スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013-05-31

第II回科目試験申込

kcc-channelでの申し込みがまだできないようなので、郵便局で手続きを済ませてきました。3科目受験は1年振り。前回、前々回と1科目オンリーの受験が続いたので、一年前、3科目をどうやって回していたんだろう・・・と思ってしまうワタクシ。

しかもまだ、Eスクのレポート作成のための文献通読に追われていて、試験勉強に一切手がつけられておらず、焦り気味。そろそろ平行して勉強もやらないと、間に合わないかも〜sweat01 6科目受験をなさる方をほんと尊敬します。

2013-05-30

『ものと技術の弁証法』読了

Eスク西洋史概説で紹介されていた参考文献のうち、『ヨーロッパの中世5  ものと技術の弁証法』を読了しました。当初は「技術革新かぁsweat02」とそんなに興味がある内容ではなかったので、しぶしぶ読み始めたのですが、これがなんとすっごく面白かったのです。

というのもこの文献、衣食住に焦点をあてて中世の技術革新や発展が語られており、それらがどのような社会構造の変化をもたらしたかの考察がなされているのですが、ミクロに視点を合わせて様々なことが詳しく紹介されているのが面白くて、面白くて。しかも支配層の生活だけでなく、一般市民の生活も描かれているところが、なんとも興味深いのです。

それぞれの階級の人びとが、どんな家に住み、どんな食材を食べ、どんな服を着ていたのか。そしてそれらが技術革新とともにどのように変容し、彼らの生活も変わっていったのか、というようなことが、写真とともに丁寧に紹介されています。中世の人びとの暮らしぶりがイメージできる楽しい文献でした。オススメですnotes

2013-05-26

「社会学」レポート完成

社会学のレポートが完成したので、土曜日についでがあり大学まで足を運んだのですが、なんと事務局が休みで提出叶わずweep 土曜日はやっているものだとばかり思っていたのですが、科目試験の時だけなんですね。175円の節約叶わず、しょぼ〜ん。

新たな文献を読んで、ちょこっと修正や加筆はしたものの、ほぼ第一稿の路線で完成させました。社会学的に論じられているかと問われると自信は全くないのですが、自分が常々不思議に思っていたことをテーマとしたので、文献を読んでいる時はとてもワクワクしました。

特に最後に手にした文献は、カトリック神父からみたプロテスタンティズムが論じられており、資本主義という社会構造が生まれた背景について、ウェーバーとは異なる見解が示されていて興味深かったです。ただ、こちらの方に興味がいきすぎてしまって、レポート課題で問われている点がきちんと論じられたか一抹の不安coldsweats01

ベーシックなテーマを選んだので、逆に難しかったような気もしますが、いろんなことに気づかせてくれた、楽しい課題でした。

しかし、いつもならばここで科目試験の勉強に突入できるのですが、今期はもうあと二本レポが残ってるsweat01 Eスク受講者の辛いトコロ。特に西洋史概説のレポはテキスト科目と同じく4000字程度と指示があり、しかも出された課題が「えっ?そこですか?先生sweat02」という意外なもの。講義を聴いているだけでは書けない課題なので、紹介して下さった文献を読まなければ。3冊もあるので、読むのが遅いワタクシにはこれまた辛いトコロですhappy02

2013-05-22

2013年度 第Ⅰ回科目試験結果

恒例の「白x水色」の封筒が届きましたmail 「今回は多分大丈夫なはず」と思いながらも、封を開けるときの心拍数の早いこと早いことheart02 毎度のことながら心臓に悪いsweat01 結果は

      論理学(A)    4単位  A

レポートは絶賛苦戦中ですが、試験は無事合格shineでほっと一息です。しかも、久しぶりのAなのでちょっと嬉しい。と言っても基本中の基本問題だったので、ほとんどの方がAを頂いていると思われます。○かX、二者択一の採点がなされる問題だから、BやCの評価はないだろうし。

今回の試験に限って言えば、「論理式を真理表に置き換えることができて、得られた真理値分析の結果がどのような意味を持っているか」を理解していれば解ける問題でした。ただうっかりミスで、TとF(1と0)を書き間違えてしまう可能性があるので、見直しをしっかりすることが大切かも。時間はた〜っぷりあるので、焦らず慌てず。

それにしても、成績通知の単位欄に記されている「4」という文字。これまで4度も試験を受けているのに、実は初めてお目にかかる数字だったりします。こうやって眺めていると、「やっぱり4単位は大きいな〜、嬉しいな〜」と思っちゃいますねhappy01

でもまだレポートが受かってないので、単位修得に至っていないのが悲しいトコロweep こうなると、再レポの結果がすごく気になります。夏が過ぎゆく頃までには合格できるといいなぁ。

2013-05-21

「社会学」レポート第一稿完成

社会学のレポート、第一稿が完成しました。気になる現在の字数は、4028字。おぉ!私にしては素晴らしい出来shineこれなら4000字以内にするのは楽勝ですが、果たして社会学的に論じられているのかどうか、かな〜りあやしいcoldsweats01

今ひとつ社会学的に論じるとは、どういうことなのかピンときていないし、社会学って射程範囲があまりにも広いので豊富な知識が必要で、ある意味難しい科目だなぁと。

先日、Eスクの西洋史概説もレポート課題が発表され、参考文献が3冊ほど紹介されていたので、午前中図書館へ行ったついでに社会学のための文献も入手してきたので、それに目を通してから、どうするか考えます。

西洋史概説の文献も平行して目を通しつつ、まずは、最後の講義を視聴しなければ。なんだか慌ただしいこの頃ですdash



2013-05-19

「社会学」アウトライン完成

レポート提出締切まであと1週間。ようやく社会学のレポ、アウトラインが完成しました。またもや、ギリギリ路線の予感coldsweats01 社会学のレポは950頁もあるテキストのセクション末尾に用意されている、「考察を深めるための問い」からテーマが自由に選べます。各セクション5〜6題ずつ問いがたてられているので、自分の好きなテーマに取り組めるという反面、どれにしようか悩ましいという悩みがhappy02

当初、書いてみたいテーマが2つほどあり、文献を読みくらべて書きやすそうな方のテーマで取りかかったのですが、「う〜ん、まだ時期尚早かなー。それより今は、基本をおさえるべきなんじゃないかな〜」なんていう考えが頭の片隅をよぎり、夏スクで社会科学概論を受講した時から読んでみたかった、そちらの文献も読んだりしているうちに、ますますその思いが強くなってきて、急遽テーマ変更。プロ倫でいくことに。慌ててそれにまつわる文献数冊に目を通しましたbook

社会学のレポは結構細かい指示があり、「社会学的」に論ずること。他の学問分野の観点からの回答は無効とか、文献は最低5冊必要とか、字数も3500〜4000字、図表は50字換算とわざわざ書かれてあったり、どれかひとつでも満たしていなければ不合格とのこと。た、たいへんそうsweat01

参考文献を新たに5冊読むのも大変でしたが、とにかく私にとって最も大変なのは、言わずもがな、字数内に収めること。しかし、今回ばかりは3500字以上4000字以下に収めなければいけませんですねcoldsweats01 が、がんばりますぅ

2013-05-12

Eスク「西洋史概説」第9回まで

Eスク 西洋史概説 9回目まで聴講。神聖ローマ帝国誕生あたりから、有名なカノッサの屈辱を経て、十字軍が登場したあたりまで。高校の教科書では十数頁で語られているところを、こうやってじっくり学ぶわけですから、自分がイメージしていた歴史像と異なることがしばしばです。

例えば、今の今まで本当だと信じていた、ハインリヒ4世がグレゴリウス7世の許しを請うために、雪の中に3日間立ち尽くしたという説は、歴史学的に考えるとあり得ないそうwobbly そう教わったと記憶しているのは私だけ?

また、この時代はどうしても、皇帝 vs 教皇という対立のイメージがあったのですが、二人三脚で行なっている事柄もあり一概に語れないなど、今までの歴史観が少しばかり塗り替えられましたart

20130512_1801

歴史というものは一夜城のように、ある日突然新しい体制が現れるなんてことはなくて、以前の遺産を受け継ぎながら、少しずつ変化していくもの。けれども、求めるものが変わってきたからこそ、今までと異なった概念が出現するわけで、それが時代の移り変わりなんでしょうね。

正直この講義、私にはかなり高尚coldsweats01 史実の確認に重きが置かれているものではなく、この時代が持っていた色はこういうもので、それがだんだんこういう色に変わっていったよ。そこを掴んでね」という、ちょっと哲学的な講義だと感じています。

先生が時々ふと、遠くを見つめて思いにふけられる瞬間があるのですが、まるで千数百年の時を越えて中世にタイムスリップされているかのよう。先生がイメージされている色の変化を全て捉えることは無理ですが、どこまで捉えられるか、十字軍以降も楽しみたいと思いますhappy01

2013-05-10

Eスク「自然科学概論」第9回目まで

ようやく花粉を感じなくなったこの頃、私の一番好きな季節がやっと到来!と思いきや初夏の爽やかな季節を通り越して、いきなり本日は夏日sun あつかった〜。紫外線も相当量降り注いでいるようなので、お出かけの際は日焼け対策は必須ですよ。← 「紫外線は遺伝子の変異を引き起こす」と習ったばかりpencil

さて、Eスク 自然科学概論、9回目まで聴講しました。7〜9回は遺伝子にかかわる病気と免疫についてだったので、重たいテーマで、恒例の質問も正解のない、自身の人生観を問われるようなものが幾つか含まれていて、いろいろ考えることが多かった回でした。

「今の医学では治療することができない病や遺伝病にどう向き合うか」ということを考えた時、原因が科学的に解明されることのなかった時代には、本人はもとよりそのご家族も、相当な差別を受けただろうことは想像に難くありません。例えば、今私が学んでいる中世などでは、どういう対応がなされたのかと想像するだけで暗い気持ちになります。

それに比べると現在は、教育によって病に対する知識も広まり、原因がかなり特定でき、根治ではないけれど対処法があったり、遺伝子解析という方法があったり、いろいろな選択肢が用意されている時代になりました。言いかえれば、正しい知識を自ら得て、その知識をもとに自分の意志で選び取っていかなければならない、そんな時代になったんだなぁと。

そして正しい知識を得ることは、偏見や差別がなくなることと強く結びついていて、こういう知識が一般に広まっていなかった時代と比べると、人類は一歩一歩、進歩していってるんだなぁ。知識と道徳観・倫理観はリンクしていくものなんだなぁ。なんてことをつらつら考えてしまいました。なんか、まとまらないけれどcoldsweats01

2013-05-07

Eスク「自然科学概論」課題1提出

昨日、E-スク自然科学概論の課題1を提出しました。修正も提出期限までは可能みたいだし、受理されたかどうかタイムリーにわかるネット提出はやっぱ便利ですね。自分が何番目の提出なのかと、他の方のタイトルだけが分かるようになってて面白かったし。まぁ、みんな同じようなタイトルなんですけど。ということで昨日、やっと両科目とも6回分全て視聴したぞ!と喜んでいたら、今朝新たに3回分つづがアップされていました。休む間なしですねcoldsweats01

本日はGWからの続きで自然科学概論を聴講。この講義、先生から毎回問いが5〜6問投げかけられます。夏スクでは講義終了後要提出なので、私も同じように問いを書き取り、答えを書くようにしています。この方法、講義のポイントが一目で分かるし、講義終了と同時に今日新しく手にした知識が少なくともこれだけはあると「見える化」されることになって、グッドアイデアだなぁ〜と思います。

聴講前に参考文献の『”生きている”ってどういうこと?』を読んだんですが、文系大学生対象に書かれた初心者向けの本とはいえども理系の本。元素記号や図、耳慣れない用語が沢山出てきて、タンパク質合成の箇所などは想像の範囲を越えている記述が続き、「ひぇ〜 一体どういうこと〜 イメージできましぇ〜んbearing」って感じだったのですが、聴講後に読み返してみるとすんなりイメージできるから不思議。スクーリングの威力を思い知りました。

「論理学や史学概論も講義を受けることが出来たら、レポも違うものになるんだろうな〜、受けてみたいな〜」なんて思ったり。通学生がちょっと羨ましいぞ!でも好きな時間に受講したり、聴講中ポーズしてお茶飲んだり、なんてことは通学生には出来ないもんね。Eスクの特権をフル活用して、続きも楽しみたいと思いますwink

2013-05-05

Eスク「自然科学概論」第4回まで

1日に自然科学概論の第1回課題が出題されていたのですが、なかなか視聴する時間がとれず、少しばかり焦っていたワタクシcoldsweats01 なんとか4回目までの聴講にこぎつけました。課題は二つあり、うち一つは解答できるものだったので、先ほど仕上げちゃいましたpencil なんせ、あぶなげな記憶力なので、覚えてるうちに書いておかないと忘れてしまいそうでcoldsweats01

受講前はレポートを2回も提出するのは大変だろうなと思っていたのですが、講義中に何度も強調されたところからの出題だったのと、1課題300字以内とのことなので、あっという間に仕上がりました。先生、やさしいheart04

その代わり聴講は時間がかかってます。「ポーズしてはノートをとったり、調べたり、お茶飲んだりcafeの繰り返しなので、100分の講義ですが2時間半ほどかけてるかな。それなのにあっという間だったと感じるんですよね。きっと今までどうしてこんなことが起こるんだろう、不思議だなと思ってきたことに対する答えを学んでるからなんだろうな。

自分の体の中で起こっていることなのに、目にすることが出来ないために、長い長い年月の間、何が起こっているのか分からなかった生命のしくみについて、ここにきてこれだけ解明されたのか、という驚きがまずありました。そして、まだまだ謎が残っている生命の誕生や進化、今注目のiPS細胞、DNAやゲノム解読の話はとても興味深かったです。

また、生命のしくみがこんなにも秩序だった世界の中で営まれ、その営みが太古の遥か昔から、脈々と新しい世代へ受け継がれ続けてきたことに思いを馳せると、日頃の悩みなどは本当にちっぽけに感じちゃう。ミクロの世界で繰り広げられていることだけど、スケールはとてつもなく大きい。この秩序の世界に対して敬意を表さずにはいられない、厳粛な気持ちになりましたconfident

次回からは健康に直結する遺伝病や発ガンの仕組みについて。最後の講義は老化がテーマのようなので、かぶりつきで聴講したいと思いますsmile

2013-05-02

「論理学(A)」再レポ完成

29日にイベントがありGW前半は両母が遊びにきていたので、一時中断していたお勉強ですが、30日・1日の2日間で論理学の再レポを完成させました。第一稿から2割程は減らせたものの、毎度のことながらかなりの字数オーバーにsweat01今回は例題や真理表をバンバン入れたし、公理系の証明も3つほど入れたので、4000字で収めるのは無理というもの。「見逃してくれよ」って感じデス (ふるっ)

前回のレポは例題をほとんど削って提出しちゃったので、概念だけが記述されているものになってしまい、実は自分で読んでいてもつまんなかったcoldsweats01「この概念はこういうことなんですよ」と具体例を挙げて説明しないと、ホント何言ってるんだか分からないのが論理学という科目だと思う。 逆に自分なりの具体例を挙げて説明することができれば、ある程度は理解できてると言えるのかもな〜、なんてことを考えながらの再レポでした。

そうそう、今回ついに普通のホッチキスで留めることができず、中型ホッチキスのお出ましとなりました。そのうちオフィスにあるような大型のものじゃなきゃだめになるかも。大型ホッチキスは持ってないので、中型で間に合う範囲で合格できるといいんだけどなnote

続きを読む "「論理学(A)」再レポ完成" »

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

記事検索

無料ブログはココログ