スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 「史学概論」再レポート返却 | トップページ | テキスト到着 »

2013-04-03

今日の出来こと —とんだハプニング

お昼過ぎにピンポーンとチャイム音notes 待ちに待ったテキストが届いたと喜び勇んで玄関へ出てみると、びしょ濡れのダンボールからこぼれ落ちそうになっているテキストをかかえて、申し訳なさそうな顔をして立っている宅配の方。

「あの〜、重みで段ボールの底が抜けてしまって、中身が雨で濡れてしまっておりまして・・・」とおっしゃる。あまりのことにびっくりしつつもダンボールの中を覗くと、午前中は雨がひどかったこともありrain 確かにかなり濡れていて、ヨレヨレになってるテキストもwobbly 多分、何冊かは雨に濡れた地面に落ちちゃった模様・・・。

この荷物は差し出し人へ送り返し、直ちに新しいものを送付してもらうよう手配をするので、ご了承下さいとのこと。でもよく見ると、中には濡れていないものたちもあったので、それらは置いていってもらえないかダメもとで聞いてみましたが、やはり事故処理の関係上、全て返品しないといけないらしく、楽しみにしていたテキストとのご対面はほんの少しお預けとなってしまいましたweep

帰り際、宅配の方がさらに恐縮して「あの〜、申し訳ありませんが、大きなビニール袋を頂けませんか」と。確かに雨に濡れて見るも無惨な姿になった段ボール箱は使い物にならないので、あの膨大なテキストたちを持ち帰るには何か入れるものが必要。45Lのビニール袋と紙袋をお渡ししましたが、トラックに予備のダンボールなどを積んでいないことがなんか不思議です。こんなことは想定外なんでしょうね。

その後すぐに私からも事務局へ電話をし事情を説明すると、確かに稀なケースのようでびっくりされていました。大学にテキストが到着次第、新しいものを送付して下さるそうですが、届くのは早くて明後日かな。昨年は桜cherryblossomとともにやってきたテキストたちでしたが、今年は嵐typhoonとともにやってきて、とんだハプニングに。楽しみはとっておくものとは言いますが、それにしても新年度早々ついてないワタクシですweep

« 「史学概論」再レポート返却 | トップページ | テキスト到着 »

事務手続」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

記事検索

無料ブログはココログ