スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012-09-27

悩みの種 研究課題Ⅴ

タイトル通り、史学概論の研究課題Ⅴで時間を取られてしまいました。テキストと『歴史の探究』を何度も読み直してトライしたのですが、ペン書きなのでぐちゃぐちゃのカオス状態になってしまい、何度も書き直す羽目にsweat01 なんとか仕上げたものの、自分が理解できない、というか、納得できない理論について記述することがいかに難しいか身を持って知りましたbearing

この章にはかつてお友達になれそうもないと思ったドイツの哲学者ヘーゲルが登場するのですが、「見えざる手」とか「世界精神」などは勿論、「予定調和」という概念も「機が熟すまで」とか「要はタイミング」位の意味なら納得できますが、神がかりになってしまうと私の理解を超えるのでほんと困りますsad 唯一の救いだったのはテキストに、「この考え方が経験論者の歴史家にできるだろうか。」という投げかけがあり、「これは観念論を受け入れなければ成り立たない議論である。」と結ばれていたことです。

ここでの収穫は、間違いなく私は観念論者ではないと自覚できたこと(^^; 何をもってして経験論者というのかはこれからお勉強して理解しなくてはいけないのですが、とりあえず「二者択一であれば、私の視座は経験論者側なのね」ってことが分ったのでよしとするかって感じですcoldsweats01 しかし、このあたりが試験に出たらお手上げだなぁー

2012-09-22

「英語Ⅶ」レポート返却

英語Ⅶのレポートが早くも返却されました。第1回、第2回を一緒に投函したのですが、第1回のみの返却です。

結果はAで合格shine しかし、レポートには赤ペンチェックが沢山で、「科目試験に向けて、課題あり」ということが分りましたsweat01

Kodomo-no-kuni

問題1と3の和訳でそれぞれ減点があり、問題2は採点の際の先生のご苦労が偲ばれました。解釈を問われる問題なので、採点も迷うところだと思います。満点を頂いてはいるのですが、「stepmotherにここまでの意味を持たせてしまうのは少しいきすぎかもしれませんが、OKです」とわざわざコメントを下さいました。しかもよ〜く見るとミスノンで修正した上から点数が書かれてあるので、最初は減点されていたのかも(苦笑) 

ここは感ずるところがある内容だったため、オブラートに包んだ言い方ではなく結構思い切った表現を使ったこともあり、先生のちょっと戸惑っておられるアドバイスも納得です(^^ヾ 私の感性を許容して下さった先生の懐の深さに感謝です(*^^*) でも、採点者によっては減点されるかもしれない解答だったことは肝に銘じておきたいと思います。

Kodomo-yubokujyoi

そして問題の和訳sweat01 頭の中で訳すときは英語の語順のまま、美しい日本語にしなくても読み進めていけるのですが、日本語で文章にする際はどうしても普通に使っている日本語の表現にしたくなっちゃうワタクシ(^^ヾ

そんな性分なので出来る限り直訳を心がけたつもりなのですが、それでも意訳ととられたようで、英単語の意味と全く同じ日本語訳の訂正が部分部分に入っていましたsweat01 科目試験の際は、多少不自然な日本語になったとしても、英単語に忠実な訳を心がけた方がよさそうです。

ということで、英語Ⅶは只今、第4章をお勉強中。この週末で4章を終わらせますhappy01 終わらせたいなsmile 終らせられるんじゃないかなcoldsweats01

2012-09-21

国語世論調査に思う

久しぶりのまとまった雨が秋を連れてきてくれたようで、連日の30度超えからやっと解放されました。ようやく、夏から秋へバトンタッチですmaple 読書の秋到来ということで、合間に『トインビー』を読みつつ、ペン書きで史学概論の研究課題を継続中、課題Ⅳを終えました。

ペン書きだとPCでの作業に比べて、倍ほど時間がかかっている感じ。まだすぐにノートに書けるほど修行を積んでいないので、まず裏紙などに書いてからそれらを再構成しつつノートに記しているため余計時間がかかるのですが、少しずつでも時間を縮められたらなぁと思っています。

Kodomo-no-kuni

ところで、本日の朝日新聞の朝刊に興味深い記事が掲載されていました。以下、国語世論調査の記事の引用です。

電子メールなど情報交換手段が多様化した影響も浮かび上がった。「漢字を正確に書く力が衰えた」とする人は、10年前の調査と比べて、25.2ポイント増の66.5%、「手書きが面倒」と感じる人は10.1ポイント増の42%になった。

携帯電話などの情報機器は、これまでは文字を書く能力ができあがった人が使っていたが、今は子どもも使う。結果を受け、学校教育でどのような対策をするか、検討するという。

Kodomo-no-kuni

ドキリとしたのは後半。何を隠そう、我が子が字を書くことを「面倒くさーい」と言うのですwobbly まだ携帯やPCを使っていない段階でこうなのですから、先が思いやられます。とほほweep 勿論これは学校だけに丸投げするものではなく、家庭での取り組みが不可欠な社会問題だと思いますが、あえて言うなら息子の小学校では2年生からパソコンの授業があるのですが、正直、この時期には必要ないと思いますpc

ローマ字も習っておらず、入力もままならない低学年では、お絵描きなどのお遊び程度のことしか出来ません。PCの操作なんて高学年からでも、いや、中学からでも十分間に合うんだから、低学年のうちはその分を書写の時間に当ててほしいなーとpencil 子どもは書写なんて自発的には絶対やらないし、家で親が強制しても身につかないので・・・って、これじゃぁ ワタクシ学校に丸投げですわね(^^;

Kodomo-no-kuni

どうしてそう思うかというと、私自身小学生の時に「書くのが面倒」だと感じたことはなく、空気の存在のように「書くのは当たり前のこと」だったから。PCの便利さを知った今は、「手書きが面倒だと感じるか?」と聞かれたら、「感じない」と言ったら嘘になるけれど、でも今でも書くこと自体は実はそんなに苦ではない方です。多分これは子ども時代に結構長い期間、硬筆と毛筆を習っていたことと関係しているんじゃないかと密かに思っています。

古き良き時代のことですから、 昨今のお稽古ごとのように決まった時間きっかりでおしまいなんてことはなく、先生が「よし」と思う作品が仕上がるまでずっと書いていましたし、宿題もありました。書くことは日常でした。

背筋をのばして正座をし、心を鎮めて丁寧に字を書くことに集中した時間の積み重ねからは、字が上手になることよりも — 眼には見えないもっと大切なもの — を得ていたんだと、この年になってしみじみ思うのですshine 勿論、あの時代には戻れないのだけど、どうしたら子どもたちが、「字を書くのが楽しいheart04gemini」と思うようになるのか、日々模索中です。

2012-09-18

研究課題もペン書きで

三連休の最終日はこどもの国へ。ちょっぴり遠いのが難点ですが、自然が恋しくなると足が向いてしまう場所。まだ濃い緑が一面を覆っていたけれど、はっきりと夏のものではない風と空の高さ —去り行く夏の風景— が広がっていました。

Jiyu-hiroba

さてさて自然を感じてリフレッシュしたところで、史学概論の研究課題に着手しました。とりあえず課題Ⅲまで終了です。

夏スク前にテキストを初めて読んだ時は、ちょっと手強そうcoldsweats01レポ優先だなと思って後回しにしていた研究課題だったのですが、ここまではレポート課題や社会学概論で学んだことと被っていることもあり、スムーズに筆が進みました。

Kodomo-no-kuni

昨年度の過去問を見ると20行以内でという指示があるので、とりあえず700字以内を目標にして書き進めたのですが、これまでのところは私にしてはめずらしく、あまり苦労せずに字数内でまとめることが出来ています。いや、めでたい。というより、ちょっと短すぎる箇所もあるので、もう一回見直さないとsweat01 しかし、Ⅳ以降はそうは問屋が卸さなそうな予感wobbly

いつもならこういう時はPCのエディタを立ち上げるのですが、今回はノートを広げbook ペン書きで解答することにpen  予想を裏切らず修正テープ大活躍でしたが、いつの日か700字程度は頭の中で文章が構成できることを目標に、日々修行に励みたいと思います。

Kodomo-no-kuni

ところでペン書きの時の文具って、みなさん何を使われてますか? 多分、万年筆かボールペンが主流なんでしょうが、そのどちらも苦手なワタクシ(^^ヾ

私にとってペンと言えば、なめらかで書きやすいジェル(ゲル)インクの筆記用具。愛用品はZEBRAのSARASA、手帳用はSTAEDTLERのavant-garde-lightを使っているのですが、オリジナルは油性インクだったので、速攻ではずしてこれまた同じくZEBRAのジェルインク0.4の替芯を差し込んであります。

ジェルボールペンはPILOTや三菱なども色々試したけど、色合いと滑り具合が一番しっくりきたのがZEBRApen 「廃盤にならないでね」と日々祈っております。

2012-09-16

ペン書きの練習 途中経過

英語Ⅶ テキスト2周目、第3章まで終了。初回通読時は副詞や形容詞などは意味が分らなくても気にせず、すっ飛ばして読んでいたのですが、今回はちゃんと調べつつ読み進めましたbook 指示語の確認などもしつつ、行間も読みつつ、1回目の時よりはちょっとばかし丁寧に読んでいます。和訳は「ここはちゃんと訳しとくか」って思った所のみ、ペンで書いています。が、ノートに「丸で囲んで矢印挿入」をあちこちに書くはめになり、トホホの状態sweat01 長い英文だと訳を全部覚えられないので、つい途中までの訳を先に書いちゃうんですよね。で、英語と日本語では語順が違うので、先の「丸で囲んで・・・」がたびたび登場するわけです。試験本番ではさすがにこの方法は駄目だと思うので、要修行です。

ところで、ペン書きって何十手先も頭の中でシミュレーションされる、将棋や囲碁の達人に通じるものがあるような気がします。私なんかからしたら全文章を頭の中で組み立てからきちんとアウトプットするなんていうのは神業。でも逆を言えば、ペン書きは頭の中で文章を組み立てる訓練になるのかもしれません。私はそこが凄く弱いみたいですhappy02

西洋史の試験が終わった時も、私の机の上は消しゴムのカスだらけだったので、隅っこに集めたら小さな山ができたほど(笑) 他の方はどうかなぁと見てみたら、消しゴムのカスがてんこ盛りになっている方なんていなかったので、 「— えっ、私だけ (゚ー゚;   —」とひそかにうろたえていたほど。

これはPCの功罪の罪の部分かもしれませんが、レポートに限らず何につけても、とにかく思いついたことをまず書き(打ち)連ね、後から話が通るようにストーリを構成し、きれいな文章にしていくという方法が身についてしまっているので、頭の中で全体の構成をきちん行うことがいつの間にか出来なくなってしまっているワタクシ。PCなら修正や前後の入れ替えなんてあっという間ですもんね。きちんとアウトプットできるまで、頭の中で考えることも大切なんだと気づかせてくれました。ペン書きって結構奥が深いのかもpen

2012-09-12

ペン書きの練習

ニューズレター9月号の科目試験に関する頁を読むと、英語Ⅶはペン書き必須科目となっていましたcoldsweats02 Oh my God!そういう科目があることは先輩のブログを拝読して知ってはいたのですが、まさか英語が該当するとは思ってもみなかったワタクシ(゚ー゚; ちょっと、いや、かなり、ハードル高いです。というのも私は消しゴムで書いてるでしょって言われてもおかしくないくらい、書いては消し、書いては消し、のタイプの人なので、果たしてペン書き受験なんて出来るのかかなり不安sweat01

生まれてこのかたペン書きで試験を受けた経験なんてないので、どういう結果になるのか全く予想がつきません。修正液や修正テープは使ってもいいようですが、今までのやり方だと答案用紙が恐ろしい有様になるのは必至です。そういえば、夏スクの社会学概論の試験をペン書にしたという学友がいました。考えてみれば答えを事前に準備していけば、試験当日はそれを写すだけだからペン書きの練習にはもってこいです。後から思うとなるほどですが、その時はそんなことまで頭が回らなかったワタクシ。みんなちゃんと次のことを考えて行動してて、偉いなぁ。

とにもかくにも今の段階では、「鉛筆で解答→その上からペン書き→消しゴムで鉛筆を消す」という作業をする時間があるのかどうかも分からないし、読むのも書くのも遅い私なので、英語Ⅶはやりすごせても論述の試験だとそんな時間はないと思われ・・・。やはり、ペンで書く練習が必要かなということで、今からの試験勉強を全てペン書きにしようと無謀な計画をたててみました。

しかし昭和なワタクシでも「何故ペン書き?」と思ってしまいます。理由を色々考えてみました。

 その1. 先生の学生時代はペン書きが当たり前であったため
 その2. 鉛筆よりペンの方が見やすくて採点がしやすい
 その3. 集中力が増し、結果的にいい影響があるという親心から

くらいしか思いつきません。先輩の皆様はどうやってこの難関を乗り越えられたのでしょうか。えっ!?普通は私みたいにそんなに消しゴムを使わないって。そ、それはそうかもしれません・・・が、かなり難関です。

2012-09-08

特定記録郵便の価値

先日、10月の科目試験の申込と史学概論のレポが届いているかどうかwebでチェックしたら、二通とも無事事務局へ届けられている模様happy01 そういえば英語Ⅶのトレースをしてなかったなと思い出し(^^ヾ チェックしてみると、なんと、「高輪支店預かり、8月27日お届け予定」となっていて、「お届け先にお届け済み」といういつもの表記がないっsweat02

最寄りの郵便局で問い合わせてみたら、局員の方も画面をチェックしながら、「おかしいですねぇ」と訝っておられる。「実際は配達されているのに、web情報だけ更新がされていないことも考えられますか?」と伺うと、「そういういうことはないはずですので、預かりになっていると思います。」との答え。『どうして、高輪支店が持ったままなの〜sweat01』と思ってもここでは詳細が分らないので、高輪支店の担当者から自宅に連絡を頂けるように手はずをとって下さり、午後一番で回答が入りました。以下そのやりとり。

flower with building

〒「大学に確認してみたのですが大量に郵便物が届いてるとのことで、漢字の氏名と学籍番号が分らないと調べようがないとのことでした。お客様から大学にご確認頂くのが早いかと思います。」
私『??? ー 大学に問い合わせてほしいってお願いした覚えはないんだけどー 』 
 「まず確認させて頂きたいのですが、web上では現在高輪支店預かりになっているのですが、今のお話ですと郵便物はすでに先方に届けて頂いたということでしょうか?」
〒「あぁ、はぃ、配達員はそう申しております。ただ、慶應義塾への郵便物は大量にあるので、いつも一括してお渡ししていて、お客様の郵便がいつ先方に届いたかは今となっては分からないため、お客様から大学にご確認頂くのが一番確実かと思います。」
私「つまり、郵便物は先方に配達済だけど、トレース情報を入力し忘れていたということですね?」
〒「はい、そういうことです。申し訳ありません。」
私「わかりました。こちらで確認します。配達は27、28日頃ということになりますか?」
〒「はい、通常ですと27日の配達となります。」
私「慶應義塾のどなたとお話になりましたか?」
〒「すみません、伺ってません・・・」

Sakura-dori

電話は切ったものの、う〜ん、なんかこの対応、腑に落ちない。特定記録が書留と違って先方への手渡しではない、配達事故を保障するものではないことは承知しているのだけど、では何故わざわざ160円を追加して特定記録を利用する顧客がいるのか、顧客はその付加価値に何を望んでいるのか、ということを局員の方はもう少し考えるべきだったと思う。それは郵便物のトレースが出来るからに他ならないんだけど、そのトレース情報をインプットしていないということは、顧客が支払った対価に対する仕事を遂行していないことになるんじゃないの?

勿論、人間のすることだから間違いはある。だからこそ、私ならまず、顧客が特定記録に対して望む仕事を怠っていたことを、一番にお詫びすると思う。そして何故、このようなことが起こったのかの原因と今後の改善策を局内で共有し、その旨も顧客に伝えると思う。じゃないとまたその局では同じことが起こってしまうよ。そういうことをせずにいきなり大学に電話しましたが、という回答というか、対処法はちょっとズレている気がしますcoldsweats01 だいたい、大学のような何千人という単位の人を管理をしている所に、何の書類かも分らす、学籍番号などの個人情報も持たずに問い合わせても、ヒットするわけないじゃんangry

flower blooms in late summer

しかもその方は、「最初、慶応義塾大学出版部に電話してしまって、話が通じず大変だったんです。いくつかの部署に繋いでもらったり、ここだろうと思われる番号を教えて頂いたりして、やっと該当部署と話が出来たのですが、そこでも・・・(一番始めにもどる)」と大変だったことと、これだけ色々しても自分では郵便物が特定できなかったことのいきさつを語りだす。

『そんなの当たり前だのクラッカーだろangry あなたは色々やったのにって思ってるかもしれないけれど、大学に迷惑をかけている以外のことは何もしてないのよーsad』と大声で教えてあげたかったワタクシですが、勿論、そんなことはおくびにも出さず、「お手数をおかけしました。あとはこちらで確認します。」と言って電話を切りました。私って、大人confident いや、大人じゃないからこんなところで言っちゃうのよねbleah。聞いて下さってありがとう。あぁ、スッキリした。

2012-09-03

Kyokoさんによるレポート音読

金曜日に投函しようと思っていた史学概論ですが、実はずっとレポに書くべきか書かざるべきか迷っていた要素があり、週末2日間あれこれ悩み、「やらぬ後悔よりやる後悔だ!」ということで、えぃっ!と盛り込むことにしたワタクシ。それによってまたまた字数が増えたため10%以内に納めるべく、ちょこちょこっと修正して、じっくり推敲して、テキパキ提出票などを張りつけて、(←さすがにこの作業は早くなったわん)先ほど無事投函して参りました。結局今回もギリギリの提出になってしまいましたがcoldsweats01 これで10月の科目試験は予定通り、「英語Ⅶ」と「史学概論」が受けられます。notes

Sakuragi-cho

実はこの夏 −さすがに今時office2003はないだろうということでcoldsweats01− Officeを最新版にバージョンアップ!このレポからインターフェイスが全く変わってしまったWordで作成したのですが、今回じっくりWordと向き合ってみたら、「あなたって素晴らしい機能の持ち主だったのねー」と感嘆の連続!ほんとレポートや論文作成には非常に便利なツールだったんですね。今まで見向きもしないですびばせんsweat01って感じです。

アウトライン作成時、試しに「ノートレイアウト」機能を使用してみたらパラグラフ移動が楽チンでナイスでした!そして何が便利かって「文末脚注」機能ほど便利なものはありません。西洋史の時はいちいち自分で打っていたので、追加した時などとても面倒だったのですが、今回Wordの機能を使ってみたら、本文と文末脚注間にリンクは張ってくれるし、本文でポイントすれば文献内容を表示してくれるし、引用の追加をすればそれ以降の脚注番号は自動で変更してくれるしと至れり尽くせりshine


Cosmo clock21

おまけに読み上げ機能なるものまであるようなので、今日試してみました。My PCには日本語を読める人が住んでいなかったので、Kyokoさんをインストール。早速、できたてほやほやのレポートを読んで頂きました。いやはや、びっくり仰天!所々漢字の読みを間違えたり、アクセントがおかしかったりするところはあるのですが、ちゃんと、本当にちゃんと読んでくれました!簡単な漢字の読みを間違って、難しい漢字はちゃんと読めるKyokoさんです。

他人が読んでくれているものを客観的に聞くと、自分で推敲していた時には気づかなかった、てにをはや、言い回しのおかしなところがすっと分って、Kyokoさんに感謝!感謝!きっとまだまだ私の知らない便利な機能があるんだろうなぁ。Word 侮れません。


« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

記事検索

無料ブログはココログ