スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 「論理学」レポート完成 そして 投函 | トップページ | 論理学はスポーツである »

2013-03-05

2012年度を振り返って

昨日2012年度の最後のレポートを提出したので、4月の科目試験に向けてのお勉強をスタートしました。まずは、まだ手つかずだった論理学のテキスト第Ⅳ章以降の通読から。ということで、私にとっては、本日が2013年度のスタート日です。

2012年度を振り返ると、大変だと言われる英語の単位がとれたこと、出席が危ぶまれていた夏期スクーリングを受講できたこと、そして、入学前は「果たして大学が要求するようなレポートなんて書けるんだろうか」と不安に思っていたのですが、アタフタしながらも、なんとか書き上げることが出来るんだと実感できたことなど、いろんな収穫がありました。それらが14単位という数字に込められているんだと思うと感慨深いものがあります。

レポート課題にはいい意味でいろいろ思うところがあるのですが、1つ挙げるとすると英語Ⅰの第1回レポート。この課題には慶應スピリッツを感じます。論理学を学んだ今、この英文は通教生にむけての親切なアドバイスだったのではと思えてなりません。そして、いくつかの科目を履修していくと、 慶應のテキストは科目という枠を越えて、縦横に繋がるように構成されていることを実感します。

2012年度の反省点としては、四半期ごとに2科目は履修しようと思っていたのに、後半実行できなかったこと。でも、秋以降いろいろあって、勉強だけに集中できる環境下ではなかったにもかかわらず、入学時に掲げていた、「科目試験は必ず受ける」という目標だけはなんとか成し遂げられたので、ヨシとしておきますhappy01

折しも、今年度退職される先生からメッセージを受け取りました。求められていることのレベルの高さに愕然としましたが、(Box1、Box2のような概念の理解は一生かかっても無理です・・・。)  厳しさと優しさを兼ね備えたあたたかい眼差しで、長年通信教育という教育システムを見守り、運営されてこられた先生からのメッセージは心に響きました。 このメッセージを胸に、2013年度も乗り切りたいと思います。

ということで、本日、学生証の在籍シールを新しいものに貼りかえました。2013年度もワクワクするような発見を体験することができますように!

« 「論理学」レポート完成 そして 投函 | トップページ | 論理学はスポーツである »

履修計画・実績」カテゴリの記事

コメント

一年間、着実に勉強こなしてきたUikaさんには感服いたします。

勉強したくない!という高校生の息子のヤル気スイッチを探し続けている私に、自らの意志が大切なんだと、気づかせてくれます。

今年度もコツコツと積み重ねていく様子を見せていただき、勇み足の私を落ち着かせてくださいね。


自分の意志なしには、何も身につかないってことに気づくのは、この年になったからなんだよねー(笑) 青春真っ只中の若者たちに、気づけと言っても土台無理かも。部活や、恋愛や、その他モロモロ楽しいこといっぱいの日々の中で、勉強のスイッチだけを入られる子の方が特別な気がするcoldsweats01 

しかし、優秀な息子さんでもそうなんだから、我が息子が高校生になったらどうなることやら、今から心しておかなくてはbearing

この記事へのコメントは終了しました。

« 「論理学」レポート完成 そして 投函 | トップページ | 論理学はスポーツである »

記事検索

無料ブログはココログ