スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013-01-30

2012年度 第Ⅳ回科目試験終了

試験日から3日も経ってしまいましたが、試験ネタcoldsweats01  年初めには 「今月末の試験は受けられないかもしれないなー」なんて思っていたのですが、日本の医薬品は素晴らしいshine 薬のおかげで松の内が明けるころには常にあった鈍痛がひいて、体力も回復してきました。それまではテキストを読んでも、痛みの方が気になってほとんど頭に入ってこないし、それすらトリプル炎症騒ぎですっかり忘却の彼方に。

実質、三連休明けから開始した試験勉強。一科目受験だったのが救いだけど、古代から中世の出来事を総合科目よりは奥深く学ぶ必要があるのに、時間なさすぎーsweat01 研究課題と2011年の過去問をノートにまとめただけでタイムアップでした。もう少しテキストと『西洋の歴史』を読み込みたかったなー。

試験当日は、「ノートにまとめたテーマが出題されますように」と苦しい時の神頼みを行いましたが、願い叶わず想定外の設問weep 「いや〜ん」と心の中で叫びながらも、西洋史概説Ⅰは2問中1問を選択できるので、ある意味ありがたい科目です。

今回は東ローマ帝国と修道院改革についての二者択一だったのですが、レポート作成時にビザンツ帝国は、カール大帝の戴冠をどのように捉えていたのか知りたくて、ビザンツについて書かれた文献に目を通したことがあり、なんとか書けそうな東ローマ帝国の方を選択。その時の記憶を総動員して、一応三分の二くらい埋めてきました。

レポートは合格shineだったので、なんとか試験も合格を頂けるといいのですが、後からテキストを読み返してみると、間違いを発見してしまったcoldsweats01 まっ、仕方ないか。でもお天気に恵まれた日曜日、久しぶりに電車に乗って出かけたこと自体が、気分転換になったワタクシなのでしたnotes

2013-01-28

師走の出来事

あれよあれよという間に第Ⅳ回科目試験も終了し、新しい年もはや1ヶ月が過ぎようとしていますが、ようやく久しぶりの更新と相成りました。というのも昨年12月に、胆嚢炎と胃炎を患い、久方ぶりに病院のお世話に。おまけに胃にはポリープがいっぱいで、年末には血尿まで出るという始末happy02 膀胱炎まで併発してしまい、トリプル炎症に全くもってトホホな毎日を過ごしておりました(涙)

何が辛かったかって、体のあちこちに繰り返し起こる鈍痛や疼痛もさることながら、食事がかなり制限され、好きな物が一切食べられなかったこと。お正月も私一人おかゆと湯豆腐のみ(涙)もちろんアルコールもNG。「何もイベント盛りだくさんな、ご馳走が食べられるこの時期に発症しなくてもいいのにぃgawk」とフテ腐れておりました。今は痛みもかなりひいて、食事も油っこいものと刺激物以外はとれるようになったので、ようやく普通の生活にもどりつつありますhappy01

踏んだり蹴ったりの日々でしたが、健康のありがたさが身にしみましたし、検査を通じて体の状態も把握することができたので、結果オーライなのかもしれません。それに「そろそろ体のことを考えて、きちんと生活しなさいよ」というサインなのかなーとも思ったり。

そこで、自他ともに認める洋食系、お肉大好き、揚げ物大好きの我が家なのですが、これを機に食事も少々見直すことに。年末から三連休明けまで、両家の母が順番に様子を見に来てくれていたので、和食の手ほどきを受けたりしておりました。「えー 今ごろーdash」という呆れ声は聞こえません(笑) そして、たまたまBOOK・OFFで手にした土井善晴さんのお料理の本が大当たりで、ちょっとばかし丁寧にお食事を作ってみたりしているこの頃です。

というような有様だったので、勉強のスケジュールも大幅に狂ってしまい、こちらもトホホなのですがweep 昨日の試験はなんとか受けることが出来たのでほっとしています。そんなこんなで、年末年始のご挨拶もできていなかったワタクシですが、本年もマイペースで、楽しみながら学んでいきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

記事検索

無料ブログはココログ