スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013-06-27

ミトコンドリアの正体

Eスク自然科学概論のまとめが一応終わりました。過去問情報も、研究課題もないので、講義中に出題された問いに対する答えと、あやしい箇所を簡単に整理。この科目は細かいところまでカバーしようとすると、膨大な暗記が必要なのですが、もはやそんな記憶力はないので、ポイントと思われるところをざっくりとおさえた程度です。

今回の講義はもちろん初級編。でも、少し前に国立科学博物館から送られてきた会報を読んでいて、「あっ、なんか分かる。これって生物や細胞について、少しは理解が深まったってことよねnotes」とちょっと嬉しくなりました。

というのも、milsilというこの会報、特集が結構専門的で、読んでも何言ってんだかさっぱりsweat01というものがほとんど。でも今回は「ヒトの細胞 —最先端科学で見る姿と働きー」という特集で、「生物が生きているとはどういうことか?」ということから始まりiPS細胞まで、写真や図も含めて、自然科学概論で学んだことがそのまま記事になっていたのです。

Chinzanso

その記事の中で「ミトコンドリアを『ミドリムシやゾウリムシのなかま』だと思っていた人もいるのではないでしょうか。」という文章を目にし、思わずドキリ!はい、それはワタクシですcoldsweats01 講義の時「えっ?ミトコンドリアって中学生のときに学んだ、プランクトンのことだよね。人体にもいるの?えっ?えっ?えっ?」なんてことが頭の中をかけめぐった次第sweat01

そうしたらなんと、息子がプランクトンのことを習ってきました。教科書を取り上げて、隅から隅まで読んだのは言うまでもありません。中学生じゃなくて、しょ、小学生の知識だったのか・・・orz とガックリ。本当に人間って忘れちゃう生き物なのねー。今こうして学んでいることも、忘れちゃうんだろうか・・・。

でも、慶応通信で学んでいることは、今までのそれとはちょっと違う気がする。暗記することに重きがおかれているのではなく、これまで身につけた知識をもとに、客観的なものの見方や考え方、論拠に基づいた主張のあり方というものを学んでいると感じます。そしてこれは知識というより技に近く、一度身につけたら忘れないんじゃないかな〜shine なんて思ったりhappy01 そうだといいなー

2013-06-22

2013.7 科目試験受験受付票 到着

7月の科目試験の受験表が届きました。1年振りの3科目受験です。

  7/6(土) E-自然科学概論13 持込不可
    社会学 持込可
  7/7(日) E-西洋史概説13 持込不可

しかも、チャンスは一度きりのEスク科目が2つもあるので、かなり焦り気味のワタクシ。

Eスクって講義を聴いているぶんには、なんだか分かったような気になって面白いのですが、いざ問いに答えようとすると、頭の中に入っていないのが分かるというかなんというかsweat01

レジュメの再読だけでは詳細は思い出せず、記憶を想起させるべくテキストと参考文献を読み返してまとめはじめていますが、記憶の定着が思いの外悪くてがっくり。

Chinzanso

でも実は一番苦労しているのは、持ち込み可の社会学だったりします。提示されたキーワードについて答えるもののようなのですが、テキストと関連づけて論じないといけないのが曲者。

最適なセクションをすばやく見極めることがポイントだと思うのですが、2段組み950頁もあるテキスは読んでも、読んでも、未読部分が減らないbearing それにこのテキスト、大きな声では言えないけれど、ぐいぐい引き込まれるような面白さを見出せず、正直読むのが辛いcoldsweats01  修行です〜。

2013-06-18

2013夜スク 案内到着

申し込んでいた夜間スクーリングの案内が届きました。夜スクは諦めていたのですが、今年に入って週2日ほど、夜私が家にぽつんと一人という状況になり、その曜日なら受講可能ということにhappy01 社会人は予期せぬことが起こるので学業の継続が難しいのですが、いい方向へ状況が変化することも。

講義要項を読むと、面白そうな科目がズラリと並んでいて、受けたい科目をチェックしていくと、音楽史、哲学、人類学、芸術学、論理学、近代思想史、地理学、統計学、社会学、図書館・情報学と全ての曜日にチェクが入ってしまいましたpen

Cinzanso

曜日が決まっているので受講できる科目は限定されますが、今年の夏スクは英語のみなので、夜スクで専攻科目の講義を受けられるのが余計に楽しみです。

けれども、夜スクは初めてで要領も分かんないし、週2回の受講は学業的にも主婦業的にもヘビーかなぁと。締切は8月9日(金)なので、もうしばらく講義要綱と時間割りをじっくり眺め、どの科目にするか考えます。この時間が楽しいんですよねnotes

2013-06-16

アバウトな学問? -論理学あれこれ

やっと単位を頂けたので、論理学のことをちょこっと振り返っておきます。難関と言われる論理学。私もテキストを読んでいて、構文論が出てきたあたりから、ほんとくじけそうになりましたcoldsweats01

証明が今ひとつ分からないことに加えて、全体像がなかなか掴めず四苦八苦sweat01 英語や歴史などは過去に一通り学んでいるので、シラバスが頭の中にあって「あぁ、これは、この辺りのことを詳しく説明してるんだなー」なんてことが分かるのですが、論理学の場合は、テキストに説明されている一つ一つの言わんとしていること —推論、真理値分析、トートロジー、公理系、三段論法、命題関数、量化など— はかろうじて理解できても、それぞれがどのような関係にあるのか、今説明されていることは論理学全体のどの部分に位置しているのか、ということが分からず苦労しましたsad

suisha

テキスト科目履修要領には、「他の文献は参照せず、テキストを読み込むこと」という趣旨のアドバイスがありましたが、私の場合はテキストだけでは理解できなかっただろうなぁと思います。公理系の簡単な証明法は、『論理学』『入門!論理学』で実際に練習問題を解いていく中でやっと理解できた感じ。

蛇足ですが、これはお互い補完しあっているので、セットで読むことをおすすめします。『論理学』で「公理系の証明はちょっとしたコツがいる」と書かれてあるのですが、そのコツが詳しく書かれてあるのが『入門!論理学』だと気づいたのは少したってから。論理記号が一切登場しないので、証明のコツが書かれてあるものだとはなかなか気づかないんですよねwink

そして、レポートを提出した後に読んだ『論理学をつくる』で、タブローの証明法と、それまでなんとなくあやふやだった部分がクリアになって、その後テキストに戻ってみると、それぞれの立ち位置や関係が分かるようになっていました。 とは言っても基本はテキスト。テキストのベースがあったから参考文献がわりとすんなり理解できたと思います。

あと参考文献を読むと、こんがらがることも。論理学の分野って結構アバウトな雰囲気なのか、数学では考えられないことだと思うのですが、記号が統一されてないんですよね。例えば否定の論理記号は、慶應のテキストでは「¬」なんだけど、「〜」や「—」でもOKだったり、条件法などはテキストでは「→」だけど、「⊃」や「⇒」を採用している方も。特にテキストでは推論式に⇒が使われているので、論理式で⇒が使われている参考文献を読むと、ごっちゃになってしまうため、自分で読み替えていく必要がありました。

ajisai

テキストの最重点ポイントがどこかを理解するのに、一番参考になったのは不合格レポートに書かれてあったアドバイスです。とても丁寧な指導だったので、再レポを書き進めるに当たっても方向性で迷うことはありませんでした。そして合格のレポートにも、細やかなアドバイスがあったことに感激しました。

「あってもいいけど、なくてもいい箇所」(←つまり、埋め草sweat01)や、沢山挙げた例についても「ここで後の推論例の論理式を証明してみせるという手もある」とか、「この部分は後半部で参照しており、無駄なっていない」など、簡潔で無駄がない、論理的なレポートを作成するためのアドバイスを沢山頂き、とてもためになりました。

論理学のお勉強中はすんなり理解できない自分にイライラしたり、情けなくなったりしたこともありましたが、このアドバイスを頂けただけでも論理学を履修してよかったな〜と思いましたnotes

2013-06-14

「社会学」レポート返却

社会学のレポートが戻ってきました。は、はやい!提出してから2週間ちょっとで返却されたのは初めて。最短記録です。

社会学のレポは注文の多い料理店だっただけに、緊張しながら二つ折りになっているレポートを広げると、おととい目にしたものと同じ合格shineのスタンプが、やはり採点欄からはみ出して押されていて、

レポートとして十二分の出来です。今後も、この調子でがんばって下さい。

という励ましのコメントが書かれていましたhappy01『プロ倫』で臨んだレポートでしたが、作成に当たって 「社会学的に論ぜよ。他の学問分野の観点からの回答は無効」という指示があり、この点がかなり不安だったのですが、なんとかクリアしていたようで、ほっ。

Kanda-gawa zoi

文献や資料は最低5本必要という注文もあり、結構大変だったのですが、同じ文献があの科目でも、その科目でも、この科目でも参考になる場合があるわけで、勉強を重ねていくと、この点は少しづつ楽になっていくんだなぁというのを実感しました。

と言うのも、今回一年程前に読んだ 『マルクス・コレクション』を参考文献に入れたのですが、一度読んでいるものなので素早く読めるのは勿論のこと、昨年より内容が分かるようになっている自分に驚いたりも。

まぁ、昨年読んだ時は、社会学を一切学んでいなかったので、ほとんど理解していなかったとも言えるんですけどsweat01 でもこうやって少しづつ理解が深まったり、蓄積された知識が縦横斜めに繋がってゆくのって、なんか嬉しいconfident

2013-06-13

2013夏スク 申し込み

昨日論理学のレポートとは別に、厚みのある封筒がもう一つ届きました。夏スクの英語Rで使用するテキストです。先週、英語R・英語Wともに許可の通知が届いたので、Webから申し込んでいたもの。

100頁ちょっとの中身をパラパラ見ると、リーディングのテキストなので当たり前ですが、英語だらけsweat01 各章の終わりにExercisesがあるので、これ全部訳して、問題解いていくんだろうな。

でも英語Rはこうして事前にテキストが入手できるクラスに当たったのでラッキーnotes 夏スクまでに一通り予習ができるから。一方、英語Wは残念なことに、私がアサインされたクラスではテキストは用いないようなので、夏スク期間中に予習、復習が必要で、出来なかった場合はぶっつけ本番で勝負ってことになっちゃうのよねhappy02

ajisai

今年の夏スクは英語がどちらも午後クラスに当たってしまい、II期の午前中に、今受講すべき科目が見当たらず、英語Wはかなりの予習が必要と思われるので、英語R & Wの二科目のみで先ほど申し込みをしました。まさしく英語漬けの夏になりそうですhappy02 当初、III期の午後は出席が危ぶまれていたのですが、あっさり解決。出席できる運びとなったので、夏スクで英語を完了するべく頑張ります!

英語からしばらく遠ざかっていたので、夏スクまでに英語の感覚を取り戻そうと、本年度の放送英語のテキスト『BITTER & SWEET LOVE STORIES』『Writing Updates』を購入し、時間のある時に聴いています。放送英語は受講者でなくても聴けるのがありがたいですね!予習もせず、お気楽に聴いてるだけじゃあ、本当はダメなんだろうけど、独学で英語の勉強をすることを思うと、ずっと楽しく学べて、力もつくんじゃないかな。希望的観測sign02

2013-06-12

「論理学(A)」再レポート返却

先月再提出していた論理学(A)のレポートが戻ってきました。「まだ、ダメだろうな。でも、もしかして、もしかしたら・・・」と淡い期待も抱きながら、ずっしり分厚い封筒の先をペーパーナイフで開けると、採点欄からはみ出して押された合格shineというスタンプが目の中に飛び込んできました。「やったぁ!」と思わずガッツボーズrock  Deluxeの後なだけに喜びはひとしおです。コメント欄には

意欲的で、好感のもてるレポートでした。
一つ一つ丁寧、正確に説明していました。全体的にも無駄になっているところはなく完成度は高いです。

と書かれていて、かなりの字数オーバーだっただけに「無駄になっているところはなく」というコメントを見てほっとしました。(実は無駄なところはあったのですがcoldsweats01) しかしワタクシのこと、いいことばかりのはずはなく、

ミスもありましたが、不合格にさせるほどのものであはりません。

と締めくくられていましたsweat02

「えっーsign03 ミス?どこ?どこ?」と慌ててチェックすると、真理値を書き間違っていて、真理表の下に「独自の例で工夫していますが、ここは計算ミスです」とご指摘がcoldsweats01 FなのにTって書いてる...orz  計算ミスをしていても結論が同じだったため、主張したいことへの影響はなかったのですが、全くのケアレスミスで推敲不足を反省ですsweat01トホホ。

前回同様、本文余白のいたるところにコメントや、さらなる改善点のアドバイスを記して下さっており、丁寧に読んで下さっているのがヒシヒシと伝わってきました。

Zojoji

ここで、前回と今回のレポの違いを考えてみると、一つ目は具体例を用いて説明したこと。沢山挙げるんだからユニークなものにしようと、オリジナルを考えてシリーズものにしてみたりしました。それがよかったのか、前回理解不足を指摘された量化理論の箇所で嬉しいコメントを頂きましたhappy01

ここまで実に丁寧に、分かりやすく、正確に説明していてよいです。前の説明とも整合性がとれています。

 

そして二つ目、推論と真理関数理論・量化理論との関係を論じたことです。初回レポはこの部分が中途半端で、両理論との関係性についてきちんと言及できていなかったと気づき、ちょっと趣向をこらした具体例を用いて説明してみたところ、

ここはとてもよいです。推論例を二つ使って、立体的に説明していて、分かりやすく丁寧です。

とコメントされていて、「あれこれ具体例を考えた甲斐があったなぁ」と報われた思いがしましたhappy01

Shiba Park

今回の課題は実に多くの要素が絡み合っていて、それだけに当初は細かな枝葉の部分に神経がいってしまい、「推論とは何か」という肝心な幹の部分を見失ってしまっていたのですが、原点に立ち返って幹を中心に据えてレポートを再構成したら、一本筋の通ったすっきりとしたものになりました。

ということで、これでめでたく4月科目試験の4単位shineをゲット。論理学(L)に進めます。もしかしてと思い、kcc-channelを確認してみましたが、さすがにまだ成績欄には反映されていませんでした。いつ反映されるのかなー

2013-06-11

Eスク「自然科学概論」課題2完成

先週、未受講だった自然科学概論の第10回から12回をなんとか聴講し、課題2に取り組もうとしたら、設問の1つが1ヶ月も前に聴講した講義のもので、すっかり忘却の彼方にcoldsweats01 資料やノートだけでは記憶は全くよみがえらず、昨日と今日の二日間で該当講義を再聴講して、なんとか記憶をよび起こし、完成にこぎつけました。こういう人のためにEスク受講期間を過ぎても、視聴できるようにしてくれているのだと納得です。

しかし、やっぱ理系科目は苦手。理解したと思っていたことも、いざ自分の言葉で説明する段になると、「えっと、何だったっけ?」という感じで、耳慣れない言葉の定義からの復習となりましたsweat01 しかも、500字と300字という短い字数でピンポイントの答えが求められているのですが、言わずもがな、それに四苦八苦のワタクシでした。

けれども、今回の課題の一つは「発ガンとガンの抑制のしくみ」について答えるもので、この年になるとガンも身近なものになってくるのですが、それだけにこのテーマを自分の中で整理することができてよかったと思うと同時に、この知識をうまく実生活に役立てられるといいなぁと思いました。

Tokyo Tower

12回の講義はとても興味深く、印象に残ったことがいくつもあり、質問メールを出すほどのことじゃないけど、直接講義を受けていたらちょこっと先生に伺ってみたいなぁなんてものもありました。

そしてもう一つ印象に残ったのが、何度か流れたNHKのビデオ。調べてみると、1999年に放送された「NHKスペシャル 驚異の小宇宙 人体III 遺伝子・DNA」という番組のようです。10年以上も前の番組なので、所々情報が古いものもあるのですが、CGが見事で人体という広大な小宇宙で繰り広げられている、遺伝子に関する様々なことが手に取るように分かりました。

また、46本の染色体を46冊の本にたとえて番組が進んでいくという趣向も面白く、全てを視聴したいなぁと思ったほど。NHKオンデマンドDVDで入手できるようなので、食指が動きそうsmile

2013-06-08

Eスク「西洋史概説」課題1提出

今回は締め切りまでに少し余裕があったので、推敲をじっくり行なった後に課題を提出することができましたnotes いつも駆け込み投函なのでcoldsweats01「私にしては余裕の提出♩」と思いつつアップロードしてみたら、中にはとっても早い時期のタイムスタンプがあり、すごいなぁと思ってしまいました。

ところで、今回アップロードの方法が自然科学概論の時と勝手が違っていて、ちょっとばかり手間取ってしまいましたsweat01 というのも、自然科学概論はwordで作成したファイルをそのままアップロードすればよかったのですが、西洋史概説は「テキスト入力による提出」というものだったので。

画面上にwordで作成した内容をコピー&ペーストして提出するのですが、「内容は文字のみとなります。」という注意書きがsweat02 つまり、コピーされるのはテキスト情報のみで、バイナリ情報はオミットされちゃうってこと。図形や表などはもちろん、文末脚注番号もコピーされないのですbearing

そこで画面に向かって、消えてしまった番号を振り直すという作業をしなくてはならず、ちょっと、いや、かなり面倒でした。でも後になってPDF形式で保存してから、コピペすればラクだったかも・・・と気づいたので、これら提出される方はご注意を!

そんなこんなでちょっと手間取りましたが、無事レポートを送り出すことができて一安心confident でもEスクのレポは返却されないんですよね。我が子同然のレポートが戻ってこないのはちょっと寂しいな。

2013-06-06

Eスク「西洋史概説」課題1完成

締切りまであと4日に迫った、Eスク西洋史概説のレポートがなんとか完成しました。今月に入って新たに『中世の産業革命』『中世の技術と社会変動』を読み始めたというノロノロぶりだったので、「間に合わなかったらどうしよ〜sweat01」という思いがいつも心の片隅にあった一週間でした。

Eスクはレポも試験もチャンスは一度きりなので、ほんと心臓に悪いhappy02 字数も3900字ちょいといい感じに収まったので、このまま提出してもいいんだけど、クリック一つで提出できるEスクだから少し寝かせて、明日か明後日、提出しようと思います。

ところで、今回読んだ3冊の参考文献ですが、基本的に同じようなことが書かれてあったのですが、視点が三者三様で論文やレポートの書き方のお勉強にもなった気がします。

そして今回この課題に取り組むことによって、今まで全く知らなかった中世世界の新たな一面を知ることができてちょっと嬉しい。当初予想と違った課題に戸惑い気味だったのですが、文献を読み終えてみて中世を愛してやまない先生が、この課題を選んだ理由がなんとなくわかった気がしましたconfident

ということで、ほっと安堵のため息がつけたと思ったら、時を同じくして、Eスク自然科学概論の課題2が発表されていました。次から次へとまさに自転車操業のワタクシbicycle 締切りはまだまだ先ですが、早めに終わらせて一日でも早く試験勉強に取りかかれるようにしないと。記憶力が急激に衰えている昨今なのに、3科目もあるのに未だ手つかずなんて、ほんとかなりまずいです・・・。

2013-06-03

kcc-channel成績情報

週末、久しぶりに高熱がでてしまいましたwobbly 季節の変わり目の風邪をひいた模様。とにかく頭痛がひどくて本を読むことも出来ず、ひたすら氷枕の上で静かに横になっていたのがよかったのか、今日は平熱に戻っていました。

そんなこんなで、確認を怠っていたkcc-channel成績情報。さきほどチェックしてみました。私は2012年度の履修分のみが表示されていました。総合成績だけでなく、レポと科目試験の各成績も表示されているのが嬉しいですね。

ただ、レポートが合格していない「史学概論」と「論理学」は反映されていなかったので、やはりレポと科目試験、両方合格した時点が修得年度となり、めでたくkcc-channelの成績コーナーに登場できるようです。早く両科目をここに登場させてあげなくては!

それはさておき、何千人もの外部に漏れてはいけない情報を、アナログからデジタルへ移行することは神経も使う大変な作業だったと思います。でもそのお陰でこうしてタイムリーにwebで確認できるのですから、履修計画を練る際など活用しまくりたいと思います。生徒にとっては本当にありがたい機能なので。ついアップデートを忘れてしまう、塾生手帳もほぼ真っ白なすぼらなワタクシには特にcoldsweats01

ただ残念なのは「史学概論」や「論理学」など on the wayの科目が反映されないこと。あくまでも参考情報であり、正式な単位修得状況ではないからこそ、on the wayの科目の状況がkcc-channelで確認できると便利なのになーと思うのです。

それ以外は便利なのでついこれに頼っちゃいそうだけど、卒論申し込みの単位に達してるかなど、肝心なトコロではきちんと証明書を申請したいと思います。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

記事検索

無料ブログはココログ