スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012-10-26

「史学概論」レポート返却

本日は抜けるような青空に金木犀の香りがふんわりと漂って、穏やかな秋晴れの一日となりました。心も軽やかに外出先から戻ると、大学から例のクラフト紙の封筒が届いていました。厚さから言って「史学概論」のレポートであることは中を開けなくても分りました。

いつものようにドキドキしながら開封すると、そこには大きな読みやすい字ではっきりと D の文字ng 気分はさわやかな秋晴れsunから一気に曇天cloudへ。初のレポート不合格を頂きましたweep

講評を見ると、評価項目も上4つのみのチェックですが全てDsweat02 これはもう端にも棒にもかからない、かなり独りよがりのレポだったことは明らかで、 コメント欄はアドバイスでぎっしりだろうと思ったら、「なぜ歴史は〜なのか、その理由を具体的に説明する必要があります。」のみでした。

う〜ん、再レポはこの部分のみを再考して提出すればいいのか、それとも講評項目の成績が成績なので、構成から全て仕切り直して提出すべきなのか、とても悩みます。でも、やっぱ再構成だろうな〜。

こうして不合格を頂くと、再レポの方を先に片付けたい衝動にかられますねcoldsweats01 このまま放置しておくのがなんだか中途半端な感じでsweat01 でも慶應通信では受験資格の切符を手にしなければ何も始まらないので、今は史学概論のことは忘れて、挑戦中のレポに注力しなくてはいけないのが何とも辛いところです。こういうことにも慣れていかないといけないのが慶應通信なんですね。

2012-10-20

第3四半期履修計画

今週は図書館をはしごして参考文献調達ウィークでした。区内の図書館が所蔵しているものは、自分が利用している図書館に配送してくれるのですが、区をまたがってのサービスはありません。東京都内の全図書館とは言わないので、せめてお隣の区の図書館同士が提携して相互配送サービスをしてくれたら便利なのになぁと思います。そんなわけで、私の住んでいる所が区境ということもあり、お隣二区の図書館にも登録をしていて3つの区の図書カードを持っていたのですが、この間三田図書館でも登録を済ませたので、現在図書カードを4枚持っています。

慶應通信に入学する前は読みたい本は自分の区、もしくは近隣二区のどこかの図書館には所蔵されており困ることはなかったのですが、入学後は入手出来なかった文献もありました。しかし、カーリルに港区の図書館を追加したところ、港区のみヒットという検索結果になったことが何回かあり、登録した甲斐があったというものです。自転車で行ける範囲にはないので頻繁に利用することはないだろうけど、港区にしかない本を科目試験日に受け取れるようにネット予約しておいて、返却時キャンパスに立ち寄れば、慶應の図書館や生協を利用する機会も増えるので一石二鳥かなとhappy01

今回借りてきた文献は、カール大帝と「社会学」「論理学」に関するもの。第3四半期の履修、当初は「史学概論」つながりで「歴史哲学」にしようかな〜とも思ったのですが、履修要綱をよ〜く読むと、「特定の関心とある程度の予備知識が要求される」とありますし、「西洋哲学史Ⅱを履修していることが望ましい」とも。「哲学」すら履修していないワタクシには時期尚早のよう。しかも「西洋哲学史Ⅱ」は4年次配本なので、このアドバイスを守ろうとすると再来年にしか履修できないことになりますcoldsweats01 ということで、歴史は「西洋史」つながりで、「西洋史概説Ⅰ」を先に履修するのが順当なようです。第1四半期に取り組んだ「西洋史」の内容を思い出しつつ、まずはカール大帝のお勉強ですcrown

そしてもう一科目は夏スクの「社会科学概論」つながりで、「社会学」にしようかな〜と思っていたのですが、レポート課題を950ページもあるテキストの中から自分で選択しなくてはいけないため、自分の興味がどの分野にあるかを見極めないとsweat01 社会学がカバーする分野は広範囲なので、参考文献を何冊が読んでから取りかかることにしようと思い、今週2、3冊パラパラと読んでいたのですが、どれも興味深くまた他にも読みたいものがあるので、すぐには決められそうにありません。来年4月の受験を目標にロングスパンで取り組もうと思います。

それに配本順をチェックすると、「論理学」が1年次配本、「社会学」は2年次配本なので、これはやはり「論理学を先にお勉強しましょう!」ということかなとcoldsweats01 ということで、先生との長い文通覚悟で難関と言われている論理学、「Uika、行きま〜す!」

2012-10-16

慶應塾生新聞の記事

三田キャンパスで頂いてきた『慶應塾生新聞 第480号』を本日じっくり読んでいたら、なんと「教授に訊きたい」というコーナーに夏スク、「歴史(東洋史)」でお世話になった先生のインタビュー記事が掲載されていました。記者が聞きたい内容は、言わずもがな「尖閣諸島をめぐる中国との領土問題について、どのように受け止めるべきか、解決のかぎはあるのか?」というもので、決して楽しい内容ではありませんでしたが、思わず記事に釘付けになりました。

というのも、スクーリング後どんどん加熱する反日のニュースに接していると、「報道はこんな風に言ってるけど、先生だったらどうおっしゃるかお伺いしたいなぁ」なんて、実現するはずのないことをふと思ったりしていたので、先生のお考えをこんな形で知ることが出来てとても嬉しいです。

中国という国について、「影射」という伝統的な手法を例にあげて詳しく説明されている箇所などは、夏スクを受講したおかげで記事の内容がとてもよく分り、行間が読めるってこういうことなのかも〜と思わず笑みがhappy01

領土問題の先生のご意見については、「そうか、そういう解決方法もあるのか。でもそれって可能なんだろうか?」と、ちょっと私などには考えの及ばないものだったのですが、古代からついこの間まで脈々と行われてきた武力によって地図を塗り替えるという方法は、21世紀の今日においてはNGなわけですから、領土問題の新たな解決方法が必要であり、先生がおっしゃられているのはまさにその新たな方法の一つなんだなぁと思いました。

今年の夏スクを今更ながら振り返ると、両講義から共通して「情報を受け取る際に心得ておくこと」も学んでいました。東洋史では報道を含め私たちが手にする情報は、全てある一面に過ぎないということを、社会科学概論では世の中には「ノイジー・マイノリティ」と「サイレント・マジョリティ」という現象があり、目先の現象にとらわれず、どれだけの人が支持している事象なのかを把握しておく必要があると教えて頂きました。

これらの点を含め、現在の諸問題について情報に惑わされない的確な判断をするには、過去の歴史や先人から学び取った知識をもとに培った、トインビーのような鋭い洞察力を備えていてこそ可能なんですよねcoldsweats01  慶應通信での学びで少しはそういった力がつくといいなnotes なんてことを思った秋の夜長の一時でありました。

2012-10-15

とある出来事 その2 —生協のサービス

今回の試験も2時半からだったので、お昼前には家を出て三田図書館で予約していた本を受け取ったり、生協の書籍コーナーを覗いたりしてから食堂restaurant 前回山食を利用したので、今回は生協の食堂にしてみました。山食のレトロな感じも好きですが、こちらは自然光が入ってくる明るい食堂で、山食より広いです。

夏スクの時と同じようにレジで生協の組合員証を提示したら、ちょっとしたやりとりが。
 生協「今は使えない期間なんです。」
 Uika「そうなんですか? 利用出来る期間っていつでしたっけ?」
 生協「夏休みの通信教育のスクーリング期間中だけなんですよ。」
 Uika「そ、そうなんですか。知りませんでした。すみませんsweat01
 生協「今日はそのカードを出される方が多いんですけど、何かあるんですか?」
 Uika「今日はその通信教育過程の試験日なんです。スクーリングで使えたので今日も使えると思って、出される方が多いんだと思います。」 —私のようにcoldsweats01
 生協「なるほど!試験日なんですか。頑張ってくださいね。」

お間抜け(失礼!)なのはワタクシだけではないと分って、ちょっとほっとしましたが、びっくりもしました。生協って基本、通学生を対象に考えられているサービスだと思っていたので。勿論、通学生もスクーリング期間中に利用すれば割引にはなるでしょうけれど、どう考えてもこれに関しては通教生を優遇して下さっているシステムですよね。

ランチ代をアルバイトで賄っている学生さんや、高い学費に加えてこういう費用もほとんどは親御さんの懐から支払われていることを思うと、通学生にこそ適用してあげたい気持ちになりますが、夏スクでの生協食堂の割引に、あらためて感謝したワタクシなのでしたconfident

2012-10-13

2012年度 第Ⅲ回科目試験終了

高く澄み渡った青空が広がりました。本来なら行楽日和ですが粛々と試験を受けて参りました。今回は「英語Ⅶ」と「史学概論」の二科目なので、試験は本日で終了。ゆえに今は至福の時。一足早く開放感に包まれていますhappy01  明日試験のみなさま、頑張って下さいね!

二回目の今回は要領も掴めているので、少しは心の余裕があったかな。でも久しぶりの三田キャンパス。夏スクで日吉キャンパスのレイアウトが色濃く残っているせいもあり、食堂や生協の場所がとっさに思い出せませんでしたcoldsweats01  ハイ、ワタクシ、かなりの方向音痴です。

試験はどうだったかと言いますと、ペン書きの英語Ⅶ、練習したにもかかわらず、やはりいきなりのペン書きは厳しいと判断 、問題数を見ると少なめだったこともあり、薄く鉛筆で下書きをしてからペンでなぞって、最後に消しゴムをかけるという安全策で解答しました。にもかかわらず一カ所修正液を使う事態が発生し、もう乾いただろうと思って消しゴムをかけたら、文字は消えちゃうわ、周りは薄黒くなるわで「あちゃーsweat01」 なんとも汚い答案用紙になってしまい、英語とは違うところで精魂使い果たしましたwobbly とほほ。

問題自体はテキストを読んでいれば答えられるものでしたが、英語Ⅶは読解力、つまり国語力を問われる問題が曲者かな〜と思いました。

史学概論は鉛筆書きOKなので、天国のよう。しかも出題は文明史観に関するものnotes 『トインビー』 を読んでいた私にはラッキー問題です。ただ、逆に情報量が多すぎてテキストに書かれてあったことと、『トインビー』で書かれてあったことがごっちゃになってしまい、テキストだけに沿った解答ができなかった感も否めません。

それにテキストを読み返してみると、高尚な単語が並んでいます。意味は同じでも、私が書いた文章は「中学生の作文かっ!」っていうくらい易しい言葉しか使ってないので、呆れられちゃうかもsweat01 もう少し、大学生が使うべき単語を使って記述できるようにしないといけないなぁ、というのがテスト直しをしていての反省点(^^ヾ とはいえ、白紙解答は避けられたので良しとします。

今回は最後の時間帯までだったので、キャンパスを後にする頃には夕暮れが迫っていて、ライトアップされた東京タワーがとても奇麗でしたshine カメラを持っていかなかったこと、後悔ですcamera

2012-10-11

2012夏スク 結果

噂どおり試験直前の本日、夏スクの結果が届きました。どうやら成績通知書は涼やかな白地に水色字の封筒に入って送られてくるみたいですね。いつものように、ドキドキしながら開封するとhairsalon

      歴史(東洋史) 2単位  A
      社会科学概論 2単位  A

2科目とも無事合格shineでした。わ〜いhappy01  猛暑の中、日吉まで通ったかいがあったというものです。

でもどう贔屓目にみても、東洋史はかなり甘めの採点です。講義はとても興味深かったので真剣に聞いていたはずなのですが、残念ながら試験は納得いくものが書けなくて、実は終了後「しょぼ〜んweep」って感じだったワタクシ。もし私が先生だったら、あのつまらない解答にAはつけないなぁとcoldsweats01  先生優しすぎですheart04

container gardening

一方、社会科学概論のAはとても嬉しいです。講義内容が高度で青息吐息でついていった感が拭えなかった科目でしたが、試験問題が予め開示されたため、試験前日 — 夜中に夫にたたき起こしてもらいcoldsweats01 — 自分なりに精一杯の準備をして試験に臨みました。それがこのように評価されたのは嬉しい限りです。

不案内な科目だったけれどなんとか論ずることができたのは、史学概論を平行して勉強していたことが大きかったと思います。共通する概念が多く、両科目から横断的に学べたことはラッキーでしたhappy01

ということで、4単位ゲットです。これで自力での取得は10単位となり、 認定単位と合わせると総合教育科目は半分ちょっと取得できたことになります。難関と言われる科目が後に控えているので、これからはそう簡単にいかないと思いますが今日明日の2日間、軽やな気分で試験勉強に取り組めそうですnotes

2012-10-08

試験前に三連休って・・・。

お天気が今ひとつだった一昨日と昨日ですが、体育の日の今日、ようやく「天高く馬肥ゆる秋」と形容できる秋晴れに恵まれたので、家族でサイクリングに出かけましたbicycle  自由が丘で開催されている女神祭りをちょこっと覗いて、そのまま駒沢オリンピック公園まで。

Komazawa Olympic Park

インドア派の我が家にとっては相当な運動量でしたが、公園内に入ると緑がいっぱいで、都心にいることを忘れさせてくれます。黄金色に色づき始めた木々の間からこぼれるおひさまの光を浴びて、走り抜けるこのサイクリングロードはほんと最高!ジョギングコースも併設されていて、沢山の人たちが体育の日を満喫していましたrun

・・・と、試験まであと4日しかないのにこんなことしてていいのかって感じですが、家族サービスの方がお勉強よりもプライオリティが高くなるのは致し方ありません。『えっ? 私が率先して出かけようとしてたってcoldsweats01 』 いや、いや、でもお天気が芳しくなかった土曜と日曜は、細切れ時間を活用して、予定通り英語Ⅶは最終章までを精読、史学概論は研究課題と昨年の過去問を一応やり終えました。

Komazawa Olympic Park

が、しかし、『こんなんでいいのかしらん』という不安がcoldsweats01  前回の英語Ⅰや英語Ⅱはどこから問題が出題されるのか示されていたので対策もたてやすかったのですが、英語Ⅶはそういう意味での対策のたてようがありません。さらに史学概論に至っては研究課題の自分の解答が果たして合格ラインなのかどうかさっぱり分らないので、こちらもまた対策の立てようがないというのが現状なんですよねー。でも、これが大学の試験なんでしょうねcoldsweats01 とりあえずギリギリまでジタバタします。

2012-10-02

「2012.10 科目試験受験受付票」到着

この週末はイベント目白押しで全く試験勉強が捗りませんでしたsweat01 土曜日は息子の運動会、保育園の時から数えてこれが8回目の運動会ですが、生まれて初めて徒競走で一位でゴール!これにはびっくり。なんせインドア派の我が家なので(^^ヾ

日曜日はわざわざ孫の活躍を見に来てくれた義母と東京見物。台風接近にもかかわらず、明日グランドオープンを迎える東京駅を見に行くというおのぼりさんな我が家gemini  でも見に行ってよかったです。美しい佇まいが駅だということを忘れさせるほど。また、久しぶりの有楽町、丸の内界隈はちょっとずつ変わっていてびっくりでした。そして昨日は土曜日の振替休日でもあり、都民の日でもあったので息子と二人でまたまた外出。

なんだか3連休のような我が家だったのですが、本日、大学から届いたハガキを見て我にかえりました(笑) 2012年10月の科目試験受験受付票です。申請していた「英語Ⅶ」と「史学概論」が無事許可となっていて、今回は13日、土曜日だけの受験です。一日で終っちゃうのはいいような悪いような(^^;

試験まであと10日ですが、英語Ⅶはようやく5章を終えたところ、史学概論に至ってはまだ研究課題を終わらせていないので、ちょっとスパートdashかけないとまずいですsweat01  今週中に英語は最終話の第6章を、史学概論は研究課題と過去問を終らせて、来週はテキストの読み込みと史学概論は過去問以外のトピックスを自作して試験に備えたいなーと思っています。運動会でかなりの頑張りを見せた息子。ワタクシもがんばらなくてはcoldsweats01

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

記事検索

無料ブログはココログ