スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013-02-25

2013Eスク 受講決定

今日がE-スクーリングの抽選結果発表だということをすっかり忘れていたワタクシcoldsweats01 先ほど大急ぎでWeb確認したら、「許可」という文字が目の中に飛び込んできましたshine 両科目とも受講許可となっておりました。商店街のガラガラをひいても、ティッシュしかもらえないくじ運のない私なので、1科目でも許可されれば御の字だと思っていただけに、この結果にびっくり!

慶應通信では年間を通して色々な形でスクーリングが開催されていますが、あれこれ受講することが難しい環境下にあるワタクシ。E-スクがなかったら、スクーリングの必要単位を取得するのにかなりの時間がかかるのは必至なので、E-スクの存在は本当にありがたいです。

また、Webを利用して学ぶなんてことは初めての体験なので、どんな感じなのか今からとっても楽しみです。でも初めてなだけに、「もしかして2科目はキャパオーバーだったのでは・・・」という一抹の不安もよぎりますがcoldsweats01  そんなこと言ったらバチが当たりそう。受講できなかった方もいらっしゃるわけですから、しっかりお勉強せねば。それにしても、家にいながらにして、大学の講義を受講できるなんて、いい時代になったものですねpc

2013-02-19

論理学・・・ちょっと寄り道

論理学のレポート、なかなか捗りません。また頭が整理できていないこともあるのですが、それより何より構文論的手法が理解出来ていないのが気になって、気になって、レポートに集中できないというのが正直なところです。練習問題を解いて理解を深めたいなと思っても、テキストは練習問題が豊富に掲載されているわけではなく、研究問題も解答がついていないので、ほとんど理解できていない私のような人にはちょっと辛いsweat01

時間的に練習問題を解くよりレポート作成の方が優先だということはわかっているのですが、『学習のすすめ』にも「体を使って練習を充分おこなうこと」というアドバイスがあったしなぁ・・・ということで、練習問題が沢山載っている『論理学』を入手し、延々問題を解いておりました。

実は野矢氏の本はこの本で3冊目。ずいぶん前に、全く論理記号がでてこない『入門!論理学』『論理トレーニング101題』を読んだのですが、やさしい言葉で語りかけるように書かれてあるし、笑いをとろうとして、とりきれていないところが、なんか好きだなーと。『論理トレーニング101題』は頭の体操って感じで面白かったですし。つまり、密かに著者のファンなのですconfident

『論理学』は以前に読んだものとは違い、記号がバンバン出てくるのですが、著者と2人の禅僧との問答を通して読者に説明がなされていくという形がとられていて、面白おかしく読めるんですが、困ったことに禅僧がどちらも論理学初心者なのに理解早すぎ。「いやいや、『そうか、なるほど!』じゃなくって、『まだ今ひとつ理解できないんじゃが、なんで、そうなるんじゃ?』ってもっと質問せんかいっpout」と何度、突っ込みをいれたことかcoldsweats01

でも、実際に手を動かして練習問題を幾つか解いていくうちに、正解する問題もでてきて、なんとな〜く、ほんとに、なんとな〜くですが、少しは理解が進んだかな。しかしながら、「どうしてこの記号が急に出てくるの!」っていうことも多々あって、数学的センスを持ち合わせていないワタクシの前途多難は変わらないのですがsweat01

ということで、レポートの課題範囲だと思われる、『論理学』第2章までの練習問題を解き終わったので、そろそろレポート作成の方に集中しま〜す。

2013-02-15

プチ記念日

思えば昨年の今日、「慶應通信の66期生として学べるといいなぁ」と入学願書を提出したのでした。早いものであれから、あっという間に1年です。期待半分、不安半分でのスタートでしたが、1年たった感想は、「大人になってから学ぶのって面白いnotes」の一言です。

学生時代は勉強って、ず〜っと 「したいもの」ではなくて、「しなければいけないもの」だったので、まさかそんな私が能動的に、しかも自分で学費を払ってまでお勉強する日がこようとは、あの頃は夢にも思っていませんでしたsmile

ume

そして、同じ日にひっそり、こっそり開設したこのブログも、今ではいろんな方が訪れて下さるようになり、嬉しい限りですhappy01 決してマメではない私がこうして続けてこられたのも、拙いブログを訪れて下さるみなさんのおかげですconfident 本当にありがとうございます。

のんびり更新で、アタフタ記録の域は出ない内容ですが、2年目もどうぞよろしくお願い致します。

2013-02-14

論理学・・・かなり難解

論理学のテキスト読了はしたのですが、予想通り私にはかなり難解で、頭の中がモヤモヤしている状態が2日ほど続いていますweep 読むスピードも、数式が沢山出てきた、第Ⅱ章の第3節に入ったとたんに失速してしまいましたsweat01

『学習のすすめ』の論理学の学び方には、「完全にその章が理解できるまで、次の章に読み進むな。」というアドバイスが書かれてあったので、何度も戻っては読み、戻っては読みをくり返してみたものの、そのルールを守っていたら永遠にその先には進めそうにないので、仕方なく次の章へ強行突破しての読了です。トホホ。学習のすすめにあったアドバイスはとても参考になったのに加えて、ユーモアのある文章で大好きなのですが、大天才でもない、単なる秀才程度でもない、普通の人であるワタクシが、果たして「見晴らしのよい高い地点」まで辿りつける日はくるのだろうかって感じです。

とにかく、みなさんの想像を遥かに越えて、数学的センスというものを持ち合わせていないワタクシ。公理や定理の証明が出てきたとたんに、象形文字を見ているような感覚になってしましましたcoldsweats01  勿論、目で追っているだけでは数式の意味など全く頭に入ってこず、でもこれが理解できないことに気をとられすぎてしまって、肝心なポイントを読み過ごしてしまっている気がします。

論理学が難しいのは数学的であることもありますが、今まで学習してきた英語や歴史とは違い、初めて接する学問なので、論理学という学問の目指すところや全体像を掴めていない、ということが大きいような気がします。そのため、テキストは初心者向けにとても丁寧に書かれてあるものだと思うのですが、この説明は論理学全体のどの部分に位置するものなのかがよく分からない、そんな感じです。独学ではかなり厳しい科目だなぁというのが実感。こういう科目こそE-スクーリングに加えてほしい!

と、こんな感じで、テキストの理解はかな〜りあやしい状態ですが、後は先生との文通で理解を深めていく方が近道だと思うので、とりあえずレポに着手しようかなと。手を動かしているうちに、頭の中のモヤモヤも少しは消えてくれるかもしれないし、という期待を抱きつつ・・・。

2013-02-08

2013Eスク 追加申し込み

昨日とはうってかわり、木枯らしのような強い風が吹きまくる中、朝一番で病院へhospital 長〜い、長〜い、待ち時間のはずなのですが、「論理学」のテキストで凌いだおかげで、あまり長くは感じませんでした。病院の待ち合室って、案外集中できるものなんですよね。自宅と違って誘惑されるものが何もないからか、かなり読み進めることができてラッキーでしたnotes

それに今回ようやく 1ヶ月分のお薬が処方され、ついでに花粉症のお薬も頂けたので、こちらもラッキーnotes  通院は半日がかりなので、1ヶ月後に行けばいいと思うと気分的にずいぶん楽です。

閑話休題。帰宅後すぐ、E-スクの追加申し込みをしました。何しろ昨日、2万円得した気分になったワタクシ。このままお財布に入れちゃううと、何に使ったか分からなくなることは必至なので、有益に使おうかなと。それに4月~6月は時間がとれそうだし、なんといっても試験勉強が消化不良に終った 「西洋史概説」をちゃんとやりたいなぁと思ってsmile

そうそう、追加登録の処理はデータが上書きされちゃうようで、追加したい科目だけでなく、登録済の科目も合わせて、受講したい科目全てをインプットする必要がありました。要注意です〜。

2013-02-07

2013年度学費納入

今日は防犯パトロール当番だったので、外出したついでに来年度の学費の振込と、昨日完成した「史学概論」の再レポを投函しに郵便局へ行ってきましたpostoffice 午後から太陽が顔を出したおかげで暖かく、まるで春の陽気。けれどもここ数日、花粉の気配を感じているワタクシですbearing

いつものように特定記録の手続きをお願いしたら、最寄りの郵便局でも、いつのまにかスキャナー読み取りになっていました! もう手書きの控えをもらえないのが残念な気もしますが、控え発行までの待ち時間が大幅短縮なので、ありがたいです。それに、まだ10円切手を追加しなくても大丈夫でした。再々レポになったら必要かなcoldsweats01

ところで来年度の学費って、今年度より2万円安いんですね。昨年と同額と勘違いして、12万円を用意していたので、なんだか得した気分です。って、別に得してるわけじゃないんだけどcoldsweats01  ともかくこれで、4月からも女子大生のワタクシhappy01

実は今年度、学生割引でPCを新調したり、アカデミック版のソフトを購入したりと、学生の特典を最大限活用しちゃいましたgood Officeのバーションが古すぎたので、最新版のOfficeの機能には大感激。レポ作成の効率が上がったのが一番のメリットでした。来年度は映画や美術館などで活用できるといいなぁ。

2013-02-06

「史学概論」再レポ完成

12月中に仕上げるはずだった史学概論の再レポが、ようやく完成しました。結局、科目試験終了後から手をつけることになったのですが、前回のレポは評価項目4つともD & 採点欄Dの Quintet-Deluxeだったのでcoldsweats01 「構成理論が直面する問題」以外の章は、一からアウトラインを組み立て直し、ほぼ全面書き直しました。

でも今回驚いたのは、一発で4,000字以内に納まったことと、「アウトライン作成→レポ書き直し→推敲→印刷」にかかったのが、月曜日から水曜日のたった3日間だったこと。予想よりかなり早く仕上がったので、取りかかってしまえば、初回レポほど時間がかからないものなんだなぁというのが、再レポ初体験のワタクシの感想です。たまたま今回だけかもしれないですけどcoldsweats01

しかしながら、史学概論のレポに取り組んでいたのは、暑かった夏の盛り。あのころの記憶なんてどこか遠いところへ飛んで行ってしまっていたため、テキストと参考文献の再読からスタートです。

12月初めに、履修要綱に紹介されていた『 歴史・レトリック・立証』を新たに読んだのですが、私には難しすぎてレポの役にはたちそうになく、テキストと以前読んだ『歴史とは何か』 『歴史の探究』を精読。これに時間がかかりましたが、時間をおいて再び同じ文献を読むと、前に読んだ時には見えなかったものが見えてきたりして、夏スクの時に社会科学概論の先生がおっしゃっていたことの意味がようやく分かった気分でしたnotes

「通信でDを取るのは悪いことではないですよ。というか、取らないとだめですよ。だってDを取らないと、深く勉強しないでしょう。」

はい、ごもっともなご指摘。またDだったらこの言葉を心の支えにしようと思いますが、前回より少しはまともなレポになっていると思う(いや、思いたいcoldsweats01)ので、どうか合格で戻ってきますように!

続きを読む "「史学概論」再レポ完成" »

2013-02-04

2013Eスク 申し込み

入学当初から楽しみにしていたE-スク。春入学・さくら組cherryblossomのワタクシは、ず〜っと首を長くして案内が来るのを待っていました。でも、受講案内を見ると、少しばかり制約があり、いくつも受講するのは結構大変そうcoldsweats01  7月の試験が必須となるので、テキストで受験したい科目を考慮すると、私のキャパではそんなに沢山は申し込めないなぁと。

迷いに迷って、自然科学概論の履修仮登録を行いました。左サイドを見て頂くと一目瞭然。自然科学分野の単位数がいまだにゼロなので、優先することに。それに、講義要項を読むと、とっても興味のある内容だったのでnotes こういう知識はあって損はないですもんねhappy01 最近病気をしたこともあり、私にとってはかなりタイムリーな講義になる予感。東京在住は不利という噂も聞きますが、どうか当選しますように!

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

記事検索

無料ブログはココログ