スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 慶應塾生新聞の記事 | トップページ | 「史学概論」レポート返却 »

2012-10-20

第3四半期履修計画

今週は図書館をはしごして参考文献調達ウィークでした。区内の図書館が所蔵しているものは、自分が利用している図書館に配送してくれるのですが、区をまたがってのサービスはありません。東京都内の全図書館とは言わないので、せめてお隣の区の図書館同士が提携して相互配送サービスをしてくれたら便利なのになぁと思います。そんなわけで、私の住んでいる所が区境ということもあり、お隣二区の図書館にも登録をしていて3つの区の図書カードを持っていたのですが、この間三田図書館でも登録を済ませたので、現在図書カードを4枚持っています。

慶應通信に入学する前は読みたい本は自分の区、もしくは近隣二区のどこかの図書館には所蔵されており困ることはなかったのですが、入学後は入手出来なかった文献もありました。しかし、カーリルに港区の図書館を追加したところ、港区のみヒットという検索結果になったことが何回かあり、登録した甲斐があったというものです。自転車で行ける範囲にはないので頻繁に利用することはないだろうけど、港区にしかない本を科目試験日に受け取れるようにネット予約しておいて、返却時キャンパスに立ち寄れば、慶應の図書館や生協を利用する機会も増えるので一石二鳥かなとhappy01

今回借りてきた文献は、カール大帝と「社会学」「論理学」に関するもの。第3四半期の履修、当初は「史学概論」つながりで「歴史哲学」にしようかな〜とも思ったのですが、履修要綱をよ〜く読むと、「特定の関心とある程度の予備知識が要求される」とありますし、「西洋哲学史Ⅱを履修していることが望ましい」とも。「哲学」すら履修していないワタクシには時期尚早のよう。しかも「西洋哲学史Ⅱ」は4年次配本なので、このアドバイスを守ろうとすると再来年にしか履修できないことになりますcoldsweats01 ということで、歴史は「西洋史」つながりで、「西洋史概説Ⅰ」を先に履修するのが順当なようです。第1四半期に取り組んだ「西洋史」の内容を思い出しつつ、まずはカール大帝のお勉強ですcrown

そしてもう一科目は夏スクの「社会科学概論」つながりで、「社会学」にしようかな〜と思っていたのですが、レポート課題を950ページもあるテキストの中から自分で選択しなくてはいけないため、自分の興味がどの分野にあるかを見極めないとsweat01 社会学がカバーする分野は広範囲なので、参考文献を何冊が読んでから取りかかることにしようと思い、今週2、3冊パラパラと読んでいたのですが、どれも興味深くまた他にも読みたいものがあるので、すぐには決められそうにありません。来年4月の受験を目標にロングスパンで取り組もうと思います。

それに配本順をチェックすると、「論理学」が1年次配本、「社会学」は2年次配本なので、これはやはり「論理学を先にお勉強しましょう!」ということかなとcoldsweats01 ということで、先生との長い文通覚悟で難関と言われている論理学、「Uika、行きま〜す!」

« 慶應塾生新聞の記事 | トップページ | 「史学概論」レポート返却 »

履修計画・実績」カテゴリの記事

コメント

論理学に行くんですね!私は、論理学はいつかは履修しようと思っていますが、レポがかなりの難関のようなので、まだ手をつけてもいません(^_^;
…というか、レポの前にスクで受けてみようかと検討しているところです。
Uikaさんは、あえてテキストの方へ行くんですねsign01頑張ってくださいねhappy01up

のんさんも論理学、履修予定されているんですねnotes
論理的な考え方が少しは出来るようになることを期待しての履修ですが、テキストを開いてみたら、どう見てもこれ文系のテキストではないわーって感じです(苦笑)

一筋縄ではいかないのは覚悟の上で、6月まで頑張ってそれでも駄目そうなら、私も夏スクでの履修を考えていますscissors  でも、 論理学がどういう学問なのか、今はそれを知る楽しみの方が大きいです。今だけかもcoldsweats01

論理学は数学の「集合」みたいなものですね。必修科目が群に複数あったので、読み終わる前に履修を諦めてしまいました。当該群の必修科目と総合科目の単位を取得完了しましたので余裕があったら履修するかも:)
帰納法、演繹法等ができるようになると、きっと論文作成が楽になります!

「集合」ですか!○二つの図形で、ここは and とここは or という概念くらいしか覚えてないんですけど(^^; 心に留めておきます♩

帰納と演繹の概念もようやく分かりかけてきたワタクシなので、ぜひハッシーさんに先に履修して頂き、エッセンスを伝授いただければ・・・、 と冗談はさておき、おっしゃるように論文作成に一番ためになる科目かなと思うので、記号大の苦手ですが、とりあえずがんばりま〜す!

こんにちは。

私は「論理学」のレポ合格まで、半年間ほど先生と学問文通をしてました^^

「論理学」と言うのは面白い学問で、思考の内容や結論が、我々の持つ常識や倫理観に合う合わない等ということは無視するんですね。
「正しい推論とは何か、どのように行われるべきものか」を考える分野ですから、たとえ「エッ、そんなのアリ?!Σ(゚д゚;)」と思うような結論が導き出されていても、論理的に正しい推論であれば、論理学としてはOKなんですね。推論が正しくて(論理学的にOK)、もし結論が偽であるとするなら、それは前提が偽である、という事になります。

推論の手順の正しさを検証するために、検証の対象である文章("命題"と呼んでます)をパーツに分解して、抽出したパーツを論理記号で結んで、元の文章を論理学の式(論理式)に変換し再構成する作業を行います。そして、論理学の手順で検証すると、元の文章が真であるか偽であるかがわかる。

この論理式の作り方・考え方は、アリストテレスの三段論法が19世紀まで2000年ほどず~と支配していたのですが、近代になって色々な論理が発明されてきて、これらを理解していくのが、ちょっと難しかったりします。でも、ベースは、三段論法なので、ここを押さえるのが重要だと思います。

論理学に関する本はた~くさんあり、ネットでも様々情報が得られますが、結局のところ、テキストを一番読んでました。ビジネス書の類の論理的思考技術と、「論理学」とは、必ずしも一致しないので、変に混乱しないためにももし読む場合は気を付けて置いた方がいいかもしれません。自分の持っている常識、見解などは一時的に捨てて、純粋に学問だと割り切り、小学1年生のよいうな気持ちで一段ずつ進まれるのが良いと思います。

「Uikaさん、行ってらっしゃ~い!」

Pakaponさん、論理学の貴重なエッセンスをありがとうございます。なんとなく何を目的としている科目なのかが分ってきました。

一般の通念と論理学の結論が必ずしも等しくない、という現象に戸惑ってしまいそうですね。自分の価値観は一旦忘れて、真っ新なスポンジになったつもりで、とにかく素直に吸収することを心がけたいと思います。

参考文献のアドバイスも参考になりましたnotes すでに数冊借りてきているのですが、私もこれはいろいろ読むよりテキストを中心にして、どうしても理解できない箇所を補完する参考書の役割になりそうな本のみ1冊、手元に置こうかなと考えていました。あちこち出を出したら余計こんがらがりそうなのでcoldsweats01

アリストテレスから現代まで脈々と伝えられてきた「知の世界」を楽しめるかどうか、ドキドキですがとにかく行ってきま〜すairplane

この記事へのコメントは終了しました。

« 慶應塾生新聞の記事 | トップページ | 「史学概論」レポート返却 »

記事検索

無料ブログはココログ