スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013-03-13

論理学はスポーツである

先週一気に暖かくなったと思ったら、杉花粉も一気に関東地方に舞いおりたようで、花粉症のワタクシはアレルギー反応オンパレードの週末。例年、目はそんなにアレルギー反応が出ないのですが、今年はもう目を開けてられないほどの、うさぎのおめめ状態で、本を読むのがほんと辛いbearing

こんな時に論理学のお勉強なんて、一番適していない気もするのですが、「理解がすんなりいかないのは、花粉で頭がぼーっとしているから」ということにして、試験勉強を少しずつ進めています。過去問をみると、どうやら論述式ではく真理関数など、問題を解いて答えるタイプの試験のようなので、『論理学をつくる』という本を手にしました。『論理学』の著者、野矢氏ご推薦の本だったのと、実は著者の戸田山氏の本はこれが2冊目。1冊目の『論文の教室』という本で、結構衝撃を受け(あっ、まだこれ記事にしてなかったので、いずれそのうち) ひそかなファンになったので、自然に食指が動きました。

『論理学をつくる』はB5判で430頁程もある本なので、その大きさに圧倒されますが、私が知りたかった「論理学の目指すもの」がきちんと解説されていましたし、今まで「なんとな〜く、分かったような、分かってないような。まっ、でも、いっかbleah」とお茶を濁してきたような箇所について、詳しく説明がなされているんです。まさに、かゆいトコロに手が届く的な参考文献。

著者は初心者が理解に苦しみそうな箇所や、つまずきそうなところが分かっていらっしゃるようで、「あぁ、こういうことだったんだ」とうなずくことが何度もありました。ってまだ、途中までしか読んでいないんですけどsweat01 ただ、論理学のテキストを何度か、参考文献も何冊か読んだあとに手にした本なので、分かりやすいと感じるのは当たり前かもしれません。とは言っても証明などは、文系のワタクシからすると「えっ?こんなことも証明するの?」というような難問もあり、説明は丁寧ですが、決してやさしいだけの本ではないようです。

ただ、いろんなレベルの練習問題がたくさん掲載されていて、解答の解説も丁寧です。本を購入する立場の者からすると、この解説が丁寧っていうのは必須条件なんですけど、案外答えのみがポンと書かれてあるものが多い気がします。あっ、別にこれは論理学に限ったことではなく、一般論として。紙面の関係だと思いますが、そういう意味でもこの本は貴重かなと。それに、練習問題もちゃんと計算して配置されているようで、眠くなることもないですしcoldsweats01 目だけでなく身体全体を使って理解していってる感じで、なんかもう、スポーツをしている気分run

不思議なことに論理学の勉強が終ると、毎回すっごく疲れるんですよね。他の勉強の時には感じなかった、頭がとっても疲れてるっていう感覚。多分、普段ほとんど使わない左脳を使ってるからじゃないかな〜と勝手に想像しています。いつも使わないところを使うことは健康にもいいみたいなので、科目試験までにテキストの範囲の問題をやりきりたいと思いますnotes

2013-03-05

2012年度を振り返って

昨日2012年度の最後のレポートを提出したので、4月の科目試験に向けてのお勉強をスタートしました。まずは、まだ手つかずだった論理学のテキスト第Ⅳ章以降の通読から。ということで、私にとっては、本日が2013年度のスタート日です。

2012年度を振り返ると、大変だと言われる英語の単位がとれたこと、出席が危ぶまれていた夏期スクーリングを受講できたこと、そして、入学前は「果たして大学が要求するようなレポートなんて書けるんだろうか」と不安に思っていたのですが、アタフタしながらも、なんとか書き上げることが出来るんだと実感できたことなど、いろんな収穫がありました。それらが14単位という数字に込められているんだと思うと感慨深いものがあります。

レポート課題にはいい意味でいろいろ思うところがあるのですが、1つ挙げるとすると英語Ⅰの第1回レポート。この課題には慶應スピリッツを感じます。論理学を学んだ今、この英文は通教生にむけての親切なアドバイスだったのではと思えてなりません。そして、いくつかの科目を履修していくと、 慶應のテキストは科目という枠を越えて、縦横に繋がるように構成されていることを実感します。

2012年度の反省点としては、四半期ごとに2科目は履修しようと思っていたのに、後半実行できなかったこと。でも、秋以降いろいろあって、勉強だけに集中できる環境下ではなかったにもかかわらず、入学時に掲げていた、「科目試験は必ず受ける」という目標だけはなんとか成し遂げられたので、ヨシとしておきますhappy01

折しも、今年度退職される先生からメッセージを受け取りました。求められていることのレベルの高さに愕然としましたが、(Box1、Box2のような概念の理解は一生かかっても無理です・・・。)  厳しさと優しさを兼ね備えたあたたかい眼差しで、長年通信教育という教育システムを見守り、運営されてこられた先生からのメッセージは心に響きました。 このメッセージを胸に、2013年度も乗り切りたいと思います。

ということで、本日、学生証の在籍シールを新しいものに貼りかえました。2013年度もワクワクするような発見を体験することができますように!

2013-03-04

「論理学」レポート完成 そして 投函

17時少し前に郵便局へ駆け込み、何とか論理学のレポートを投函してきました。今回はまさにヒヤヒヤドキドキの綱渡り状態でありました。週末は主婦業優先なので、たっぷり机に向かう時間をとることは難しく、しかも今週は土曜日は子どもの行事、昨日は桃の節句ですcute  女の子はいないけど、一応、ちらし寿司と蛤のお吸い物などを作ってささやかなお祝いをしたりしていると、あっという間に時間は過ぎていってしまうのでした。

それでも、土曜日に第二稿、日曜日に第三稿と隙間時間で完成に向けて取り組んだのですが、引用チェックを含む推敲が間に合わず、本日まで持ち越しsweat01 しかもこんな時に限って、朝から所用で外出しなければならず、14時過ぎに帰宅してから16時半までは時間との戦い。心臓によくないので次回からはせめて、締め日の午前中には投函できるように準備をしようと心に誓ったワタクシです。ただ、レポの締め日は科目試験の申し込みも一緒に出せるので、これはこれで便利なんですよねsmile

さて、第1稿で10000字あったレポートsweat01 同じようなことを述べている箇所はもちろん、例題や表なども削りに削って、もうこれ以上削ったら意味が通じなくなる!というところまで削ったのですが、それでも4000字にはほど遠く、かなりの字数オーバーでの提出となってしまいしましたhappy02 論理学は先生との長い文通を覚悟しているので、アドバイスを頂いて最終的に4000字にできればと思っています。

ところで第一稿が完成した直後は、「分かったようでいて分かっていない」 そんな感じだったのですが、テキストと自分のレポを何度か読み直し、第二稿、第三稿と書き進めていくうちに「あっ、そういうことだったのか!」と思える瞬間があって、なんていうか、欠けていたパズルピースがようやく見つかって、やっと絵全体を見ることができた気がしました。ただ、その絵がどんな絵なのかを論理的に、的確に説明できているかと問われると、全く自信はないのですがcoldsweats01

でもこのような段階でも、論理学を履修してよかったと思うことがあります。それは、「演繹」と「帰納」の意味がはっきり分かったこと。お願いだから「レベルひくっ!」って言わないでcoldsweats01 今まで辞書などで調べても、それこそ分かったようで分からない、そんな概念語だったのですが、演繹的推論の問題を幾つかやったおかげで、理解することができました。私はやっぱり経験的チェックがないと理解できない人のようです。あっ、あと、「理論」と「論理」の違いも。こういうちょっとしたことでも、新しく理解できたものが増えるってことは嬉しいですnotes

2013-03-02

2012年度 第Ⅳ回科目試験結果

すっかりおなじみになった 白x水色 の封筒が配達されてきました。昨日届いていたようです。今回はこれまでの中で一番の準備不足で臨んだ試験だっただけに、心臓の鼓動も相当なもの。ドキドキしながら開封すると

      西洋史概説Ⅰ    2単位  B

よかった、合格でしたshine

実はあまりにも恥ずかしくて大きな声では言えないのですが、テスト直しをしている最中に、自信満々で答えたローマ皇帝の名前を間違えていたことに気づいたワタクシ。しかも歴史好きの子なら中学生でも知ってるような、超有名な皇帝の名前を・・・sweat01 採点者はきっと目を丸くしただろうと思います。こんなあまりにも、あまりの回答を合格にして下さる採点者の懐の深さに感謝です。

ミスはおかしましたが、今回の勝因はレポート作成時にビザンツ帝国に関する文献を読んでいたこと、それにつきますbook  実は、私が手にした文献には知りたかったことが書かれておらず、レポ作成のためには何の役にも立たなかったので、選択失敗、時間の無駄だったbearingとその時は思っていたのですが、後々こうやって、すご〜く役に立ったのですから、いろんな文献に目を通すことは長い目で見れば、その場限りの試験勉強なんかより、ずっとずっと力になるものかもしれません。

ところで、この科目のレポートはノーコメントでの返却だったため、ブログの記事にすることもなかったのですが、合格shineだったので、これでめでたく2単位ゲット!専門科目、初の単位修得です。ということで、2012年度の総修得単位数は14単位と相成りました。

あっ、でも「史学概論」の再レポが合格で返ってきたら、2単位追加されます。ここでちょっとした疑問が。再レポの合格で単位を頂ける運びになった場合、修得年度の基準ってレポートの返送年月日になるんですよね?つまり、今提出している再レポの返却が、4月以降になった場合は、2012年度ではなく、2013年度の修得になるという理解なのですが。もしそうなら、3月中に合格で戻ってきてくれると嬉しいなconfident

2013-03-01

「論理学」レポート第一稿完成

よーやく論理学のレポート第一稿が、青息吐息で完成しました。ぜいはぁwobbly いや、長い道のりでした。とにかく書いている途中で頭がこんがらがってきて、その度にテキストに戻り、また書いては、テキストに戻りのくり返し。多分レポートに着手してから完成までののべ時間は、一番最初に手がけた西洋史よりも多いはず・・・。

しか〜も、現時点での字数は約10,000字bearing これから西洋史の時以上に張り切って埋め草刈りをしなくてはならないのですが、締め切りまでに4000字にすることはかなり難しい感じsweat02 最大の要因は理解があやふやなことにつきるのですが、全くもって、レポート構成能力が培われておりませんです。はぁ。

自分の言葉でかみ砕いて述べられるほど理解がすすんでいないため、テキストの要約になっちゃってる。レポート課題の範囲は広く、テキスト200頁にも及ぶため、そりゃあ、いちいち要約していたら、これくらいの字数になっちゃいますよね。「真理関数の理論」と「量化理論」の決定的な違いを、中学生や高校生にも理解できるような分かりやすい言葉でズバリ説明したいのですが、これがなかなか難しいんです〜sweat01

でも、論理学、嫌いじゃないんですよね。うまく言えないんですが、「不思議な科目なのでもっと知りたい」という表現が一番近いかな。音楽は国境を越えた共通のものだってよく言われますが、それは記譜法が統一されているからこそで、一方、論理学は最初に同じものありき。命題さえ同じであれば、文章表現が異なっていても論理式にすると同じ。まして日本語であろうと、英語であろうと、ヘブライ語であろうと、どんな言語でも、すべて同じになる。

「人間の思考は言語を遥かに越えたものなんだなぁ」なんてことを考えざるをえなくて、もっと深く知りたいと思える科目です。今のところ一方的な片思いheart04だけど、いつか向こうから歩み寄ってくれる日がくるといいなぁ。

ということで、埋め草刈りに精を出す前に気分転換がてら、Eスクの受講料を振り込みに郵便局へ行ってきま〜す。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

記事検索

無料ブログはココログ