スケジュール

  • ▷Eスクレポート提出期限
      6月10日(月)まで
       あと 

    ▷Eスクーリング
    4月15日(金)〜6月10日(金)

    ▷第II回科目試験
    7月2日(土)〜3日(日)

    ▷夏期スクーリング I期
    8月5日(金)〜10日(水)

    ▷夏期スクーリング II期
    8月12日(金)〜17日(水)

    ▷夏期スクーリング III期
    8月19日(金)〜24日(水)

文献リスト

修得単位

  • [総修得単位数]
     項  目   修得単位数  
    総合教育科目 Bronze Crown 48/48
    専門教育科目 59/68
    修得単位合計 107/116
    (内スクーリング 34/42迄)


  • [専門教育科目]
    科  目 年度  単位 
    –第1類
    論理学(L)   '13 2
    科学哲学   '13 4
    社会学史II   '13 2
    社会学史I   '14 2
    都市社会学(L)  '14 2
    哲学史SS  '14 2
    倫理学(専門)SS  '14 2
    美学ES  '14 2
    総合講座ES   '14 2
    倫理学 '14 2
    西洋哲学史I '14 4
    現代倫理学の諸問題 '15 4
    近代日本と福澤諭吉 '15 2
    哲学史SS '15 2
    西洋哲学史II '15 3

    必修科目合計 Silver Crown 37/28 

    –第2類
    西洋史概説 I   '12 2
    西洋史概説-E '13 2
    史学概論 '13 2
    西洋史概説 II   '14 2
    オリエント考古学   '14 2
    西洋史特殊I   '14 2

    –第3類
    ロシア文学   '14 2
    英語学-E '14 2
    ドイツ語学文学SS  '14 2
    近代ドイツ演劇 '15 2
    ドイツ語学文学SS  '15 2

    選択科目合計 22   

    専門科目合計 59/68 
    (内スクーリング 20/28迄)


  • [総合教育科目]
    科  目 年度   単位 
    –人文科学分野
    歴史(西洋史) '12 2
    歴史(東洋史)SS '12 2
    論理学(A) '13 4
    哲学ES '13 2
    近代思想史ES '15 2

    –社会科学分野
    社会科学概論SS '12 2
    社会学(A) '13 4

    –自然科学分野
    自然科学概論-E '13 2
    自然科学特論A-ES '15 2

    認定単位 18

    3分野科目合計 Bronze Crown 40/40 

    –英語
    英語I '12 2
    英語II '12 2
    英語VII '12 2
    英語R SS '13 1
    英語W SS '13 1

    必修外国語合計 Bronze Crown 8/8 

    総合科目合計 Bronze Crown 48/48 
    (内スクーリング 14/14迄)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012-06-27

西洋史苦戦

科目試験があと10日後に迫りましたが、なかなか思うようには進んでいない試験勉強です。 英語もしかりですが、西洋史がかな~り厳しい状況(^^; ようやく第3編の近代まで終わったところなので、自分がやりたいことを試験までに全てやるのは厳しい感じsweat01

なんせ高校で習ったはずの知識がほとんど欠落しているので、テキストに書かれてる用語の確認からのワタクシ。ノート作成に思いの外時間がかかるーsweat01 テキストを読み込むだけでOKの方も沢山いると思いますが、私は手を動かさないと理解できない人なので、すごく効率が悪い方法でやっています(涙)

でも、西洋史は多くの専門科目のベースになっているものなので、時間をかけて身につけていこうと思っています。『学習のすすめ』でおススメされてい た参考文献も目が通せていませんし、だいたい、紀元前2000から現代までの 4,000年間ものできごとを、1, 2ヶ月で学習できるはずがないですよねー!

と、そうは言ってもテキストに書かれてある重要事項くらいは覚えたいのですが、本当に人間というのは忘れる生き物だと実感しています(^^; レポを書いていた5月下旬は 「ワタクシ、にわかピューリタン博士ですから、テューダー朝とステュアート朝のことなら何でも聞いて下さい!カモ~ン」って感じだったはずなのに、ついこの間 ピューリタンの箇所をまとめていたら、「えっ!?ヘンリとチャールズってどっちが先だったっけ?」という有様。王様を呼び捨てにして失礼なワタクシですが、この事態に敬称をつける気力もありません。はぁ・・・。

「人間は忘れることができるから幸せなんだ」とおっしゃった方がいましたが、忘れるのは嫌なことや忘れたいことだけにしてほしーい!どうして神様は覚えたいことは忘れないように、ワタクシたちをお創りにならなかったのか。・・・とちょっぴり恨めしく思っている今日このごろです。くすん・・・weep

2012-06-26

「2012.7 科目試験受験受付票」到着

今日は梅雨の合間の快晴sun やはり青空が目に入るのは気持ちがいい!朝からせっせと洗濯機を回しておりました。

さてさて先週の土曜日は超久しぶりにワタクシだけ外食restaurantbar ほろ酔い気分で家路に着いたら、夫が 「受験票届いてたよー」と。一瞬で夢心地から現実に(笑) 

申し込みをしていた3科目とも受験許可になっていて、ほっ。 今回は何もミスをしでかしてはいなかったようです(^^;

しかし慶應通信からの案内ってどれも字が小さいですよねsearch しかも裏面は慶應のシンボル、ペンマークが薄緑で印刷されている上に注意事項が書かれてあるので、正直読みづらい~。大切なことが書かれてあるものなので白地にしてほしいなー

ところでワタクシ、ここ10年くらい時々同じ夢を見るのですsleepy 明日が試験だというのに全く準備が出来ておらず、焦りまくっている自分がいるという夢(^^; これってどういう心理状態からくる夢なんだろう?

学生だったり、社会人だったりと状況は色々なのですが、その都度、夢から覚めて 「そうよ、私はもう試験なんて受ける必要がない人間なのよぉ。よかったぁ!なのにどうしてこんな夢を見るのかしらん?」と不思議に思っていたのですが、まさかこれって、予知夢!?

占いなどはほとんど信じないワタクシなのですが、げんが悪いやーんって感じ(^^; 正夢にならないように、お勉強しよっpencil

2012-06-22

「歴史(西洋史)」レポート返却

ついに提出していた最後のレポ、西洋史が戻ってきました。正直結果を見るのが怖かったワタクシでしたが、合格shineでした。しかも信じられないことに採点欄にはAの文字。評価項目も上4つのみのチェックですが、全てAでした。

Aを頂いているのにこういうこと書くと嘘っぽく聞こえるかもしれませんが、本当にこのレポは全然自信がなかったので、狐につままれたような気分です。なんと言っても、半分ばっさり削って4,000字にしたものなので、私にとっては埋め草じゃない箇所まで刈り取って仕上げざるを得なかったレポあり、本当はゼロから書き直したかったのに時間の関係で叶わず、無理やりなんとか形になるように仕上げたレポでした。

返却されたレポには赤鉛筆で数箇所波線が引いてあったり、右空欄には私には意味不明の英略号が書かれてあったりして、丁寧に採点して下さったのがひしひしと伝わってきます。コメント欄もびっしりで、その中で嬉しかったのが、

また単に歴史的な事件を叙述するだけでなく、5ページに見られるように独自に 「なぜ」 を突き詰めて、事件の背後にあるコンテクストを明らかにしていこうという姿勢は素晴らしいと思います。

という一文。実はこの箇所は、指摘されているようなことを特に意識して書いたわけではないので、逆に 「あぁ、こんな風に書くとこの様なコメントに繋がるのかぁ」と気づいたというか。そんなワタクシだったのですが、この様に評価して下さったのは素直に嬉しいです。

そして、「個人的には気にならないのですが」という丁寧な前置きの後に、「形式的に無意味な行間は極力使わない方がいい」というレポートのお作法に関するアドバイスも頂きました。

「この辺で一行入れると読みやすいかな」と思って所々に入れたのですが、無意味な行間というご指摘sweat01 確かに何の規則性もなく、気分で入れていました。だた、まさかそれが減点の対象になるかもしれないことなどとは、露ほども思っていなかったので大変ありがたいアドバイスでした。

学生時代、歴史って重箱の隅をつつくような事柄をいかに暗記したかが問われる科目だとしか思えなくて、あまり好きではなかったのですが、今回初めて文献を通して一つの史実について深く学び、自分なりに掘り下げて考える体験をしたことで、歴史の面白さの真髄をほんのちょっぴり味わった気がします(*^ ^*)

最後にレポ作成にあたって私が参考にした文献を、左サイドバーの文献リスト「ブクログのお家マーク」リンクからご覧頂けるのですが、イギリスに興味が沸いて趣味的に読んでしまい、レポ課題の参考にならないものが多いのでご注意をsweat01 イギリス近代史のおさらいという意味でよかったのは、図説 テューダー朝の歴史でした。ご参考までnotes

2012-06-21

入学祝いと「英語Ⅱ」レポート返却

火曜日の台風はすごかったですねtyphoon 過ぎ去った後もかなり強い風が残っていて、台風4号の威力を感じました。

さてそんな中、入学祝いの電子辞書が届きましたpresent と言っても誰も贈ってくれないので、自分で買ったんですが(^^;  英語のレポが全て合格だったので、自分自身にご褒美も兼ねて。西洋史のレポが返却される前に買うところがミソ♪

購入したのはやっぱりEx-word。使い慣れてるので、他のメーカーの辞書にする勇気がなかなか持てないワタクシです。今回は大学の勉強で使うんだから、かなりヘビーに使用するはず、ということで奮発してXD-D1000にしました。

早速辞書と戯れましたが、今時の電子辞書はほんと凄い!まず、パネルがカラーになっていてとっても見やすいのと、ブリタニカやナショナルジオグラフィックなどのコンテンツには写真が沢山入っていて、画像検索が出来るのが以前のものと大きく違うところです。

インストールされているコンテンツの数は170!英語強化モデルでもないのに、英語関係の辞書だけで24冊も入っていて、自然科学系の英和と和英が入ってるのが嬉しいです。それに、ロイヤル英文法や山川の日本史、世界史の教科書、日本と世界の文学作品が1000作品ずつ、ドラッカーの経営学やマルクスの経済学まで入っていました。いやほんと、これ一台で何年も遊べ、もとい、お勉強出来そうです。

あとは追加コンテンツでもいいから、哲学や社会学の辞典が仲間入りすれば言うことないんだけどなぁ。カシオさんよろしくお願いします!ということで、西洋史の試験勉強もこれをフル活用して頑張るぞ!と言いつつ、かなり厳しいい状況なんですけどsweat01

そうそう、英語Ⅱの第2回レポが月曜日に返却されました。この前の記事で「お忙しいのでは?」と心配しておりましたが、受付年月日と返送年月日は第1回レポと同じ日付でした(^^; 事務局の処理の関係でタイムラグがあった模様です。

こちらも、Aで合格shine 第1回と同じ先生が講評して下さっており、コメント欄には同じ言葉が書かれてありました。でも、でも、今回は何度も見直したはずなのに、中学で習う簡単な単語の下に赤ペンで「スペルミス」と書かれてありました(--;  にもかかわらず、「つづりが正確である」という評価項目欄がAとなっており、いいのかな~という気持ち(^^; 甘めの採点ありがとうございます。

2012-06-16

「英語Ⅱ」レポート返却

今日は雨の中、朝からPTAのため小学校へ。兼業主婦率が上がってきているので、土曜日の打ち合わせも多くなりました。父親も参加できる可能性が高い土曜開催は、とてもいいことだと思います。

さて、夕方遅く夕刊を取りに行ったら、英語Ⅱの第1回レポートが届いていました。慶應通信からの郵便物、どうやら我が家は午前便ではなく、午後のかなり遅い便で届く模様mail

結果はA、 合格shineでした。

第2回レポがまだ返ってきていないので安心はできませんが、英語Ⅱはテキストを丁寧に学習すれば、その分だけちゃんと返ってきやすい科目だなぁと思います。これからは、ただやるだけでは、そうそういい結果が返ってこない科目に挑戦していくわけですが(^^; それだけに今は、素直に合格を喜びたいと思います。わ~いnotes

コメント欄には 「大変よくできています。この調子で頑張って下さい。」とありました。そしてサイン欄には、テキストを執筆された先生のうちのお一人のお名前がはっきりと書かれてありました。英語Ⅰのレポはサインが達筆すぎて(^^; 判読出来なかったのですが、まさかテキストを執筆されたご本人から講評が受けられるとは思っていなかったので、びっくりすると同時にこんな贅沢なことはないなぁと思いました。

第1回と第2回を同じ日に郵送したレポートですが、第1回しか戻ってこないところを見ると、相当お忙しいのだと推察します。先の記事で 「コメントがほしかったなー」なんて書いちゃいましたが、かなり我儘だったと反省(^^;

冷静になって考えると、英語は全学部必須で、かつ、この時期は私のように本年度入学者がドドッと提出する科目でしょうから、英語のレポは他の科目に比べて、かなりの数にのぼるはずmemo

通信課程のある大学で通学生と通信生を同じ先生が担当されておられる場合、通学生の授業とご自身の研究に加え、通信生への指導がプラスされるわけですから、その先生の仕事量は相当なものですよね。

多分、通学生と通信生の先生を分けることも可能だと思いますが、あえて同じであることが慶應の素晴らしさだと思いますshine

2012-06-13

たかがリピート、されどリピート

今日もどんよりしたお天気。今年は私の好きな新緑が眩しい初夏のシーズンが短くて、ちょっと残念。こんなお天気だと勉強もなかなかすすみませんね。と天気のせいにしてみたり(^^; 

少しずつ繰り返しインプットしている英語ですが、なかなか厳しいです。特に英語Ⅰがwobbly 英語Ⅱの第二部は内容もさることながら、CDがあるので耳からもインプット出来るため、かなり記憶に残りやすいんですよね。でも、英語Ⅰは・・・・・・。本音を言うと、英語Ⅰの435題の例文をCDにしてほしかったワタクシ。そしたらキッチンに立っている時など、家事をしながらでもiPodでリスニングできるのになぁ。

さて、苦労しているこの英語表現演習編をインプットする時に気をつけているのは、「今読んでいる例文、用法は何か」 ということを頭の片隅に浮かべるようにしていることです。そうやって読むと、虫食いで出そうな単語もおのずと絞られてくるかなぁって。・・・と、偉そうなこと言ってますが、ふと気がつくとただ漠然と目が英文をなぞっていただけ、という時間が流れていたりするのですがsweat01

確かに435題もやってられないんだけど、「これが身について、体の一部のように操れるようになったら楽しいだろうなぁshine」とイメージして、モチベーションを無理やり上げつつ繰り返しています。 それにこのⅠ~Ⅵの分類法は便利です!例えば因果関係を表すのには、あの用法も、この用法も使えるんだってことが一目瞭然だから。こういう形で書かれた文法書って、ありそうでなかなかない気がします。どこまで覚えられるかわかりませんが、科目試験までリピート続けます。

ところで夏スクの受講料を振込みに郵便局の窓口へ行ったら、局員の方が振込用紙を使って、ATMでも振り込みが出来ることを教えて下さいました。ATMに振込用紙を入れると情報がスキャンされ、ホストコンピューターに繋がる仕組みのようです。相手先には窓口で手続きしても、ATMで手続きしても同じ情報が送られるので問題ないとのことでした。

手数料が40円安くなり、かつATMが稼動している時間、つまり私が利用している郵便局では、平日は17時30分まで、土、日も17時まで振り込めるのでとてもありがたいですnotes って、今まで郵便局とはあまりお付き合いがなかったワタクシなので、嬉々として報告してしまいましたが、もしかして今やこんなの常識だったりして(^^;

2012-06-09

夏スク仮登録結果

申し込みをしていた夏スクの仮登録結果が木曜日に届きました。選考結果はみごと落選。それもそのはずです。備考欄に 「履修資格なし」 とありました。「あちゃー、もしかしてワタクシ、また事務局の仕事を増やしてしまった?でも、でも、総合教育科目なのにそんなバカな!」 と慌ててチェックしたところ、

心理学(知覚・認知)(3分野科目)
  2012年度新入生は申し込みできません。

ときっちり書かれてありましたsweat01

講義要綱ばかりに目がいっていたワタクシ。そこには受講上の前提条件として、「心理学を学んだことがないことを前提に講義します。」とあったので、問題なく受講できると思い込んでいました。それに私の場合専門科目の心理学も受講できるので、まさか総合科目が受講できないとは夢にも思わず、完全な見落としです。トホホ・・・。

またこんなお間抜けをしでかしてしまいましたが、レポや試験勉強をかかえながらの毎日は、思いの外、細部まで目が届かないものですね。自分ではそう思ってないけど、結構一杯一杯だったのかしらん?なんてちょっと言い訳してみたり(^^;

ということで、夏スク履修科目大幅修正です。心理学はやはり総合→専門と履修する方がいいと思うので、今年は心理学を見送ることにしました。新たに受講することにした科目も、ギリギリまで迷っていたものだったのでとっても楽しみですshine

通信制大学で学ぶ者にとって、スクーリングはアカデミックな空気に触れる最大のチャンスなだけに、夏スクも出来ることなら全期出席したい!というのが本音です。でもまだ小さな子どもを抱えているワタクシは、夫が夏休みの間に実施される科目しか受講できません。

夜スクも当分無理です。「地方のように、土、日のスクーリングが東京でもあったら参加できるのになぁー」 と思わずにはいられませんが、スクーリングは無理の無い範囲で受講し、長期スパンで単位を積み上げていこうと思います。

実は今年一番受けたい科目は 「芸術(音楽)」 なのですが、Ⅰ期は参加不可なので残念無念weep この科目は私にとって全くの趣味の世界のものですが、今まで音楽は色々かじってきたのに音楽史というものを体系的にきちんと学んだことがないので、とても魅力ある科目です。

特に夜スクの履修要綱を読むと、モーツァルト!あぁ、出席される方がうらやまし~!今年はせめて雰囲気だけでも味わえるように、受講された方々のブログを拝読し、参加したような気分に浸ることにしますnotes

2012-06-07

3.3システムで記憶力を強くする

昨日は夕方になって青空が広がった東京、残念ながら太陽の前面を通過する金星の姿を観測することは出来ませんでした。残念。でもどうやら、かなり目がよくないと金星の姿は拝めなかったようなので、晴れていたとしても見えなかったかもeye

さて英語の暗記ですが、目標7周なのにまだ1度もやってない問題があります。けれども、予定では6月中に7周完走することになっています。 というのもワタクシ、1周したら2周目へというやり方ではなく、 "3.3システム" という方法でやっているからなんです。

これは公立中学校の基礎学力向上に取り組んでこられた、小河勝氏が提唱する勉強法で、例えば英語Ⅱの練習問題なら、

1日目 : 1
2日目 : 1,2
3日目 : 1,2,3
4日目 : 2,3,4
5日目 : 3,4,5

という風に、3日目からは新しい問題プラス、昨日と一昨日の分をやるんです。「この方法いいかもflair」って思ったのは、数年前に 記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方という本に出会って、記憶のメカニズムをほんの少し知ったから。

脳科学者の池谷裕二氏の著書で、脳の性質を科学的に理解した上で、より忘れにくい方法、より記憶が定着しやすい方法を解説している本なんですが、簡単に言うと何度も同じ情報が脳におくられれば、その情報は短期記憶から長期記憶にかわって定着する、それが脳のメカニズムですよってお話。

また悲しいことに、今日学んだことは何もしなければ、翌日には半分忘れてしまうのが普通だそうで、どうせいつか復習をしなければならないのなら、翌日行うと記憶の定着率が50%から70、80%(ちょっと数字はあやふやsweat01)にまで上がるのでおススメだそう。そして1週間後、1ヶ月後・・・と復習を継続して行うことが、記憶を定着させるための最善の方法だと紹介されていました。

もしそうだとしたら、3.3システムは理にかなった方法です!今日学んだ箇所をすぐさま、2日続けて繰り返すわけですから、かなり記憶が定着するはず。そして7周するということは、何日かしてまた3日間つづけて同じ問題をやることになるので、忘却も防げそうです。

「1日に3回分やるのは大変じゃない?」って思うかもしれないけど、これがそうでもないんです。なぜなら、3倍の時間はかからないから。これは小河氏が力説されていたことですが、実際やってみて実感しました。昨日と一昨日やった分は、今日初めてやる問題と比べると、かなり短い時間で出来ちゃうものなんですpencil ってことは忘れてない証拠。それが体感できるためやっていて楽しいわけですnotes

6月までに7周で組んだのは、出来なかった日の分をキャッチアップするため。絶対計画通りにはいかないのでcoldsweats01 それに1週間余裕があると気分的にも楽かなぁと。レポがギリギリだったのでその反省もこめて。ということで、私はこの方法かなり気に入ってるので、ご紹介まで!でした。

そういえば、遙か昔にかの国の君子がおっしゃってますね。

学びて時に之を習う、亦た説ばしからずや

早くそういう域に達したいものです。

2012-06-04

科目試験に向けて

暦はすでに6月、今年もあと少しで折り返し地点。年を重ねるたびに ”TEMPUS FUGIT” だなぁと感じます。

1日に第回科目試験の申し込み手続きを済ませてきました。
初試験の受験科目は予定通り、

77日(土) B群 英語
7
8日(日) D群 英語E群 歴史(西洋史)

と相成りました。

試験なんて本当にウン十年振りのことで、落ち着いて臨めるのか心配はつきませんが、本番まであと約5週間。西洋史のレポがギリギリまでかかり試験勉強の期間が短い分、計画的にサクサクやっていかなければいけないワタクシ。

まず西洋史ですが、過去問をチェックしたところ、同じ問題が一つも出題されてないのです! 履修要領には、「各自がテキストからトピックスを取り上げて、各自なりに知識を整理してください」 とあります。しか~し、「この広大なテキストの中からどのトピックスを取り上げるべきか、それが問題だ!」でございますよ。トホホ・・・。 嘆いていても仕方ないので、章、あるいは節ごとに、これぞと思うトピックスを設定して、自分なりに回答を作っていくことにpencil

英語は、ともにテキストの単語やイデオムはチェック済なので、テキストを再読しつつ、英語の文法編は、章ごとに文法説明をまとめはじめています。そして、"要暗記!435題のショートセンテンス" 英語表現演習編については、やってられんって感じですが、とにかく繰り返しやるっきゃない!と腹をくくりました(^^;

英語もテキスト再読と112の練習問題、Unit120Practice ACをひたすら繰り返して覚えます。いや、覚えたいです(^^;

どれくらい繰り返せば記憶が定着するかについて、100マス計算で有名な教育者、蔭山英男氏が、子どもは忘れるものだから、12回で覚えるのはまず無理。長年の経験から、7回繰り返せばほぼ100%記憶が定着するという意味のことを何かの本に書いておられました。

吸収力豊かな子どもの脳で7回だったら、日に日に記憶が衰えていくワタクシなんかは、その倍は必要かもbearing と一瞬思ったけど、英語と西洋史に関して言えば、私たちは子どもと違ってゼロからのスタートではないんですよね!

絵画の世界でたとえるなら、子どもたちは真新しいキャンパスに一から絵を書いていく状態からのスタートだけど、私たちは過去にとりあえずは完成させている絵の上に、色褪せた箇所には色を添え、新たに手にした技術でもって若干の修正を加えながら、よりいい絵に仕上げていく感じ。つまり、私たちって子どもたちに比べてかなりのアドバンテージがあるはず。

過去の学習というアドバンテージと記憶の衰えというディスアドバンテージは相殺されるので、大人も7回でOKgoodと独断で決めて、 英語に関してはどれも7周できるように、一日の分量を決めちゃいました。5週間、集中力高めてがんばろっ!

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

記事検索

無料ブログはココログ