スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013-04-24

Eスク「西洋史概説」第5回まで

Eスク 西洋史概説、5回目まで聴講しました。1週間に1講義づつだと思っていたら、3回分の講義が一度にアップされるんですね。滞ると結構プレッシャーですが、時間のある時にまとめて視聴できるように配慮されてるんでしょうね。

第2回の講義では先生がスライドを指された時には、カメラが引かれて、先生とスライドの両方が写っている箇所もあって、まるでこの前のワタクシのボヤキを関係者が聴いておられたかのようbleah これ以降改善かなと思いきや、先生の顔だけが写っている場合もまだまだあって、「この辺りって、どの辺りやの?」と突っ込んでしまいました(笑)

Higashi-kan

講義は興味深く、特に4回、5回目は私のレポートのテーマであったフランク王国時代だったので、先生のお話がよ〜く理解できましたhappy01 しかも、「こういう視点での捉え方があるんだ! 」と気づかされることもあり、そういうことをレポートに盛り込めばよかったんだろうな〜なんて思ったり。

とにかくテキスト科目での「西洋史概説Ⅰ」のお勉強が、単位は頂いたものの、かな〜り中途半端に終っていたので、この講義で西洋中世史を概観して背景を掴みたいなと思っています。スクーリングによっては、同じ西洋史概説でも、特定の国やテーマに特化した講義もあるようなので、今回の講義内容は、私が学びたいこととドンピシャでだったのでラッキーでしたhappy01

toshokan-kyukan

けれども、再レポを 2つ抱えつつcoldsweats012科目のEスクをこなしていくのは結構ハードsweat01 その上、新たなレポに取り組むとなると、やりくりがかなり大変になりそう。GWは勉強の時間がほとんどとれなくなるので、今週ピッチをあげなくては!と再レポに取りかかったのですが、なかなか捗りませんbearing

「史学概論」は先生が指摘されているE.H.カーの箇所がどこなのか、ピンとこなくて悩み中。どこもかしこもそう思えるし、どこもかしこも違う気がする。迷える子羊ちゃん状態だし、「論理学」は一応完成したものの、シャレにならないほどの字数オーバーなので、さすがに削らなくては。トホホsweat01 シェイプアップめざして、がんばります〜

2013-04-18

2013夏スク 案内到着

夏期スクーリングの案内が届きましたnotes 昨年と比べると担当講師や開催時期が違っている科目もあれば、開催時期が固定されている科目も結構ありますね。受講したい科目はいろいろあるのですが、今年度はどれにしようかと悩む楽しみがないのでちょっと残念。というのも、今年は英語が優先なのでbearing

maboroshi-no-mon

ただ、リーディングとライティングを同じタームで受講することが出来ないので、 当初は2年スパンだなぁと思っていたのですが、子どもも大きくなってくると、夏休みにいろんな行事があって、どうやらこの夏はお弁当が必要な時期があるようなのです。当初は「お、お弁当!げげ、げsad」と思っていたのですが、よく考えると、これって午前の講義は受講可能だということに気づいて、思わずニンマリwink もしかして、もしかすると、今年は2ターム出席可能かも。

shobu

ただ、午前と午後を受講した昨年の夏スクを思い返してみると、復習の時間が思ったようにとれなかったんですよね。家に帰ると家事が待っているのが主婦の辛いところsweat01 しかも、夏スクの英語はかなりの予習を必要とするようなので、その時間の確保を考えると、欲張らずに今年はリーディングとライティングの1科目づつにしておいた方がいいのかもしれないなぁ、なんてことであれこれ悩んでます。あれれ?結局あれこれ悩んでる(笑)

2013-04-16

Eスク「西洋史概説」第1回講義

待ちに待ったEスクshine問題なく繋がるかどうかドキドキしながらアクセスすると、なんと簡単な自己紹介と写真をアップロードするよう促す画面が。写真は結構撮る方ですが、撮ってもらうことは少なく、また撮ってもらっても家族や友人と一緒に写ってることが多いので、適当なポートレート風の写真が見つからないsweat01 仕方ないので自分の顔だけ切り取ってアップしましたが、昨夏のものなので、1才ほど若いワタクシです。 なははsmile

Heiwa Kitaru

講義のビデオが始まると「あぁ、夏スクの風景だなぁ」となんだか懐かしい気持でいっぱいになりました。Webを介しての講義ってどんな感じなのかなと思っていたのですが、100分があっという間で、やはりテキスト勉強とは異なる高揚感があります。生の講義ではないのでその場での双方向性はありませんが、先生の話を聞き漏らしたり、ノートが間に合わない場合、少し戻してもう一度しっかり聞けるのが思った以上に便利でしたhappy01

それに考えてみると、テキストのポイントが一目で分かる講義資料が提供されるのってありがたいことです。テキスト勉強だと、これを自分で作らなきゃいけないわけですから、宝物ですねcrown しかも、これに書き込みながら視聴できるので、ほんと至れり尽くせりです。

tulip

ただ1つ残念だったのは、先生が講義資料のスライドを指して説明しておられる場面でも、カメラワークが変わらず、先生しか映っていないことが多々あったこと。特に本日のレジュメは地中海沿岸部の地図が年代ごとにズラリと並んでいたため、どのスライドのどの部分を先生が指されているのかが、視聴者には全く分かりませんでした。勿論、スライドをアップで撮影してほしいところ。今後改善されることを期待したいと思います。

講義はとても面白くて、今回また新しいことを沢山学ぶことができました。キリストの誕生日の諸説の話から、史学概論に通じる「歴史とはどういうものか」というような、歴史哲学的なお話も伺うことができて、続きがとっても楽しみですnotes

2013-04-15

「論理学(A)」レポート返却

試験から戻ると論理学のレポートが返却されました。ついこの間、四苦八苦して提出した気がするのですが、もう1ヶ月以上もたっているんですね。今回はドキドキすることもなく封をあけると、線の細い優しい字でDの文字。想定内でしたが、またまたDeluxeを頂戴いたしましたcoldsweats01

先生もこれからのワタクシとの長い文通を予想されてか、「初回のレポートとしてはよく書けていたと思いますが〜」とまずは、デキの悪い生徒のモチベーションが下がらないように、お心遣いのコメントから始まっておりましたconfident そしてコメント欄の枠からはみ出して、アドバイスをぎっしり書いて下さっていました。簡単に言うと、量化理論の理解不足と具体例を中心とした説明が必要との指摘です。

toshokan-kyukan

レポート本文に目を移すと、あちらこちらに線が引かれてあり、それぞれについてどう手直しすればいいのかの具体的なアドバイスがありました。これぞまさしく赤ペンpen先生です。今までにないことだったのでびっくりしましたが、ここまで細やかな指導があるのは、セルフスタディが難しい論理学だからなんでしょうね。

私の場合は「ここは真理表を用いて説明して下さい」「ここは具体例を挙げて説明して下さい」というアドバイスをあちこちに頂きました。実は完成前の原稿では真理表や具体例を入れていたものもあったのですが、字数があまりにもオーバーしたため、泣く泣く削ったのでした。よって、前バージョンからコピペをすればOKというものもあるので、ちょっと嬉しいhappy01

fresh green leaf

そして、またまたやってしまったことcoldsweats01 ある事柄について2頁にも及んで、くどくどと説明したのですが、「この議論は今回の課題とは直接関係がありませんので、説明不要です。具体例として挙げるにとどめておくので十分です」とバッサリsweat02あぁ、私ってほんと理解力がないんだなぁとため息が出たのは言うまでもありません。

けれど、コメントを全て読み終わった後、絶対に言及しなきゃいけなかったある点を、盛り込んでいなかったことに気づきましたflair しかし、しかしですよ。2頁分の約1600字を削ったとしても、真理表や具体例、そしてこのある点を追加したら、今以上の字数になるのは必至です。

講評欄の字数の項目はノーチェックだったので、多少の、いや、かなりのcoldsweats01字数オーバーも許して頂けるってことなのでしょうか?字数のことはちょっぴり気になりますが、すぐに書き直したい気分なので、頂いたアドバイスに沿って再レポにとりかかりたいと思います。

2013-04-14

2013年度 第Ⅰ回科目試験終了

ちょっぴり冷たい空気だけれど、爽やかな青空が広がった土曜日。本年度初めての科目試験を受けてきました。これで春夏秋冬の科目試験を一通り経験しましたが、やっぱりキャンパスが美しいのは4月と10月ですね。

緑のキャンパスを抜けてまずは事務局へ!しかしあると思って行った所に、生協はあれど事務局はないcoldsweats02 「あれ?事務局は一体どこへ?キャンパスマップ持ってくればよかった・・・。」と途方にくれていたら、警備の方が親切にも教えて下さり、どうにか辿り着くことができました。事務局へは入学当初、場所だけ確かめておこうと一度行ったはずなのですが、生協とは全く違う場所に位置していましたsweat01 ともあれ辿り着けてほっ。ワープロ用のレポート用紙を購入し、キャンパスマップも置いてあったのでしっかり頂いてきました。

toshokan-kyukann

今回の受験は「論理学(A)」の一科目のみ。前回と同じく大教室で、科目ごとに列が指定されていました。私は新緑が眺められる窓際の席へ。問題は真理表による真理値分析を行なえばあっという間に解けるもので、初めて20分たったら教室を出るという体験をしました。

レポートの難易度が難易度なだけに、レポートと比べると試験の方はあまりにも時間がかからなさすぎたので、「もしかして、もしかしたら、私、大きな勘違いをしている?」と不安になるくらいでしたが、やっぱりこれ以上何も書くことはないなぁと思って、教室を後にしました。

akai-ohana

外に出てみるとまだ試験中だからか、人がほとんど行き交っていなかったので、これはシャッターチャンスとばかり、あちこち散策。キャンパス内には所々に色とりどりのお花が咲いていて、「あぁ、春が来たんだなぁ」と思わせてくれた一日でしたtulip ということで、しばし、春のキャンパス風景をお届け致します。

2013-04-04

テキスト到着

昨日と同じく、お昼過ぎにピンポーンとチャイム音notes ドアを開けると 「昨日は申し訳ありませんでした」と昨日と同じお兄さんが手渡してくれたのは、待ちに待った大学からのお届けもの!昨日と違っているのは、伝票に「再配送分」と記入されていることと、テキストが数冊ずつビニール袋で密閉されていたこと。これは大学側の配慮でしょうか。

こんなに早く届いたのは、返品の到着をまたずに発送の運びとなったから。ヤマト運輸のしかるべき部署から丁寧なお詫びとともに、今回の件は配送業者の過失となるため該当荷物はヤマトが買い取る。そのため返品の必要はなく、事故処理の手続きが終った昨日の時点で、代替え品は発送済であるとの連絡を頂きました。事務局の方もこういうシステムになっていることはご存知なかったようです。

トラブル発生時の対応如何で、その企業の真価が問われるとよく言われますが、今回の迅速かつ適切な対応をみて、「さすがヤマトだな」と思いました。

ということで、本日はひとしきり補助教材やテキストに目を通し、今年度の履修計画などをつらつら考えておりました。・・・って科目試験まであと10日もないんだから、ホントはこんなことしてる場合じゃないのは重々承知なんだけど、この時間が通教生にとっては何よりの至福の時なんだから仕方ないよねbleah

2013-04-03

今日の出来こと —とんだハプニング

お昼過ぎにピンポーンとチャイム音notes 待ちに待ったテキストが届いたと喜び勇んで玄関へ出てみると、びしょ濡れのダンボールからこぼれ落ちそうになっているテキストをかかえて、申し訳なさそうな顔をして立っている宅配の方。

「あの〜、重みで段ボールの底が抜けてしまって、中身が雨で濡れてしまっておりまして・・・」とおっしゃる。あまりのことにびっくりしつつもダンボールの中を覗くと、午前中は雨がひどかったこともありrain 確かにかなり濡れていて、ヨレヨレになってるテキストもwobbly 多分、何冊かは雨に濡れた地面に落ちちゃった模様・・・。

この荷物は差し出し人へ送り返し、直ちに新しいものを送付してもらうよう手配をするので、ご了承下さいとのこと。でもよく見ると、中には濡れていないものたちもあったので、それらは置いていってもらえないかダメもとで聞いてみましたが、やはり事故処理の関係上、全て返品しないといけないらしく、楽しみにしていたテキストとのご対面はほんの少しお預けとなってしまいましたweep

帰り際、宅配の方がさらに恐縮して「あの〜、申し訳ありませんが、大きなビニール袋を頂けませんか」と。確かに雨に濡れて見るも無惨な姿になった段ボール箱は使い物にならないので、あの膨大なテキストたちを持ち帰るには何か入れるものが必要。45Lのビニール袋と紙袋をお渡ししましたが、トラックに予備のダンボールなどを積んでいないことがなんか不思議です。こんなことは想定外なんでしょうね。

その後すぐに私からも事務局へ電話をし事情を説明すると、確かに稀なケースのようでびっくりされていました。大学にテキストが到着次第、新しいものを送付して下さるそうですが、届くのは早くて明後日かな。昨年は桜cherryblossomとともにやってきたテキストたちでしたが、今年は嵐typhoonとともにやってきて、とんだハプニングに。楽しみはとっておくものとは言いますが、それにしても新年度早々ついてないワタクシですweep

2013-04-02

「史学概論」再レポート返却

大学から届いていた最後の郵便物が、史学概論の再レポ。いつものようにドキドキしながら開封すると、またまた大きな読みやすい字ではっきりと、Dという文字が書かれてありました。が〜んcoldsweats01 (←ちびまるこちゃん タラリ・・・状態sweat02)  この分では、論理学よりも先に史学概論で先生との長い文通が始まりそうですsweat01

でも前回と違って、約5ヶ月ぶりに拝見する先生の懐かしい筆跡がコメント欄いっぱいに。「議論の方向性はまちがってはいません。しかし〜」とここから、まだ今ひとつ理解が十分でない点につき指摘があり、最後に「E.H.カーで用いられた具体例をつかってみてください」という趣旨のアドバイスがありました。

実は前回「なぜ歴史は〜なのか、その理由を説明する必要がある」という旨のアドバイスを頂いたので、論証不足だったと気付き、自分ではそこをきちんと盛り込んだつもりだったのですが、「届かなかったか」というのが正直な感想です。しかも、参考文献も肝心なところが引用できていないということですよね。トホホwobbly

それでも唯一の救いは「議論の方向性はまちがってない」とお墨付きを頂けたこと。でもこれ褒め言葉でもなんでもなく、ワタクシ的には 「前回のレポートは明後日の方向を向いたとんでもないものだったけど、ようやく設問の意図を正しく理解しましたね。」と書かれてあると理解。そう、前回のレポートは「構成理論は発見理論をどのように乗り越えたか」の部分で、思いっきり的ハズレなこと書いちゃってたので、もうホント、穴があったら入りたいというか、あのレポートなかったことにしてほしいほど。そういう意味では、一歩前進かなhappy01

前回はほぼ全面書き直しでしたが、今回はE.H.カーを再読(何回目?)し、指摘された章のみ書き直す予定。社会学の参考文献を一冊読み終え、二冊目にとりかかろうと思っていたのですが、『歴史とは何か』を先に読み進めることにします。ということで、慶応通信 2年目は 「Deluxeから始まる新年度」なのでしたhappy02

2013-04-01

新年度スタート

あれよあれよという間に早くも4月!本日から新年度です。67期生のみなさま、ご入学おめでとうございますcherryblossom 昨年の今頃は、教材が届くのを今か今かと待っていたワタクシでした。なんだか懐かしい。

今年はちょっと留守にしている間に、大学から沢山郵便物が届いていました。その中の1つが「白 x 水色」の封筒だったので、一瞬ドキリとしましたが 、Kcc-channelの案内でした。早速アクセスしてみると、一番知りたかった成績情報はまだ工事中でしたが、基本情報などは間違いなく登録されていて一安心。各種重要情報をこうしてwebでチェックできるのはやっぱり便利ですねhappy01

ついでにE-スクの受講申込結果もチェック。2科目とも無事許可となっておりました。初めてのE-スク、受講するのが楽しみです。そして、もう1つ届いてたものが 科目試験受験受付票。なんとすでに試験日まで12日を切ってるんですねhappy02

1年目は予定通りに進むものではないということが身にしみた年でしたが、その時は修正すればいいだけのこと、という割り切りも覚えたワタクシです。とにかく続けてさえいればpencil ということで、気持新たに、2年目スタートですnotes

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

記事検索

無料ブログはココログ