スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 英語リーティング予習 | トップページ | 2013夜スク 申し込み »

2013-08-06

卒論オリエンテーション

本日開催された「卒業論文に関するオリエンテーション」に参加しました。日吉駅の改札を出ると、信号待ちをしている通信生が青になると一斉にキャンパスへ向かう風景が。昨年の夏スク時と全く同じ光景で、「あぁ、スクーリングが始まるんだ」と実感happy01

オリエンテーションはまず、事務局から諸手続きについての説明。卒業論文指導登録をしてから、最短でも1年8ヶ月かかるとのことで、その間何回か書類を提出しなければいけないのですが、事務局からの働きかけは一切無いので、自分で日程管理を行なって下さいとのこと。うっかり書類を出し忘れると、卒業が半年遅れてしまうので要注意です。

luxuriant foliage

続いて文Iは社会学と哲学がご専門の先生から、それぞれアドバイスがありました。先生が紹介されると、心の中で「なんて、ラッキーnotes」と叫んでいたワタクシ。というのも、社会学と哲学は興味あるトップ2分野なので、ご専門の先生から貴重なお話やヒントを伺えたことは、本当にラッキーでした。

社会学の先生は『卒論指導の現場から』というタイトルで話を進められ、卒論に取りかかる手順や「卒論指導申込」提出時までにやるべきこと、また社会学で重要なデータ収集をいかに行なうか、そのためのお勧め図書館やツールなど、具体的なアドバイスを沢山して下さいました。

哲学の先生からは『実例に学ぶテーマの絞り方』というタイトルから分かるように、良くないテーマ設定の卒論とはどんなものかの具体例から始まって、卒論作成時における教訓の提示があり、最後に卒業論文とは結局何なのか、オリジナリティはどういうところで出てくるのか、という深いお話がありました。

luxuriant foliage

両先生ともゼミ学生の卒論アウトライン before & afterを紹介して下さったのですが、先生の指導によって最初の構想がどのように変化していったかが分かり、とても参考になりました。通学生の貴重な卒論の資料をご紹介頂いて感謝ですshine

お話を伺って感じたことは、データ収集を綿密に行い実証する社会学と、実証がほとんど不可能な、思想的なものを扱う哲学とでは、取り組み方は異なるのですが、基本的なこと —テーマの絞り方や参考文献のリストアップ、先行研究の整理が重要であること—  は共通しているということです。私が卒論に取りかかるのはまだ先ですが、日々の学習の中で少しづつ意識していくことが大切ですね。

明日からいよいよ夏スクがスタート!暑い日が続くようですが、I期受講のみなさん、体調に気をつけて乗り切って下さいね!

« 英語リーティング予習 | トップページ | 2013夜スク 申し込み »

卒業論文」カテゴリの記事

行事」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。卒論オリエンテーションのご紹介、ありがとうございました!
卒論は私もまだまだ、とはいえ、それぞれの科目の勉強を通して、やり方を身に着けていくのだろうなあ、と想像していたので、ふむふむ、メモメモ、と思いながら読みました。

先行研究の整理が大事、というのはなんとなく分かるのですが、最終的に出てくるオリジナリティとはどういうものなのですか?もしよかったら教えてください。
でも、夏スクでお忙しいと思いますので、おてすきになった時にでも…よろしくお願いします。

Uikaさん、こんにちは。
私も日吉の卒論オリエンテーションに参加しましたので、事務局からの説明では同じ会場にいらっしゃったのですね。
何だか感激~♪です。
これから最短で1年8か月(私はⅡ類なので2年以上かかると言われましたが)ということは、うかうかしていられないと少し焦らされました。
だからと言って仕事をこなしながら通常の勉強と卒論も一緒に…と思うと、今の内からお腹いっぱいな感じです(+_+)
一緒に卒業を目指して頑張りましょうー!

Uikaさん、こんばんは。ずっと以前にコメントさせていただきました響子です。今年入学したばかりなのに、ちゃっかり同じ現場にいました。とても参考になるお話をきかせていただいて、良かったです。個人面談も当日申し込みで受けました。まだ全然単位取っていないのですが。。。と言いながらご相談すると、勉強の進め方などとてもご丁寧に教えていただけました!!夏の試験は元々決まってたことがあって受けられず、秋が初試験になりますが、がんばりますっ!!ナツスクも1期2期通います。
とにかく、Uika先輩と同じ場所にいられたなんて感激!ヨルスクなどでもすれ違えるかもしれませんね~よろしくお願いいたします。

また家を空けていたもので、お返事が遅くなってしまいました(_ _)

coraraさん
オリジナリティに関しては最後にさらっとおっしゃったので、私の記憶が正しければcoldsweats01 アドバイスは以下の2点でした。
まず、「卒論は今まで学んできたことの集大成だが、集大成=自分の持論を展開することではない」共通の地盤に立つことが大前提ということ。
次に、「集大成は細部に宿る」とおっしゃっていました。整理の仕方や論の展開の仕方など、そういうちょっとした所で随所にオリジナリティが宿っているのが良い論文とのことでした。そして、こういう力は、日々のレポートの研鑽で培われますと締めくくられました。
日々のレポートをおろそかにしてはいけないということですねcoldsweats01


楼蘭さん
楼蘭さんも同じ空間にいらっしゃったんですね!私もなぜか感激です〜♫
1年8ヶ月は最短ですもんね。私は、2〜3年かけてもいいかな〜なんて思ってます。でもそんな長い期間、苦しみながらも、楽しみもあるものでないと、完成させることは到底無理だと思うので、テーマ選定は本当に重要だと思いました。テーマについてはまだ100%真っ白な状態なので、この点に関しては少々焦っていますsweat01
楼蘭さんと一緒の卒業は逆立ちしても無理だと思いますが、一緒に頑張りますので、くじけそうな時は叱咤激励して下さいね!


響子さん
コメントを頂いてからどうされているかなと思っていたのですが、響子さんも同じ時、同じ場所にいたんですね♪ しかも個人面談もなさったなんて、先を越されてしまいました(笑)
実りあるお時間だったようでよかったですね。長い間悩んでいたことが、face to faceで伺うと一瞬で解決することもあって、こういう場を利用しない手はないですもんね。
夏スクは2期が一緒です。もしかしたら知らず知らず、すれ違っているかもしれませんね。


こうしてブログを通じて知り合った方々と、実際に大学でお会いしていたとしても、お顔を存じ上げないのでご挨拶ができないことが残念です。

お忙しいところ、教えていただいてありがとうございました!
持論を展開することではない、そうですね、ついレポートで勝手気ままに持論を展開しがちな私は、改めて反省です・・・(^-^;
オリジナリティは細部に宿る。深いですね。格好良いこと書こうとしないで、基本に忠実に頑張ろうと思います。
ありがとうございましたo(_ _)oペコッ

coraraさん
残念なことにレジュメが頂けず、画面に映し出された資料の全てを
書き写すことが不可能なスピードで話が進んだので、すでにかなり
怪しい記憶となっていたのですが、お役に立てたようで良かったですhappy01

私も「オリジナリティは細部に宿る」は深いな〜と思いました。そして
素敵な言葉だなぁと。いつかそういうレポートを書いてみたいものですnotes

この記事へのコメントは終了しました。

« 英語リーティング予習 | トップページ | 2013夜スク 申し込み »

記事検索

無料ブログはココログ