難しい言葉をこうやって既知の言葉に置き換えていければ、哲学用語も怖くないと教えてもらった気がします。

 「哲学とは何か」
 「真理とは何か」
 「推論とは何か」
 「科学とは何か」
 「論理は経験的か」

駆け足でしたが、今まで考えたこともないことを考えることができた、貴重な時間でありましたhappy01

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

記事検索

無料ブログはココログ