スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013-07-23

放送英語 第16回

放送英語R & Wともに16回目を聴講しました。ライティングはUnit4に入ったので、1Unit を5回で仕上げてる計算。Unitごとに学習する文法が明示されている親切なテキストなので、英作の際はまずその文法事項に留意すればいいのですが、やっぱり語彙力がないと英語らしい英文は書けないなーとヒシヒシと感じていますhappy02

でも五郎先生が寄り道を沢山して下さるので、この講義終了後には、かなりの単語&イデオムがゲットできているはず。もちろん覚えたら、という条件つきですがsweat01 でも、語彙ってこんな風にして増やしていくのねflair という方法も学べて、勉強になっています。今まであまり使わなかった英英辞典も、この夏は活用してみようかなーなんて思ったり。

リーディングはとうとうSaroyanのお話が終ってしまいました。 淡々としたストーリーなのですが、作者がいろいろな仕掛けや伏線を敷いていて、そこが理解できると、とても緻密に作られた奥深い話だということが分かります。でも、千晶先生の説明なしには到底分からなかったcoldsweats01

ただ物語の根底に流れているのはエスニシティだろうなぁ、ということだけは感じていて、今回この辺りの解説もして下さったので、聞き入ってしましました。特にユダヤ民族という出自が判別できるように、決められたミドルネームを持つことを義務づけられていた時代があったというお話には、今通読している参考文献とも重なって、何とも言えない気持になりました。

でも物語のエンディングは主人公の環境が少しずつではあるけれど、いい方向へ変化していってほんのり明るい兆しを感じさせるものだったので、読後感は爽やかでした。 ところで、赤、青、黄をまぜるとグレーになるんですね。それを聞いてびっくり!そこまで計算して物語を作ってるなんて、すごいなーpen

2013-07-21

「史学概論」再々レポ完成

二度もダメ出しされた史学概論のレポートですが、ようやく再々レポを完成させました。初回レポに取り組んでいたのは昨年の7月なので、なんと1年がかりの長い長〜いおつき合いとなっておりますsweat01

前回のコメントを私的に言い直すと「やっとこさイイ線まできたけど、肝心なことが言及されてないから、E.H.カーの具体例を使ってきっちり論証してね」というものでした。なのですぐさま『歴史とは何か』を穴があくほど丁寧に読んてみたのですが、どの部分を引用すべきなのか、「さっぱりわからない・・・coldsweats01 これが4月のこと。

某大学の准教授なら20分もしないうちにピンと閃いて、サラサラと答えを書き出すのでしょうが、ワタクシときたら2ヶ月以上たっても閃かず、『歴史とは何か』を何度も彷徨い歩く、さすらい人となっておりました。悲しいことに、カー氏と私の相性は相当悪いようですweep

これ以上冷却期間をおいてもピンくることはないと思われるので、「ここかなー」 というか 「もうここしか思いつかないhappy02」という箇所をセレクトして、青息吐息で要求されていた論証を行なってみました。

とりあえず3つのレポを比べてみると、「この再々レポが一番いい仕上がりかなnotes」と、無理矢理にでも思えたので自信はないけど、明日指定用紙に印刷して提出することにします。どうか三度目の正直で合格で戻ってきますように(祈)

2013-07-20

『ナチズムの時代』読了

この時代のことを学びたいなーとずっと思っていました。なので今年度のレポート課題集でこのテーマを見た瞬間、次の頁をめくる手がしばし止まってしまったほど。紹介されていた参考文献の中で、まず手に取ったのが『ナチズムの時代』。「必ず精読せよ」と言う注意書きがあるのに薄い本で、写真や図がたくさん散りばめられた読み易い本でした。けれども衝撃は大きく、いろいろ考えたり、調べたりしながらの読了です。

若い頃仕事でユダヤ系アメリカ人の方と、結構長い間おつき合いがありました。その方から伺った話の数々は今でも忘れられません。日本贔屓の方で、神戸に一時滞在した折の日本の美しい風景と日本人の優しさは、一生忘れないとおっしゃっていました。それもそのはず。彼はナチスの手を逃れ、命からがら日本経由でアメリカに渡り、命をつなぎ止めた方だったから。

入社当時の私の英語力は箸にも棒にもかからないもので、しかもナチ党の政策についても『アンネの日記』を読んだ程度の知識しかなかったので、気の利いた質問はおろか、どうして彼が一旦日本にやって来ることになったのか、皆目検討がつかなかったのですが、それでも「今、私は映画になるような話を聞いているんだ」ということだけは分かりました。

そうしたらスピルバーグが本当にこのテーマを映画にしましたmovie 『シンドラーのリスト』を見てようやく、彼が語ってくれた全貌を理解することができたワタクシ。リトアニアで命のビザを発行された杉原 千畝氏の名前が広く知られるようになったのも、この頃ではなかったかと思います。

彼のことは日本の新聞社も取り上げたようで、読売だったか朝日だったかの英字新聞のスクラップを彼から見せて頂きました。何十人ものお子さんとお孫さんに囲まれて微笑む彼の写真と、「一人の日本人が、彼だけでなくこれだけの数の命(彼のお子さんとお孫さんの命)も救った」という意味の見出しがつけられた記事でした。

彼と私はおじいさんと孫くらい年が離れていましたが、だからこそ私に話してくれたのかなぁと今になって思います。あの当時、もう少し気の利いた受け答えが出来ていればと悔やまれますが、あまりにも何も知らない能天気な女の子だったから、buyerとsupplierという関係を超えて、自分の歴史を孫に語るように、孫と同じ年頃の日本人である私に伝えてくれたのかもしれません。

自分の国(土地)があり、自分の国の通貨があり、自分の国の言葉を普通に話せるという当たり前のことが、どれほどかけがえのないことかを彼から教えてもらった気がします。ということで、夏スク前に西洋史概説Ⅱのレポを仕上げられるよう、もう2〜3冊この時代の文献読みに精を出したいと思います。

2013-07-19

放送英語ライティング

夏期スクーリングの受講票が英語リーディング&ライティングともに許可で届きました。受講まで1ヶ月を切っていることに驚きつつ、放送英語のライティング15回目までを聴講。やっとこさ放送に追いつきました。45kmの15kmなので、今ちょうど三分の一の道のりだそう。

ライティングはリーディングに比べて、せっせと手を動かす時間が多く、自分の英文と先生の英文との差に毎回ガックリsweat02 ディクテーションでは綴りが分からない単語のオンパレードなのに、スペルアウトして下さる単語は限られていて、語彙力のなさを毎回痛感するというハードルが高い授業で、受講後はどっと疲れがcoldsweats01

目視での正誤チェックができないことがこんなに辛いとは。すべてが聴き取りで、テキストにはない即興のディクテーションも多く、正確な綴りをチェックするのに時間がかかっているワタクシです。が、 そんな中でびっくりしたのが、wordの機能。

タイプする方が速いので、ノートではなくwordで書き取っているのですが、スペルを間違っても、wordが勝手に訂正してくれる・・・。一瞬にして間違った綴りが消え、正しいスペルが登場するのですが、この機能を使い続けていると正しいスペルは絶対に覚えられないだろうなー

何はともあれ、ようやく放送英語R&Wとも放送に追いついたので、今日からやっと夏スクのテキストの予習に力を注げます。五郎先生のアドバイス通り、寄り道を楽しむことを心がけながら、進めたいと思いますclover

2013-07-10

英語リーディング再開

試験前は英語を放置していたのですが、夏スク対策のため再開しました。まずは放送英語R、月曜日放送の14回目までをどうにかキャッチアップ。次回でSaroyanのお話は最終回かしら?だとしたら、ちょと名残り惜しい。

ところで、私が現役学生のころはリーディングなんてしゃれた言い方ではなく、英文講読と言っておりましたがcoldsweats01 記憶に残っているのは、ただただテキストを訳していくだけの退屈な授業で、面白かったという印象がないんですけど、それとはうってかわって放送英語はすごく楽しいですnotes

文法の説明はもとより、一人で読んでいたのではとうてい理解し得なかった、筆者の思いがこういう表現になっている、なんてことをきちんと解説して下さるので、まさに目から鱗。また、文学っていうのはこうやって読むものなんだなぁと、文学が苦手な私はすごく勉強になっています。

英語の勘が少しずつ戻ってきたところで、夏スク本番で使用するテキストのLesson1を訳してみました。物語ではないので行間を読む必要はなく、文も短めなのですが、先生のようにさっと美しい日本語にはなかなか訳せないのが悲しいトコロweep

全英文を行間をあけてタイプし、文法事項などをチェックしつつ、隣のページに訳という作業をしていることもあり、結構時間がかかりますsweat01 結局Exercisesの途中で力つき、ディクテーション、文法、英作文の問題2頁が残ってしまい、Lesson1を終了することは出来ませんでした(涙)

ディクテーションの予習はできないのでいいとして、文法の設問1が 「下記の例文の意味の違いを説明せよ」とあり、設問が英語で書かれてあるので、当然答えも英語じゃなきゃいけないんだろうなーcoldsweats02  こんな調子だと1 Lessonの予習をするのに3〜4時間はかかる見込みで、夏スク期間中、毎日この時間を捻出するのが難しい私は、事前予習は必須だと分かりました。

しかし、リーティングはいいとして、ライティングが問題。 予習に同じくらいの時間がかかるんだろうなぁと思うと一抹の不安sweat01 今年は朝早く起きてお弁当を作らなきゃいけないので、III期はまさしく体力勝負になりそうsweat02 夏スクの間だけでいいので若さを取り戻したい(笑) まずは放送英語Rのキャッチアップをするべく、溜った回を聴かなくては。何kmからだったっけcoldsweats01

2013-07-07

2013年度 第II回科目試験終了

第Ⅱ回科目試験が終了しました。連続、真夏日で大学へ行くまでに「ぜいはぁ」という状態でしたが、3科目を無事に受験することができましたpencil

初日はまず2コマ目のE-自然科学概論13。過去問情報もなく、どのような傾向の問題が出るのか全く分からずに臨んだ試験。選択問題20問と記述式問題が1問でした。

炎天下全力疾走した後だっただけに、虫食いの初っ端の答えが、40ある選択肢からなかなか見つけられずかなり焦るcoldsweats01 問題文が意味ある日本語として頭の中に入ってこないsweat01 やはり試験は時間に余裕をもって臨まなくてはいけませんね。10分ほど過ぎると落ち着いてきて、なんとか全問答えることができて、ほっ。しかし、記述式は、免疫作用を施す細胞の名前を全て思い出せず、かなりごまかしての記述となってしまいました。しゅん

続く3コマ目は持込可だけど、私はかなり難しいと感じる社会学。エスニシティや格差社会、医療関係、労働関係、教育関係あたりのキーワードが出たらいいなぁと思っていたのですが、出題されたキーワードは全く関係ないものばかりで、Oh!my God!って感じweep

即座にどのセクションの視座から論ずればいいか検討がつくキーワードがなくて、テキストをブラウジングしなから、回答するキーワードを決めるのに20分もかかり、消去法で選んだのが私が苦手とする政治関係のキーワードcoldsweats01 これだけがセクションを決定できたのでsweat01しかし苦手な分野ゆえ、かなり辛い選択でした。

しかも、読み返すと2段落目と4段落目が同じようなことを言ってるので、3、4段落を入れ替えて、もう少しすっきりさせたかったんだけど、書き出したのが遅かったのでそんな時間もなく、かなりヘンテコな構成の文章で提出する羽目になってしまいました。これまた、しゅん。

そして、本日2コマ目はE-西洋史概説13。ゲルマン諸国とローマ文明、中世西欧社会のキリスト教化から一問選択。私は後者を選択。Eスクの辛いところは、テキストがないので文章での復習ができないこと。だからどうしてもあやふやな記憶になってしまうんですよね。テキストのありがたみを思わぬところで感じました。

でも文章を目で追っただけではスルーしてしまうような事柄が、講義だと印象に残るということもあり、先生が話された琴線に触れた言葉を入れながら、「こういうことなんだろうなー」と自分なりに受け止めた中世の西欧社会におけるキリスト教の浸透の変容をなんとか文章にしました。ちょっとテーマが大きすぎて、自信は全くありませんが。

今回テキストがない科目を学習してみて初めて気づいたのですが、試験前にテキストを再読するのって、記憶の整理だけでなく精神的にもいいってこと。気持がなんとなく落ち着つくんですよね。テキスト読んでるだけで。社会学はすごい頁数の市販テキストなので再読には至らず、というか読んだ端から忘れてく私happy02

ということで、次回は慶応のテキストがある科目を履修予定。本日図書館で参考文献を入手してきましたnotes

2013-07-06

科目試験 1日目の出来事

今週はめずらしくカレンダーがずっと埋まっていて、なぜか忙しかったワタクシ。極めつけは、科目試験初日の本日、午前中に子どもの行事がバッティング。朝8時過ぎに、重いバックをかかえて(社会学のテキストが重い〜)家を出る羽目にbearing 行事が終るや否や大学に向かってダッシュdash

少しの余裕を持って電車は到着したものの、いつもは使わない東京メトロ三田駅の階段を上がると、見たことものないオフィス街。まさしく「ここはどこ?」状態。なんとかなるだろうと勘で歩いて行ったものの、いつまでたっても見慣れた風景は現れず、恥を忍んで通りすがりの優しそうな女の人に尋ねると、全く違う方向を指されました。が〜ん

本日の東京は32-33度という気温だったそうで、炎天下、来た道をダッシュでかけ戻り、右折。2-3ブロックほど行くとようやく馴染みのある大通りが。東門のレンガ色を目にした時はほんと泣きそうでした。こんなことになったのも日比谷線で反対方向に乗ってしまったからcoldsweats01 恵比寿乗り換えで、いつもの山手線に乗れていたらこんなことにはならなかったのですが。

汗だくで到着し、精魂尽き果てたバタバタ受験となったため、かなりあやしい出来となってしまいました。でも、子どもの行事が午後だったり、昼一の受験だったら試験は受けられなかったので、受験ができただけでもラッキーと思うことにします。明日は何事もなく落ち着いて試験に臨めますように。それにしても疲れたsweat01

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

記事検索

無料ブログはココログ